アンティーク家具買取に関する情報を提供するページ
アンティーク家具買取に関する情報を提供するページ

アンティーク家具買取情報の目次

このページではアンティーク家具買取に関する様々な情報をご紹介するのですが、情報量が多くなりますので次の目次を参考にしてください

アンティーク家具買取におけるおすすめ買取業者

アンティーク家具買取におけるおすすめ買取業者

アンティーク家具の買取価格は業者によって変わります

査定によって「ガレの花瓶」と判明した品を買取してもらった際の話ですが、骨董品買取業者によって提示された買取価格は次の4社のようにばらつきがありました。(※画像は参考画像です)

アンティーク家具買取におけるおすすめ買取業者 アンティーク家具買取におけるおすすめ買取業者
アンティーク家具
エミールガレの花瓶
骨董品買取業者 A社 82,000円
骨董品買取業者 B社 54,000円
骨董品買取業者 C社 8,000円
骨董品買取業者 D社 1,000円

A社とB社は、査定の結果「ガレの花瓶(エミールガレ本人作ではなく後期のもの)」と判定し、相場価値に基づいた買取価格を提示してくれた業者です。あまり状態が良くなかった花瓶ですが、きちんと希少価値を汲み取った査定を行ってくれました。

C社タイプは相見積もりをかけない限り高い相場で買取しないアンティーク家具買取業者で、基本的にアンティーク家具買取業者はこのタイプが多い気がします。

「あまり買取価格が高くないから悪徳業者?」と思われるかも知れませんが、対応も良く丁寧で、あくまで「一般的な買取業者」と十分に呼べる範囲です。ただ、相見積もりを掛けたことで価格差が顕著に現れています。

D社タイプは絶対に依頼してはいけない悪質な買取業者のタイプで、アンティーク家具への知識が乏しいか、あるいは安く買い叩く事しか考えていないアンティーク家具買取業者です。

アンティーク家具は買取できない種類も多いので、このくらいの買取価格になること自体は珍しくはないのですが、相見積もりを掛けることでより高く売れる可能性は上がります。

アンティーク家具についてきちんと査定できる骨董品買取業者でなければ、アンティーク家具の高価買取はまず期待できません。アンティーク家具の買取を検討しているなら、下記のおすすめの骨董品・古美術買取業者も是非参考にしてください

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

アンティーク家具の定義と価値について

アンティーク家具の定義と価値について

まず、アンティーク家具の定義ですが、アメリカの関税法上から「100年以上古い時代の家具」という定義が一つの基準といえます。

ですが、「アンティーク」と呼ばれるものに明確な定義がないのが実態で、一般的にアンティーク家具というと「明らかに古そうに見える家具」や「美術的・芸術的価値があり、かつ年代を感じる家具」を指して使われますので、製造年よりも人の感覚で分類されるものだと考えて問題ありません。

さて、そんなアンティーク家具の価値ですが、ピンからキリまであり、単純に「古ければ古いほど高い」「サイズが大きいほど高い」というわけではなく、買取の観点からいえば希少価値で決まります。

100年以上前に作られた家具であっても、粗悪な家具なら買取価格が付かない事も珍しくなく、逆に100年以内に作られた家具でも「美術的に優れた家具で、かつ年代的にも希少性が出ている」場合なら高い買取価格が期待できます。

極端な話、20~30年前と比較的最近に作られた家具であっても、有名デザイナーの家具であったり、希少価値が高い素材が使われている場合は十分高価買取が期待できます。

そのため、高い買取価格が付く家具の見分け方としては、「見た感じで高級そうか」という直感も意外と頼りになります。

アンティーク家具は「希少価値」「デザイン性」「状態」によって買取相場が大きく変わり、もちろん価値が付かないアンティーク家具も多くありますが、中には数十万円単位の買取価格が付く意外なアンティーク家具も多く存在しますよ

アンティーク家具の買取価格の調べ方

アンティーク家具の買取価格の調べ方

まず、素人が自力でアンティーク家具の買取価格を調べるのはかなり難しいのが現状です。

アンティーク家具は種類が非常に多く、かつ「作風をよく似せて作った品」「安価なジェネリック家具(※後述します)」といったものもあるため、アンティーク家具に対して深い知識がないと、正しい価値を見極めるのは難しくなります

さらに、価値や買取価格を算出するなら、「現在の最新相場」などを正確に把握している必要も出てきますので、さらに複雑になります。
※当ページの後半にアンティーク家具の買取価格例の一覧と解説がありますので、そこを見てアンティーク家具の買取価格が算出できそうか試してみてください。

しかし、写真によるメール査定を活用する事で、素人でも簡単にアンティーク家具の買取価格を特定する事が出来ます。

このページではアンティーク家具に関する撮影ポイントも一緒に紹介していますので、基本的なメール査定方法・撮影方法・相見積もりの取り方については次のページも参考にしてください。

メール査定におけるアンティーク家具の撮影方法

メール査定におけるアンティーク家具の撮影方法

アンティーク家具には「チェア」「サイドテーブル」「ランプ」など幅広い種類がありますが、撮影ポイント自体はほぼ共通しています。アンティーク家具をWEB査定する際にはぜひ参考にしてください。(撮影はスマホでOKです)

