香合買取に関する情報を提供するページ
香合買取に関する情報を提供するページ

香合買取情報の目次

このページでは香合買取に関する様々な情報をご紹介するのですが、情報量がかなり多くなりますので次の目次を参考にしてください

茶道具の香合とは?高く売れる?

茶道具の種類一覧

まず最初に【香合】の価値や概要についてですが、香合とは「お香をしまう容器」の事で、主に陶器や漆器で作られています。「茶道でお香を焚く?」と思われるかもしれませんが、基本的な茶道の席(稽古等を除く)ではお香を焚きます。ですので、灰を受ける器の「香炉」も重要な茶道具の一つですし、「香合」も重要な茶道具の一つなのです。

香合が高く売れるかどうかですが、香合の種類や状態によっては高価買取も十分に期待できます。香合のサイズはコンパクトではありますが、精巧な作品、特殊な素材、有名作家の作品の香合であれば数十万円と言う買取価格がつく事もあり、オークションでは一つの香合が500万円を超える価格で落札された事例もある程です。

では、実際に骨董品の香合がどれくらいの価格で買取されるのかを買取価格例を挙げて紹介します。また、高く売ることができる高価な香炉の特徴やメール査定での撮影方法も画像付きで紹介していきますので、香合の買取情報をお探しの際にはぜひ参考にしてください。

香合の買取価格例の紹介

香合の買取価格例の紹介

ここからは色々な香合の買取価格について紹介します。画像付きで香合の買取例を挙げて紹介しますのでぜひ参考にしてください。(※なんでも鑑定団のような評価額や鑑定価値と買取価格は全くの別物で、評価額は買取価格よりもはるかに高い金額が算出されます。)

堆朱香合(高さ:約8.0cm、幅:約4.5cm)

堆朱香合
買取価格:3~5万円

「堆朱」とは中国骨董において有名な技法で、漆を何層にも塗り重ねて文様を表現する技法のことです。日本でも数多くが作られていて、骨董品として価値が高い品も数えきれないほど存在します。

こちらは中国で作られていた堆朱の香合で、色も良く装飾も見事ですが、大きな打ちキズがあるため買取価格は下がってしまい、骨董品買取での買取価格は大体3~5万円前後が基準となります。ですが、堆朱の香合は数十万円の買取価格が付くことも多い貴重品ですので、一度査定に出されてみることをお勧めします。

象牙香合(高さ:約2.0cm、幅:約5.2cm)

象牙香合
買取価格:~3万円

香合で高い買取価格が付きやすい特徴のひとつとして、「高級な素材が使われている」ことが挙げられます。例えば、珊瑚や翡翠、象牙などの高級素材です。 こちらは、象牙で作られた骨董品の香合で、骨董品買取での買取価格は大体3万円前後が期待できます。

象牙で出来た香合は数多くあり、サイズが大きく繊細な装飾が施された逸品や、有名な作家が作った象牙の香合などもあります。骨董品としての希少価値が高い香合は、1点で10万円前後の買取価格が付く場合が多いです。

鉄打出香合 黒瀬宗世作(高さ:約5.0cm、幅:約7.0cm)

鉄打出香合 黒瀬宗世作
買取価格:15万円~20万円

黒瀬宗世とは、鉄打出の名工・山田宗美の弟子として活躍した方で、一枚の鉄板から様々な造形を作り出す技法を受け継ぎました。山田宗美の展覧会で共に展示されることもありますが、作品数もそこまで多くなく、なかなか市場にも出てきません。 こちらの黒瀬宗世の鉄打出香合も一枚の鉄板から作りだされた作品で、継ぎ目ももちろんありません。ある程度状態の劣化はありますが、それでも20万円前後の買取価格が基準になる香合です。

香合 稽古用(高さ:約9.0cm、幅:約15.5cm)

香合 稽古用
買取価格:買取不可~数百円

こちらは、見た目も良く釉薬での装飾も華麗で、一見価値が高そうな香合に見えます。ですが、こちらは茶道稽古用として近年に作られた香合であり、骨董品としての価値は期待できません。 そのため、こちらの香合を骨董品買取に出される場合は、恐らく買取不可になるケースが多いと思います。

