航空切手買取に関する情報を提供するページ
航空切手買取に関する情報を提供するページ

航空切手買取情報の目次

このページでは航空切手買取に関する様々な情報をご紹介するのですが、情報量がかなり多くなりますので次の目次を参考にしてください

航空切手の買取相場を一覧でご紹介

航空切手の買取価格例の紹介

航空切手の種類は多く、状態や種類に応じて買取価格はピンキリですので、バラ切手かつ美品状態で1000円以上の買取価格が期待できる航空切手を一覧で紹介していきます。

航空切手買取について流れや方法を知りたい方はこちらの「骨董品買取が初めての方へ」を、おすすめの航空切手買取業者について知りたい方は後述の「航空切手買取におけるおすすめ買取業者についてを参考にしてください。

様々な航空切手買取相場一覧リスト
航空切手の種類 発行年度 買取相場
芦ノ湖航空切手(8銭5厘) 1929年発行 1000円~4000円
芦ノ湖航空切手(33銭) 1929年発行 1000円~3500円
きじ航空切手(34円) 1950年発行 1000円~3500円
きじ航空切手(59円) 1950年発行 1500円~5000円
きじ航空切手(103円) 1950年発行 1000円~3300円
きじ航空切手(144円) 1950年発行 1100円~4000円
立山(銭位)航空切手(55円) 1952年発行 4000円~14000円
立山(銭位)航空切手(75円) 1952年発行 3000円~1万円
五重塔(円位)航空切手(20円) 1952年発行 1000円~3500円
立山(円位)航空切手(55円) 1952年発行 1500円~5000円
立山(円位)航空切手(75円) 1952年発行 2500円~9000円
立山(円位)航空切手(80円) 1952年発行 2000円~6500円

ここで紹介していない航空切手でも数百円以上の買取価格が期待できる種類もありますし、額面ベース以上の買取価格は期待できるので、量があれば十分に高い買取価格も期待できます!

また、こちらの航空切手の買取価格リストの情報は次のサイトから引用させてもらっていますので、そちらであれば全ての航空切手の買取価格が紹介されています。(引用元:切手買取業者徹底比較ランキング

次は画像と解説付きで航空切手の買取価格についてご紹介します。

航空切手の買取価格例の紹介

航空切手の買取価格例の紹介

こちらでは画像付きで単片以外の航空切手の買取例を挙げて紹介しますのでぜひ参考にしてください。

【航空切手買取】きじ航空切手他多数

【航空切手買取】きじ航空切手他多数
買取価格:8~11万円

こちらは古切手のコレクションの買取で、コンディションとしては並品に分類されるものが多かったのですが、希少性が高い切手も多くあり、買取相場としてはおよそ8~11万円前後までも期待できるコレクションです。

こちらの「きじ航空」という航空切手は、16円・34円・59円・103円・144円の5種類の額面があり、コレクション内にて全て揃っています。

どれも比較的価値の高い航空切手で、額面・切手の状態にもよりますが1枚あたり500円~5000円前後の買取価格も期待できるプレミア古切手です。

きじ航空は日本で2番目に発行(1950年発行)された航空切手ですが、当時敗戦国だった日本は航空機の所持を認められておらず、ゆえに図柄には国鳥である「きじ」が採用されています。

【航空切手買取】五重塔航空切手(15円)他シート切手・アルバム多数

【航空切手買取】五重塔航空切手(15円)他シート切手・アルバム多数
買取価格:5~8万円

こちらはシート状態の古切手やアルバムなど多数のコレクションで、買取相場としては5~8万円前後が期待できる内容です。バラ切手よりも、1枚シートが丸々残っている状態だと希少価値がやや上がり、実際の買取価格も高くなりやすいです。

こちらのコレクションには「五重塔航空切手(15円)」1シートが含まれています。「五重塔航空切手」は1951年に発行された航空切手で、額面は15円・20円・25円・30円・40円の5種類があります。

単体での買取価格はこちらも額面・状態により異なりますが、50円~2000円前後の買取価格も期待できます。写真の切手は焼けや反りがあり状態としてはそれほど良くありませんが、シートとしての価値が評価されプラス査定になる可能性もあります。

【航空切手買取】コイル航空切手その他アルバム数冊

【航空切手買取】コイル航空切手その他アルバム数冊
買取価格:15~18万円

こちらのコレクションに含まれている航空切手は「コイル航空切手」という種類で、一見は上記の五重塔航空切手とよく似ていますが、コイル航空切手はコイル状(ロール状)になって販売されていたため、シートの左右に目打ち(ギザギザ)がありません

