茶入(濃茶器)買取に関する情報を提供するページ
茶入(濃茶器)買取に関する情報を提供するページ

茶入(濃茶器)買取情報の目次

このページでは茶入(濃茶器)買取に関する様々な情報をご紹介するのですが、情報量がかなり多くなりますので次の目次を参考にしてください

茶道具の茶入(濃茶器)とは?高く売れる?

茶道具の種類一覧

まず最初に【茶入】の価値や概要をまとめます。茶入とは「1.抹茶を入れる器の総称」としても使われますが、薄茶器の棗に対して「2.濃茶(抹茶) 入れる陶磁器製の蓋付き容器」を茶入と呼びます。

また、濃茶を入れる事から「濃茶器」とも呼ばれています。※「濃茶と薄茶の違い」や「茶入(濃茶器)と棗(薄茶器)の違い」については後述でまとめて紹介します。

茶入の買取価格についてですが、数万円以上で高く売れる茶入も多く出回っていますし、単体で50万円以上の買取価格が見込める茶入も存在します。オークションの落札価格でいうと、単体でなんと200万円を超える価格で落札された「茶入(濃茶器)」も存在します!

似たような茶道具として扱われる「棗(薄茶器)」と比べても全体的に茶入の買取価格が劣るという事もございませんので、茶入が家から見つかればもしかしたらかなりの高価買取が期待できるお宝茶道具の可能性もありますよ!

【茶入(濃茶器)】と【棗(薄茶器)】の違いについて

「茶入(濃茶器)」と「棗(薄茶器)」は用途でいうと共に「抹茶を入れる器」と全く同じです。しかし、実際にはこの二つは全く別物として扱われており、分かりやすく違いのポイントを紹介します。

【茶入】と【棗】の見分け方について

【茶入】と【棗】の見分け方は簡単で、「茶入(濃茶器)は陶磁器を素材」としており、「棗(薄茶器)は木製漆塗りが素材」となっています。

ただし、例外的に象牙といった特殊な素材をした茶入もありますが、こういったものは人によって「茶入」・「棗」と呼び方が変わります。

「濃茶」と「薄茶」の違いについて

文字通りですが、「濃茶」と「薄茶」の違いは「濃い抹茶」か「薄い抹茶」かです。茶入(濃茶器)も棗(薄茶器)も中に入っているのは「抹茶の粉末」ですので、棗(薄茶器)に入っている抹茶を使用しても、量を多くして茶を点てれば「濃茶」となります。

「茶入」と「棗」が分かれている理由

「茶入」も「棗」も抹茶を入れる器なのに「濃茶器」と「薄茶器」で分かれている理由は「茶道の作法」が一つの理由です。

お茶会を開く際には「濃茶」か「薄茶」どちらの抹茶を点てるか決まっていますので、濃茶を点てるお茶会では「茶入(濃茶器)」が使用され、薄茶を点てるお茶会では「棗(薄茶器)」が使用されるという事です。

「濃茶器」と「薄茶器」で入れる抹茶は違う?

「濃茶器」と「薄茶器」の抹茶自体に製法や種類の違いはありませんが、基本的には「濃茶器」の方が上質な抹茶が使用される傾向にあります。

理由としては「1.お茶会は薄茶より濃茶の方が茶道では格式が高く」、「2.濃茶は薄茶と比べて抹茶の質による味の差が激しい」という事が挙げられます。


濃茶器と薄茶器の違いについてはこのようになります。「棗(薄茶器)」についてはこちらでも紹介しています。

では、高く売ることができる高価な茶入(濃茶器)の特徴や撮影方法、参考となる茶入買取情報を画像付きで紹介していきますので、茶入(濃茶器)の買取情報をお探しの際にはぜひ参考にしてください。

茶入(濃茶器)の買取価格例の紹介

茶入(濃茶器)の買取価格例の紹介

ここでは様々な茶入(濃茶器)の買取価格について紹介します。画像付きで茶入(濃茶器)の買取例を挙げて紹介しますのでぜひ参考にしてください。(※なんでも鑑定団のような評価額や鑑定価値と買取価格は全くの別物で、評価額は買取価格よりもはるかに高い金額が算出されます。)

茶入 淡々斎箱書き(高さ:約8.0cm、幅:約6.5cm)

