珊瑚買取に関する情報を提供するページ
珊瑚買取に関する情報を提供するページ

珊瑚買取情報の目次

このページでは珊瑚買取に関する様々な情報をご紹介するのですが、情報量がかなり多くなりますので次の目次を参考にしてください

珊瑚買取におけるおすすめ買取業者

珊瑚買取におけるおすすめ買取業者

まず初めに、手間をかけずに珊瑚を高く安心に売る為に最も大切なおすすめの珊瑚買取業者をご紹介します。買取業界において「おすすめの珊瑚買取業者=おすすめ骨董品買取業者」ですので、当サイトで紹介しているおすすめ骨董品買取業者を参考にしてください。珊瑚買取においても買取業者の選択さえ間違えなければ、手間いらずで高く安心に珊瑚を売ることができます!

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、次点でおすすめしている骨董品買取業者です。

珊瑚の定義と種類の一覧

珊瑚の定義と珊瑚の種類

骨董品における珊瑚の定義とは、「多くの方がイメージする海に生息する珊瑚を加工して作られた製品の総称」です。珊瑚の加工後の形状は様々ですが、「原木」「彫刻(置物)」「アクセサリ」に加工されたものが、現在骨董品として流通していることが多いです。

そして、珊瑚の買取価格において大切な事ですが、珊瑚の買取価格は珊瑚自体の種類によって大きく異なります!珊瑚自体の種類とは、簡単にいうと珊瑚の色の違いです。骨董品買取において珊瑚の種類(色)は概ね「血赤珊瑚」「赤珊瑚」「桃珊瑚」「白珊瑚」の4種類の色で分類され、例えば同じ形の彫刻でも血赤珊瑚と赤珊瑚では買取価格に雲泥の差が生まれる事も珍しくはありません。

このページでは総合的な珊瑚の買取情報をご紹介しますが、各種類(各色)の珊瑚の買取情報について詳しくは次のページも参考にしてください。

珊瑚買取業者が買取する珊瑚の種類

  • 血赤珊瑚
  • 赤珊瑚
  • 桃色珊瑚
  • 白珊瑚

珊瑚の買取価格の調べ方

珊瑚の定義と珊瑚の種類

まず、素人が自力で珊瑚の買取価格を調べる事はかなり厳しいです。掛け軸や絵画といった古美術作品に比べれば、珊瑚製品の判別はまだ容易とも言えるので不可能ではないです。(とはいっても非常に難しいです)

しかし、肝心な珊瑚の買取価格に関しては「作品知識」と「最新の相場」を知っている必要がある、つまりはオークションや骨董市等に出入りしているような人でなければ珊瑚製品の買取価格の判断は難しいです。(当ページの後半に珊瑚の買取価格例の一覧と解説がありますので、そこを見て珊瑚の買取価格が算出できそうか試してみてください。)

しかし、写真によるメール査定を活用する事で素人でも珊瑚の買取価格を簡単に特定する事が可能です。

このページでは珊瑚に関する撮影ポイントを紹介していますので、基本的なメール査定方法、撮影方法、相見積もりの取り方については次のページも参考にしてください。

メール査定における珊瑚の撮影方法

悪質な珊瑚買取業者について

※さっくりとメール査定で珊瑚の買取価格を知りたい方はまずは上記にもあるこちらの骨董品の買取価格を調べる方法を参考にしてください。

珊瑚製品はアクセサリ、彫刻、原木のように様々な形状がありますが、撮影する方法自体は形状は異なれど同じように撮影すれば大丈夫です。また、珊瑚は種類(色)が異なるからと言って撮影方法に違いは特にないので、珊瑚の撮影ポイントは全てのページで共通したものを紹介しています。

では、珊瑚の買取価格を教えてもらうための重要な撮影ポイントは次のようになっています。(※撮影はスマホでOKです)。

  • 珊瑚全体の撮影
    珊瑚全景の画像 珊瑚全景の画像
    珊瑚製品の全体の写真を撮影します。サイズ感・珊瑚の色が分かるようにライター等と一緒、光の反射には気を付けて撮影すると尚良いです。
  • 刻印の撮影
    刻印の撮影の撮影 刻印の撮影の撮影
    作家物の彫刻の場合、底部などに作家のサイン(刻印)が記されている場合がありますので撮影し、ない場合はその旨を伝えましょう。
  • 付属品の撮影
    付属品の撮影 付属品の撮影
    彫刻の場合なら共箱、血赤珊瑚の指輪なら宝石鑑定書といった付属品を撮影しましょう。ない場合はその旨を伝えましょう。

