茶碗買取に関する情報を提供するページ
茶碗買取に関する情報を提供するページ

茶碗買取情報の目次

このページでは茶碗買取に関する様々な情報をご紹介するのですが、情報量がかなり多くなりますので次の目次を参考にしてください

茶碗とは?どれくらい高く売れるの?

茶碗について

まず最初に【茶碗】の価値や概要をまとめますが骨董品としての茶碗とはお茶を入れて飲むお椀総称です。ちなみに、ごはんに使用する茶碗は正式には「ご飯茶碗」と呼ばれ、骨董品でいう茶碗とは全くの別物です。

茶碗の買取価格は茶道具の中でも価値はピンからキリまで存在するのが多く、買取が断られる茶碗も多い一方で、数十万~百万単位での買取価格がつく茶碗も多く存在します。

ここまで茶碗の買取価格がピンからキリまであるには理由があります。まず、茶碗は奈良時代から平安時代にかけて伝えられたとされている事から茶碗の歴史はかなり古いことが分かるかと思います。そして、茶碗は基本道具かつ最も重要な位置にある茶道具とされています。

その為、多くの偉人が茶碗を愛し、だからこそ、数多くの高名な陶芸家により茶碗は作られ、そして、大衆に対しても茶碗は大量に作られていました。ですので、茶碗は最上品と一般品の品質の差と流通量が大きい事から買取価格の差も相対的に大きくなっているのです。

では、実際に骨董品の茶碗がどれくらいの価格で買取されるのか、高く売ることができる高価な茶碗の特徴についてなど紹介していきます。

茶碗の買取価格例の紹介

茶碗の買取価格例の紹介

ここでは様々な茶碗の買取価格について紹介します。画像付きで茶碗の買取例を挙げて紹介しますのでぜひ参考にしてください。(※なんでも鑑定団のような評価額や鑑定価値と買取価格は全くの別物で、評価額は買取価格よりもはるかに高い金額が算出されます。)

萩焼茶碗 三輪休雪作(高さ:約8.0cm、幅:約14.5cm)

萩焼茶碗 三輪休雪作
買取価格:5~10万円

こちらは、萩焼の作家「三輪休雪」が作った茶碗です。三輪休雪は代々襲名している陶芸作家で、その代や作風ごとに買取価格も変わってきます。 例えば、人間国宝に認定された11代の三輪休雪は、晩年の頃は”掻き銘休雪”とも呼ばれ、この頃の作品は価値が高いものが多いことでも有名で、100万円以上の買取価格が期待できる茶碗もあります。

写真の茶碗は、11代三輪休雪作の鬼萩のものですが、状態があまり良くないこともあり、買取価格は大体5万円前後からが期待できます。このように状態の良し悪しや作風、年代などで、同じ作家であっても買取価格に何十万円もの差が生じることがあります。

有田焼茶碗 十三代酒井田柿右衛門作(高さ:約7.0cm、幅:約13.2cm)

有田焼茶碗 十三代酒井田柿右衛門作
買取価格:7~10万円

酒井田柿右衛門とは有田焼の作家で、今は十五代目がご活躍されています。写真の茶碗は十三代目の酒井田柿右衛門が手掛けた作品で共箱もありますが、小さな欠けがあることから、買取価格は7万円前後が基準となります。 酒井田柿右衛門は代によっても買取価格が変わりますし、柿右衛門”工房”が手掛けた品で、本人作ではない茶碗もあります。

備前焼茶碗 無銘(高さ:約7.0cm、幅:約16.2cm)

備前焼茶碗
買取価格:数百円

岡山県の備前焼は、六古窯の一つにも数えられるほど歴史の長い焼き物です。備前焼の茶碗といっても数多くがあり、例えば中村六郎や伊勢崎淳などの作家物だと数十万円の買取価格が付くことも多いです。 ですが、こちらの備前焼茶碗は、近年の作品であること、著名な作家の茶碗でないことから買取価格は数百円にとどまり状態や作品の質次第では買取を断られる可能性もあります。

