水彩画買取に関する情報を提供するページ
水彩画買取に関する情報を提供するページ

水彩画買取情報の目次

このページでは水彩画買取に関する様々な情報をご紹介するのですが、情報量がかなり多くなりますので次の目次を参考にしてください

水彩画とは?高く売れる?

水彩画の絵画とは?高く売れる?

このページでは、水彩画の買取についてご紹介していきます。水彩画とは「水彩絵の具で描いた絵画」のことです。水彩画はにじみや重ね塗りを多用し、透明度の高い作品を描くことが出来ますが、中には油絵のようにはっきりとした線や色合いが見られる水彩画もあります。

水彩画の特色は作家や作風によってもかなり異なりますので、もしお手持ちの絵画が水彩画かどうか不明な場合、骨董品買取業者へは「絵画」と伝えれば問題ありません。

水彩画の価値は作家や作品ごとにピンキリで、例えば有名な作家の水彩画だと何百万円の価値が付く一方で、あまり有名ではない画家の作品だと、買取価格も数千円に留まってしまうこともあります。有名で歴史的評価の定まった作家の作品だと、絵画にも資産価値が生まれるため買取相場も高額になります。

ただ、そこまで世間的な認知度は高くなくとも、人気の高い水彩画家は数多く存在します。特に近代画家の作品になると個人が所有している割合もかなり高くなり、個人宅から数十万円~百万円レベルの水彩画が出てくることも多いそうです。

絵画の世界は非常に奥深いため、一般では聞いたことのないような作家であっても、実は界隈では非常に有名だった、というケースも沢山あります。また、水彩画は手軽に描くことが出来るため、有名人や著名人が趣味・仕事の一環で描いた作品も多く存在し、そちらも買取価格が期待できます。

骨董品買取業者は問い合わせや査定など全て無料で対応してくれますので、価値が高そうな水彩画が出てきたら、一度写真査定を利用されることをおすすめします。

では、実際に水彩画がどれくらいの価格で買取されるのかご紹介していきます。

【水彩画】絵画の買取価格例の紹介

絵画の買取価格例の紹介

では、水彩画の絵画の買取価格について紹介します。画像付きで絵画の買取例を挙げて紹介しますのでぜひ参考にしてください。(※なんでも鑑定団のような評価額や鑑定価値と買取価格は全くの別物で、評価額は買取価格よりもはるかに高い金額が算出されます。)

【水彩画】平山郁夫

【水彩画】平山郁夫
買取価格:50~80万円

「平山郁夫」は文化勲章受章も受賞した有名な日本画家で、広島県尾道市には美術館も建てられています。絵画作品はリトグラフからパステル画、水彩画まで非常に幅広く、特に「希少性が高いリトグラフ」と「肉筆の水彩画」は高い相場で取引されています。

こちらの水彩画も、もし骨董品買取に出されるとしたら1枚50万~80万円前後の買取相場も期待できる作品です。ダメージや劣化などがあると実際の買取価格はもう少し上下があるはずですが、その点を考慮しても、あらゆる水彩画の中ではかなり高い買取価格が期待できます。

また、平山郁夫に関連する多くの画集や画文集も出版されており、そうした書籍等で取り上げられた名作は買取相場も高額になります。

【水彩画】小堀進

【水彩画】小堀進
買取価格:5~8万円

こちらは「小堀進」という画家の水彩画作品です。小堀進は水彩画を非常に好み、公募展に初出品した作品から没年まで、生涯水彩画を描き続けました。こちらの水彩画は多少のダメージが見られることから、買取価格は8万円前後が基準になります。

水彩画は基本的に水彩紙などの柔らかい用紙に描かれるため、油絵と比べると耐用年数が低いということもあり、経年劣化も発生しやすくなります。そのため、飾っていない水彩画があれば経年劣化が出ないうちに買取に出されることをおすすめしていますが、保管の際は紫外線などの劣化要因を避け、丁寧に保存されておくのが大切です。

