花鳥画買取に関する情報を提供するページ
花鳥画買取に関する情報を提供するページ

花鳥画買取情報の目次

このページでは花鳥画買取に関する様々な情報をご紹介するのですが、情報量がかなり多くなりますので次の目次を参考にしてください

掛け軸の花鳥画とは?高く売れる?

掛け軸の花鳥画とは?高く売れる?

花鳥画とは、特定の作者が描いた掛け軸の名前というわけではなく、掛け軸における画題の一つです。主に草木に鳥、といった組み合わせが多いのですが、例えば犬猫などの動物や虫、あるいは魚などが描かれている花鳥図もあります。

花鳥画は元々、中国から生まれた画題ですが、日本の花鳥画には大和絵の要素も取り入れられており、単なる中国の模倣というわけではありません。

花鳥画の掛け軸が高く売れるかどうかですが、まさにピンからキリまでです。有名な作家の花鳥画の掛け軸だと何百万円もの価値を秘めている一方で、無名の作家の花鳥図になると、数百円の買取価格に留まることもあります。

花鳥画などの掛け軸は「どの作家が描いたものなのか」が買取価格を決める重要なポイントになります。詳しい買取価格例は後に述べますが、花鳥画で有名な伊藤若冲の掛け軸になると、300万円近い価格で取引された実例もあります。

ただ、作家が不明であっても、骨董品としての価値が高い掛け軸も存在します。例えば、室町時代には中国の花鳥画が”唐物”として持て囃されたこともあり、その時代の唐物の花鳥画になると、あまり有名でない画家の作品であっても、骨董品の掛け軸として評価が高くなる場合もあります。

また、有名な作家の掛け軸であれば、骨董品買取業者に依頼すると代理でオークションに出品してくれる場合がありますので、売却を考えるにあたって相談するにも心強い存在です。

掛け軸といった古美術品は相場というものが決まっていませんので、単体で数百万円の買取価格が期待できる花鳥図の掛け軸が存在する可能性もあります!
では、実際に掛け軸の花鳥画がどれくらいの価格で買取されるのかを紹介していきます。

【掛け軸】花鳥画の買取価格例の紹介

花鳥画の買取価格例の紹介

では、掛け軸の花鳥画の買取価格について紹介します。画像付きで花鳥画の買取例を挙げて紹介しますのでぜひ参考にしてください。(※なんでも鑑定団のような評価額や鑑定価値と買取価格は全くの別物で、評価額は買取価格よりもはるかに高い金額が算出されます。)

【掛け軸】中国掛け軸 王雪涛作 花鳥画

中国掛け軸 王雪涛作 花鳥画
買取価格:18~23万円

王雪涛とは中国で活躍した作家で、特に花鳥画や鳥獣画の掛け軸を多く残されました。中国花鳥画においては非常に有名な作家で、独特な筆法は世界的に高い評価を得ています。

王雪涛の掛け軸は、状態や作品によっても買取価格はピンからキリまであり、高額な作品だと数十万円の買取価格も期待できますし、2万円前後の買取価格に留まる作品もあります。 こちらの掛け軸は、折れジワや色褪せなど相応の傷みがあり、骨董品買取だと20万円前後の買取価格が基準になります。

【掛け軸】山口華楊作 花鳥画

山口華楊作 花鳥画
買取価格:3~7万円

山口華楊とは、京都で活躍した日本画家です。写生を得意とした画風で、鮮やかな花鳥画を多数残されています。 こちらは山口華楊が描いた掛け軸で、サイズが小さいことから、骨董品買取業者での買取価格相場は大体5万円前後が基準になります。 作者がはっきりしている掛け軸だと、サイズが普通~大きく、見映えがする掛け軸ほど高額になる傾向にあります。

山口華楊の掛け軸は相場の揺れも大きく、高額なものだと数十万円の買取価格が付くこともありますが、1万円前後の買取価格に留まる作品も存在します。

【掛け軸】複製画 伊藤若冲花鳥画

複製画 伊藤若冲花鳥画
買取価格:買取不可~数百円

伊藤若冲といえば、誰もが知る花鳥画の名作家です。ただ有名な分、贋作や複製画も非常に多く存在しています。 こちらは伊藤若冲の作品の複製画で、多くの骨董品買取業者では買取不可か、数百円前後の買取価格に留まります。ただ、軸先や裂など、掛け軸の表装部分に良いものが使われていれば買取価格も期待できます。

