神仏画買取に関する情報を提供するページ
神仏画買取に関する情報を提供するページ

神仏画買取情報の目次

このページでは神仏画買取に関する様々な情報をご紹介するのですが、情報量がかなり多くなりますので次の目次を参考にしてください

掛け軸の神仏画とは?高く売れる?

掛け軸の神仏画とは?高く売れる?

神仏画(仏画)とは、仏様の姿、または仏教をテーマに描かれた画のことです。仏様や菩薩様の絵が描かれていることが多いのですが、仏教を題材にした全ての画は”神仏画”に分類されると思っていただいて構いません。

神仏画の掛け軸が高く売れるかどうかという点ですが、まさにピンからキリまでです。他の画風の掛け軸と同様に有名な作家が手掛けた神仏画の掛け軸であれば骨董品としての買取価格は数十万円も期待できますが、無名作家の神仏画、あるいは掛け軸としての完成度が低いものは買取不可であったりと買取価格は極端に低くなります。

詳しい買取価格例も後述しますが、桃山時代に作られた古い截金の神仏画が300万円以上の金額で取引された事例もあります。

ただし、古い神仏画には特殊な特徴があり「作者を示す”落款”がないものも多い」ということです。例えば、古来中国から伝来してきた掛け軸には、落款がないものも多くありました。(もしくは隠し落款といい、分からないように記しています。)

落款がない神仏画の場合は、掛け軸が入っていた箱などの署名が注目される他、「作られた推測年代」「誰が所持していたか」又は「どこで掛けられていたか」「掛け軸としての完成度」など、総合的な観点から買取価格が算出されます。そのため、署名や落款がなく作者は不明だとしても、歴史的・作品的な価値がある掛け軸だと判断された場合、高額な買取価格が付けられるケースも珍しくありません。

また、大きな神仏画になってくると仏堂や寺院に飾られるための専用品という場合もあったりするので、例え同じ画家・同じ画風であっても作品の大きさによっても買取価格が変わってきます。掛け軸といった古美術品は相場というものが決まっていませんので、単体で1000万円を超える買取価格が期待できる神仏画の掛け軸が存在する可能性もございます!

では実際に掛け軸の神仏画がどれくらいの価格で買取されるのかを紹介していきます。

【掛け軸】神仏画の買取価格例の紹介

神仏画の買取価格例の紹介

では、掛け軸の神仏画の買取価格について紹介します。画像付きで神仏画の買取例を挙げて紹介しますのでぜひ参考にしてください。(※なんでも鑑定団のような評価額や鑑定価値と買取価格は全くの別物で、評価額は買取価格よりもはるかに高い金額が算出されます。)

【掛け軸】山崎弁栄作 神仏画

山崎弁栄作 神仏画
買取価格:15~20万円

こちらは、浄土宗の僧である山崎弁栄が描いた神仏画です。山崎弁栄は明治~大正にかけて活躍された方で、明治27年にはインド仏跡参拝を行っています。僧としてご活躍されていたときに数々の神仏画や書を残されており、それらは仏道へと導く方法のひとつとして作られたものです。

経年による相応の傷みや折れ跡がある掛け軸ですが、骨董品買取では大体15~20万円前後の買取価格が基準になります。山崎弁栄作の掛け軸の中でも価格差が大きく、大体3万円前後の買取価格から、高いものでは数十万円の買取価格も期待できます。

【掛け軸】佐藤玄々作 神仏画

佐藤玄々作 神仏画
買取価格:1~3万円

佐藤玄々とは、かの有名な横山大観に”天才”だと称された彫刻家です。天女像や和気清麻呂像などの彫刻を多数製作する傍ら、仏様や観音様を題材にした肉筆の神仏画も手掛けられました。 こちらは仏をテーマにした神仏画で、骨董品買取での買取価格は2万円前後が基準になります。神仏画の状態や大きさにもよりますが、大体1~3万円前後の買取価格が期待できます。