茶入 淡々斎箱書き
買取価格:9~12万円

淡々斎とは、茶道裏千家の十四世家元を指します。国際茶道文化協会を設立し、茶道の海外普及に貢献した人物としても知られています。後に付いた号は”無限斎”ですが、茶道具では淡々斎の名で残っているものが多いです。

こちらは、淡々斎の箱書きのある、安土桃山時代に作られた茶入です。この場合の箱書きは、作者の銘ではなく”道具の所有者の名”あるいは”権威ある人物による中身保証”という意味になります。良好とまではいえない状態の茶入ですが、骨董品買取での価格は10万円前後が基準となります。

大名物茶入(高さ:約12.0cm、幅:約7.8cm)

大名物茶入
買取価格:3~5万円

「大名物(おおめいぶつ)」とは、江戸時代に出来た茶道具における格付けの名称です。元々見た目が美しい茶器や、あるいは有名人が所持した立派な茶器のことを”名物”と呼んでいたのですが、それに格付けがなされたものです。特に大名や将軍家が所持していた大名物の品は価値が高いことで知られます。

こちらの茶入は、上杉家がかつて所持していた旨の箱書きがあり、骨董品の茶入としてはかなり価値の高いものです。使用等による劣化はありますが、買取価格は3~5万円前後も期待できます。 ただ、こうした大名物の品になると、箱書きや略歴が大切な部分になりますので、真贋判断が難しい物も多くなります。そのため、茶入の買取の際は、骨董品専門の買取業者を利用されることを強くお勧めします。

萩焼 茶入(高さ:約9.0cm、幅:約7.2cm)

萩焼 茶入
買取価格:買取不可~数百円

萩焼とは、山口県の萩市周辺で作られている有名な陶器です。 こちらの萩焼の茶入れは見た目にも華があり、劣化もほとんどない美品ですが、稽古用として近年に作られた茶入れの為、ほとんどの骨董品買取業者では買取不可になるか、あるいは~数百円の買取価格まで期待できます。

ですが、近年の茶入だからといって総じて価値がないわけではなく、例えば高級素材が使われた茶入れや、あるいは有名作家が手掛けた茶入れなどは非常に高い買取価格も期待できます。例えば同じような萩焼の茶入でも、三輪休雪や荒川豊蔵、高麗左衛門などの名作家が手掛けた作品だと、買取価格は10万円以上も十分期待できます。

有田焼茶入 酒井田柿右衛門作(高さ:約9.0cm、幅:約7.5cm)

有田焼茶入 酒井田柿右衛門作
買取価格:5~8万円前後

酒井田柿右衛門とは有田焼の名作家で、江戸時代初期から現在まで襲名によって続いています。現在は15代目がご活躍されており、人間国宝に認定された代も多くあります。 こちらの茶入れは14代柿右衛門が手掛けた作品で、蓋は象牙で出来ています。共箱がない状態ですので買取価格は5~8万円前後が基準となる品で、共箱があればさらに高額な買取価格も期待できます。

柿右衛門作品は代や作風によっても買取価値が少しずつ違うので、買取・売却の際は、専門性の高い骨董品買取業者に依頼されることをおすすめします。

備前焼茶入 藤原啓作(高さ:約8.8cm、幅:約7.0cm)

備前焼茶入 藤原啓作
買取価格:5~8万円

藤原啓とは備前焼の陶芸家で、1954年に備前焼の人間国宝に認定されました。北大路魯山人や金重陶陽からも指導を受けており、備前焼のあたたかみを活かした、素朴で優し気な作風が特徴です。 こちらは藤原啓が手掛けた備前焼の茶入で、蓋は象牙製です。蓋部分に欠けがあるため買取価格の基準は下がりますが、それでも5万円前後の買取価格が期待できる逸品です。

茶入 緒方乾山書付(高さ:約8.5cm、幅:約6.0cm)

茶入 緒方乾山書付(高さ:約8.5cm、幅:約6.0cm)
買取相場:8~10万円

茶入は基本的に陶磁器で出来ていて、品によりますが蓋は象牙・金箔の内張りが施されていることが多いです。茶の湯文化の中で生まれたもので、見た目が美しい茶入や、有名な大名が所持していた立派な茶入れなどは”名物”と呼ばれるようになりました。こうした名物の茶入や、有名な作家が手掛けた茶入は骨董品としても高い価値が付く傾向にあり、査定によって価値が判明することも多いです。

