茶道具のひとつである「千歳盆」について

茶道具千歳盆

茶道具のひとつに数えられる「千歳盆」について、歴史や概要、茶道における役割や手入れ・扱い方を解説していきます。

「千歳盆」について調べている方は是非参考にしてください。

茶道具の一つ「千歳盆」の概要

茶道具の一つ「千歳盆」の概要

千歳盆は茶道具などを置くための盆に茶人の還暦祝いの意味を持たせた特殊な盆です。

茶道の流派のひとつ、裏千家の十四代淡々斎が還暦を迎えた際、彼の妻がそのお祝いの歌を記した盆を特別にあしらいました。

その盆が千歳盆と呼ばれ、現在では裏千家で普通に用いられる茶道具となっています。

茶道具は季節など茶会そのもののテーマを表現する使い方がありますが、特定の個人に関する事柄を表現する千歳盆は茶道具の中でも異質な一品と言えます。

千歳盆の歴史

千歳盆の歴史

千歳盆が茶道で使われるようになったのは1950年代、流派のひとつである裏千家の十四代淡々斎の妻が宗匠の還暦を祝うために用いたのが最初とされています。

茶道において盆は茶道具を置くための道具以外に、茶会のテーマをイメージする目的で用いられていました。

しかし、茶道の関係者に対するお祝いの意味を持たせたのは千歳盆が最初であり、宗匠の還暦を祝う御歌が裏面に記されています。

裏千家のトレードマークである銀杏の紋が刻まれているのも千歳盆の大きな特徴です。

そのため、裏千家以外の流派で千歳盆が使われることはほとんどありません。

似たようなデザインであっても千歳盆は別物として扱われます。

千歳盆は茶道においては比較的歴史が浅い茶道具であり、使う流派も裏千家に限られるので知名度は決して高くはありません。

その一方で一般的な茶道用の盆と基本的な扱い方はほぼ変わらないため、裏千家に初めて接する人でも難しくはないと言えるでしょう。

茶道における千歳盆の役割

茶道における千歳盆の役割

一般的な盆は茶道具をひとまとめに置いたり、お茶や菓子を畳にこぼさないための実用品です。

また、盆の形状や色合いで茶会のテーマや季節の美しさを表現する意味合いもあります。

千歳盆はそれに加え、裏千家の十四代淡々斎の還暦を祝う目的で使われました。

そこから転じて茶人への敬意を示す意味を持たせて使われるようになっています。

主に目上の人に対するお祝いの気持ちを表現する用途があり、特に還暦など特定の年齢に関するお祝いには欠かせない一品です。

本来の用途である還暦祝いについては特別な位置づけであり、裏千家の関係者が還暦を迎えた際には大々的に祝福する一方、流派によっては偉大な宗匠に対して失礼になるとして敢えて使わないことがあります。

茶道における千歳盆の扱い方(作法)

茶道における千歳盆の扱い方(作法)

千歳盆を扱う作法については拝見なしと拝見ありで多少の違いがありますが、お茶や菓子をこぼさず、音を立てたり大きく持ち上げてはいけない点は共通しています。

また、裏千家の中でも流派が枝分かれしているのでそれぞれの流派ごとに細かい違いがある点を注意しなければいけません。

しかし、千歳盆は茶人の還暦祝いのために用いられた盆なので、目上の人を敬う気持ちを持って扱うのがもっとも重要なポイントと言えます。

多少の不作法があっても目上の人への敬意を持って扱うことが大切ですが、それでも基本となる扱い方を守るのが茶人の心得です。

千歳盆を置く位置や袱紗など他の茶道具との組み合わせなど、正しい知識を持って扱うことが優雅なひと時を楽しむ条件になります。

千歳盆の手入れ・保管方法

千歳盆の手入れ・保管方法

千歳盆は漆塗りの物が多いので、お手入れや保管の方法には十分に注意しなければいけません。

汚れが付着した場合は速やかに綺麗な水で洗い流します。

放置すると汚れの成分がこびり付いて漆の皮膜を変質させ、色落ちや剥がれなどの不具合を引き起こすためです。

また、わずかな水気も漆塗りには大敵なので洗う際も時間をかけず、清潔で柔らかい布を使ってすぐに拭き取ります。

洗った後の保管については紫外線による色落ちやひび割れを防ぐため、暗所に置きます。

複数の千歳盆を重ねて置く際は表面に傷が生じないように布や紙を一枚ずつ間に挟むことを忘れてはいけません。

漆は水濡れを嫌う一方で過度の乾燥にも弱いことから、長期間使わずに保管する場合は収納スペースに少量の水を置きます。

茶道具の関連コラムはこちら

骨董品・古美術品のおすすめ買取業者は?

茶道具作品の正確な買取価格の調べ方

当サイトでは実体験を基におすすめの骨董品・古美術の買取業者を紹介していますので、買取を希望している方は参考にしてください。

また、骨董品・古美術品に関する無料相談や無料査定サービスも行っている業者ですので、骨董品の価値を知りたい際にもおすすめの買取業者ですよ

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは茶道具を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