茶道具のひとつである「茶釜」について

茶道具茶釜

茶道具のひとつに数えられる「茶釜」について、歴史や概要、茶道における役割や手入れ・扱い方を解説していきます。

「茶釜」について調べている方は是非参考にしてください。

茶道具の一つ「茶釜」の概要

茶道具の一つ「茶釜」の概要

茶釜は、茶道で使われる道具の一つで、お茶を点てるためのお湯を沸かす釜のことです。

多くのものは鉄製で、物によってさまざまな大きさや形をしています。

古い時代に作られた形の特徴的な物や名工の作品は骨董としての価値もあり、高値で取引される場合もあります。

中には鉄以外の材質で作られた物も存在し、戦国武将の豊臣秀吉は茶釜を始めとする茶道具や調度品を金で設えた「黄金の茶室」を作らせ、北野大茶湯等で披露したそうです。

茶釜の歴史

茶釜の歴史

茶釜は、大和時代に中国から伝わった「鍑(さがり)」と呼ばれる道具が元になっていて、これが長い年月をかけて改良され、鎌倉時代末期~室町時代初期ごろに、現在のような形の茶釜が誕生したとされています。

当時主に茶釜が鋳造されていたのは、現在の福岡県遠賀郡芦屋町周辺と栃木県佐野市周辺の2ヵ所で、これらの産地で鋳造された茶釜はその土地の名から、それぞれ「芦屋釜」「天明釜」と呼ばれています。

戦国時代になると、戦国武将たちがこぞって茶の湯を嗜んだことで、茶釜も全国的に広がっていきます。

特に天下統一を成し遂げた豊臣秀吉は、上記の2大産地から職人たちを京都に集めてたくさんの茶釜を作らせました。

これをきっかけとして、茶釜の生産は京都が中心となっていきます。

江戸時代に入り太平の世の中になると、茶の湯は一般庶民にも広がっていきます。

これに伴って、京都の職人のもとで修業した職人達が地元に戻ったり、各地の藩主から招へいされたりする事が増え、茶釜の生産は全国へと広がっていきました。

茶道における茶釜の役割

茶道における茶釜の役割

茶釜は、数ある茶道具の中でも特別な位置づけがされています。

茶釜で湯を沸かさなければお茶が点てられないことから、釜が無ければお茶は成り立たないとされており、茶会を開くことを「釜を掛ける」と表現する場合もあるほどです。

また、千利休は茶の湯の心得を短歌に認めた「利休百首」の中で、「釜ひとつあれば茶の湯はなるものをよろづの道具をもつは愚かな」と説いています。

茶釜は、茶道において、お湯の沸く音や立ち上る湯気などで茶室に風雅な空気を演出すると同時に、お茶を点てるのに欠くことのできないお湯を生み出すという大変重要な役割を担っています。

その事から、茶釜こそが茶道に置ける本当の主役である、と言う人も少なくありません。

茶道における茶釜の扱い方(作法)

茶道における茶釜の扱い方(作法)

一般的な茶釜は鉄で出来ているため、錆や酸化に弱いという特徴を持っています。

それゆえ汗に含まれる塩分などで錆びてしまう可能性もあるため、持ち運んだりする際には通常、帛紗や懐紙などを用います。

また、水に含まれる金属も錆の原因になるので、質の良い井戸水か水道水を使うことが推奨されます。

お湯を沸かす際は、冷水をいきなり火にかけると底が切れる場合があるので、なるべくぬるま湯か一度お湯を通して茶釜を温めてから火にかけるようにします。

また、硫黄分も錆や劣化の原因になりますので、燃料中に硫黄分の多いガスや練炭は使わないようにしましょう。

購入したばかりの茶釜は、鉄特有の臭いがついています。

最初に湯を釜の三分の一くらいまで入れ、重曹を大匙2~3杯入れてよく混ぜてから水を溢れない程度に注ぎ、一晩置いてから水でよくすすいだ後、数回お湯を取り換えながら沸かすと臭いが少なくなります。

茶釜の手入れ・保管方法

茶釜の手入れ・保管方法

茶釜は使用したら、お湯か水で軽く洗って灰や湯垢を落とし、油分や糊分を含まない布で水けをふきとってから、炉の残り火や余熱に当ててしっかりと乾かしましょう。

二昼夜程度風通しのいい場所に置いてしっかり乾燥させると、よりベターです。

鉄製の茶釜は極力他の物に触れないようにする事が望ましいため、保管する場合は布などに包んだりはせず、裸のまま箱に入れて保管するのがよいでしょう。

箱に直接触れないようにするため、茶釜を入れる箱の底部は十字受けや円座など、本体を浮かせる構造になっている場合が多いです。

場合によっては、風通しを良くするために、箱に透かし穴を開けることもあります。

釜蓋はよく乾いた、柔らかい布で包んで保管します。保管場所は、あれば蔵の二階など、できるだけ風通しのいい場所がおすすめです。

茶道具の関連コラムはこちら

骨董品・古美術品のおすすめ買取業者は?

茶道具作品の正確な買取価格の調べ方

当サイトでは実体験を基におすすめの骨董品・古美術の買取業者を紹介していますので、買取を希望している方は参考にしてください。

また、骨董品・古美術品に関する無料相談や無料査定サービスも行っている業者ですので、骨董品の価値を知りたい際にもおすすめの買取業者ですよ

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは茶道具を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