志野茶碗 荒川豊蔵作(高さ:約9.0cm、幅:約13.1cm)

志野茶碗 荒川豊蔵作
買取価格:5~8万円

荒川豊蔵は、志野と瀬戸黒において人間国宝に認定された名作家です。晩年は価値の高い瀬戸黒の茶碗を多く手がけており、茶碗1点で100万円前後の買取価格が付くような名作もあります。また、作品集や展覧会などに出品される名茶碗、あるいは鑑定済みの茶碗などであれば、骨董品買取における買取価格も高くなりやすいです。

ですが、こちらの荒川豊蔵作の志野茶碗は、共箱がなく箱から読み取れる詳細が不明なこと、そして状態もそれほど良くない茶碗ですので、大体5万円前後の買取価格が基準になります。

伊万里焼茶碗(高さ:約9.0cm、幅:約11.5cm)

伊万里焼茶碗
買取価格:数百円

伊万里焼は、佐賀県有田周辺で作られる磁器で、特に古い作品は「初期伊万里」「古伊万里」と呼ばれ、骨董品としても重宝される傾向にあります。写真の伊万里焼は立派な茶碗ではありますが、近年の作品で希少価値が薄いこと、そして有名な作家の茶碗ではありませんので、買取価格は良くて数百円、多くの場合骨董品買取業者では買取不可となる茶碗です。

けれども、茶碗の価値の有無は一見しただけでは分からないことも多いので、詳細が不明な茶碗であれば、一度写真を添付して骨董品買取業者へ問い合わせされてみることをお勧めします。

茶碗買取におけるおすすめ買取業者

茶碗買取におけるおすすめ買取業者

まず初めに、手間をかけずに茶碗を高く安心に売る為に最も大切なおすすめの茶碗買取業者をご紹介します。買取業界において「おすすめの茶碗買取業者=おすすめ骨董品買取業者」ですので、当サイトで紹介しているおすすめ骨董品買取業者を参考にしてください。茶碗買取においても買取業者の選択さえ間違えなければ、手間いらずで高く安心に茶碗を売ることができます!

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、次点でおすすめしている骨董品買取業者です。

高価買取が期待できる茶碗の特徴とは?

メール査定における茶碗の撮影方法

家の大掃除や倉庫や蔵の整理、相続などによって「茶碗」が見つかった際に「高く売れそうな茶碗かどうか」を判別するポイントをご紹介します。

これから紹介するポイントに多く該当すると高く売れる茶碗の可能性が上がりますので、気になる場合は後述しますが一度骨董品買取業者に査定依頼をすることを強くおすすめします!

単純に古そうかどうか

単純に古そうな茶碗かどうか

骨董品や茶道具全般に言える事ですが、単純に「古そう」と感じるだけでも数万円以上で売れる高い価値を秘めた茶碗の可能性はゼロではありませんので、基本的には価値や買取価格については専門家に査定依頼することをおすすめします。

「古そうなだけ」であっても骨董品買取業者に相談するには十分な理由で業者側も「古そうであれば相談をしてほしい」と言っています!

作家物の茶碗かどうか

作品自体が珍しい茶碗かどうか

作家物の茶碗とは、陶芸家(作家)によって作られた作品の茶碗の事であり、十万以上の買取価格が期待できる茶碗のほとんどは作家物の茶碗です。ですので、作家物の茶碗だと分かるだけで高価買取の期待値は大きく上がります!

作家物の茶碗かどうかは「落款(陶印)」や箱への「墨書き」で確認できますが、敢えてサインのない茶碗作品やサインが消えて確認できない場合もあります。

共箱(保管箱)があるかどうか

作品自体が珍しい茶碗かどうか

作家物の作品含めた高価な茶碗の場合は共箱と言う箱に保管されていることが基本です。特に、数十万単位での買取価格が期待できる茶碗であれば基本的には共箱に入っていますので、茶碗に共箱があるだけでも高価買取が期待できるというわけです。

また、共箱自体以外に関しても、簡素であったり近年の綺麗なものよりも、色が褪せや時代を感じる匂いなどなど、古そうな雰囲気のある箱であればより茶碗の高価買取は期待できます!