  • アンティーク家具の全体を撮影
    アンティーク家具の全体を撮影 アンティーク家具の全体を撮影
    アンティーク家具の全体が見えるように撮影します。彫刻などの装飾がある場合、その部分もアップで撮影しておくと親切です。
  • アンティーク家具のロゴやサインを撮影
    アンティーク家具のロゴやサインを撮影 アンティーク家具のロゴやサインを撮影
    もしアンティーク家具にロゴやサインが確認できれば、そちらも撮影します。特に見当たらなければ、撮影しなくても大丈夫です。

撮影ポイントの補足説明

アンティーク家具のWEB査定(メール査定)の写真撮影は、「外観を鮮明に写す」「ロゴ(サイン)などがあれば撮っておく」という点を踏まえておけばまずは大丈夫です。

高級なアンティーク家具であれば保証書や鑑定書などが付いている場合もありますので、もしあれば他の骨董品同様にそちらも撮影しておきましょう。

そして、WEB査定の情報で意外と大切なのが「どのように入手したか」という点と「アンティーク家具のサイズ」についてですので、正確な査定の為にも説明しておくようにしましょう。

メール査定に関しては、下記の「骨董品の買取価格を調べる方法」でも詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

アンティーク家具の買取価格例の紹介

このページでは、アンティーク家具の買取価格がどれくらいなのかを、アンティーク家具の取引事例から計算して買取例をご紹介します。(※なんでも鑑定団のような評価額や鑑定価値と買取価格は全くの別物で、評価額は買取価格よりもはるかに高い金額が算出されます。)

【アンティーク家具】サイドテーブル エミールガレ(アールヌーヴォー)

【アンティーク家具】サイドテーブル エミールガレ(アールヌーヴォー)
買取価格:7~10万円

アンティーク家具の歴史における大きな流行のひとつに「アール・ヌーヴォー」があります。

アール・ヌーヴォーは19世紀末から20世紀の初めにかけてヨーロッパで流行した芸術様式で、曲線を多用し、花や植物などの有機的なモチーフを多く採用していることが特徴です。

この時代に活躍した有名なデザイナー達もアール・ヌーヴォー様式を数多く取り入れており、例えば「エミール・ガレ」「ルイ・マジョレル」などは、アールヌーヴォーにおいて非常に有名な作家です。

アールヌーヴォーの運動は美術品から工芸品をはじめ、絵画や建築に至るまで幅広い分野で取り入れられ、当時の家具でもアールヌーヴォー装飾を用いた品が多く作られました。

例えば、こちらはエミールガレが手掛けたサイドテーブルで、ガレが特許を取った「マルケットリー」という象嵌技術が使われています。エミールガレはガラス工芸家として広く知られますが、ガラス作品をより美しく演出するために自ら家具工房を立ち上げ、同時に優れた家具デザイナーでもありました。

エミールガレはネームバリューある有名作家のため相場も高く、アンティーク家具としては相応の劣化がありますが、買取相場としてはおよそ7~10万円前後が期待できます。

【アンティーク家具】ランプ ドーム兄弟(アールデコ)

【アンティーク家具】ランプ ドーム兄弟(アールデコ)
買取価格:15~20万円

アール・デコは1910年代~1930年代にかけて流行した芸術様式です。上述のアールヌーヴォーの対極とも言える流行で、直線的なデザインやオリエンタル要素を織り交ぜた幾何学的なスタイル、金色を多く用いたゴージャスな装飾が広く好まれていきました。

こちらは、アールデコが流行した時代に広く知られたガラス工芸家の「ドーム兄弟」が手掛けたランプで、買取相場としてはおよそ15~20万円前後が期待できます。

前述のアールヌーヴォーはヨーロッパを中心に流行しましたが、アールデコはアメリカのショービジネスの世界でも好まれ、当時ニューヨークに建てられた「エンパイアステートビル」「クライスラービル」などもアールデコを代表する建築物のひとつです。

アールデコは建築や絵画の分野が広く知られますが、家具の分野にも取り入れられ、当時の富裕層を中心に広く流行しました。造形こそシンプルではありますが、紫檀や毛皮など多様な高級素材が用いられたものも多いです。

【アンティーク家具】ザ・チェア ハンス・J・ウェグナー(デザイナーズ家具)

【アンティーク家具】ザ・チェア ハンス・J・ウェグナー(デザイナーズ家具)
買取価格:7~10万円

古いアンティーク家具だけでなく、デザイナーズ家具の中にも高く売れる品物が多く存在します。

例えばこちらは「ハンス・J・ウェグナー」というデザイナーが手掛けた「ザ・チェア」という椅子です。PPモブラーという家具工房が製造した限定モデルで、買取相場としてはおよそ7~10万円前後も期待できるプレミア品です。

ただ、デザイナーズ家具については後述もしますが、「名作を模範した安価な家具(いわゆるジェネリック家具)」もありますので、査定を受けないと本当の価値が分からない場合が多いです。

