陶器買取に関する情報を提供するページ
陶器買取に関する情報を提供するページ

陶器買取情報の目次

このページでは陶器買取に関する様々な情報をご紹介するのですが、情報量がかなり多くなりますので次の目次を参考にしてください

陶器買取におけるおすすめ買取業者

陶器買取におけるおすすめ買取業者

まず初めに、手間をかけずに陶器を高く安心に売る為に最も大切なおすすめの陶器買取業者をご紹介します。買取業界において「おすすめの陶器買取業者=おすすめ骨董品買取業者」ですので、当サイトで紹介しているおすすめ骨董品買取業者を参考にしてください。陶器買取においても買取業者の選択さえ間違えなければ、手間いらずで高く安心に陶器を売ることができます!

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、次点でおすすめしている骨董品買取業者です。

陶器の定義と種類の一覧

陶器の定義と陶器の種類

当サイトでは焼物系の買取情報は一般的な呼称の「陶器買取」としてまとめて紹介していますが、厳密にいうと焼物系は「陶器」と「磁器」に分けられ、この2種類の焼物の総称を「陶磁器」と呼びます。

ですが、前述にもあるように一般的には「陶磁器」という言葉の認識は薄く、「焼物=陶器」という認識が強いので当サイトでは「陶磁器買取」ではなく「陶器買取」として陶磁器買取情報をまとめて紹介しています。ですが、「陶磁器」という言葉のは少々定義の認識が複雑ですので、その辺も踏まえて「陶器」と「磁器」の定義について紹介します。

陶器と磁器の定義の違いは単純で「陶器=陶土と呼ばれる土が素材の器」で「磁器=磁石と呼ばれる石が素材の器」です。「陶器は土もの、磁器は石もの」と呼ばれるのはこの素材の違いが理由で、陶器には土ならではの柔らかさと趣が、磁器には磁石ならではの堅さと表面美といった特徴の違いがあります。例外として陶器と磁器の間の性質を持つ炻器(せっき)という種類もありますが、ここでは割愛します。

ここまで明確に陶器と磁器の特徴が分かれているのにも関わらず、一般の人にとって「陶器」という言葉が最も浸透しているのには推測ではありますが、日本の焼物の歴史で磁器が作られ始めたのは1600年以降と遅く、長年陶器=焼物と認識されていた名残かと思います。西洋の方では「陶器」と「磁器」という分類がなく、全て陶器で統一している地域もあると言われています。

ですので、当サイトでも「陶器買取」と言いながら陶磁器製品をまとめて紹介しています。

陶器買取業者が買取する陶器の種類

  • 有田焼
  • 伊万里焼
  • 京焼(清水焼)
  • 信楽焼
  • 瀬戸焼
  • 常滑焼
  • 鍋島焼
  • 萩焼
  • 万古焼
  • 備前焼
  • 益子焼
  • 美濃焼

陶器の買取価格の調べ方

陶器の定義と陶器の種類

まず、素人が自力で陶器の買取価格を調べる事はかなり厳しいです。骨董品買取業者が高価買取してくれる陶器というのは、「1.作家による陶器作品」や「2.歴史的価値のある陶器」、「3.高い技術で細工が施された陶器作品」となるのですが、素人ではこれらの陶器作品を見出すことが非常に困難なのです。

また、仮に高価な陶器製品を見つけれたとしても、「最近の需要(ブーム)」や「最新の相場」を知らなければ陶器の買取価格は算出できません。つまりは、優れた陶器の鑑定眼を持ち、日ごろからオークションや骨董市等に出入りしているような人でなければ陶器製品の買取価格の判断は難しいという事です。(当ページの後半に陶器の買取価格例の一覧と解説がありますので、そこを見て陶器の買取価格が算出できそうか試してみてください。)