撮影ポイントの補足説明

珊瑚の買取価格をメール査定してもらうには「色合い」と「大きさ」は非常に大切ですので、この2点が分かるように気を付けて撮影すれば他に特に注意すべき点はありません。珊瑚は自然の生成物ですので、細かなダメージが多い場合もありますが、全てを写真に写さなくても、文章で「小さなダメージが点在している」などと補完できればOKです。

また、珊瑚は種類によって付属品の種類が異なりますので、「珊瑚の付属品っぽいもの」に関してはとりあえず撮影するとよいでしょう。

メール査定の詳細については、次のページもぜひ参考にしてください。

珊瑚の買取価格例の紹介

ここでは、珊瑚の買取価格がどれくらいなのかという、画像付きで珊瑚の買取例を挙げて紹介します。買取業者の協力も借りて買取価格を紹介をしていますが、時価にもよるものなのであくまでも珊瑚買取における参考情報となります。(※なんでも鑑定団で出てくる「評価額や鑑定価値」は「買取価格」とは全くの別物です。評価額は買取価格よりもはるかに高い金額が算出されます。)

珊瑚 原木

珊瑚の原木
買取相場:10~15万円

多くの方がイメージするであろう珊瑚の形ですが、これが珊瑚の「原木」です。 珊瑚の姿をそのままに活かした原木は、鑑賞用として人気があり、近年だと海外の富裕層が好んで購入していますね。

原木の買取価値は、珊瑚の色、状態、大きさ、産地などで決まります。特に、大きくて色・状態が綺麗な珊瑚の原木となると、それだけで希少価値があります。 こちらの画像の珊瑚の原木の買取価格は、大体10万円前後の買取価格が期待できます。

こちらの珊瑚原木は、状態は美品レベルではありますが、ニュウなども多少入っている状態です。もしこれ以上に大きいものや状態の良い珊瑚であれば、さらに高額な買取価格も期待できます。

赤珊瑚 彫刻

珊瑚 彫刻
買取相場:15~20万円

珊瑚の彫刻は大きいほどに希少性が高く、精巧な作品であればあるほど比例して買取相場も高額になっていきます。
こちらの珊瑚の彫刻は幅が20センチメートルくらいで、精巧かつ状態の良い珊瑚の彫刻ですので買取価格は大体20万円前後が基準となるでしょう。もし、血赤珊瑚やエンジェルスキンと呼ばれる、クオリティの高い桃色珊瑚であれば、買取価格はさらに上がります。

珊瑚の彫刻のよくある特徴として、見た目を整えるため、同じ素材を用いて充填処理を施している場合があります。充填が行われていない珊瑚の方が価値は高いとされていますが、製造元によっては見た目を良く保つためあえて積極的に充填を採用している場合もあります。ですので、「充填されている珊瑚の彫刻だから買取価格が期待できない」という事は特にありません。

血赤珊瑚 プラチナリング

珊瑚 リング
買取相場:5~10万円

血赤珊瑚は、彫刻や原木などの骨董品としてだけでなく、宝石の分野からも大変人気があります。 珊瑚の査定が出来る骨董品・古美術買取業者であれば、珊瑚の指輪やネックレス、あるいは着物の帯留め(珊瑚製品)なども買い取ってもらうことが出来ます。

こちらのリング(指輪)に使われている珊瑚は、グレードは「やや良い血赤珊瑚」で、珊瑚の「フ(珊瑚の白い部分の所)」も少ないので、希少価値も十分です。 更に、こうした指輪の場合、血赤珊瑚の価値に加え、印台のプラチナ価値もプラスされますのでこのリングの買取相場は大体5万円前後からが基準と言えます。もし鑑定書があればさらに買取価格は上がったでしょう。

