水墨画買取に関する情報を提供するページ
水墨画買取に関する情報を提供するページ

水墨画買取情報の目次

このページでは水墨画買取に関する様々な情報をご紹介するのですが、情報量がかなり多くなりますので次の目次を参考にしてください

水墨画の買取相場を一覧でご紹介

水墨画の買取価格例の紹介

水墨画の買取価格は作風や歴史、作家や状態によってピンキリですので、まずはできるだけ多くの種類の水墨画買取相場を一覧で紹介していきます。

水墨画買取について流れや方法を知りたい方はこちらの「骨董品買取が初めての方へ」を、おすすめの水墨画買取業者について知りたい方は後述の「水墨画買取におけるおすすめ買取業者についてを参考にしてください。

様々な水墨画買取相場一覧リスト
水墨画の種類 状態 買取相場
水墨画 松林桂月作 鑑題箱付 28000円~44000円
水墨山水画 竹内栖鳳作 共箱有 27000円~41000円
水墨画(渡頭) 川合玉堂作 共箱有 118000円~17万円
水墨山水図 吉井春堂作 共箱有 4000円~11000円
水墨山水図 富岡鉄斎作 証明書付/箱付 44000円~58000円
水墨山水画 杉原元人作 箱無し 14000円~20000円
水墨竹林山水図 奥谷秋石作 共箱有 8000円~13000円
水墨樓閣山水画 鈴木華邨作 共箱有 11000円~17000円
水墨山水図 西郷孤月作 鑑題箱有 11万円~175000円
水墨山水画 児玉希望作 鑑定書付 81000円~102000円
水墨山水画 萬鉄五郎作 鑑定書付 72000円~104000円

やはり高い買取価格が期待できる水墨画となると作家作品が多くなりますが、ひとくちに作家物といえども価値はピンキリで、1点で数十万円の買取価格が期待できるような水墨画も存在します。そのため、自宅に昔からあった古い水墨画に想像以上の買取価格が付くようなケースも多いです。

では、次は画像と解説付きで茶碗の買取価格についてご紹介します。

【掛け軸】水墨画の買取価格例の紹介

水墨画の買取価格例の紹介

では、掛け軸の水墨画の買取価格について紹介します。画像付きで水墨画の買取例を挙げて紹介しますのでぜひ参考にしてください。(※なんでも鑑定団のような評価額や鑑定価値と買取価格は全くの別物で、評価額は買取価格よりもはるかに高い金額が算出されます。)

【掛け軸】北大路魯山人作 水墨画

北大路魯山人作 水墨画
買取価格:20~25万円

北大路魯山人とは、明治から昭和にかけて活躍した芸術家です。陶芸や美食など様々な分野に精通し、篆刻や絵画作品も数多く残されました。 北大路魯山人の作品は多く、それぞれで買取価格もピンからキリまであり、例えば、北大路魯山人の志野焼の器が100万円以上で取引された事例も多くあります。 こちらの水墨画だと、状態に少し難はありますが、骨董品買取では20万円前後の買取価格が基準になります。

【掛け軸】中国掛け軸 駿馬図 水墨画

中国掛け軸 駿馬図 水墨画
買取価格:15~18万円

水墨画の歴史は中国・唐代から始まり、そこから日本や朝鮮に渡っていきました。こちらは中国の水墨画作家・勃舒の作品で、買取価格は15万円前後が基準になります。 中国絵画の歴史的発展において、馬は活力に富んだ題材でした。勃舒も馬のスケッチを多く行っており、線は筆記体のように強く自由に記されています。 中国の馬の水墨画は、勃舒の他に「徐悲鴻」なども有名な作家で、高い買取価格が期待できます。

【掛け軸】福田古道人作 水墨画

福田古道人作 水墨画
買取価格:8~12万円

福田古道人とは、漢詩や俳句で有名な芸術家です。正岡子規に師事し、元々有名な作家でしたが、特に近年では海外においての評価が高くなっています。 こちらの福田古道人作の水墨画は、小シミ・破れ等ありますが、買取価格は10万円前後が基準になります。ただ、買取価格相場は作品によって大きく変わり、20万円前後の買取価格が期待できるものから、数万円の買取価格に留まる掛け軸まであります。