しかし、写真によるメール査定を活用する事で素人でも陶器の買取価格を簡単に特定する事が可能です。

このページでは陶器に関する撮影ポイントを紹介していますので、基本的なメール査定方法、撮影方法、相見積もりの取り方については次のページも参考にしてください。

メール査定における陶器の撮影方法

悪質な陶器買取業者について

※さっくりとメール査定で陶器の買取価格を知りたい方はまずは上記にもあるこちらの骨董品の買取価格を調べる方法を参考にしてください。

陶器製品は壺、茶碗、香炉、鉢、ティーカップのように様々な形状がありますが、撮影する方法ポイントは形状は異なれど大体が同じですので、陶器製品のメール査定については次で紹介する方法を参考に撮影してください。(※撮影はスマホでOKです)。

  • 陶器全体の撮影
    陶器全体の画像 陶器全体の画像
    陶器製品の全体の写真を撮影します。サイズ感・陶器の色が分かるようにライター等と一緒、光の反射には気を付けて撮影すると尚良いです。
  • 刻印・サインの撮影
    刻印・サインの撮影 刻印・サインの撮影
    作品のサイン(落款・陶印)を撮影します。作品の隅や底部などぱっと見て分かりづらい箇所にありますので、見当たらなければその旨を伝えましょう。
  • バックスタンプやロゴの撮影
    バックスタンプやロゴの撮影 バックスタンプやロゴの撮影
    サインと似ていますが、ノリタケやマイセンなどブランド食器はメーカーのロゴや年代等が記載されたバックスタンプがあるはずなので撮影しましょう。
  • 付属品の撮影
    付属品の撮影 付属品の撮影
    陶器の作品や食器には共箱や鑑定書と言った付属品がありますので、目につく付属品は全て撮影しましょう。写真のような共箱のサインも読めるように撮影しましょう。

撮影ポイントの補足説明

陶器の買取価格の査定には付属品と落款(サイン)、バックスタンプの撮影が重要になります。ですが、作品の中には時代背景から敢えて落款やロゴがない作品や食器もありますし、付属品がない陶器と言うのも珍しくはないので、落款やバックスタンプ、付属品がない場合はないという旨をメールの文面で伝えてあげるとよいです。

また、陶器の状態について細かな傷等を撮影するとキリがない為、全てを写真に写さなくても、文章で「小さなダメージが点在している」などと補完できればOKです。

メール査定の詳細については、次のページもぜひ参考にしてください。

陶器の買取価格例の紹介

ここでは、陶器の買取価格がどれくらいなのかという、画像付きで陶器の買取例を挙げて紹介します。買取業者の協力も借りて買取価格を紹介をしていますが、時価にもよるものなのであくまでも陶器買取における参考情報となります。(※なんでも鑑定団で出てくる「評価額や鑑定価値」は「買取価格」とは全くの別物です。評価額は買取価格よりもはるかに高い金額が算出されます。)

有田焼:獅子の置物 陶器買取情報

有田焼:獅子の置物
買取相場:10~15万円

日本の陶器といえば、佐賀県有田町で作られる「有田焼」が有名です。有田焼の陶器の中でも特に知られる名作家が「酒井田柿右衛門」で、その芸術性の高さは、西洋食器の歴史の礎にもなった程です。 この獅子像は造形も見事で繊細なこと、そして欠けやヒビなどもなく、状態良い綺麗な作品です。この獅子像を陶器買取に出すとすれば、1点で買取相場は10万円~15万円前後期待できるとのことです。

酒井田柿右衛門は、初代から代々襲名によって続いている有田焼作家の名称で、今は15代目がご活躍されています。骨董品の市場によく出てくる酒井田柿右衛門作品は、大体12代目~現在までの陶器作品が一般的です。

酒井田柿右衛門の他にも、骨董品買取として買取価値の高い有田焼は沢山あります。陶器買取でも有田焼の買取情報はかなり充実していますので、完成次第次のページで紹介していきます。

益子焼:濱田庄司作の大皿 陶器買取情報

益子焼:濱田庄司作の大皿
買取相場:80万円以上~

濱田庄司とは、益子焼で人間国宝に認定されている名作家で、骨董品の市場でも多数の作品が取引されているそうです。 この益子焼の大皿は、直径60cmもの大作で、かつ状態も良好な作品です。人間国宝の有名な作家の大作となると希少価値も高く評価されるので、こちらの上質な陶器大皿だと買取相場が80万円を超えるでしょう。

