茶道具のひとつである「建水」について

茶道具建水

茶道具のひとつに数えられる「建水」について、歴史や概要、茶道における役割や手入れ・扱い方を解説していきます。

「建水」について調べている方は是非参考にしてください。

茶道具の一つ「建水」の概要

茶道具の一つ「建水」の概要

建水とは、茶碗を温めたりすすいだりしたときに、使った水を捨てるための器です。

「みずこぼし」ともいわれ、水覆、水建などと書かれています。

材質は、磁器や陶器、曲物、唐銅、砂張などで、軽くて丈夫なことから近年ではアクリル製の物もあります。

形状は桶型や筒型、碗型、壺型などです。

ほとんどの建水の口部分は湯水を捨てやすくするために大きく開いています。

建水は道具の中で一番格の低い物であることから客の見えにくい所で使われます。

建水の歴史

建水の歴史

建水は茶道の「皆具」の一つですが、この皆具が伝えられたのは、鎌倉時代の1260年ごろです。

当時の中国である宋ではすでに存在していたようです。

皆具は、臨済宗の僧であった南浦紹明が宋から戻ってから京都の大徳寺に渡りました。

日本の物では千利休が保有していた唐銅皆具が有名です。

この当時は銅製の物が主流のようです。

今でも使われている陶器皆具は江戸時代の末期に登場しましたが、その頃はあまり馴染みがなかったので人々にはあまり受け入れられなかったようです。

曲物の建水は、武野紹鴎が巡礼の際、持っていた飯ごうから思いつき、水屋用にしたのを千利休が茶室で使ったのが始まりとされています。

陶器皆具は人々に広く出回るようになったのは明治時代になってからで、それぞれの流儀の家元が「好みもの」を取り入れるようになった時に、裏千家十一世玄々斎がひろめた「立礼式」では「陶器皆具」を使用することになっていたため、近世で行われる茶の湯には欠かせないものになったようです。

茶道における建水の役割

茶道における建水の役割

建水はあまり目立つものではありませんが、台子皆具の一つだったことが始まりのようです。

それから独立した物になり、茶席で茶碗をすすいだり、湯を捨てる時の器になりました。

水を捨てる時に、水が建って見えることから今では「建水」と書いて「けんすい」または「こぼし」と呼ばれています。

特に形は決まっていませんが、金属製の物では唐金のえふご形建水がよく見られます。

建水には、「大脇差」という利休が好んだ形があります。

これはいつも傍らに置いたことで脇差を連想し、名付けられました。

木地曲建水は、利休形であり、小間でのあらたまった濃茶の際に相応わしいとされています。

合子は本来、蓋物の容器のことを指しますが、建水では、蓋物の身の部分を指します。

特別な物では、「小卓」という棚の下にいれる、如心斎好みといわれる平建水があります。

茶道における建水の扱い方(作法)

茶道における建水の扱い方(作法)

茶道の際には、まず茶室へ入場する最後に、建水の中には蓋置を、口には柄杓を掛けて左手で口の所をもって入り、手前に座ります。

左手に柄杓をもち、右手で中の蓋置をとりだし、所定の場所に置きます。

茶せん通しで茶わんを清める際に使った湯を建水に捨てます。

終わったら最初に左手で持ち退座します。

建水を扱う時は、木地では全体を水で濡らした布で拭いておきます。

柄杓も同じように濡らしてから用意します。

なぜなら柄杓は、乾いた状態では建水から滑って落ちてしまうからです。

曲建水は木地を曲げて作られた建水で、木地のままの状態が正式とされていますが、塗曲もあります。

曲建水は綴じ目の部分を手前として使用します。

茶の世界では「丸前角向こう」という言葉があり、丸い物は綴じ目が手前で、角のある物は閉じ目を向こう側にして使います。

真の点前ではそれが逆になります。

建水の手入れ・保管方法

建水の手入れ・保管方法

建水は、茶碗をすすいだ水を入れるために使うだけなので、汚れることはほとんどありません。

陶器製の建水は、新品の場合ではまず1時間ほど水につけておきます。

いきなり熱いお湯をいれると、汚れが染み込んだり割れてしまうことがあるので気をつけます。

拭くときは茶巾などの薄い布で拭くようにします。

唐銅などの金属製の物は手あかや脂が付きやすいので、使用後はお湯で拭くようにします。

拭いた後はよく乾かします。

木工品である曲物などは、蓋置のように蒔絵や塗りが施してある場合もあるので、装飾部分には直に水をかけないように注意します。

またこれらの手入れをする時には擦ったりすることがないように丁寧に行い、無造作に扱うことは避けるようにします。

茶道具の関連コラムはこちら

骨董品・古美術品のおすすめ買取業者は?

茶道具作品の正確な買取価格の調べ方

当サイトでは実体験を基におすすめの骨董品・古美術の買取業者を紹介していますので、買取を希望している方は参考にしてください。

また、骨董品・古美術品に関する無料相談や無料査定サービスも行っている業者ですので、骨董品の価値を知りたい際にもおすすめの買取業者ですよ

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは茶道具を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