香合の価値を見分けるのは難しく、例えば歴史的価値が不十分な”近年の香合”でも、希少な素材や作家物の香合であれば高い買取価値が付きますし、逆に昔に作られた古い骨董品の香合でも、あまり有名でない作家の作品など骨董品としての価値が低い場合は、買取価格も低くなります。 貴重な香合の場合は1点で数十万の買取価格が付く可能性もありますので、価値が気になる香合があれば、骨董品買取業者に写真付きで質問されてみることをおすすめします。

漆塗香合 中村宗哲作(高さ:約7.5cm、幅:約8.0cm)

漆塗香合 中村宗哲作
買取価格:7~8万円

「中村宗哲」は、骨董品の茶道具で有名な塗師です。襲名によって続いている塗師の家で、その歴史は400年以上もあり、現在は13代目がご活躍されています。 こちらは11代中村宗哲が手掛けた香合で、状態の劣化があり、付属品無い状態でしたが、買取価格は7~8万円前後が基準となります。

中村宗哲は昔は蒔絵の家具なども作っていたそうですが、今では香合などの茶道具を専門的に作っています。 骨董品として市場に出てくる中村宗哲作品は大体8代~12代までの作品が多く、骨董品としての買取価値は品によって様々ですが、かなり高額な買取価格がつくケースも多いです。

香合買取におけるおすすめ買取業者

香合買取におけるおすすめ買取業者

まず初めに、手間をかけずに香合を高く安心に売る為に最も大切なおすすめの香合買取業者をご紹介します。買取業界において「おすすめの香合買取業者=おすすめ骨董品買取業者」ですので、当サイトで紹介しているおすすめ骨董品買取業者を参考にしてください。香合買取においても買取業者の選択さえ間違えなければ、手間いらずで高く安心に香合を売ることができます!

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、次点でおすすめしている骨董品買取業者です。

高価買取が期待できる香合の特徴とは?

メール査定における香合の撮影方法

近しい人に茶道をしていた人がいたり、仏具のあるご家庭では「香合」が見つかる事もあるかと思います。ここでは「高く売れそうな香合かどうか」を判別するポイントをご紹介します。もしも、香合が見つかりましたら売る・売らないに限らず、参考までに次のポイントを参考にしてください。

※正確な香合の買取価格や価値が気になる場合は後述してある「骨董品買取業者に査定依頼」をすることをおすすめします。

単純に古そうかどうか

単純に古そうな香合かどうか

これは香合以外でも該当する事ですが、外観の雰囲気、匂い、見つけた状況から「古そう」と感じる香合であればでも数万円以上で売れる可能性はあります。他に該当せず「古そうな香合だな・・・」と感じるだけでも専門家に査定依頼することをおすすめします。

基本的に骨董品買取業者にとっては「古そうなだけ」であってもに相談するには十分な理由ですので、気になる場合はメール査定や無料電話相談検討しましょう。
※業者側も「骨董品は買取可能かはべつにしてとりあえず相談してほしい」と言っています。

共箱(保管箱)があるかどうか

共箱(保管箱)があるかどうか

質の良い作品と言うのは香合においても「多くの場合で共箱にしまわれています」。ですので、見つけた香合に対して共箱がセットであるかどうかでも高価買取への期待が変わり、共箱自体も簡素な造りより「時代や趣を感じる共箱」であるほど高価買取は期待できるそうです。

1万を超える買取価格が期待できる香合の多くは共箱に入っている事が多いそうですが、「共箱の紛失」や「共箱の変更」といった例外もありますので、「共箱が無い=必ず買取価格が安い」とは一概に言えません。

作家物の香合かどうか

作家物の香合かどうか

高価買取が期待できる香合で最も多いパターンが「作家物の香合かどうか」です。特に、高名な職人によって作られた作家物の香合であるほど買取価格は高くなる傾向にあり、例えば有名な陶芸家「三輪休雪」の香合であれば数万円と言う買取価格が期待できるでしょう。(前述の買取価格例も参考にしてください。)

