西洋画買取に関する情報を提供するページ
西洋画買取に関する情報を提供するページ

西洋画買取情報の目次

このページでは西洋画買取に関する様々な情報をご紹介するのですが、情報量がかなり多くなりますので次の目次を参考にしてください

西洋画の買取相場を一覧でご紹介

西洋画の買取価格例の紹介

西洋画の買取価格は作風や歴史、作家や状態によってピンキリですので、まずはできるだけ多くの種類の西洋画買取相場を一覧で紹介していきます。

西洋画買取について流れや方法を知りたい方はこちらの「骨董品買取が初めての方へ」を、おすすめの西洋画買取業者について知りたい方は後述の「西洋画買取におけるおすすめ買取業者についてを参考にしてください。

様々な西洋画買取相場一覧リスト
西洋画の種類 状態 買取相場
少女と小鳥(木版画) 藤田嗣治作 版上サイン有/額付 6000円~13000円
鳥(油彩画) 山口薫作 額付 25000円~40000円
人物と鳥 ジョアン・ミロ作 サイン有(リトグラフ) 175000円~21万円
油彩画 横山申生作 額付 5000円~10000円
油彩画 島田章三作 額付 21000円~35000円
リトグラフ ジョルジュ・ブラック作 サイン有/額付 11万円~142000円
白鳥 石田武作 額付 71000円~98000円
リトグラフ マルク・シャガール作 額付 152000円~21万円
鳥(油彩画) ポール・ギヤマン作 額付 22000円~35000円

やはり高い買取価格が期待できる西洋画となると作家物の絵画が多くなりますが、ネームバリューはなくとも人気の高い西洋画家は数えきれないほど存在するため、自宅にあった古い西洋画に数十万円の買取価格が付くようなケースも珍しくありません。

では、次は画像と解説付きで西洋画の買取価格についてご紹介します。

【西洋画】絵画の買取価格例の紹介

絵画の買取価格例の紹介

では、西洋画の絵画の買取価格について紹介します。画像付きで絵画の買取例を挙げて紹介しますのでぜひ参考にしてください。(※なんでも鑑定団のような評価額や鑑定価値と買取価格は全くの別物で、評価額は買取価格よりもはるかに高い金額が算出されます。)

【西洋画】中村清治作 油彩画

【西洋画】中村清治作 油彩画
買取価格:5~8万円

こちらは「中村清治」という西洋画家が描いた作品です。中村清治は生涯どの団体にも所属せず、個展やグループ展などの限られた場所でのみ作品を発表していたとされています。特に人物画や風景画に定評があり、特に写実的な作風に豊かな色彩感覚を活かした人物画は、近代絵画の中でも高い評価を得ています。

保管による状態劣化が見られることから、こちらの油彩画を骨董品買取に出された場合は大体5~8万円前後の買取価格が基準になります。中村清治は作品によって数十万~百万円前後の価値も付きますので、更に高い買取価格も十分に期待できる名作家です。

【西洋画】藤井勉作「白」油彩画

【西洋画】藤井勉作「白」油彩画
買取価格:15~20万円

「藤井勉」は秋田県出身の西洋画家で、特に写実的な少女画に定評があります。藤井勉自身の娘3人への愛情あふれる柔和な作品が多く、骨董品買取ではこちらの西洋画で大体15万~20万円前後の買取価格も期待できます。藤井勉は油彩画や水彩画など多彩な描写方法で知られる西洋画家で、藤井勉作品は絵画によって買取相場も大きく変わりますが、画集に掲載された等の有名な作品は100万円以上で取引されることも多いです。

【西洋画】パブロ・ピカソ「想像の中の肖像」リトグラフ

【西洋画】パブロ・ピカソ「想像の中の肖像」リトグラフ
買取価格:10~12万円

こちらは有名なパブロ・ピカソの画ですが、リトグラフの絵画になります。リトグラフとは版画の一種で、元の絵は「想像の中の肖像」というシリーズの一つです。版画ですので同じ絵を何枚も作ることが出来ますが、人気のある絵画作品だと需要も高く、骨董品買取でも買取価格が付くケースが多いです。

こちらのリトグラフは全体的にヤケがあり買取相場は若干下がりますが、ピカソというネームバリューから高い買取価格も期待でき、骨董品買取に出された場合は10万円前後の買取価格が基準になります。ただ、ピカソのリトグラフは世界に幾つも存在し、買取価格も作品や希少性によりピンキリです。