【掛け軸】水墨画

水墨画掛け軸
買取価格:買取不可~数百円

こちらの水墨画は、濃淡のぼかしも良く見映えがする掛け軸ですが、有名な作家の掛け軸ではなく、かつ近代の作品です。そのため、恐らく大半の骨董品買取業者では買取不可か、あるいは数百円の買取価格に留まる品です。 ただ、表装が立派な掛け軸であれば、1万円前後までの買取価格になる可能性もあります。軸に象牙などの高級素材が使われている、あるいは良い裂が使われている場合、作品の価値よりも高額になるケースがあります。

【掛け軸】中国掛け軸 胡鉄梅作 水墨画

中国掛け軸 胡鉄梅作 水墨画
買取価格:10~13万円

胡鉄梅とは、梅画で有名な中国の画家です。特に水墨画の評価は高く、四君子や花卉雑画などを得意としていました。胡鉄梅は日本人女性との結婚を機に来日しているため、日本での知名度も比較的高いです。 こちらは胡鉄梅作の水墨画掛け軸で、古い品のため相応の劣化や傷みはありますが、買取価格は10万円前後が基準になります。

水墨画買取におけるおすすめ買取業者

水墨画買取におけるおすすめ買取業者

まず初めに、手間をかけずに水墨画を高く安心に売る為に最も大切なおすすめの水墨画買取業者をご紹介します。買取業界において「おすすめの水墨画買取業者=おすすめ骨董品買取業者」ですので、当サイトで紹介しているおすすめ骨董品買取業者を参考にしてください。

水墨画買取においても買取業者の選択さえ間違えなければ、手間いらずで高く安心に水墨画を売ることができます!

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

水墨画の買取価格の調べ方

水墨画の買取価格の調べ方

まず、自力で素人が掛け軸の水墨画の買取価格を調べる事は不可能と言えます。その理由は「作品知識」と「最新の相場」を知っている必要がある、つまりはオークションや骨董市等に出入りしているような人や学芸員でなければわからないからです。(当ページの前半に水墨画の買取価格例の一覧と解説がありますので、そこを見て水墨画の買取価格が算出できそうか試してみてください。)

しかし、写真によるメール査定を活用する事で素人でも水墨画の買取価格を簡単に特定する事が可能です。

このページでは水墨画に関する撮影ポイントを紹介していますが、メール査定の方法や基本的な撮影方法、相見積もりの取り方については次のページも参考にしてください。

メール査定における水墨画の撮影方法

メール査定における水墨画の撮影方法

水墨画の撮影ポイントは掛け軸TOPで紹介している方法と共通していますので、水墨画買取でメール査定を利用する際にはこちらのページで紹介している掛け軸全般で共通する撮影ポイントも参考にしてください

掛け軸の水墨画とは?高く売れる?

掛け軸の水墨画とは?高く売れる?

水墨画とは、中国・唐時代に生まれたとされる様式で、墨のぼかしで濃淡や明暗を表現する絵画です。

日本には鎌倉時代に伝来し、13世紀末から14世紀頃までのものは”初期水墨画”と呼ばれます。室町時代には禅の文化が栄えるようになり、日本の水墨画における全盛期を迎え、数々の作品が誕生しました。水墨画家・禅僧で有名な”雪舟”も、この時代に活躍されています。

掛け軸の水墨画が高く売れるかどうかですが、上記でご紹介した買取相場のようにまさにピンからキリまでです。有名な作家が手掛けた水墨画掛け軸となると、数十万円~100万円前後の買取価格が期待できる一方で、あまり有名でない作家の水墨画であれば、掛け軸としての完成度が高くても買取不可になってしまう可能性もあります。

水墨画だけでなく、掛け軸の買取全般でいえることではありますが「どんな作家の水墨画なのか」が買取価格を決める大切なポイントになります。例えば、数々の絵画を残したことで知られる伊藤若冲が手掛けた水墨画だと、100万円近い買取価格で取引されたケースもあります。

掛け軸といった古美術品は相場というものが決まっていませんので、単体で数百万円の買取価格が期待できる水墨画の掛け軸が存在する可能性もあります!

他の掛け軸の種類一覧

掛け軸の種類一覧

水墨画以外で当サイトで紹介している掛け軸の買取情報は次の通りになります。

茶道具や絵画、象牙、刀剣、珊瑚製品など様々な骨董品に関しても幅広く紹介していますので骨董品買取の際にはそちらも是非参考にしてください。

骨董品買取業者が買取する掛け軸の種類一覧

ページのトップへ