棗(薄茶器)買取に関する情報を提供するページ
棗(薄茶器)買取に関する情報を提供するページ

棗の買取情報目次

このページでは棗(薄茶器)買取に関する様々な情報をご紹介するのですが、情報量がかなり多くなりますので次の目次を参考にしてください

茶道具の棗とは?高く売れる?種類は?

茶道具の種類一覧

まず最初に【棗(薄茶器)】の価値や概要についてですが、棗とは「薄茶(抹茶)を入れる木製漆塗りの蓋付き容器の総称」で、薄茶を入れる事から薄茶器とも呼ばれています。ただ、薄茶器については少々複雑ですので後述で更に紹介します。

棗の買取価格ですが、名な作家の作品も多くあるので高価買取が期待できる茶道具の一種ですし、数ある木製漆塗り作品の中でも高価買取が期待できる種類ですよ。

買取価格の上限でいうと棗単体で100万円を超える買取価格はあまり期待できません(オークションにて100万円以上の落札事例はあります)が、数万~数十万円の値段で売れる棗ともなると見つかる可能性はありますし、有名作家の棗であれば10万円前後の買取価格は十二分に期待しても良いと言えます!

【棗(薄茶器)】の種類について

棗とは種類分けが少々複雑な茶道具ですので、分かりやすく順を追って紹介します。まず、前述にあるように棗(薄茶器)とは「薄茶を入れる木製漆塗りの蓋付き容器の総称」なのですが、大元のから順を追って紹介していきます。

「1.抹茶を入れる器の【茶入れ】という茶道具」があり、この【茶入れ】には「2.濃茶を入れる【濃茶器】と薄茶を入れる【薄茶器】」に大別することでき、「3.薄茶器は下記で紹介している7種類に分類でき、そのうちの一つが【棗】」に該当します。つまり、棗というのは7種類ある薄茶器の一種だったのですが、現在では薄茶器の総称で棗と呼ばれるようになったのです。(※濃茶と薄茶の違い等に関しては、こちらの「茶入れ(濃茶器)」ページで紹介します)

薄茶器の種類一覧

  • 頭切(ズキリ)
  • 薬籠(ヤロウ)
  • 茶桶(サツウ)
  • 金輪寺(キンリンジ)
  • 中次(ナカツギ)
  • 吹雪(フブキ)
  • 棗(ナツメ)

現在では上記のような呼び方はせず「薄茶器=棗」として呼び方は統一されていますが、形状や内側の構造等によって薄茶気の呼び方は異なっていました。

では、高く売ることができる高価な棗(薄茶器)の特徴やメール査定での撮影方法も画像付きで紹介していきますので、棗(薄茶器)の買取情報をお探しの際にはぜひ参考にしてください。

棗(薄茶器)の買取価格例の紹介

棗(薄茶器)の買取価格例の紹介

ここからは色々な棗(薄茶器)の買取価格について紹介します。画像付きで棗(薄茶器)の買取例を挙げて紹介しますのでぜひ参考にしてください。(※なんでも鑑定団のような評価額や鑑定価値と買取価格は全くの別物で、評価額は買取価格よりもはるかに高い金額が算出されます。)

蒔絵棗(薄茶器) 小川松民作(高さ:約7.0cm、幅:約6.2cm)

蒔絵棗 小川松民作(薄茶器)
買取価格:7~10万円

小川松民とは、江戸後期~明治時代に活躍した漆芸家で、特に蒔絵の美しさが高く評価されています。多くの茶道具を手掛けた名工ですが、若くに亡くなってしまったため、作品数はそれほど多くありません。こちらは小川松民が手掛けた蒔絵の棗で、希少価値・骨董品的価値ともに高い作品です。

経年による乾燥での劣化があり、買取価格は7~10万円前後が基準となります。棗のような漆作品は紫外線や乾燥によるダメージを受けやすいので、保管状況にはある程度気を配っておく必要があります。

象牙棗(薄茶器)(高さ:約8.0cm、幅:約7.2cm)

象牙棗(薄茶器)
買取価格:5~7万円

高い買取価格が付きやすい棗の特徴として、有名な作家であることや歴史的価値が高いこと、そして素材が高級であることが挙げられます。骨董品買取で重宝される高級素材としては、珊瑚や翡翠、そして象牙などが挙げられます。

こちらは象牙で出来た棗で、骨董品買取では5~7万円の買取価格が基準となります。写真の象牙棗は装飾のないシンプルなものですが、例えば、精巧な装飾が施されていて美術品としての価値が高いものや、有名な作家の象牙棗であればこれ以上の買取価格も期待できます。