【掛け軸】神仏画

神仏画
買取価格:買取不可~数千円

こちらは、観音菩薩が描かれた神仏画で、状態も良くとても見栄えの良い掛け軸です。 ただ、こちらの画は有名な作家のものではなく、さらにデジタルプリントで作られた近代の掛け軸です。そのため骨董品としての価値はなく、大半の骨董品買取業者では買取不可となる神仏画です。

けれども、掛け軸の画ではなく”表装”に良いものが使われていると、買取価格が付く可能性もあります。良い裂が使われている場合、あるいは軸に象牙などの高級素材が使われている場合などは、ある程度の値打ちが出るケースも多いです。

【掛け軸】涅槃図掛け軸 和田呉山作 神仏画

涅槃図掛け軸 和田呉山作 神仏画
買取価格:3~5万円

涅槃図(ねはんず)とは、お釈迦様が入滅した様子を描いた画のことです。涅槃図の神仏画は、お釈迦様の命日になると仏堂などに飾られることが多いです。 神仏画には、仏様やお釈迦様、菩薩様をテーマにした掛け軸が多いですが、他にも浄土図や涅槃図、六道絵などの風景を絵画化した作品もあります。

こちらは涅槃図の掛け軸で、和田呉山が描いた神仏画です。破れや小ジミなどがありますが、骨董品買取での買取価格は5万円前後が期待できます。和田呉山は江戸時代後期に活躍した画家で、かつては人物画・花鳥画を得意としていましたが、43歳のときに仏門に入りました。

【掛け軸】中国掛け軸 神仏画

中国掛け軸 神仏画
買取価格:8~12万円

描いた画家の経歴は不明ですが、こちらの掛け軸はかつて中国の寧波辺りから渡ってきたものです。相当の経年劣化はありますが、この時代の中国掛け軸はとても貴重なもので、当時から珍重されていました。

査定基準は骨董品買取業者によっても変わるため一概にはいえませんが、こちらの掛け軸の歴史的背景を最大限に鑑みた場合だと、買取価格は大体10万円前後が基準になります。 ですが、査定の判断基準は作品によっても大きく異なりますので、買取価格例より下回る可能性もあり、逆に大きく上回る可能性もあります。

神仏画買取におけるおすすめ買取業者

神仏画買取におけるおすすめ買取業者

まず初めに、手間をかけずに神仏画を高く安心に売る為に最も大切なおすすめの神仏画買取業者をご紹介します。買取業界において「おすすめの神仏画買取業者=おすすめ骨董品買取業者」ですので、当サイトで紹介しているおすすめ骨董品買取業者を参考にしてください。神仏画買取においても買取業者の選択さえ間違えなければ、手間いらずで高く安心に神仏画を売ることができます!

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、次点でおすすめしている骨董品買取業者です。

神仏画の買取価格の調べ方

神仏画の買取価格の調べ方

まず、自力で素人が掛け軸の神仏画の買取価格を調べる事は不可能と言えます。その理由は「作品知識」と「最新の相場」を知っている必要がある、つまりはオークションや骨董市等に出入りしているような人や学芸員でなければわからないからです。(当ページの前半に神仏画の買取価格例の一覧と解説がありますので、そこを見て神仏画の買取価格が算出できそうか試してみてください。)

しかし、写真によるメール査定を活用する事で素人でも神仏画の買取価格を簡単に特定する事が可能です。

このページでは神仏画に関する撮影ポイントを紹介していますが、メール査定の方法や基本的な撮影方法、相見積もりの取り方については次のページも参考にしてください。

メール査定における神仏画の撮影方法

メール査定における神仏画の撮影方法

神仏画にはいくつか独自の撮影ポイントがありますので紹介します。ですが、ここでは神仏画ならではの撮影ポイントを紹介していますので、神仏画買取でメール査定を利用する際にはこちらのページで紹介している掛け軸全般で共通する撮影ポイントも参考にしてください

他の掛け軸の種類一覧

掛け軸の種類一覧

神仏画以外で当サイトで紹介している掛け軸の買取情報は次の通りになります。

茶道具や絵画、象牙、刀剣、珊瑚製品など様々な骨董品に関しても幅広く紹介していますので骨董品買取の際にはそちらも是非参考にしてください。

骨董品買取業者が買取する掛け軸の種類一覧

ページのトップへ