茶道具のひとつである「茶入」について

茶道具茶入

茶道具のひとつに数えられる「茶入」について、歴史や概要、茶道における役割や手入れ・扱い方を解説していきます。

「茶入」について調べている方は是非参考にしてください。

茶道具の一つ「茶入」の概要

茶道具の一つ「茶入」の概要

茶入れ(ちゃいれ)とは、茶道で使う濃い茶用の抹茶をいれる器のことです。

茶道には濃茶と薄茶というものがあり、その名の通り濃茶はドロっとするくらい濃度の濃いお茶で、薄茶はさらっとした濃度の薄いお茶です。

一般的にふるまわれる場合やお稽古で最初に習うのは薄茶になります。

濃茶と薄茶では抹茶をいれる器の種類も違います。

濃茶を入れる陶器でできているものを一般的に茶入れといいます。

それに対し薄茶をいれておくものを棗(なつめ)といい、漆器で木製のものです。

茶入れには様々な素材の蓋があり、象牙でできた牙蓋(げぶた)が一番良いといわれています。

また茶入れを包む布のことを仕覆(しふく)といいます。

茶入の歴史

茶入の歴史

茶入の起源は、中国から油をいれるための容器である油壺として鎌倉時代に日本に伝わったという一説があります。

そして室町時代に入り茶道の人気がでてくると、それにともないお茶を入れる容器として使われるようになったようです。

その過程で良い器が生まれ、価値が高いと評価される名物といわれる名品がでてきました。

ちなみに、最初は茶入に蓋がなかったようで、後に日本人がつけたといわれています。

戦国時代には茶入は大名への褒美にも使われるほど価値が高くなりました。

そして安土桃山時代には、茶入れの目利き、つまり良い品であるか否かを見極められることが、茶人に求められるようになり、茶入が茶道の中で茶碗とともに非常に価値の高いものとなり、今日に至ります。

また名物といわれる茶入れには牙蓋や仕覆の附属品とともに、歴史上の有名人物が所有していたという価値がおかれ、博物館や美術館に収められているものも沢山あり、展覧会などでみることができます。

茶道における茶入の役割

茶道における茶入の役割

茶道における茶入(陶磁器製)には、濃茶をいれる容器の役割があります。

茶道における濃茶は、薄茶に比べて格式の高いものとされています。

そのお茶をいれる茶入は、中国でつくられた唐物茶入、日本でつくられた和物茶入、東南アジアでつくられた島物にわけられます。

特に唐物は最高級の茶入とされ、茶入は茶席の眼目の一つとされています。

また、形状に関しても肩衝茶入(かたつきちゃいれ)、文琳茶入(ぶんりんちゃいれ)、茄子茶入(なすちゃいれ)などの典型的な形があります。

見どころは全体の形や、陶磁器の釉薬(ゆうやく)の状態などです。

形は口の部分から下に向かって、肩、胴、腰、糸きり(底の部分)の5カ所で、全体的に形が整っているかを見ます。

ちなみに口の部分はひねり返しの状態を、肩の部分はなで肩か、段肩かなどを見ます。

茶道における茶入の扱い方(作法)

茶道における茶入の扱い方(作法)

茶道における茶入の扱い方は裏千家の場合には、稽古に入る前に割り稽古というものがあります。

それほど複雑な作法といえます。

茶入は仕覆に入っていますので、決まった順序に従って紐をとき、取り出します。

仕覆は高級な生地を使用しているため丁寧に扱います。

取り出す前に、仕覆の生地は珍しい生地で作られていることが多いため「お仕立ては?」などと亭主(お茶をたてる人)に尋ねることも作法の一つになっています。

そして茶入をまず正面におき、緒の結び目を一つときます。

そして細かい順序にしたがって少しずつ紐をとき、仕覆から茶入を膝の前に出します。

脱がせた仕覆は夏場の風炉、冬場の炉いずれの場合でも釜の方へ打ち返し(裏返し)ます。

風炉、炉によっても細かい打ち返しの手順があります。

茶入の手入れ・保管方法

茶入の手入れ・保管方法

茶入のお手入れ・保管方法ですが茶入は高価で貴重なものが多く、実際に唐物の茶入がお手前に使われることは少ないのですが、使用したらその後は丁寧にお手入れし、価値が下がってしまうことがないようにしたいものです。

まず使用後は丁寧に柔らかい布で、外側を優しくふきます。

できれば絹のような専用のお手入れの布を使って下さい。

外側をきれいにしたら次に内側をきれいにします。

抹茶を隅々まで取り除くのは、とても大変な作業です。

専用の掃除道具を使うのが一番良いですが、柔らかい布や綿のようなもので優しく拭うようにして下さい。

決して、指をいれて内部をかきまわすようなことは避けてください。

茶入はとてもデリケートなものなので破損しやすく、そうなると価値も一気に下がってしまいます。

茶道具の関連コラムはこちら

骨董品・古美術品のおすすめ買取業者は?

茶道具作品の正確な買取価格の調べ方

当サイトでは実体験を基におすすめの骨董品・古美術の買取業者を紹介していますので、買取を希望している方は参考にしてください。

また、骨董品・古美術品に関する無料相談や無料査定サービスも行っている業者ですので、骨董品の価値を知りたい際にもおすすめの買取業者ですよ

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは茶道具を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