純銀製 棗(薄茶器)(高さ:約7.0cm、幅:約8.2cm)

純銀製 棗(薄茶器)
買取価格:5000円~1万円

こちらの写真の棗は純銀で出来ており、あられ装飾が見事です。ですが、作家物の棗ではなく、かつ内側に傷が多くあり骨董品としての美術的価値は低いです。けれども純銀としての価値はあり、買取価格は5000円~1万円前後が期待できます。

純金や純銀で出来た棗は、査定の結果、もし骨董品としての価値が低い場合でも単純に素材としての価値がありますので、買取価値がゼロになることは考えにくいです。ただ、その場合は重量やその時々の金・銀相場に応じて買取価格も変動します。 棗は、基本的に漆塗などの木製のものや、象牙、あるいは竹製のものが用いられますが、稀に金銀で出来た品も棗と呼ばれることがあります。

蒔絵棗(薄茶器)(高さ:約7.5cm、幅:約6.0cm)

蒔絵棗(薄茶器)
買取価格:買取不可~数百円

棗は主に木次や象牙、あるいは竹製のものが用いられ、特に漆塗の作品が多いです。本来は黒塗りのシンプルな棗が使われてきましたが、時代が発展するとともに蒔絵が施された棗が登場し、広く使われるようになりました。有名な作家の蒔絵棗だと、1点でも数十万円の買取価格が付くこともあります。

こちらの蒔絵の棗は見た目も程度もよく、高級そうな棗ですが、近代に稽古用として作られたもので骨董品としての価値はありません。そのため、多くの骨董品買取業者では買取不可か、あるいは数百円までの買取価格に留まります。ただ、近代に作られた棗であっても、有名な作家の作品や、あるいは高級な素材が使われた棗などだと高い買取価格が付く場合もあります。

蒔絵棗(薄茶器) 川端近左作(高さ:約6.5cm、幅:約6.0cm)

蒔絵棗(薄茶器) 川端近左作
買取価格:2~4万円

川端近左とは、襲名によって現在6代目がご活躍されている漆塗の名工です。200年以上の歴史を持ち、現在でも各地で個展が開かれています。

こちらの棗は、5代目川端近左(佐兵衛)が作られた作品で、代々伝わった技法を大切に継承する一方、これまでにない斬新な装飾の作品も多く残されました。写真の棗は装飾のない真塗のものですが、買取価格は高く、1点で2万円前後の買取価格が期待できます。小傷が目立つためこの買取価格が基準になりますが、品や状態によっては更に高額な買取価格も期待できます。

棗買取におけるおすすめ買取業者

棗買取におけるおすすめ買取業者

まず初めに、手間をかけずに棗を高く安心に売る為に最も大切なおすすめの棗買取業者をご紹介します。買取業界において「おすすめの棗買取業者=おすすめ骨董品買取業者」ですので、当サイトで紹介しているおすすめ骨董品買取業者を参考にしてください。棗買取においても買取業者の選択さえ間違えなければ、手間いらずで高く安心に棗を売ることができます!

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、次点でおすすめしている骨董品買取業者です。

高価買取が期待できる棗(薄茶器)の特徴とは?

メール査定における棗(薄茶器)の撮影方法

家の整理や蔵掃除、遺品整理などなどで棗が見つかる事もあるかと思います。ここでは「高く売れそうな棗(薄茶器)かどうか」を判別するポイントをご紹介します。もしも、棗(薄茶器)が見つかりましたら売る・売らないに限らず、参考までに次のポイントを参考にしてください。

※正確な棗(薄茶器)の買取価格や価値が気になる場合は後述してある「骨董品買取業者に査定依頼」をすることをおすすめします。

共箱(保管箱)があるかどうか

共箱(保管箱)があるかどうか

棗でまず確認するのは共箱です。「棗を含めて質の良い作品というのは基本的に共箱にしまわれています」ので、共箱に棗(薄茶器)がしまわれていれば高価買取に期待できるのです。

また、次項で紹介しますが共箱は作家の判定にも大切な要素であり、共箱がある=作家物の可能性も上がるので、そういった意味でも共箱の有無だけで棗を高く売れる期待値が上がりますね。ただし、「共箱の紛失」や「共箱が存在しない」といった例外もありえるので、「共箱が無い=必ず買取価格が安い」とは言い切れませんよ。