【西洋画】クロード・ワイズバッシュ作 油彩画

【西洋画】クロード・ワイズバッシュ作 油彩画
買取価格:20~25万円

「クロード・ワイズバッシュ」はフランスの画家で、迫力に満ちた表現と高度な描写が高く評価されており、特に音楽家を描いたシリーズは世界的に有名です。ワイズバッシュ作品も油彩画やリトグラフ、銅版画など多種多様で、買取相場も作品により異なります。
こちらの油彩画だと、多少の状態劣化も加味すると買取価格は20万円~25万円前後が基準になりますが、他にも高値が期待できる作品は多くあります。

【西洋画】アンドレ・ボーシャン作 油彩画

【西洋画】アンドレ・ボーシャン作 油彩画
買取価格:10~20万円

こちらの絵画は「アンドレ・ボーシャン」という、20世紀前半に活躍したフランスの画家です。世界的建築家ル・コルビュジエが高く評価した画家としても知られ、農村部を舞台にした生活風景から古代の神話に渡るまで、数多くの題材を手掛けた多彩な画家です。こちらは城砦を描いた西洋画で、買取価格は10万円~20万円も期待できます。昔の画家ですので状態良く残っている作品だと、これ以上に高額な買取価格になることも多いです。

西洋画買取におけるおすすめ買取業者

西洋画買取におけるおすすめ買取業者

まず初めに、手間をかけずに西洋画を高く安心に売る為に最も大切なおすすめの西洋画買取業者をご紹介します。買取業界において「おすすめの西洋画買取業者=おすすめ骨董品買取業者」ですので、当サイトで紹介しているおすすめ骨董品買取業者を参考にしてください。

西洋画買取においても買取業者の選択さえ間違えなければ、手間いらずで高く安心に西洋画を売ることができます!

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

高価買取が期待できる西洋画の絵画の特徴とは?

高価買取が期待できる西洋画の絵画の特徴とは?

では、次に高価買取が期待できる西洋画の特徴をご紹介します。これから紹介するポイントに多く該当すると高く売れる西洋画である可能性も上がります。

高価な西洋画の買取価格は非常に期待できるので、後述にあるように条件に合う西洋画があれば骨董品買取業者等に査定依頼をすることを強くおすすめします!

西洋画の買取価格は「作家」によって変わります

西洋画の買取価格は「作家」によって大きく変わります

西洋画を買取に出す際、高価買取に最も影響するのは「作家・作者」です。例え優れた描写の西洋画があっても、作家のネームバリューが無ければ価値は付きにくいです。例えば「ピカソ」「フェルメール」「ゴーギャン」などの絵画は数千万円の価値が付くことで知られますが、これは優れた技術は勿論のこと、歴史的知名度と需要が非常に高い作家ですので、高いお金を出しても入手したがる人が後を絶たないのです。

けれども、ここまで巨匠の西洋画までとはいかなくても、例えば近代画家の作品になると個人所有の割合が高く、自宅にあった絵画を買取に出してみたら西洋画1枚に数十万~数百万円の買取価格が付いた、というケースも多くあります。

状態が良く綺麗な西洋画は高く売れやすい

「骨董品」として価値が付く西洋画も多い

特に古い西洋画で認められやすいのが、紫外線や煙草の煙などによる状態劣化です。こうしたダメージは変色・退色を引き起こす恐れがあり、絵画の見た目に大きく影響するような劣化があれば、買取価格も下がってしまう可能性が高いです。逆に綺麗な状態の西洋画であれば状態劣化による減額は避けられるので、高い買取価格も期待できます

ただ、古い絵画になると多少の劣化は付きものですので、ダメージの度合いや買取業者の査定基準によっては、大きく買取価格に影響しないこともあります。

西洋画はサイズでも買取価格が変動

西洋画の大きさによっても買取価格が変動

一概にはいえませんが、西洋画の買取価格は大きさによっても変わり、基本的にはサイズが大きい方が買取価格は高額になります。サイズが大きく、かつ繊細な西洋画であれば、一枚描き上げるために多大な労力を費やすことから元々の価値も高く、買取相場も高額になります。大型作品を手掛けること自体が珍しい西洋画家であれば、それだけで希少価値が付く場合もあります。

