碁盤買取に関する情報を提供するページ
碁盤買取に関する情報を提供するページ

碁盤買取情報の目次

このページでは碁盤買取に関する様々な情報をご紹介するのですが、情報量がかなり多くなりますので次の目次を参考にしてください

碁盤の買取相場を一覧でご紹介

碁盤の買取価格例の紹介

碁盤の買取価格は作風や歴史、状態によってもピンキリですので、まずはできるだけ多くの種類の碁盤買取相場を一覧で紹介していきます。

碁盤買取について流れや方法を知りたい方はこちらの「骨董品買取が初めての方へ」を、おすすめの碁盤買取業者について知りたい方は後述の「碁盤買取におけるおすすめ買取業者についてを参考にしてください。

様々な碁盤買取相場一覧リスト
碁盤の種類 状態 買取相場
蒔絵碁盤 碁石付/直し有 13000円~32000円
輪島塗碁盤 在銘/碁石付/直し有 21000円~41000円
本榧碁盤 難有/蛤碁石付/箱有 26000円~50000円
蒔絵黒地碁盤 傷有/碁石付/箱有 79000円~12万円
本榧碁盤 碁石付/碁笥付/箱有 22000円~36000円
榧碁盤 瀬越憲作サイン入り 難有/碁石付 85000円~12万円

碁盤の買取相場はピンからキリまであり、もちろん価値が付かないものも多いのですが、高額なものでは10万円以上の買取価格が付く品まであります。

他の骨董品(特に陶磁器や絵画など)では作家物のネームバリューで価値が付くことも多いのですが、碁盤の場合は使われている木材が重視されますので、特段作家物の碁盤でなくても買取価格が期待できるケースが多いです。
また、棋士のサインが入った碁盤もありますが、その場合はサインも査定項目に含まれます。

では、次は画像と解説付きで碁盤の買取価格についてご紹介します。

【古道具】碁盤の買取価格例の紹介

碁盤の買取価格例の紹介

では、古道具の碁盤の買取価格について紹介します。画像付きで碁盤の買取例を挙げて紹介しますのでぜひ参考にしてください。(※なんでも鑑定団のような評価額や鑑定価値と買取価格は全くの別物で、評価額は買取価格よりもはるかに高い金額が算出されます。)

【古道具】本榧碁盤

【古道具】本榧碁盤
買取価格:3~6万円

こちらの碁盤は、木材に「榧(カヤ)」が使われたものです。盤の厚みも約20cm程と十分で、買取相場としては3~6万円前後が期待できる碁盤です。

榧は独特の芳香があり打ち味も良く、また木材が硬く耐久性も高いため、碁盤や将棋盤の最高峰として古くから知られます。油分が多いため経年で色艶が失われることがなく、使い込むと飴色に変わっていく点も魅力です。特に日向で採取された”本榧”のものは碁盤の中でも最高級品になり、買取価格も高額になるケースが多いです。

ただ、榧の中でも「新榧」と呼ばれるものは、榧ではなくスプルース(マツ科トウヒ属)という木材を使っていますので、厳密には榧の木ではありません。榧に似ているので「新榧」と呼ばれるようになりましたが、耐久性の面では本榧に劣り、買取相場もそれほど高額にはなりません。

【古道具】ヒバ製碁盤

ヒバ製碁盤
買取価格:5000~15000円

こちらの碁盤には「ヒバ」という木材が使われており、上述の榧には劣りますが、こちらもある程度価値がある木材として知られます。ヒバ製の碁盤は木目が細かく色合いが明るいため清潔な印象を与えますが、耐久性はそれほど高くありません。

買取相場としては碁盤の厚みや状態、木取りの位置によっても大きく変わりますが、こちらの碁盤だと状態も良く厚みもあり、およそ5000円~15000円前後の買取価格が期待できます。

【古道具】卓上本榧製碁盤

卓上本榧製碁盤
買取価格:6000~18000円

碁盤の買取価格は「木材」「状態」そして「木材の厚み」によっても変わってきます。木材が厚いほど買取価格も高額になりますので、逆に「卓上碁盤」などの薄い碁盤になると買取相場は下がり、中には買取が難しいものも増えてきます。

卓上碁盤でも買取価格が付きやすいものの特徴としては、まず状態の良さは前提として、素材に「高級木材(本榧)」が使われているもの、あとは「有名棋士などのサイン・銘入り(揮毫入り)」の品が挙げられます。こちらは卓上碁盤ではありますが10cm程の厚みがある本榧の品で、買取相場としてはおよそ6000円~18000円前後までが期待できます。

【古道具】蒔絵碁盤 神戸雪汀作

蒔絵碁盤 神戸雪汀作
買取価格:15~25万円

高い買取価格が期待できる碁盤として、こうした「蒔絵」「螺鈿」「彫刻」などの装飾が入った碁盤も挙げられます。この場合は装飾の細かさや作家などの項目から査定し、骨董・古美術として買取される場合が多いです。