茶碗を入手した場所がわかるなら・・・

作品自体が珍しい茶碗かどうか

茶碗を含めた骨董品全般に言える事ですが、高い価値をもつ骨董品とは「然るべきルート」から見つかる場合が多くなっています。然るべきルートを簡単に挙げると、「1.骨董品収集家のコレクション」「2.オークションや骨董市等で高い金額で購入」「裕福な人からプレゼントされた」などです。

ですので、茶碗を見つけた際にはどういったルートを辿ってここにあるのかが確認できるのであれば確認しておくことをおすすめします。「昔に政治家の人から貰った」などなど、そういった入手ルートであれば高価買取はかなり期待できますよ!


高価買取が期待できる茶碗かどうかを判別する簡単なポイントはこんな感じです。ですが、本当に高い価値がある茶碗かどうかの判断は専門家に判断してもらわなければ分かりません。共箱や作家のサインがなく、ただ古そうなだけの茶碗でも専門家の査定で数万円以上の買取価格がつく事は珍しい事でもありません。

ですので、古そうな茶碗が見つかれば正しい価値を判断するためにも、無料かつ業者が推奨しているので次の方法で骨董品買取業者の専門家に無料査定を依頼することをおすすめします!

茶碗の買取価格の調べ方

茶碗の定義と茶碗の種類

まず、自力で素人が茶碗の買取価格を調べる事は不可能と言えます。その理由は「作品知識」と「最新の相場」を知っている必要がある、つまりはオークションや骨董市等に出入りしているような人や学芸員でなければわからないからです。(当ページの前半に茶碗の買取価格例の一覧と解説がありますので、そこを見て茶碗の買取価格が算出できそうか試してみてください。)

しかし、写真によるメール査定を活用する事で素人でも茶碗の買取価格を簡単に特定する事が可能です。

このページでは茶碗に関する撮影ポイントを紹介していますが、メール査定の方法や基本的な撮影方法、相見積もりの取り方については次のページを参考にしてください。

メール査定における茶碗の撮影方法

メール査定における茶碗の撮影方法

※茶碗の撮影ポイントに関してはこちらの茶道具の買取情報ページで紹介している内容と異なる点がとくにありませんので、同様の内容を紹介しています。

  • 茶碗全景の撮影
    茶碗全景の画像 茶碗全景の画像
    まずは写真のように共箱も含めた全景を撮影します。共箱がない場合は共箱は不要です。
  • 共箱(ともばこ)の撮影
    共箱(ともばこ)の撮影 共箱(ともばこ)の撮影
    共箱には箱書きと呼ばれる作家のサインがあれば撮影します。見当たらなければその旨を伝えます。
  • 落款(陶印)の撮影
    落款(陶印)の撮影 落款(陶印)の撮影
    作品のサイン(落款・陶印)を撮影します。分からない場合も多いので、見当たらなければその旨を伝えましょう。

撮影ポイントの補足説明

共箱とは作品(茶碗)をしまっている箱書き(サイン)のある箱の事ですが、「共箱の状態」や「箱書き」と「落款(陶印)」は真贋や茶碗の価値を判断するのに非常に重要なポイントなのです。ですが、作品にあるサイン(落款・陶印)に関しては、傷か落款か判別できないような種類もありますので分からない場合は「見当たらない」と伝えてOKです。

メール査定において傷や欠けといった状態で気になる点については、全て写真で送るよりも文章で「こんな傷がある」等々伝えればOKです。査定に影響するような内容であれば買取業者から指示が来ますので指示に従えば問題ありません。メール査定について詳しくは次のページも参考にしてください。

他の茶道具の種類一覧

茶道具の種類一覧

茶碗以外で当サイトで紹介している茶道具の買取情報は次の通りになります。

掛け軸や絵画、象牙、刀剣、珊瑚製品など様々な骨董品に関しても幅広く紹介していますので骨董品買取の際にはそちらも是非参考にしてください。

骨董品買取業者が買取する茶道具の種類一覧

ページのトップへ