【水彩画】松井ヨシアキ

【水彩画】松井ヨシアキ
買取価格:1~3万円

「松井ヨシアキ」は福井県出身の画家で、油彩画・水彩画の両方を手掛けています。油彩画の方が買取相場は若干高い傾向にありますが、水彩画も良い買取価格が付くことが多いです。松井ヨシアキはファンタジーながらもどこか力強い印象を受ける作風が特徴で、現在も個展やグループ展などで活躍されています。
こちらの水彩画は3号とあまり大きくないサイズですが、買取価格は大体1~3万円の買取価格が基準になります。

【水彩画】ミッシェル・ドラクロワ

【水彩画】ミッシェル・ドラクロワ
買取価格:2~5万円

こちらの水彩画は、パリ出身の海外画家「ミッシェル・ドラクロワ」の作品です。1996年開催のアトランタ五輪の公認アーティストとしても知られ、他にもワールドカップなど世界的規模の場で活躍されることも多く、認知度が非常に高い作家です。作品はシルクスクリーンやリトグラフが大半を占めますが、稀に水彩画作品も手掛けています。

こちらの水彩画だと買取相場は大体2~5万円前後が基準になりますが、状態の良い綺麗な作品や号数が大きければ、これ以上の買取価格も十分期待できる作家です。

【水彩画】香月泰男

【水彩画】香月泰男
買取価格:15~20万円

「香月泰男」は昭和に活躍した画家のひとりで、シベリア抑留の記憶を基に手掛けた「シベリア・シリーズ」は、第1回日本芸術大賞を受賞しています。1966年には九州産業大学の油絵科の主任教授を務め、主に油絵で広く知られる作家ですが、水彩画も数多く残しておられます。

こちらの水彩画は、経年によるヤケが全体的に見られる作品ですが、骨董品買取だと大体20万円前後の買取価格が基準です。鑑定機関による鑑定書が予め付属されている点も高く評価され、通常の水彩画よりも買取相場は高額になります。

水彩画買取におけるおすすめ買取業者

水彩画買取におけるおすすめ買取業者

まず初めに、手間をかけずに水彩画を高く安心に売る為に最も大切なおすすめの水彩画買取業者をご紹介します。買取業界において「おすすめの水彩画買取業者=おすすめ骨董品買取業者」ですので、当サイトで紹介しているおすすめ骨董品買取業者を参考にしてください。

水彩画買取においても買取業者の選択さえ間違えなければ、手間いらずで高く安心に水彩画を売ることができます!

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

高価買取が期待できる水彩画の絵画の特徴とは?

高価買取が期待できる水彩画の絵画の特徴とは?

では、次に高価買取が期待できる水彩画の特徴をご紹介します。これから紹介するポイントに多く該当すると高く売れる水彩画である可能性も上がります。

高価な水彩画の買取価格は非常に期待できるので、後述にあるように条件に合う水彩画があれば骨董品買取業者等に査定依頼をすることを強くおすすめします!

作家によって水彩画の買取価値は大きく変わります

作家によって水彩画の買取価値は大きく変わります

水彩画の買取価格は、主に「作家」の知名度・需要によって決まります。有名な作家の水彩画であれば1枚数十万円の価値で取引される一方で、あまり知名度が高くない作家の水彩画は、1枚数百円~数千円の買取価格に留まることも多いです。有名な作家作品であれば、世間での需要が高いため価値も比例して上昇し、相場も高騰していきます。

ただ、世界的に有名な画家までとはいかなくても、例えば近代画家の水彩画は個人が所有している率も高く、自宅の整理で出てきた水彩画に数十万円の買取価格が付いた、という例も多くあります

基本的に水彩画は短時間で仕上げることが出来ますので、油絵・油彩画と比べると買取相場は抑えめです。けれども、水彩画は「画家の肉筆である点」も高く評価されやすいのが特徴です。リトグラフなどの版画は同じ絵を何枚も作ることが出来ますので、市場に出回っている数が多いほど希少価値は下がります。その点、水彩画は基本的に一点ものの絵画ですので、作家のネームバリューが高いと、比例して買取相場にも期待が持てます。

