掛け軸買取に関する情報を提供するページ
掛け軸買取に関する情報を提供するページ

掛け軸買取情報の目次

このページでは掛け軸買取に関する様々な情報をご紹介するのですが、情報量がかなり多くなりますので次の目次を参考にしてください

掛け軸買取におけるおすすめ買取業者

掛け軸買取におけるおすすめ買取業者

まず初めに、手間をかけずに掛け軸を高く安心に売る為に最も大切なおすすめの掛け軸買取業者をご紹介します。買取業界において「おすすめの掛け軸買取業者=おすすめ骨董品買取業者」ですので、当サイトで紹介しているおすすめ骨董品買取業者を参考にしてください。掛け軸買取においても買取業者の選択さえ間違えなければ、手間いらずで高く安心に掛け軸を売ることができます!

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、次点でおすすめしている骨董品買取業者です。

掛け軸の定義と種類の一覧

掛け軸の定義と掛け軸の種類

掛け軸の定義とは「書・東洋画などを紙や裂で表装したもの」で、【床の間などに飾っている書画】のイメージが強いですね。

掛け軸に描かれている絵は山水画や花鳥画、神仏画や水墨画など技法も様々で、単に文字だけが書かれている”書画”の掛け軸や「横長の掛け軸」も存在します。掛け軸の買取価格は絵の種類も大切な判断材料であり、掛け軸の買取価格に影響する要素だったりもします。(絵の種類ごとでも掛け軸の買取相場例等を紹介していますので興味がありましたらご覧ください。)

実は掛け軸は茶道にも用いられますので茶道具の一種なのですが、骨董品買取業者では骨董品・古美術の1ジャンルとして扱われますので、このサイトでも個別で掛け軸の買取情報を総合的にご紹介します。

掛け軸買取業者が買取する掛け軸の種類

  • 中国掛け軸
  • 山水画
  • 花鳥画
  • 神仏画
  • 水墨画
  • 書画

掛け軸の買取価格の調べ方

掛け軸の定義と掛け軸の種類

まず、自力で素人が掛け軸の買取価格を調べる事は不可能と言えます。その理由は「作品知識」と「最新の相場」、「作家の知識」などを知っている必要がある、つまりは日常的に骨董品オークションや骨董市等に出入りしているような人や古美術品に触れる機会の多い学芸員でなければわからないという事です。(当ページの後半に掛け軸の買取価格例と解説がありますので、そこを見て掛け軸の買取価格が算出できそうか試してみてください。)

しかし、写真によるメール査定を活用する事で素人でも掛け軸の買取価格を簡単に特定する事が可能です。

このページでは掛け軸に関する撮影ポイントを紹介していますので、メール査定についてや基本的な撮影方法、相見積もりの取り方については次のページも参考にしてください。

メール査定における掛け軸の撮影方法

悪質な掛け軸買取業者について

※さっくりとメール査定で掛け軸の買取価格を知りたい方はまずは上記にもあるこちらの骨董品の買取価格を調べる方法を参考にしてください。

掛け軸の買取価格は「どういう作家による作品の掛け軸かどうか」が重要であり、作家物の作品を見分けるために「絵」や「落款」、「状態」や「付属品(共箱等)」の写真を送り査定をしてもらいます。掛け軸は絵の種類等による撮影方法の違いはほとんどないので、掛け軸の撮影ポイントは全てのページで共通したものを紹介しています。

では、掛け軸の買取価格を教えてもらうための重要な撮影ポイントは次のようになっています。(※撮影はスマホでOKです)

  • 掛け軸の絵の撮影
    掛け軸全景の画像 掛け軸全景の画像
    掛け軸全体の写真を撮影します。作風がどんな感じか分かるように、広げて撮影するのですがきっちり撮影することは難しいのでアバウトで大丈夫です。
  • 共箱(付属品)を撮影
    落款(陶印)の撮影 落款(陶印)の撮影
    掛け軸をしまっている共箱を全体が写るように撮影しましょう。他にも鑑定証等の付属品があれば撮影するとよいでしょう。見当たらなければ無い旨を伝えればOKです。
  • 落款(筆書き)の撮影
    共箱(ともばこ)の撮影 共箱(ともばこ)の撮影
    掛け軸の絵の端や共箱に「落款(筆書き)」があればピントを合わせて撮影します。見当たらなければその旨を伝えます。
  • 軸先の撮影
    共箱(ともばこ)の撮影 共箱(ともばこ)の撮影
    掛け軸の買取価格を画像査定するために意外と大切なのが、掛け軸の「軸先」の素材です。写真のように撮影すればOKです。

撮影ポイントの補足説明

掛け軸の買取価格は作家の判別の有無が非常に重要ですので、共箱と掛け軸にあるサインは読み取れるように「ピントを合わせて撮影する」事が大切です。そして、サインが無ければ掛け軸の買取価格は絶対に安いというわけではありませんので、サインが無くても査定をしてもらう事をおすすめします

また、掛け軸の買取価格を判断するうえで「軸先」が大切と言っている理由の補足ですが、軸先に象牙をはじめとした高級な素材が使用されていれば掛け軸も買取価格の高い希少な作品の可能性が高いと言えるからです。

メール査定の詳細については、次のページもぜひ参考にしてください。

掛け軸の買取価格例の紹介

ここでは、掛け軸の買取価格がどれくらいなのかという、画像付きで掛け軸の買取例を挙げて紹介します。買取業者の協力も借りて買取価格を紹介をしていますが、時価にもよるものなのであくまでも掛け軸買取における参考情報となります。(※なんでも鑑定団で出てくる「評価額や鑑定価値」は「買取価格」とは全くの別物です。評価額は買取価格よりもはるかに高い金額が算出されます。)