こちらのコイル航空切手は、当時の京都中央郵便局への切手自販機の導入に間に合わせるため、急遽図柄を流用して短時間で切手を作成したので、図柄こそ航空切手であるものの、厳密にいえば「普通切手」ともいえます。

買取相場としては、単体だと高くて2500円前後までの相場でが期待できるので十分高額なプレミア古切手といえますが、このコイル航空切手が複数枚繋がっていると希少価値が上がり、買取価格も上がるケースが多いです。

こちらのコレクションの場合、全体的な切手の枚数もかなり多くトータルでの買取価格を押し上げる形になり、買取相場としてはおよそ15~18万円前後も期待できます。

航空切手買取におけるおすすめ買取業者

航空切手買取におけるおすすめ買取業者

古い時代に発行された高い価値を持つ航空切手の買取であれば、当サイトで紹介している骨董品買取業者がおすすめです。

ですが、郵便切手など古切手以外の切手をまとめて売る場合は切手も専門的に買取している福ちゃんがおすすめです!

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者で、骨董品以外にも切手買取にはも門的に力を入れており、様々な切手を売るならばイチオシ買取業者です。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品買取における専門性が高い事から「古切手」の買取ならば最もおすすめですが、様々な切手をまとめて売るのであれば福ちゃんの方がおすすめです。

高価買取が期待できる航空切手の特徴とは?

メール査定における航空切手の撮影方法

家の大掃除や倉庫や蔵の整理、相続などによって「航空切手」や「切手アルバム」が見つかった際に「高く売れそうな航空切手かどうか」を判別するポイントをご紹介します。

これから紹介するポイントに多く該当すると高く売れる航空切手の可能性が上がりますので、気になる場合は後述しますが一度骨董品買取業者に査定依頼をすることを強くおすすめします!

航空切手の買取相場は種類で決まっています

航空切手の買取相場は種類で決まっています

まず始めに、航空切手含む古切手の場合、切手の種類によって大体の相場が決まっています

そのため、切手の種類さえ分かれば大体の買取相場も分かり、例えばこのページの上部の買取相場リストに該当する航空切手かどうかなども、高価買取が期待できる指標となります。

ただ、消印や他の切手との組み合わせによって価値が高くなる場合がありますし、何よりお持ちの全ての切手の種類を一枚一枚特定していくのは、切手に詳しくない方にとっては非常に難しくなります。

そのため、種類や価値が分からない古切手の場合、一度買取業者に見せて価値を調べてもらったあとに、売るかどうか決めるのがメジャーな方法になっています。

航空切手の状態をチェック

航空切手の状態をチェック

航空切手の「状態(コンディション)」も、買取価格を決める大切な指標のひとつです。

古切手は焼け・シミ・反りなどの程度に応じて「極美品」「美品」「並品」などのコンディションに分けられます。

特に古切手の分野においては、状態に関してかなりシビアに見られることが多く、極美品と並品で10倍ほどの価格差が出ることも珍しくありません

ただ、これは「価値が高い古切手は、綺麗な状態であるほど買取価格も高くなりやすい」という傾向の結果ですし、ただ状態が悪いというだけで価値がゼロになることはほとんどありませんので、あまり悲観的になる必要はないです。

また、査定する業者によってもコンディション基準は大きく分かれるので、複数の買取業者を利用して相見積もりを取ることも大切です。

シート切手のほうが高価買取されやすい

シート切手のほうが高価買取されやすい

これはあくまで傾向としてですが、バラ切手とシート切手を比べた場合、どちらかといえばシート切手のほうが高い買取価格が付きやすい場合が多いです。

(バラ切手とは一枚一枚が切り離された単片の切手、シート切手は複数枚が繋がった状態の切手のことを指します)

シート切手の場合、切り離されていない=人の手が入っていないということですので目打ちの状態も綺麗ですし、何より一度切り離してしまうと二度とシートの状態には戻らないので、不可逆性という点でも価値が出てきます

また、上記でご紹介したような「コイル航空切手」など、複数枚が繋がっていることによるプレミア性が考慮される場合もあります。

使用済みの航空切手でも売れる可能性が

使用済みの航空切手でも売れる可能性が

消印が付いた使用済み切手は、街の金券ショップだと売れない場合が多いのですが、切手買取業者だと使用済みの航空切手でも買取価格が付く可能性があります

特に航空切手は珍しいエンタイヤ(切手が貼ってある状態の使用済みハガキや封筒)なども多く、宛先や消印との組み合わせでさらに希少価値が上がり、元々の切手の何倍もの価値が付くケースがあります。