また、仮に同じ作家の場合も相場が均一になるわけではなく、例えば美術書や画報に掲載された有名な作品であれば、買取相場も高額になる傾向にあります。

綺麗な状態の水彩画は良い買取価格が付きます

綺麗な状態の水彩画は良い買取価格が付きます

水彩画は用紙の耐久性がそれほど高くないため、古い作品になるほど経年劣化が顕著な傾向にあります。変色や退色、破れなどは絵画鑑賞において障害になってしまうので、ダメージが生じてしまった水彩画は、買取価格が減額になってしまうことも多いです。

逆に、綺麗に残っている水彩画だと、査定の際に状態劣化による減額を避けることが出来るため買取価格も高額になりやすいです。

ただ、骨董品として数えられる古い水彩画だと、多少の経年劣化は大抵の絵画に見られますので、鑑賞に影響しないダメージであれば大きく買取価格に影響しないこともあります。

水彩画の大きさによっても買取価格は変動

水彩画の大きさによっても買取価格は変動

水彩画のみを手掛けている作家の場合、絵画の「号数(サイズ)」も買取価格に影響するケースがあります。水彩画のサイズが大きく、かつ細かく描き込まれているほど買取価格も高額が期待できます。

絵画のサイズは「号」という単位で数えられますが、お手持ちの水彩画の号数が分からない場合は、買取業者への連絡はcmで伝えれば問題ありません。

鑑定済みの水彩画は高い買取価格が期待できます

鑑定済みの水彩画は高い買取価格が期待できます

有名な作家の水彩画は高価買取が期待できますが、作家の認知度が上がるほど、偽物や贋作、あるいは複製画の割合も増えます。そのためあらかじめ鑑定シールが貼られていたり、鑑定書や極書などが付いている水彩画だと買取価格も高額になる可能性が高いです。

もちろん、鑑定書がない水彩画を買取に出される場合でも、専門性が高い骨董品買取業者を利用すればきちんと査定を行ってくれますので大丈夫です。


高価買取が期待できる水彩画の絵画かどうかを判別する簡単なポイントはこんな感じです。
ただ、水彩画の絵画に関しては種類や装飾ごとに買取相場の差がある他、状態によっても買取価格が大きく変わってくるため、価値の判断自体が非常に難しくなっています。そのため、水彩画の絵画を持っておられるなら、一度は専門家に判断してもらう事をおすすめします。

古そうな水彩画の絵画が見つかれば正しい価値を判断するためにも、無料かつ業者が推奨しているので次の方法で骨董品買取業者の専門家に無料査定を依頼することをおすすめします!

水彩画の買取価格の調べ方

絵画の買取価格の調べ方

まず、自力で素人が水彩画の絵画の買取価格を調べる事は不可能と言えます。その理由は「作品知識」と「最新の相場」を知っている必要がある、つまりはオークションや骨董市等に出入りしているような人や学芸員でなければわからないからです。(当ページの前半に絵画の買取価格例の一覧と解説がありますので、そこを見て絵画の買取価格が算出できそうか試してみてください。)

しかし、写真によるメール査定を活用する事で素人でも絵画の買取価格を簡単に特定する事が可能です。

このページでは絵画に関する撮影ポイントを紹介していますが、メール査定の方法や基本的な撮影方法、相見積もりの取り方については次のページも参考にしてください。

メール査定における水彩画の撮影方法

メール査定における水彩画の撮影方法

水彩画の撮影ポイントは絵画TOPで紹介している方法と共通していますので、水彩画買取でメール査定を利用する際にはこちらのページで紹介している絵画全般で共通する撮影ポイントを参考にしてください。

他の絵画の種類一覧

水彩画の種類一覧

水彩画以外で当サイトで紹介している絵画の買取情報は次の通りになります。

洋画や水彩画、水彩画などの絵画買取情報の他、刀剣や置物、珊瑚製品など様々な骨董品に関しても幅広く紹介していますので骨董品買取の際にはそちらも是非参考にしてください。

骨董品買取業者が買取する絵画の種類一覧

ページのトップへ