骨董品買取業者では「金のおりん」や「プラチナのアンティークジュエリー」など貴金属関連の品物を買取する機会もあるため、大体の骨董品・古美術買取業者ならば貴金属の買取も併せて行っています。

珊瑚の買取価格が決まる要素について

珊瑚の買取価格は単純に言えば「希少性の高さ」と「需要の高さ」によって決まります。この二つの要素を基準に考えるとある程度どういった珊瑚の買取価格が高いのかが分かりますので、そういった珊瑚の買取価格が決まる要素について紹介します。

珊瑚の「色(希少性)」によって買取価値が変わる

珊瑚の「色」によって買取価値が変わる

珊瑚の買取において、骨董品買取業者がまず注目するのが「珊瑚の色」です。珊瑚の色は、大きく分けて「血赤珊瑚」「赤珊瑚」「桃珊瑚」「白珊瑚」の4種類に分けることが出来るのですが、この色によって希少性が異なります。(その他も「黒珊瑚」や「キンヤギ」、脱色処理を施した「ゴールドコーラル」など多岐に渡ります。)

買取価格が高い珊瑚で挙げられるのが主に土佐湾に棲息する「血赤珊瑚」で、色合いが暗ければ暗いほどに一級品とされます。まるで血の色のように赤黒い血赤珊瑚は「オックスブラッド」と呼ばれる一級品の珊瑚ですが、このレベルは珊瑚としての買取価格というよりも宝石に部類されます。

血赤珊瑚は8割前後に虫食いが見られるとされ、綺麗で加工できるレベルの血赤珊瑚は極めて僅か、更には採取量も非常に少ないことから希少価値も高いので、血赤珊瑚のカラーグレードの珊瑚は買取における買取相場も特に高くなっています。

珊瑚の状態と買取価格について

珊瑚の状態や希少性について

珊瑚の買取価格と珊瑚の状態は他の骨董品よりも強い関りがあるとされています。その理由は素材となる珊瑚は生き物という点が挙げられます

例えば、特に高い買取価格が期待できる血赤珊瑚では血赤珊瑚は8割前後に虫食いがあると言われています。前述の買取価格例で紹介した「血赤珊瑚のリング(指輪)」に用いられているのは直径10mm以下血赤珊瑚の丸玉ですが、直径10mm以下の血赤珊瑚であっても傷も「フ」も「虫食い」もない綺麗な状態の血赤珊瑚は滅多に取れない希少品なのです。

その他の赤珊瑚等であっても虫食いをはじめとした「フ」と呼ばれる白い箇所が目立つものや「ヒ」と呼ばれるクラックが入ってしまっている状態の悪い珊瑚は多く出回っています。ですが、珊瑚は自然の生成物なので、人間が完全に状態をコントロールできるものではなく、取り扱いも難しくなっています。故に、状態が良い珊瑚は希少品として買取価格に大きく影響があるとされているのです。

有名な彫刻家の作品かどうか

有名な彫刻家の作品かどうか

骨董品の買取価格は作家物かどうかが重要ですが、実は珊瑚の買取価格も作家物かどうかで大きく上下します。作家物の珊瑚とは主に珊瑚の彫刻や置物であり、有名な彫刻家が手掛けた珊瑚の置物(彫刻)であれば、買取価格は高くなると期待できます。 珊瑚の作家と言うと珊瑚の彫刻家である谷口康隆や西森義秀、柴田晩仙、笹方秀峰の珊瑚の作品は買取価格も非常に高い傾向にあり、珊瑚の彫刻一体で数十万円の買取価格も十分期待できるレベルです。

また、有名な珊瑚彫刻家の作品では質の良い珊瑚を用いて制作している可能性も高いので、そういった理由からも作家物の珊瑚の作品の買取価格は高い傾向にあるとも言えますね。


ざっくりと珊瑚の買取価格が決まる要素を紹介しましたが、珊瑚の買取価格を算出したり珊瑚の価値を判断することは、鑑定のプロであっても間違える事があるほど難しい事です。ここで紹介している珊瑚の買取価格に関する考え方はあくまでも参考程度に考えて、本当に珊瑚の買取価格や価値を知りたい場合は買取業者に相談する事をおすすめします。

ページのトップへ