鑑定済みの絵画だと買取価格も高額に

鑑定済みの絵画だと買取価格も高額に

有名な作家であるほど高い買取価格も期待できますが、当然、有名な作家物であるほど贋作(偽物)の割合も増えてきます。そのため、あらかじめ鑑定シールが貼られていたり、鑑定書や極書などが付いている西洋画だと買取価格も高額になる可能性が高いです。

また、リトグラフなどの版画の場合「作家本人が手掛けた」リトグラフになると買取価格は高額になります。


高価買取が期待できる西洋画の絵画かどうかを判別する簡単なポイントはこんな感じです。
ただ、西洋画の絵画に関しては種類や装飾ごとに買取相場の差がある他、状態によっても買取価格が大きく変わってくるため、価値の判断自体が非常に難しくなっています。そのため、西洋画の絵画を持っておられるなら、一度は専門家に判断してもらう事をおすすめします。

古そうな西洋画の絵画が見つかれば正しい価値を判断するためにも、無料かつ業者が推奨しているので次の方法で骨董品買取業者の専門家に無料査定を依頼することをおすすめします!

西洋画の買取価格の調べ方

絵画の買取価格の調べ方

まず、自力で素人が西洋画の絵画の買取価格を調べる事は不可能と言えます。その理由は「作品知識」と「最新の相場」を知っている必要がある、つまりはオークションや骨董市等に出入りしているような人や学芸員でなければわからないからです。(当ページの前半に絵画の買取価格例の一覧と解説がありますので、そこを見て絵画の買取価格が算出できそうか試してみてください。)

しかし、写真によるメール査定を活用する事で素人でも絵画の買取価格を簡単に特定する事が可能です。

このページでは絵画に関する撮影ポイントを紹介していますが、メール査定の方法や基本的な撮影方法、相見積もりの取り方については次のページも参考にしてください。

メール査定における西洋画の撮影方法

メール査定における西洋画の撮影方法

西洋画の撮影ポイントは絵画TOPで紹介している方法と共通していますので、西洋画買取でメール査定を利用する際にはこちらのページで紹介している絵画全般で共通する撮影ポイントを参考にしてください。

西洋画とは?高く売れる?

西洋画の絵画とは?高く売れる?

ここでは、西洋画の買取についてご紹介していきます。”西洋画”とは「西洋様式で描かれた絵画のこと(油彩画、水彩画など)」を指します。そのため、外国画家だけでなく日本でも数多くの西洋画家が活躍しており、有名な方だと「藤田嗣治」「浅井忠」「青木繁」などが挙げられます。

ですが、現在は技法や材料などが多様化し、西洋画と日本画の明確な区別は付きにくくなっています。そのため骨董品買取業者との連絡の際は、油彩画などの西洋技法が使われていたり、西洋的な意匠が描かれていたら「西洋画」や「洋画」で通じますし、よく分からない場合は「絵画」と伝えれば問題ありません。

骨董品買取での西洋画の価値はまさにピンキリで、買取相場も非常に幅広いです。ピカソやセザンヌの絵画がオークションで数千万~数億ドルで落札される一方で、あまり有名ではない画家の作品だと数百円~数千円の買取価格に留まります。

ただ、ピカソやセザンヌほどのネームバリューはなくとも人気の高い西洋画家は数えきれないほど存在します。特に近代画家の作品になると個人が所有している割合も高く、個人宅から数百万円レベルの絵画が出てくることも結構あるそうです。

西洋画の世界は非常に奥深いため、一般では聞いたことのないような作家であっても、実は界隈では非常に有名だった、というケースも沢山あります。骨董品買取業者は問い合わせや査定など全て無料で対応してくれますので、価値が高そうな西洋画が出てきたら一度写真査定を利用されることをおすすめします。

では、実際に西洋画がどれくらいの価格で買取されるのかご紹介していきます。

他の絵画の種類一覧

西洋画の種類一覧

西洋画以外で当サイトで紹介している絵画の買取情報は次の通りになります。

西洋画や油絵、水彩画などの絵画買取情報の他、刀剣や置物、珊瑚製品など様々な骨董品に関しても幅広く紹介していますので骨董品買取の際にはそちらも是非参考にしてください。

骨董品買取業者が買取する絵画の種類一覧

ページのトップへ