もし本物の伊藤若冲の掛け軸であれば、数十万円~100万円以上の買取価格も期待できます。掛け軸の真贋は判定が難しいので、専門性の高い骨董品買取業者へ依頼されることをおすすめします。

【掛け軸】酒井抱一作 花鳥画

酒井抱一作 花鳥画
買取価格:8~12万円

酒井抱一とは、江戸時代後期に活躍した絵師です。数々の文人との交流があり、その作品も幅広く、俳句や狂歌、浮世絵美人画まで幅広く精通していたとされています。 そのため複数の号を持っており、作品によって号が異なる場合もあります。

こちらの掛け軸の買取価格は、折れジワやシミなど状態に難があることから、骨董品買取で大体10万円前後の買取価格が基準になります。 酒井抱一の掛け軸は、重要美術品や重要文化財として残されているものも多く、数百万円の価値があるものも多く存在します。ただ、酒井抱一は非常に有名な作家ですので贋作も多く存在しています。

【掛け軸】前田青邨作 花鳥画

前田青邨作 花鳥画
買取価格:10~15万円

前田青邨とは、数々の花鳥画や人物画を残した日本画家で、特に武者絵の評判は有名で、骨董品としての価値も高く評価されています。 前田青邨の掛け軸では、平山郁夫が鑑定した作品も多く、その場合は鑑定を示すサインが貼られています。

こちらの掛け軸だと、状態なども考慮した場合、骨董品買取では大体10~15万円前後の買取価格が基準になります。前田青邨の画も相場が幅広く、高額な作品では100万円以上の価値が付きますし、逆に10万円以内の買取価格に収まる品も多く存在します。

花鳥画買取におけるおすすめ買取業者

花鳥画買取におけるおすすめ買取業者

まず初めに、手間をかけずに花鳥画を高く安心に売る為に最も大切なおすすめの花鳥画買取業者をご紹介します。買取業界において「おすすめの花鳥画買取業者=おすすめ骨董品買取業者」ですので、当サイトで紹介しているおすすめ骨董品買取業者を参考にしてください。花鳥画買取においても買取業者の選択さえ間違えなければ、手間いらずで高く安心に花鳥画を売ることができます!

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、次点でおすすめしている骨董品買取業者です。

花鳥画の買取価格の調べ方

花鳥画の買取価格の調べ方

まず、自力で素人が掛け軸の花鳥画の買取価格を調べる事は不可能と言えます。その理由は「作品知識」と「最新の相場」を知っている必要がある、つまりはオークションや骨董市等に出入りしているような人や学芸員でなければわからないからです。(当ページの前半に花鳥画の買取価格例の一覧と解説がありますので、そこを見て花鳥画の買取価格が算出できそうか試してみてください。)

しかし、写真によるメール査定を活用する事で素人でも花鳥画の買取価格を簡単に特定する事が可能です。

このページでは花鳥画に関する撮影ポイントを紹介していますが、メール査定の方法や基本的な撮影方法、相見積もりの取り方については次のページも参考にしてください。

メール査定における花鳥画の撮影方法

メール査定における花鳥画の撮影方法

花鳥画の撮影ポイントは掛け軸TOPで紹介している方法と共通していますので、花鳥画買取でメール査定を利用する際にはこちらのページで紹介している掛け軸全般で共通する撮影ポイントも参考にしてください

他の掛け軸の種類一覧

掛け軸の種類一覧

花鳥画以外で当サイトで紹介している掛け軸の買取情報は次の通りになります。

茶道具や絵画、象牙、刀剣、珊瑚製品など様々な骨董品に関しても幅広く紹介していますので骨董品買取の際にはそちらも是非参考にしてください。

骨董品買取業者が買取する掛け軸の種類一覧

ページのトップへ