こちらは蒔絵師の「神戸雪汀」が制作した碁盤で、蛤と那智黒の碁石・碁器もセットになっています。こちらは装飾も付属品も一級と呼べる仕上がりで、買取価格としてはおよそ15~25万円前後も期待できる極上品です。

ただ、ここまで高額になるケースはかなり稀で、装飾がある碁盤の大半は~10万円前後までの買取価格に留まる場合が多いです。

【古道具】本榧碁盤 光原伊太郎揮毫

本榧碁盤 光原伊太郎揮毫
買取価格:10~13万円

碁盤の中には、式や試合が行われたときに使われ、棋士がサインを入れたもの(揮毫)があります。プロ対局に用いられる碁盤や碁石だと由緒・名声ある一級品が使われることが多いので、基本的には碁盤も本榧で、しっかりと厚みのある良品が使われます。碁盤としての質も申し分なく、さらに棋士が揮毫を入れることによって記念品としての意味合いも持つので希少価値も生まれ、高額な買取価格が期待できる品も多いです。

こちらは囲碁棋士「光原伊太郎」の揮毫が入った碁盤で、かつ目立つ傷みも見られないため、買取価格はおよそ10~13万円前後が期待できます。

碁盤買取におけるおすすめ買取業者

碁盤買取におけるおすすめ買取業者

まず初めに、手間をかけずに碁盤を高く安心に売る為に最も大切なおすすめの碁盤買取業者をご紹介します。買取業界において「おすすめの碁盤買取業者=おすすめ骨董品買取業者」ですので、当サイトで紹介しているおすすめ骨董品買取業者を参考にしてください。

碁盤買取においても買取業者の選択さえ間違えなければ、手間いらずで高く安心に碁盤を売ることができます!

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

高価買取が期待できる碁盤の特徴とは?

メール査定における碁盤の撮影方法

家の大掃除や倉庫や蔵の整理、相続などによって「碁盤」が見つかった際に「高く売れそうな碁盤かどうか」を判別するポイントをご紹介します。

これから紹介するポイントに多く該当すると高く売れる碁盤の可能性が上がりますので、気になる場合は後述しますが一度骨董品買取業者に査定依頼をすることを強くおすすめします!

単純に古そうな碁盤かどうか

単純に古そうな碁盤かどうか

碁盤に限らず骨董品や陶磁器全般に言える事ですが、単純に「古そう」と感じるだけでも数万円以上で売れる高い価値を秘めた碁盤である可能性はゼロではありません。そのため、基本的には価値や買取価格については専門家に査定依頼することをおすすめします。

特に古道具の碁盤は買取相場も高額になる傾向があり、作家が不明の品でも数十万円単位の買取価格が付く例も多いです。

「ただ古そうに見えるだけ」であっても骨董品買取業者に相談するには十分な理由になりますし、業者側も「古そうであれば相談をしてほしい」と言っています!

碁盤に使われている木材をチェック

碁盤に使われている木材をチェック

碁盤の買取価値を決める重要な項目として、まず「使われている木材」が挙げられます。特に宮崎県で採れる「本榧」の碁盤は最高級品として扱われ、買取相場も高額になるものが多いです。

榧は基本的な数が少ないうえ、碁盤に使われる大きさだと樹齢300年以上のものが必要になるため、希少価値がかなり高くなります。本榧の他にも桂やヒバ、檜などが人気ですが、買取相場としては本榧に劣ります。

また、碁盤の木材には無垢の木から切り出した「一枚板」と、数枚の木材を接合して作った「ハギ盤(接合盤)」があります。買取相場としては、一般的には一枚板盤のほうが高額になります。

碁盤の厚みと木目を確認

碁盤の厚みと木目を確認

碁盤の買取価格は「木材の厚み」によっても大幅に変わります。碁盤の厚さが増すほど買取相場も高額になり、特に7寸(厚さ約21cm)や8寸(厚さ約24cm)のもの、またそれ以上の厚みがある碁盤は高く売れやすくなります。

逆に、碁盤の足先まで含めた厚みが4寸(約12cm)以内になるとかなり薄い碁盤になるため、買取ができない可能性も出てきます。

そして碁盤には、木の中心にある丸い板目が見られる「板目盤」と、天面全てに真っすぐ木目が通っている「柾目盤」があります。板目は木の直径から作られるため、そこまで大きな木を必要とせず、また柾目と比較して数も多く作ることが出来ます。

柾目は木材の半径から作られるため、よほど大きな木からでないと作ることが出来ず、ゆえに希少価値が高い碁盤だとされています。

作家物やサイン入りの碁盤かどうか

作家物やサイン入りの碁盤かどうか

碁盤に名前や銘が書かれている場合は「作家」あるいは「プロ棋士の揮毫」の可能性が高いです。

碁盤の場合は作者が不明な品でも買取価格が付くことが多いのですが、作家物や揮毫品になると、その作家や棋士のネームバリューも査定項目に含まれますので、あらかじめ作家物・揮毫物の碁盤だと分かっているだけでも高価買取の期待値は大きく上がります!