作家物の棗(薄茶器)かどうか

作家物の棗(薄茶器)かどうか

「高く売れる棗というとどんな棗?」と言われると、まず「作家物の棗かどうか」が挙げられるほど、作家物の棗かどうかは買取価格に対する重要なポイントなのです。棗が作家物かどうかは共箱の箱書きや棗にある落款(サイン)で確認できます。

棗の作家として有名な人を挙げるとするとやはり千家実食の塗師でもある「中村宗哲(中村家)」でしょう。世代によっても変わりますが、中村宗哲のような高名な職人の棗は数十万円という買取価格がつく事も珍しくはありません。

他にも、棗に関する有名な作家はいますので、棗を見つけた際には作家物かどうかも確認するようにしましょう。

棗の使用素材

棗(薄茶器)の素材と技法

ここからは一つの参考程度ではありますが、棗に対して金彩が施されている場合は高価買取も期待できる傾向にあります。金のような高価な素材を使用した絵付けというのは並の職人や量産する棗では基本的に施されないので、金彩がされている棗かどうかも高く売れるかどうかの判断要素となるのです。

また、棗の塗りが高い技術力かどうか判断できれば、高く売れる棗かどうかの判断に大いに役に立つのですが、そもそも塗りの技術に精通していなければ高い技術の塗りかどうかは判断できないので、ここでは触れていません。

単純に古そうかどうか

単純に古そうな香炉かどうか

棗の買取価格は新しいよりも古い時代のものであるほど高い買取価格が期待できる傾向にあります。ですが、棗という茶道具の特性上、古くてにつくられた棗であってもかなり綺麗に見えるので古いかどうかの判断も少々難しいのです。

ただし、共箱に関しては「古そう」というのが分かりやすいので、古そうな棗かどうかは共箱も参考にして確認するとよいでしょう。

棗(薄茶器)を入手した場所がわかるなら・・・

棗(薄茶器)を入手した場所がわかるなら・・・

これは、棗(薄茶器)を含め骨董品全般で共通した特徴ですが、高い価値をもつ骨董品(棗(薄茶器))は「然るべきルート」から見つかる場合が多くなっています。然るべきルートを簡単に挙げると、「1.骨董品収集家のコレクション」「2.オークションや骨董市等で高い金額で購入」「裕福な人からプレゼントされた」などが該当します。

ですので、棗(薄茶器)を見つけた際にはどういったルートを辿ってここにあるのか確認することをおすすめします。「昔に政治家の人から貰った」などなど、高価な骨董品が流通してもおかしくない入手ルートであれば高価買取がかなり期待できます!


高価買取が期待できる棗(薄茶器)かどうかを簡単に判別できるポイントはこういった感じです。とはいえ、正式な棗(薄茶器)の買取価格は骨董品買取業者に判断してもらう必要があります。綺麗な最近の棗に見えても、実際は「かなり古い高名な作家の棗で高価買取」という事もありえますので。

ですので、古そうな棗(薄茶器)が見つかれば正しい価値を判断するためにも、業者自体も推奨している次の方法で骨董品買取業者に無料査定を依頼することをおすすめします!

棗(薄茶器)の買取価格の調べ方

棗(薄茶器)の定義と棗(薄茶器)の種類

まず、自力で素人が棗(薄茶器)の買取価格を調べる事は不可能と言えます。その理由は「作品知識」と「最新の相場」を知っている必要がある、つまりはオークションや骨董市等に出入りしているような人や学芸員でなければわからないからです。(当ページの前半に棗(薄茶器)の買取価格例の一覧と解説がありますので、そこを見て棗(薄茶器)の買取価格が算出できそうか試してみてください。)

しかし、写真によるメール査定を活用する事で素人でも棗(薄茶器)の買取価格を簡単に特定する事が可能です。

このページでは棗(薄茶器)に関する撮影ポイントを紹介していますが、メール査定の方法や基本的な撮影方法、相見積もりの取り方については次のページを参考にしてください。

メール査定における棗(薄茶器)の撮影方法

メール査定における棗(薄茶器)の撮影方法

棗(薄茶器)の撮影は概ね茶道具TOPで紹介している方法と共通していますので、棗(薄茶器)の買取でメール査定を利用する際にはこちらのページでも紹介している茶道具全般で共通する撮影ポイントを参考にしてください。

他の茶道具の種類一覧

茶道具の種類一覧

棗(薄茶器)以外で当サイトで紹介している茶道具の買取情報は次の通りになります。

掛け軸や絵画、象牙、刀剣、珊瑚製品など様々な骨董品に関しても幅広く紹介していますので骨董品買取の際にはそちらも是非参考にしてください。

骨董品買取業者が買取する茶道具の種類一覧

ページのトップへ