益子焼の名作家は、濱田庄司の他にも島岡達三などがおり、骨董品買取でも高い買取価格が期待できる逸品が数多く存在しています。完成次第になりますが、次のページで他の益子焼の買取情報や、益子焼の概要などもご紹介していきます。

伊万里焼:古伊万里大皿 陶器買取情報

伊万里焼:古伊万里大皿
買取相場:1~2万円

伊万里焼は、佐賀県で作られる有名な陶磁器で、海外でも「イマリ(imari)」として知られています。特に骨董品的価値の高い昔の伊万里焼は「古伊万里」と呼ばれ、陶器買取でも高い買取価格が付いている例も多いです。

この伊万里焼は、あえて透かした装飾を付ける「透皿」で、経年劣化も少なく状態が良い古伊万里とのことから、買取価格を付けるとすれば、大体1万円~2万円の買取価格がつくでしょう。また、当時の共箱も一緒に残っており、その点も骨董品買取の点では高評価だそうでした。

伊万里焼は、その装飾の美しさから、かつてヨーロッパ向けの輸出品として好まれてきた歴史があります。骨董品的な価値がある伊万里焼だと、陶器買取でも高い買取価格が期待できるとのことです。伊万里焼の買取情報や詳細は、完成次第次ページで紹介いたします。

陶器の買取価格が決まる要素について

陶器の買取価格は単純に言えば「希少性の高さ」と「需要の高さ」によって決まります。この二つの要素を基準に考えるとある程度どういった陶器の買取価格が高いのかが分かりますので、そういった陶器の買取価格が決まる要素について紹介します。

作家の作品の陶器は買取価格が期待できる

陶器の「色」によって買取価値が変わる

陶器の買取において重要視される要素の一つが作家物の作品かどうか、またどういった作家の作品かどうかです。骨董品全般に言える事ですが、骨董品の買取で特に高価買取が期待できるものは多くの場合は有名作家による作品かどうかなのです。

有名どころで例えると同じ有田焼でも柿右衛門の陶器作品は数十万円という買取価格が期待できますが、有名ではない作家による有田焼の器では一万円を超える買取価格がつく事も稀なのです。ですので、陶器の買取査定の場合は落款(サイン)はきちんと撮影しましょう。

時代の古い陶器製品は高くなる傾向にある

陶器の状態や希少性について

陶器の買取価格は年代が古ければ古いほど希少性が高くなるので買取価格も高くなります。そして、古い時代の陶器製品には作家物でありながら落款(サイン)が敢えてない作品もありますが、そういった作品も作家物の陶器作品として高価買取が期待できます。

ただ、落款(サイン)なしで作家物かどうかを見抜くためには、優れた鑑定眼と経験に加えて作家の作品の特徴や歴史を知っている必要があります。素人ではほぼ不可能なほど困難ですので、専門家にお願いする事をおすすめします。

また、他にも特に古い陶器作品でありながら、精巧な細工が施され、状態も綺麗であれば作家物でなくても高価買取は期待できます!

ブランド食器のアンティークは高価買取が期待できる

有名な彫刻家の作品かどうか

陶器製品には和食器・洋食器どちらも含まれるのでブランド食器に関しても紹介しておきます。ブランド食器の買取となると、「マイセン」や「ヘレンド」といった単体の販売価格が高いハイブランド食器は高価買取が期待できる事は分かるかと思います。ですが、ハイブランド食器でなくてもブランド食器のアンティーク食器はかなりの高価買取が期待できます。

有名なところでいうと、「オールドノリタケ」や「オールド大倉陶園」が挙げられますが、これらのブランド食器は通常であれば1万円以内の買取価格に収まるところ、アンティーク食器であれば数十万単位の買取価格が期待できる食器もあるほどなのです。


ざっくりと陶器の買取価格が決まる要素を紹介しましたが、陶器の買取価格を算出したり陶器の価値を判断することは、鑑定のプロであっても間違える事があるほど難しい事です。ここで紹介している陶器の買取価格に関する考え方はあくまでも参考程度に考えて、本当に陶器の買取価格や価値を知りたい場合は買取業者に相談する事をおすすめします。

ページのトップへ