普通切手買取に関する情報を提供するページ
普通切手買取に関する情報を提供するページ

普通切手買取情報の目次

このページでは普通切手買取に関する様々な情報をご紹介するのですが、情報量がかなり多くなりますので次の目次を参考にしてください

普通切手の買取相場を一覧でご紹介

普通切手の買取価格例の紹介

普通切手の種類は多く、状態や種類に応じて買取価格はピンキリですので、バラ切手かつ美品状態で1000円以上の買取価格が期待できる普通切手を一覧で紹介していきます。

普通切手買取について流れや方法を知りたい方はこちらの「骨董品買取が初めての方へ」を、おすすめの普通切手買取業者について知りたい方は後述の「普通切手買取におけるおすすめ買取業者についてを参考にしてください。

様々な普通切手買取相場一覧リスト
普通切手の種類 発行年度 買取相場
竜文切手 1871年発行 1800円~10万円
竜銭切手 1872年発行 1000円~45万円
桜切手 1872年~1876年発行 1500円~(種類により1000万円以上)
鳥切手 1875年発行 3000円~20万円
小判切手 1876年~1892年発行 1000円~30000円
菊切手(25銭・50銭等) 1899年~1908年発行 1000円~9000円
旧高額切手 1908年~1914年発行 6000円~9万円
田沢切手 1913年~1937年発行 ~10万円(種類による)
富士鹿切手 1922年~1937年発行 600円~7000円
新高額切手 1924年~1937年発行 3000円~33000円
第一次昭和切手(コイル14銭) 1937年~1944年発行 2000円~10000円
第一次新昭和切手(50円・100円切手) 1946年~1947年発行 1500円~5500円
第二次新昭和切手(50円・100円切手) 1946年~1948年発行 1200円~5000円
産業図案切手(100円・500円切手) 1948年~1949年発行 3800円~30000円
昭和すかしなし切手(30円・100円・500円切手) 1951年~1952年発行 1700円~25000円
第1次動植物国宝切手(50円切手・小型シート) 1950年~1951年発行 1300円~16000円

ここで紹介していない普通切手でも数百円以上の買取価格が期待できる種類もありますし、額面ベース以上の買取価格は期待できるので、量があれば十分に高い買取価格も期待できます!

また、こちらの普通切手の買取価格リストの情報は次のサイトから引用させてもらっていますので、そちらであれば全ての普通切手の買取価格が紹介されています。(引用元:切手買取業者徹底比較ランキング

次は画像と解説付きで普通切手の買取価格についてご紹介します。

普通切手の買取価格例の紹介

普通切手の買取価格例の紹介

こちらでは画像付きで単片以外の普通切手の買取例を挙げて紹介しますのでぜひ参考にしてください。

【普通切手買取】旧高額切手10円・普通切手他多数

旧高額切手10円・普通切手他多数
買取価格:10~14万円

こちらは古切手から近年のものまで幅広い普通切手のコレクションで、買取相場としてはおよそ10~14万円前後までが期待できます

中でも、1908年~1914年にかけて発行されていた「旧高額切手」は非常に価値が高い普通切手で、白紙か毛紙かによっても買取価格は変わってきます。

こちらは旧高額切手の中でも最も価値が高い10円・白紙のタイプで、状態によっても買取価格は大幅に変わりますが、たった1枚でも2万円~9万円前後までが期待できるプレミア古切手です。

その他はそれほど希少価値が高い切手はなかったのですが、コレクションの数が多かったためトータルだとかなりの買取価格を見込むことが出来ます。

【普通切手買取】竜文切手(200文)・切手アルバム等

【普通切手買取】竜文切手(200文)・切手アルバム等
買取価格:7~9万円

こちらは、日本で初めて発行された普通切手「竜文切手(200文)」が含まれる古切手のコレクションで、トータルで5~8万円前後の買取価格が期待できます

竜文切手は額面が4種類あり、発行年は1871年と非常に古い切手なのですが、普通切手のため発行枚数がそれなりにあり、古切手のコレクターであれば所持している割合も比較的高いです。

ただ、やはり希少価値は高く、高額なものでは1枚で10万円近い買取価格も十分に期待できる程のプレミア性を持ちます。

また、竜文切手くらい古い切手になってくると、押されている消印から当時の時代背景が読み取れる場合があります。

近年の切手になると、消印付きの使用済み切手に希少価値が生まれることはほぼあり得ませんが、古切手だと消印の組み合わせ等の希少性が評価され、高額な買取価格が付くケースも稀にあります。