こちらの茶入は瀬戸焼で作られており、作者自体は不明ですが、緒方乾山による極書が付属しており、骨董品としての価値が高騰した茶入です。書付は本人書のもので、つまりは”かつて緒方乾山が持っていた茶入”であることを示しています。古い品ですので状態は良好とはいえませんが、それでも10万円前後の買取価格が基準になります。

茶入(濃茶器)買取におけるおすすめ買取業者

茶入(濃茶器)買取におけるおすすめ買取業者

まず初めに、手間をかけずに茶入(濃茶器)を高く安心に売る為に最も大切なおすすめの茶入(濃茶器)買取業者をご紹介します。買取業界において「おすすめの茶入(濃茶器)買取業者=おすすめ骨董品買取業者」ですので、当サイトで紹介しているおすすめ骨董品買取業者を参考にしてください。茶入(濃茶器)買取においても買取業者の選択さえ間違えなければ、手間いらずで高く安心に茶入(濃茶器)を売ることができます!

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、次点でおすすめしている骨董品買取業者です。

高価買取が期待できる茶入(濃茶器)の特徴とは?

メール査定における茶入(濃茶器)の撮影方法

茶道具の名残や家や蔵・倉庫の整理の際に「茶入(濃茶器)」が見つかった場合、「高く売れそうな茶入(濃茶器)かどうか」を判別するポイントをご紹介します。気になる茶入(濃茶器)がありましたらこれから紹介するポイントを確認してみてください。

※正確な茶入の買取価格や価値を知りたい場合は「骨董品買取業者に査定依頼」をおすすめします。

古そうな茶入と感じるか

単純に古そうな茶入(濃茶器)かどうか

骨董品全般に言える事ですが、茶入(濃茶器)に関しても「古そう」と感じるだけでも数万円以上の買取価格が期待できる茶入の可能性はあります。また、「棗(薄茶器)」と比べて「茶入(濃茶器)」の方が歴史は古いことから、茶入は陶磁器の方が古くければ高い可能性があると言えます

古いと感じる茶入の判断には「外観」や「材質」もありますが、「匂い」も判断要素であり、茶入自体でなく「茶入をしまっている共箱」に関しても古そうかどうか判断する大切な要素です。

基本的に骨董品買取業者にとっては「古そうなだけ」であってもに相談するには十分な理由ですので、古そうで気になる茶入がある場合はメール査定や無料電話相談を検討することをおすすめします。

共箱(保管箱)があるかどうか

共箱(保管箱)があるかどうか

「高級な茶道具」や「有名作家の作品」は基本的に共箱という保管箱にしまわれています。ですので、見つけた茶入に共箱がある事で高く売れる茶入だと期待できます。

また、前述にもありますが見つけた共箱に関しても古さを感じる方がよく、墨書きを確認することで作家も確認することができます。また、「共箱自体が立派」であったり、「茶入が丁寧にしまわれている」かどうかでも高く売れるかどうかの期待は大きく変わってきます。

ただし、共箱がないからと言って絶対に高く売れないわけではありません。古すぎる時代の茶入なら「共箱自体がない」場合や、「共箱の紛失」といった例外もあるからです。

作家物の茶入かどうか

作家物の茶入(濃茶器)かどうか

高く売れる茶入として、最も大切な条件ともいえるのはやはり「作家物の茶入かどうか」が重要となってきます。高い茶入が必ずしも作家物というわけではありませんが、1万円を超える買取価格が期待できる茶入の多くは「作家物の茶入」です。

茶入を見つけた場合は「茶入自体の落款(サイン)」と「共箱の墨書き」の有無を確認できれば、作家物の茶入か確認できます。作家は分からずとも、作家物の茶入と分かれば高く売れる可能性は上がります!