コレクションの中にプレミア切手が混じっている可能性も

コレクションの中にプレミア切手が混じっている可能性も

「たくさんの切手が箱に入っている」「アルバムで保管されている」など、切手がたくさんある状態のほうが買取価格は期待しやすくなります。

複数の切手があればトータルでの買取価格も上がりやすくなりますし、中にプレミア切手が混ざっている可能性も高くなるからです。

また、高く売れやすい航空切手のパターンとしては「シリーズでまとまっている」という点も挙げられます

例えば「きじ航空切手」は16円・34円・59円・103円・144円の5種類がある、という様に、航空切手の場合は額面違いで何種類かが発行されるというケースが多いです。その場合は全て揃っているとコレクションとして価値が付きやすく、買取価格も上がりやすくなります。


高価買取が期待できる航空切手かどうかを判別する簡単なポイントはこんな感じです。ですが、古切手の価値は種類や状態によって細分化されるため、買取価格はかなり複雑になります。

中にはエラー切手や不発行切手なども存在していますので、本当に高い価値がある航空切手かどうかの判断は、専門家に任せるのが得策です。

古そうな航空切手が見つかれば正しい価値を判断するためにも、無料かつ業者が推奨しているので次の方法で骨董品買取業者の専門家に無料査定を依頼することをおすすめします!

航空切手の買取価格の調べ方

航空切手の定義と航空切手の種類

他の骨董品と比べると、航空切手の買取相場は比較的調べやすいです。

その大きな理由として当サイトでも参考にさせていただいたこちらの切手買取業者徹底比較ランキングというサイトで、ほぼ全ての種類の航空切手の買取相場を紹介しているからです

ただし、最新の買取相場や切手の状態を考慮した正確な航空切手の買取価格を知りたい場合は、写真によるメール査定を活用する事で素人でも航空切手の買取価格を簡単に特定する事が可能です。

航空切手に関する撮影ポイントはこちらの古切手ページで紹介していますが、メール査定についてや基本的な撮影方法、相見積もりの取り方については次のページも参考にしてください。

メール査定における航空切手の撮影方法

メール査定における航空切手の撮影方法

※航空切手の撮影ポイントに関してはこちらの古切手の買取情報ページで紹介している内容と同じですので、そちらを参考にしてください。

航空切手とは?航空切手の定義や買取価格について

航空切手について

ここまでは骨董品買取における航空切手の買取相場や価値などを紹介してきましたが、ここでは航空切手の概要や、高く売れるかどうかを簡潔にご紹介します。

「航空切手」とは、航空郵便に使うために作られた切手のことを指します。航空郵便のための切手ですので、図柄も当時活躍していた飛行機が図柄になっていることが多いです。

航空郵便のために発行された切手ではありますが、別に航空郵便だけしか使えないということでもなく、普通の郵便物に貼付したり、料金の納付などにも使うことが出来ました。

ただ、時代が経つにつれ普通切手の額面バリエーションが増えていき、わざわざ航空郵便のために専用の切手を発行する意味がなくなったため、1953年の大仏航空切手を最後に、航空切手は発行を終了しています。

航空切手が高く売れるかどうかですが、古切手の買取価格は種類によって大体決まっているため、価値の特定は比較的簡単です。シート切手単位で数万円の買取価格が付く航空切手もありますし、使用済みのエンタイヤでも買取価格が期待できるケースもあります

ですが、航空切手は日本だけでなく海外でも発行されていましたし、使用済みの消印組み合わせなども含めれば種類は膨大にあり、それぞれで買取相場も異なります。そのため切手にあまり詳しくない方だと、お持ちの切手の価値を全て把握するのは困難です。

そのため古切手においては、まず買取業者の査定を受け、価値を判断してから買取に出すという方法がポピュラーです。

買取業者に見てもらうことでスピーディに正確な価値が分かりますし、それほど手間が掛からず利便性も高いので、当サイトでも最もおすすめの方法として紹介しています。

こちらで紹介している買取業者は切手も詳しく査定していますし、利用料無料でキャンセルも可能、出張買取ではクーリングオフも可能ですので、航空切手の価値・買取価格を知りたい場合にもおすすめです!

他の古切手の種類一覧

古切手の種類一覧

航空切手以外で当サイトで紹介している古切手の買取情報は次の通りになります。

古切手以外にも茶道具や掛け軸、絵画、象牙、刀剣など様々な骨董品に関する買取情報を紹介していますので骨董品買取の際にはそちらも是非参考にしてください。

骨董品買取業者が買取する切手の種類一覧

ページのトップへ