そのため、古切手のコレクションの中に使用済み切手が混ざっている場合でも、一度買取業者に問い合わせてみることをおすすめします。

【普通切手買取】日本切手アルバム第2巻(ボストーク)

【普通切手買取】日本切手アルバム第2巻(ボストーク)
買取価格:18~25万円

「ボストーク」と呼ばれるタイプの切手アルバムは、切手を納める枠があらかじめ決められていて、発行順にコレクションしていく形式が取られていることが特徴です。

こちらのボストークタイプの日本切手アルバムは2巻目で、1946年から1959年の切手までがコレクション出来るようになっています。

内容は普通切手の各額面をはじめ、記念切手や特殊切手までも含まれ、その時代に発行された切手を順に集めることが出来ます。

ボストークタイプのコレクションは全て集めるのがかなり難易度が高く、全てコンプリートしたものだとかなり高い買取価格が期待できます。こちらはある程度の抜けが見られるコレクションですが、買取相場としてはおよそ18~25万円前後までも期待できる内容です

また、こちらは2巻目のボストークですが、1巻目(1871年~1945年)になるとさらに価値が高くなり、内容によっては50万円以上の買取価格も見込めるほどになってきます。

普通切手買取におけるおすすめ買取業者

普通切手買取におけるおすすめ買取業者

古い時代に発行された高い価値を持つ普通切手の買取であれば、当サイトで紹介している骨董品買取業者がおすすめです。

ですが、郵便切手など古切手以外の切手をまとめて売る場合は切手も専門的に買取している福ちゃんがおすすめです!

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者で、骨董品以外にも切手買取にはも門的に力を入れており、様々な切手を売るならばイチオシ買取業者です。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品買取における専門性が高い事から「古切手」の買取ならば最もおすすめですが、様々な切手をまとめて売るのであれば福ちゃんの方がおすすめです。

高価買取が期待できる普通切手の特徴とは?

メール査定における普通切手の撮影方法

家の大掃除や倉庫や蔵の整理、相続などによって「普通切手」や「切手アルバム」が見つかった際に「高く売れそうな普通切手かどうか」を判別するポイントをご紹介します。

これから紹介するポイントに多く該当すると高く売れる普通切手の可能性が上がりますので、気になる場合は後述しますが一度骨董品買取業者に査定依頼をすることを強くおすすめします!

普通切手の買取相場はある程度種類で決まっています

普通切手の買取相場は種類で決まっています

まず前提として、普通切手の買取相場は種類によって大体決まっています。種類によって希少価値が変わり、プレミア性が高い切手ほど高い買取価格が期待できるようになっています。

ですが、普通切手の場合、”その時代で通常に使われていた切手”ですので、記念切手のように予め発行枚数が定められているわけではありません。

そのため、希少価値はその切手によって細分化されている場合があり「発行された時代によって紙の種類が違う」「目打ちの形が少し違う」といったイレギュラーなものもあります

イレギュラーな切手だと買取相場が何倍にも上がったりもしますが、見分けはかなり困難になりますので、査定はプロに任せることをおすすめします。

普通切手の状態を確認

普通切手の状態を確認

古切手の買取においては「切手の状態」もかなり大切な買取価格の指標になります。

もちろん綺麗な状態であれば買取価格も高くなり、中には状態の差によって10倍ほど買取価格に違いが出てくるようなケースもあります。

また、古い切手だと当時の印刷技術も乏しく、切手の図柄が中心からズレているようなものも多くなります。その中で図柄が中央に綺麗に印刷されている切手だと、見栄えが良いためコレクション価値が出て、買取価格が少し高くなる場合があります。

そのため「価値が高い古切手」で、かつ「図柄が綺麗に中心に印刷されている」「状態が非常に綺麗」などであれば、買取価格もかなり期待できます!