掛け軸 北大路魯山人作

掛け軸 北大路魯山人作
買取相場:10~15万円

北大路魯山人は、明治から昭和を代表する日本の芸術家で、掛け軸の他にも陶芸や料理、書道など、数々の分野で才能を発揮した人物として知られています。

この掛け軸は昭和20年代に描かれた作品で、所々に目立ちにくいシミが見られるのみで、状態としては兼ね良いものです。さらに共箱も揃っている状態ですので、掛け軸買取業者の買取価格は大体10万円~15万円前後が基準になってきます。 もし鑑定書があれば、この掛け軸の買取価格は更に上がります。

北大路魯山人は幅広い分野での芸術家として知られており、掛け軸になっている作品としても篆刻や水墨画、書画など幅広く存在し、作品が異なれば掛け軸としても買取価格も異なります。また、北大路魯山人の作品は贋作が多いことでも知られていますので、出来れば複数の骨董品・古美術買取業者で相見積もりを取り、様々な査定員に見てもらったほうが良いでしょう。

掛け軸 松林 桂月作

掛け軸 松林 桂月作(高さ:約150cm、幅:約50cm)
買取相場:1~3万円

こちらは、日本画家として知られる「松林桂月」作の掛け軸です。 薄いシミが点在し、一か所に破れがありますがその他の状態は概ね良好な掛け軸ですので、掛け軸買取業者の買取価格としては大体1~3万円前後が買取価格の基準になってきます。

こちらの掛け軸には鑑定書がありませんが、もし鑑定書がついていれば買取価格が数万円上がった可能性もあります。
また、松林桂月の場合、師事していた画家が「極書(鑑定書のようなもの)」を付けている場合があります。 その場合も買取価値が上がる可能性が高いので、”掛け軸に付いていた、筆で書かれた古いメモのようなもの”があった場合、処分されずに一緒に査定に出されることをお勧めします。

掛け軸 小杉 放庵作

掛け軸 小杉 放庵作(高さ:約140cm、幅:約30cm)
買取相場:3~5万円

こちらは、明治から昭和にかけて活躍した日本画家・小杉放庵作の掛け軸です。 全体的にヤケが広がっていたので状態としては並品程度との事でしたが、付属品として委員会による鑑定書があったので買取価格にプラスで査定が考慮して、掛け軸買取業者の買取価格は、大体3万~5万円前後が基準となる掛け軸です。

小杉放庵はその生涯で、優れた和歌や漢詩を残した僧侶”良寛”を慕いながら生活していました。 そのため、小杉放庵の掛け軸においては、良寛の生活情景を題材にした作品も数多く存在します。良寛が描かれた掛け軸であれば、その歴史的背景からも評価が高く、10万円以上の買取価格も期待できます。

掛け軸の買取価格が決まる要素について

掛け軸の買取価格は単純に言えば「希少性の高さ」と「需要の高さ」によって決まります。この二つの要素を基準に考えるとある程度どういった掛け軸の買取価格が高いのかが分かりますので、そういった掛け軸の買取価格が決まる要素について紹介します。

作家物の作品である掛け軸かどうか

作家物の作品である掛け軸かどうか

掛け軸の買取価格は、まず「作家物」か否かが非常に重要であり、有名な作家の掛け軸となればそれだけで高価買取が期待できる程重要な要素です

例えば、「伊藤若冲」や「丸山応挙」をはじめとした非常に有名な画家や、人間国宝に認定された作家の掛け軸であれば十分に高額な掛け軸の買取価格が期待できます。

ただ、価値が高く有名な作家物となると、当然、贋作(偽物)も多くなってきます。そのため、既に鑑定書や極書が付属しており、本物と断言できる掛け軸だと買取価格も高額になります。 ですが、贋作の掛け軸であっても、「美術品の一貫」として買取価格がつく場合があるので、「贋作=無価値」と言うわけではありません。

人気や需要が高い掛け軸かどうか

作品自体が珍しい掛け軸かどうか

掛け軸は、作家や作者ももちろん大事なポイントですが、描かれている内容によっても価値が異なります。つまり、人気のある作風=価値が高い、ということです。

伊藤若冲だと花鳥画を想像される方が多いですし、歌川広重となれば富士山の浮世絵を思い浮かべる方が多いでしょう。それと同じように、作家ごとに定評のある作風も異なってきますので、骨董市場で需要がある作風であれば買取相場も高くなります。

例えば、上記の買取価格例でご紹介した通り、小杉放庵の掛け軸だと”良寛”が描かれているものが人気のため、買取価格も期待が持てます。

有名人・著名人が手掛けた掛け軸かどうか

作られた時代が古いかどうか

有名な武将をはじめとした歴史的偉人が作法の一環として掛け軸や書画を嗜んでいる事は珍しい事ではなく、歴史上の偉人、著名人の作品が手掛けた掛け軸の買取価格は高価買取が期待できる逸品です。

例えば、慶応義塾の創立者として知られる福沢諭吉は、書画を多く残しており、それらは掛け軸として数多くの作品が現存しています。他にも、かの有名な西郷隆盛(西郷 南洲)の書いたとされる掛け軸も現存しており、過去の偉人による掛け軸の買取価格は100万円以上も軽く期待できる逸品も数多く存在します。


ざっくりと掛け軸の買取価格が決まる要素を紹介しましたが、掛け軸の買取価格を算出したり掛け軸の価値を判断することは、鑑定のプロであっても間違える事があるほど難しい事です。ここで紹介している掛け軸の買取価格に関する考え方はあくまでも参考程度に考えて、本当に掛け軸の買取価格や価値を知りたい場合は買取業者に相談する事をおすすめします。

掛け軸の買取を考えている方は、おすすめの掛け軸の買取業者を次のページで紹介していますので是非参考にしてください。

ページのトップへ