茶道具のひとつである「棗」について

茶道具棗

茶道具のひとつに数えられる「棗」について、歴史や概要、茶道における役割や手入れ・扱い方を解説していきます。

「棗」について調べている方は是非参考にしてください。

茶道具の一つ「棗」の概要

茶道具の一つ「棗」の概要

棗(なつめ)は茶道具において抹茶を入れておくために使われる道具です。

果物のナツメに形状が似ていることから、「棗」と呼ばれるようになりました。

同じように抹茶を入れておくための道具として「茶入」がありますが、棗は「薄茶」、茶入は「濃茶」を入れるために用いられます。

茶入が陶器製なのに対し、棗は木、竹、象牙製のものが一般的です。

ただし、陶器製の棗もごく僅かですが存在します。

棗は、大きさによって、小棗(約5cm)、中棗(約6.6cm)、大棗(約8cm)と分類されており、さらに形状によって「利休棗」「珠光棗」「紹鴎棗」「長棗」「平棗」などと名付けられているのです。

棗の歴史

棗の歴史

棗は、室町時代の塗師である「羽田五郎」(生没年不明)という人が、茶人の「村田珠光」の為に初めて作ったといわれています。

また、堺の豪商であり、茶人でもある武野紹鴎(1502~1555)が好んだという、糸底に紹鴎の花押が押された黒小棗も現在に伝わっているのです。

しかし、記録に茶器として棗が初登場するのは、羽田五郎や武野紹鴎が没した後に行われた「津田宗達の茶会」(1564年)なので、棗の起源や製作者は未だに正確には分かりません。

また、村田珠光や武野紹鴎が茶人として活躍した時代は、棗は薄茶を入れるだけでなく、花を活けるためにも使われていたとも伝えられています。

棗が薄茶を入れる専用の茶器として、確固たる地位を築いたのは、千利休が活躍した時代(1550年前後~1591年)です。

千利休が好んだ棗は「利休棗」と呼ばれ、現在も棗の代表格として広く使われています。

棗と言って多くの人がイメージするのが利休棗でしょう。

その後、時代が下るにつれて棗は小型化していき、現在の大きさになりました。

茶道における棗の役割

茶道における棗の役割

前述したように、棗は薄茶を入れる道具です。

お茶は湿気や気温の変化に弱く、密閉できない容器に入れるとすぐに劣化してしまいます。

ですから、ぴったりと合口があう棗は茶を入れておくのに理想の容器です。

また、棗にはいろいろな種類があります。

無地黒塗りのシンプルなものから、蒔絵などを施した豪華なものも多く、使う人の美意識が問われます。

茶会において、どのような棗を用いるかによって、主人の趣向なども分かるでしょう。

ですから、季節や茶会を開く目的によって棗も使い分けられます。

また、茶会の時、棗は鑑賞の対象にもなるものです。

そのため、棗は「名物」と呼ばれる名品がたくさんあります。

茶道を習う際は、棗の鑑賞の方法を教えてくれる教室も多いでしょう。

茶道における棗の扱い方(作法)

茶道における棗の扱い方(作法)

棗は抹茶を入れる道具です。

お茶会が始まる前に、抹茶をたっぷり入れておきます。

ただし、いきなり抹茶を入れてはいけません。

抹茶は静電気を帯びやすく、棗に入れっぱなしだとダマになってしまうことがあります。

ダマになった抹茶は舌触りも悪くなり味が落ちるため、棗に入れる際はふるいにかけてほぐしておきましょう。

また、前述したように棗はお茶席では鑑賞の対象になります。

お茶を点てる前に、客人が棗を鑑賞し、塗り方などを尋ねることもあるでしょう。

主人は棗の形状や塗りの種類、由来などを説明できるようにしておくことが大切です。

客人の立場でお茶席に出席する際は、火器、掛け軸などと共に棗も鑑賞物の1つと考え、じっくりと拝見しましょう。

棗の手入れ・保管方法

棗の手入れ・保管方法

棗は湿気が大敵です。

湿気を残したままにしておくと、塗りが剥げたり形がゆがんだりします。

洗剤で洗ってもいけません。

かといって抹茶を入れっぱなしにしておくと、カビが生えることもあります。

お茶席が終わったら、使わなかった分の抹茶を棗から出して別容器に移します。

ついで、羽ぼうきなどを用いて、棗の中に残った抹茶を完全に取り除き、乾いた布や懐紙でふきましょう。

その後、陰干しにした後で木箱にしまいます。

木箱は棗を衝撃から守るだけでなく、湿気を取り除く役割も担っているのです。

ですから、必ず使用後は木箱にしまいましょう。

また、棗は割れやすいので、取り扱う際は十分に注意してください。

乱暴に取り扱うとひび割れたりかけたりしてしまいます。

茶道具の関連コラムはこちら

骨董品・古美術品のおすすめ買取業者は?

茶道具作品の正確な買取価格の調べ方

当サイトでは実体験を基におすすめの骨董品・古美術の買取業者を紹介していますので、買取を希望している方は参考にしてください。

また、骨董品・古美術品に関する無料相談や無料査定サービスも行っている業者ですので、骨董品の価値を知りたい際にもおすすめの買取業者ですよ

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは茶道具を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