碁盤を入手した場所がわかるなら・・・

碁盤を入手した場所がわかるなら・・・

碁盤を含めた骨董品全般に言える事ですが、高い価値をもつ骨董品とは「然るべきルート」から見つかる場合が多くなっています。然るべきルートを簡単に挙げると、「1.骨董品収集家のコレクション」「2.オークションや骨董市等で高い金額で購入」「裕福な人からプレゼントされた」などです。

ですので、碁盤を見つけた際にはどういったルートを辿ってここにあるのかが確認できるのであれば確認しておくことをおすすめします。「昔に政治家の人から貰った」などなど、そういった入手ルートであれば高価買取はかなり期待できますよ!


高価買取が期待できる碁盤かどうかを判別する簡単なポイントはこんな感じです。ですが、本当に高い価値がある碁盤かどうかの判断は専門家に判断してもらわなければ分かりません。共箱や作家のサインがなく、ただ古そうなだけの碁盤でも専門家の査定で数万円以上の買取価格がつく事は珍しい事でもありません。

ですので、古そうな碁盤が見つかれば正しい価値を判断するためにも、無料かつ業者が推奨しているので次の方法で骨董品買取業者の専門家に無料査定を依頼することをおすすめします!

碁盤の買取価格の調べ方

碁盤の買取価格の調べ方

まず、自力で素人が古道具の碁盤の買取価格を調べる事は不可能と言えます。その理由は「作品知識」と「最新の相場」を知っている必要がある、つまりはオークションや骨董市等に出入りしているような人や学芸員でなければわからないからです。(当ページの前半に碁盤の買取価格例の一覧と解説がありますので、そこを見て碁盤の買取価格が算出できそうか試してみてください。)

しかし、写真によるメール査定を活用する事で素人でも碁盤の買取価格を簡単に特定する事が可能です。

このページでは碁盤に関する撮影ポイントを紹介していますが、メール査定の方法や基本的な撮影方法、相見積もりの取り方については次のページも参考にしてください。

メール査定における碁盤の撮影方法

メール査定における碁盤の撮影方法

碁盤の撮影ポイントは古道具TOPで紹介している方法と共通していますので、碁盤買取でメール査定を利用する際にはこちらのページで紹介している古道具全般で共通する撮影ポイントも参考にしてください

古道具の碁盤とは?高く売れる?

古道具の碁盤とは?高く売れる?

ここでは、「そもそも碁盤とは何か」という概要と、碁盤が高く売れるかどうかについて紹介します。

碁盤とは囲碁を打つための板(ボード)で、表面には縦・横各19本の筋目が入っています。厚みのある板に足が付いた「足付き盤」や、薄目の板に升目を描き、テーブルの上で囲碁を打つことが出来る「卓上碁盤」、持ち運びに便利な折りたたみ盤など様々な形状があります。

碁盤は木材の種類と厚みによって買取相場が変わり、最も高額なものは「本榧」という木材が使われたものです。碁盤を作るためには樹齢数百年の大木が必要で、特に宮崎県で採れる榧が長年重宝されてきましたが、近年は榧の大木が減ってきているため中国から輸入されることも多いです。

また、碁盤には板目盤(盤の中央に木の中心の板目が現れる)と柾目盤(天面全てに真っすぐ木目が通っている)があります。板目は木の直径から作られるため、そこまで大きな木を必要とせず、また柾目と比較して数も多く作ることが出来ます。柾目は木材の半径から作られるため、よほど大きな木からでないと作ることが出来ず、ゆえに希少価値が高い碁盤だとされています。

碁盤が高く売れるかどうかですが、高額なものは非常に高額になり、中には100万円近い買取価格が付くようなものもあります。碁盤の価値は「木材の種類」「厚み」そして「作家物(有名な碁盤師の作品や、有名棋士がサインしたもの)」といった項目によって大きく変わり、骨董品買取でも高額で買取される品も多いです。

ただ、安価な木材や近年に作られた碁盤だと買取価格が付かないものも多いので、価値が不明な碁盤があれば、まずは骨董品買取業者のメール査定(写真査定)を利用して買取価値を判断されることをおすすめします。

このページの上記では様々な碁盤の買取相場を紹介していますので、碁盤の買取を検討している方はぜひ参考にしてください。

他の古道具の種類一覧

古道具の種類一覧

碁盤以外で当サイトで紹介している古道具の買取情報は次の通りになります。

茶道具や絵画、象牙、刀剣、珊瑚製品など様々な骨董品に関しても幅広く紹介していますので骨董品買取の際にはそちらも是非参考にしてください。

骨董品買取業者が買取する古道具の種類一覧

ページのトップへ