また、歴史的価値が見込める・時代が古すぎる・中国骨董品の茶入であればサインに関係なく高価買取も期待できます。

高価な素材が使用されている茶入かどうか

特殊な素材の茶入(濃茶器)かどうか

茶入(濃茶器)は陶磁器が素材ですが、蓋の部分に象牙が使用された茶入は多くあります。このように部分的でもよいので象牙や金・銀といった高価な素材が使用されている場合は高価買取が期待できる茶入の可能性が大きく上がります。

高価な素材を使用するされている茶入は生半可な職人が作ることは少なく、また大量生産されることもないので、技術の高い作家の作品の可能性が高くなるからです。

茶入(濃茶器)を入手した場所がわかるなら・・・

茶入(濃茶器)を入手した場所がわかるなら・・・

これは、茶入(濃茶器)を含め骨董品全般で共通した特徴ですが、高い価値をもつ骨董品(茶入)は「然るべきルート」から見つかる場合が多くなっています。然るべきルートを簡単に挙げると、「1.骨董品収集家のコレクション」「2.オークションや骨董市等で高い金額で購入」「3.茶道に精通した人からの貰った」などが該当します。

ですので、茶入を見つけた際にはどういったルートを辿ってここにあるのか確認することをおすすめします。「昔に政治家の人から貰った」などなど、高価な骨董品が流通してもおかしくない入手ルートであれば高価買取がかなり期待できます!


高価買取が期待できる茶入(濃茶器)かどうかを判別するポイントはこんな感じです。ただし、茶入(濃茶器)の買取価格については専門家に判断してもらわなければ判明しません。共箱や作家のサインがなくても専門家の査定で高い買取価格がつく事例もあるからです。

ですので、古そうな茶入が見つかれば正しい価値を判断するためにも、業者も推奨している次の方法で骨董品買取業者の専門家に無料査定を依頼することをおすすめします!

茶入(濃茶器)の買取価格の調べ方

茶入(濃茶器)の定義と茶入(濃茶器)の種類

まず、自力で素人が茶入(濃茶器)の買取価格を調べる事は不可能と言えます。その理由は「作品知識」と「最新の相場」を知っている必要がある、つまりはオークションや骨董市等に出入りしているような人や学芸員でなければわからないからです。(当ページの前半に茶入の買取価格例の一覧と解説がありますので、そこを見て茶入(濃茶器)の買取価格が算出できそうか試してみてください。)

しかし、写真によるメール査定を活用する事で素人でも茶入買取価格を簡単に特定する事が可能です。

このページでは茶入(濃茶器)に関する撮影ポイントを紹介していますが、メール査定の方法や基本的な撮影方法、相見積もりの取り方については次のページを参考にしてください。

メール査定における茶入(濃茶器)の撮影方法

メール査定における茶入(濃茶器)の撮影方法

茶入(濃茶器)の撮影は茶道具TOPで紹介している方法と共通していますので、こちらのページでも紹介している茶道具全般で共通する撮影ポイントを参考にしてください

ただ、多少独自の撮影ポイントがある場合もあるので、ここでは特殊な例の茶入(濃茶器)の撮影ポイントを紹介します

  • 内側部分の撮影
    内側部分の撮影 内側部分の撮影
    茶入の内側は傷がつきやすい部分なので、「内側に大きな傷がある」、「大きな劣化がや汚れがある」といった場合は撮影しましょう。キズが無ければ撮影は不要です。
  • 部分的な特殊素材
    部分的な特殊素材 部分的な特殊素材
    特に蓋の部分ですが、象牙と言った特殊素材が使用されている場合はその部分を撮影しましょう。撮影ポイントとして光の反射には気を付けましょう。

撮影ポイントの補足説明

茶入(濃茶器)のメール査定の撮影は基本的には茶道具全般での撮影方法を参考にしてもらえば大丈夫です。

ですので、茶入の撮影ポイントについては次の茶道具ページで紹介している撮影ポイントを参考にしてください。メール査定を依頼するおすすめ業者はおすすめ骨董品買取業者の一覧も参考にしてください。

他の茶道具の種類一覧

茶道具の種類一覧

茶入(濃茶器)以外で当サイトで紹介している茶道具の買取情報は次の通りになります。

掛け軸や絵画、象牙、刀剣、珊瑚製品など様々な骨董品に関しても幅広く紹介していますので骨董品買取の際にはそちらも是非参考にしてください。

骨董品買取業者が買取する茶道具の種類一覧

ページのトップへ