作家物の香合かどうかの判断は基本的に「落款(サイン)」や「共箱の墨書き」を確認しますが、作家物でもサインのない香合作品やサインが消えて確認できない香合の可能性もあります。

また、歴史的価値が見込める時代が古すぎる香合であれば作家物かづおかに関係なく高価買取は期待できますので、詳しくは専門家(骨董品買取業者等)に相談するとよいでしょう。

香合の素材と技法

香合の素材と技法

まず、「象牙」「翡翠」「珊瑚」といった高価な素材で作られた香合の買取価格は高い傾向にあります。素材自体が高価という事もありますが、高価な素材を加工するのは基本的には技術に長けた職人なので作品としての質が高さも期待できるからです。

また、香合はサイズが小さいが故に細工には技術が必要ですが、緻密な精巧な細工となると非常に高い技術が求められます。その為、見た目から緻密かつ精巧な彫り・塗りの技術を感じる香合は高価買取が期待できる作家作品の可能性が期待できるのです。

香合を入手した場所がわかるなら・・・

香合を入手した場所がわかるなら・・・

これは、香合を含め骨董品全般で共通した特徴ですが、高い価値をもつ骨董品(香合)は「然るべきルート」から見つかる場合が多くなっています。然るべきルートを簡単に挙げると、「1.骨董品収集家のコレクション」「2.オークションや骨董市等で高い金額で購入」「裕福な人からプレゼントされた」などが該当します。

ですので、香合を見つけた際にはどういったルートを辿ってここにあるのか確認することをおすすめします。「昔に政治家の人から貰った」などなど、高価な骨董品が流通してもおかしくない入手ルートであれば高価買取がかなり期待できます!


高価買取が期待できる香合かどうかを簡単に判別できるポイントはこういった感じです。とはいえ、正式な香合の買取価格は骨董品買取業者に判断してもらう必要があります。ただ古そうな香合であっても骨董品買取業者が視ればで数万円以上の買取価格がつく事例もあるからです。

ですので、古そうな香合が見つかれば正しい価値を判断するためにも、業者自体も推奨している次の方法で骨董品買取業者に無料査定を依頼することをおすすめします!

香合の買取価格の調べ方

香合の定義と香合の種類

まず、自力で素人が香合の買取価格を調べる事は不可能と言えます。その理由は「作品知識」と「最新の相場」を知っている必要がある、つまりはオークションや骨董市等に出入りしているような人や学芸員でなければわからないからです。(当ページの前半に香合の買取価格例の一覧と解説がありますので、そこを見て香合の買取価格が算出できそうか試してみてください。)

しかし、写真によるメール査定を活用する事で素人でも香合の買取価格を簡単に特定する事が可能です。

このページでは香合に関する撮影ポイントを紹介していますが、メール査定の方法や基本的な撮影方法、相見積もりの取り方については次のページを参考にしてください。

メール査定における香合の撮影方法

メール査定における香合の撮影方法

香合の撮影は概ね茶道具TOPで紹介している方法と共通していますので、香合の買取でメール査定を利用する際にはこちらのページでも紹介している茶道具全般で共通する撮影ポイントを参考にしてください。ここでは香合の撮影注意ポイントを文章で紹介します

撮影ポイントの補足説明

香合の撮影は基本的に茶道具のトップページで紹介している撮影方法を参考にしてもらえば大丈夫ですが、象牙や珊瑚、翡翠など高価な素材が使用されている場合は光の反射に注意して撮影するようにしましょう。

その他、特に必要な香合の撮影ポイントはありませんので、次の茶道具ページで紹介している撮影ポイントをまずは参考にしてください。メール査定を依頼する際にはおすすめ骨董品買取業者の一覧も参考にしてください。

他の茶道具の種類一覧

茶道具の種類一覧

香合以外で当サイトで紹介している茶道具の買取情報は次の通りになります。

掛け軸や絵画、象牙、刀剣、珊瑚製品など様々な骨董品に関しても幅広く紹介していますので骨董品買取の際にはそちらも是非参考にしてください。

骨董品買取業者が買取する茶道具の種類一覧

ページのトップへ