こちらもプレミア品なので買取相場が高いのですが、全く同じデザインで1~3万円前後で販売されているものもあります。

買取で高い価値が付きやすいデザイナーズ家具の特徴としては「昔から家にあって、良いものだと言われていた」「家具にあったロゴで検索したら、有名なデザイナーらしき情報がヒットした」という場合が多いです。

P写真査定を利用することで簡単に買取価値が判明しますので、一度骨董品買取業者のメール査定を利用されてみるのもおすすめです。

アンティーク家具の買取価格が決まる要素について

アンティーク家具も、他の骨董品同様に「希少性の高さ」と「需要の高さ」によって買取価格が決まります。この二つの要素を基準に考えるとある程度どういったアンティーク家具の買取価格が高いのかが分かりますので、そういったアンティーク家具の買取価格が決まる要素について紹介します。

アンティーク家具の作家をチェック

アンティーク家具の作家をチェック

アンティーク家具の価値が決まるひとつの要素として「作家」のネームバリューがあります。

例えば、上述の「エミールガレ」や「ドーム兄弟」などは非常に有名で、1点で数十万円単位の買取価格が付くようなアンティーク家具も多くあります。

ですが「作家」から買取情報を知るにあたってはかなり複雑で、特にデザイナーズ家具の価値を見極めるのは難しくなります

上述したようなウェグナーの他、フィン・ユールやアルネ・ヤコブセン、ミース・ファン・デル・ローエやマルセルブロイヤーなど有名な家具デザイナーは多く、日本でも倉俣史朗や剣持勇などの有名な家具デザイナーが活躍していました。

ただ、特許(意匠権)が切れた家具デザインは誰でも自由に利用することが出来るので、他メーカーが安く製造した”ジェネリック家具”も多く出回っています。そのため価値・価格もピンキリで、数十万円の買取価格が期待できるものもあれば、逆に価値がそれほどない場合もあります。

逆に、製造元がまだ意匠権を持っていて安く製造販売ができないもの、かつインテリア雑誌などで広く知られるようなデザイナーズ家具になると相場も高くなり、比例して買取価格も高額が期待できます。

作られてから年月が経つ家具だと意匠権が切れ、類似品が出てくる可能性もあるので、特にデザイナーズ家具の場合は早めの買取をおすすめします。

アンティーク家具が作られた年代を知る

アンティーク家具が作られた年代を知る

アンティーク家具は、作られた時代によっても買取価格が変わってきます。

例えばアールヌーヴォー様式のアンティーク家具であれば、「本当にアールヌーヴォーの時代に作られたものなのか」「後の時代に作られた模倣作なのか」によっても価値が変わり、もちろん買取価格も異なります。

ただ、古ければ古いほど良いというわけでもなく、例えばアンティーク家具の時代の境界線のひとつとして「第二次世界大戦」が挙げられます

戦前のものは丁寧に作られているものが多く、家具としての価値も高いのですが、戦後になると家具の相場はどんどん下がっていきます。戦争にて失った大量の家屋・家具を立て直す必要があったため、コスト・手間を押さえ、大量生産できる家具が好まれていったためです。

アンティーク家具は「古ければ良い」という経年としての価値ではなく、このような”希少価値”の面から、時間的な概念が用いられる場合があります。

アンティーク家具の素材で買取価格も変わる

アンティーク家具の素材で買取価格も変わる

アンティーク家具の買取価格を決めるひとつの要素として、アンティーク家具に使われている「素材」も挙げられます。

例えば、アンティーク家具に使われている木材の種類に「マホガニー」がありますが、現在は伐採禁止になっている国が多いです。そのため、マホガニーが使われているアンティーク家具は昔よりも相場が上がっていて、買取価格も高額になる場合が多いです。

また、マホガニーは昔貴族の間で流行した素材なので、マホガニーが使われている=高級家具、という指標にもなります。

このように素材によって買取相場が変わってくる場合もありますので、保証書や鑑定書などに素材が書いていればそちらもチェックしておきましょう

もちろん素材が不明でも、買取業者がきちんと見てくれるので大丈夫です。

アンティーク家具の状態をチェック

アンティーク家具の状態をチェック

アンティーク家具の買取においては「状態」も大切です。傷や割れ、汚れなどがあると買取価格が下がってしまう可能性があるので、ダメージが付かないよう丁寧に扱うことをおすすめします。

また、良かれと思って行った手入れで取返しの付かないダメージが生じることもありますので、薬品などはあまり用いず、柔らかい布で埃をぬぐう程度に留めておくことをおすすめします。

ただ、アンティーク家具は長い間使われてきているのが当たり前ですので、状態に関してはある程度大目に見てくれる場合も多いです。その中でダメージや補修跡がないものは珍しいので、高価買取されやすいという訳です。


ざっくりとアンティーク家具の買取価格が決まる要素を紹介しましたが、アンティーク家具の買取価格を正確に知りたい場合は買取業者に相談することをおすすめします。です。WEB査定は完全無料で対応してもらえるので気軽に依頼して大丈夫です。

ページのトップへ