バラ切手かシート切手でも価値が異なる場合があります

バラ切手かシート切手でも価値が異なる場合があります

バラ状態の切手より、どちらかといえばシート状態の切手のほうが高い買取価格が期待できます

(バラ切手とは一枚一枚が切り離された単片の切手、シート切手は複数枚が繋がった状態の切手のことを指します。)

シート切手の場合、切り離されていない=人の手が入っていないということですので目打ちの状態も綺麗ですし、何より一度切り離してしまうと二度とシートの状態には戻らないので、不可逆性という点でも価値が出てきます。

また、普通切手の場合だと、100枚の切手が繋がった「100面シート」という大きなシートがあります。

普通切手を一度に100枚買う機会はそうそうないため市場でも希少性が評価されており、そもそもが貴重な古切手の場合、買取価格もさらに上がることが多いです。

シリーズが全て揃っていると高価買取されやすい

シリーズが全て揃っていると高価買取されやすい

普通切手は、発行された時代によってシリーズでまとまっています。シリーズが全て揃っているとコレクションとしての価値が評価され、買取価格も上がりやすくなります。

また、「たくさんの切手が箱に入っている」「アルバムで保管されている」など、切手がたくさんある状態のほうが買取価格は期待しやすくなります。

複数の切手があればトータルでの買取価格も上がりやすくなりますし、中にプレミア切手が混ざっている可能性も高くなるからです。


高価買取が期待できる普通切手かどうかを判別する簡単なポイントはこんな感じです。ですが、古切手の価値は種類や状態によって細分化されるため、買取価格はかなり複雑になります。

普通切手の中には、用紙や目打ちが少し異なるイレギュラーな切手や、図柄にミスがあるエラー切手などもかなり存在していますので、本当に高い価値がある普通切手かどうかの判断は、専門家に任せるのが得策です。

古そうな普通切手が見つかれば正しい価値を判断するためにも、無料かつ業者が推奨しているので次の方法で骨董品買取業者の専門家に無料査定を依頼することをおすすめします!

普通切手の買取価格の調べ方

普通切手の定義と普通切手の種類

他の骨董品と比べると、普通切手の買取相場は比較的調べやすいです。

その大きな理由として当サイトでも参考にさせていただいたこちらの切手買取業者徹底比較ランキングというサイトで、ほぼ全ての種類の普通切手の買取相場を紹介しているからです

ただし、最新の買取相場や切手の状態を考慮した正確な普通切手の買取価格を知りたい場合は、写真によるメール査定を活用する事で素人でも普通切手の買取価格を簡単に特定する事が可能です。

普通切手に関する撮影ポイントはこちらの古切手ページで紹介していますが、メール査定についてや基本的な撮影方法、相見積もりの取り方については次のページも参考にしてください。

メール査定における普通切手の撮影方法

メール査定における普通切手の撮影方法

※普通切手の撮影ポイントに関してはこちらの古切手の買取情報ページで紹介している内容と同じですので、そちらを参考にしてください。

普通切手とは?普通切手の定義や買取価格について

普通切手について

ここまで、古切手としての普通切手の買取相場を紹介してきましたが、そもそも「普通切手」とは何か、骨董品としても高く売れるのかをご紹介していきます。

普通切手とは「郵便料金の納付を主な目的とする切手」のことで、「期間や枚数を定めず、通年発行されている」ことが特徴です。

記念切手などは発行期間や枚数があらかじめ定められているのですが、そちらと対極的な存在ともいえます。

普通切手は「いつでも手に入るからあまり価値は高くないのでは?」と思われがちですが、希少価値が評価される普通切手も多々あり、特に古い切手になると、買取相場も1枚で100万円を超えるようなプレミア品まで存在します

普通切手も種類によってある程度の買取相場が決められていますが、通年発行されているため、用紙や目打ちの形などが途中で変更されることも多いです。

ゆえにイレギュラーな品だとプレミアが付く場合があり、買取価格もかなり複雑に分かれています。

例えば「紙の種類が白紙だったら買取相場が5万円ほど上がる」「この切手の通常目打ちは少し買取価格が上がる」といった微妙な変化で買取価格が変動するケースもかなり多いです。

特に古い普通切手の場合は素人目だとなかなか見分けが難しくなりますし、一枚一枚の価値を把握していくのもかなり時間が掛かってしまうため、大量の古切手の場合、査定無料の買取業者を利用される方が多いです。

珍しい普通切手の価値を見逃してしまうのは非常にもったいないことですし、プロに見てもらうことで簡単に正確な価値が分かります。

こちらで紹介している買取業者は利用料無料・キャンセルも可能で、査定は全てスタッフにお任せ出来るので手間も掛からず、当サイトでもおすすめ業者として紹介しています。

他の古切手の種類一覧

古切手の種類一覧

普通切手以外で当サイトで紹介している古切手の買取情報は次の通りになります。

古切手以外にも茶道具や掛け軸、絵画、象牙、刀剣など様々な骨董品に関する買取情報を紹介していますので骨董品買取の際にはそちらも是非参考にしてください。

骨董品買取業者が買取する切手の種類一覧

ページのトップへ