外国切手買取に関する情報を提供するページ
外国切手買取に関する情報を提供するページ

外国切手買取情報の目次

このページでは外国切手買取に関する様々な情報をご紹介するのですが、情報量がかなり多くなりますので次の目次を参考にしてください

外国切手の買取相場を一覧でご紹介

外国切手の買取価格例の紹介

外国切手は街の金券ショップでは換金できないことも多いのですが、切手の価値を査定してくれるタイプの「切手買取業者」なら買取を受け付けてくれます。

外国切手の種類は非常に多く、状態や種類に応じて買取価格はピンキリですので、まずはバラ切手かつ美品状態で1000円以上の買取価格が期待できる外国切手を一覧で紹介していきます。

外国切手買取について流れや方法を知りたい方はこちらの「骨董品買取が初めての方へ」を、おすすめの外国切手買取業者について知りたい方は後述の「外国切手買取におけるおすすめ買取業者についてを参考にしてください。

様々な外国切手買取相場一覧リスト
外国切手の種類 発行年度 買取相場
ペニー・ブラック切手(イギリス) 1840年5月発行 10万円~40万円
ペンス・ブルー切手(イギリス) 1840年5月発行 1万円~10万円
ペニー・レッド切手(イギリス) 1841年2月発行 1000円~4000円
ツェッペリン切手(アメリカ) 1930年4月発行 1500円~23000円
小包切手1ドル(アメリカ) 1912年11月発行他 2000円~12000円
速達切手(アメリカ) 1855年10月発行 100円~25000円
1933年WIPA切手(オーストリア) 1933年発行 10000円~
ヴェルスバッハ死去25年切手(オーストリア) 1954年8月発行 1000円~2000円
1937年全国切手展小型シート(ドイツ) 1925年5月発行 1000円~5000円
産業復興切手・ウジョン国号波型透かし(韓国) 1955年2月発行 2000円~10000円
鉄道50年記念切手(韓国) 1949年9月発行 1000円~5000円
鷹切手(韓国) 1903年発行 5000円~10000円
1999年パンダ大型切手シート(香港) 1999年発行 15000円~25000円
蒋介石再任切手小型シート(台湾) 1955年発行 10000円~20000円

ここで紹介していない外国切手でも数百円以上の買取価格が期待できる種類もありますし、額面ベース以上の買取価格は期待できるので、量があれば十分に高い買取価格も期待できます!

また、こちらの外国切手の買取価格リストの情報は次のサイトから引用させてもらっていますので、そちらであれば全ての外国切手の買取価格が紹介されています。(引用元:切手買取業者徹底比較ランキング

次は画像と解説付きで外国切手の買取価格についてご紹介します。

外国切手の買取価格例の紹介

外国切手の買取価格例の紹介

こちらでは画像付きで単片以外の外国切手の買取例を挙げて紹介しますのでぜひ参考にしてください。

【外国切手買取】ペニーブラック等イギリス切手コレクション多数

ペニーブラック等イギリス切手コレクション多数
買取価格:25~28万円

こちらは「ペニーブラック」という有名なイギリス切手です。ペニーブラックは世界で初めて発行された切手で、切手の下部左右に印字されたアルファベットで「シートのどの位置にあった切手なのか」が分かるようになっています。

ペニーブラックは現在でもコレクターが多い有名な外国切手で、未使用品の買取相場としては5~20万円前後も期待できます。

ただ、実際の買取価格は切手の状態や発行されたタイミング、アルファベットの印字や余白の具合でも大幅に変わってきます(4辺の余白が十分に確保されたものは美観的な希少価値が高く、高値で取引されます)。

こちらは他のイギリス古切手との多数のコレクションで、古切手の買取に出された場合、およそ25~28万円前後も期待できる内容です。

【外国切手買取】ツェッペリン切手(アメリカ)・他切手帳多数

【外国切手買取】ツェッペリン切手(アメリカ)・他切手帳多数
買取価格:5~8万円

こちらはアメリカでかつて発行されていた「ツェッペリン切手」という外国切手です。

航空切手として作られた外国切手で各額面100万枚ずつが発行されましたが、売れ残った分は全て破棄されてしまい出回った数は少なく、今では希少価値が評価されています。

65セント・1ドル30セント・2ドル60セントの3種類の額面があり、1枚あたり1500円~23000円前後の買取相場も期待できます。

他にも多数の外国切手がある状態で、買取価格としてはおよそ5~8万円前後が期待できる状態です。外国切手でもきちんと価値が査定できるところに売れば、ある程度の買取価格が付く場合も多いです。

【外国切手買取】ツェッペリンシカゴ遊覧切手(ドイツ)ほか多数

【外国切手買取】ツェッペリンシカゴ遊覧切手(ドイツ)ほか多数
買取価格:15~18万円

こちらも古い外国切手が多数含まれたアルバムで、買取相場としてはおよそ15~18万円前後が期待できます。

特に古い外国切手の価値はかなり細分化されており、特にドイツや旧ソ連、香港などの領地や複雑な歴史を辿ってきた国は、切手の背景も複雑な場合が多いです。

例えばヒトラー政権下のドイツになると、ヒトラー肖像画の切手やハーケンクロイツの切手が多く発行されていましたし、毛沢東が主導した文化大革命時代にはプロパガンダ用の切手も数多く作られており、時代ごとの特徴が強く打ち出されています。

こちらは1933年に発行された「ツェッペリンシカゴ遊覧切手」というドイツの古切手で、3種類揃った買取相場としてはおよそ2~8万円前後が期待できます(コンディションによって切手の買取価格は大きく変わります。)

外国切手の価値はかなり複雑化しており、特に古切手においては正しい価値を見極めるのは非常に難しいので、買取の際は切手への専門性が高い買取業者を利用されることをおすすめしています。

外国切手買取におけるおすすめ買取業者

外国切手買取におけるおすすめ買取業者

古い時代に発行された高い価値を持つ外国切手の買取であれば、当サイトで紹介している骨董品買取業者がおすすめです。

ですが、郵便切手など古切手以外の切手をまとめて売る場合は切手も専門的に買取している福ちゃんがおすすめです!

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者で、骨董品以外にも切手買取にはも門的に力を入れており、様々な切手を売るならばイチオシ買取業者です。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品買取における専門性が高い事から「古切手」の買取ならば最もおすすめですが、様々な切手をまとめて売るのであれば福ちゃんの方がおすすめです。

高価買取が期待できる外国切手の特徴とは?

メール査定における外国切手の撮影方法

家の大掃除や倉庫や蔵の整理、相続などによって「外国切手」や「切手アルバム」が見つかった際に「高く売れそうな外国切手かどうか」を判別するポイントをご紹介します。

これから紹介するポイントに多く該当すると高く売れる外国切手の可能性が上がりますので、気になる場合は後述しますが一度骨董品買取業者に査定依頼をすることを強くおすすめします!

外国切手の買取相場は種類で決まっています

外国切手の買取相場は種類で決まっています

古切手は種類ごとに大体の相場が決まっているため「切手の種類さえ分かれば買取相場も分かる」ケースが多いです。

例えば、このページの上部の買取相場リストに該当する外国切手かどうかも、高価買取が期待できる指標となります。

ですが、外国切手の価値はかなり複雑なので、お持ちの切手の量が多い場合「価値の分からない外国切手の種類を全て特定する」というのはかなり無理があります。

メール査定(写真査定)などを利用して、プロの査定員に価値を見極めてもらうのが手軽です。

外国切手の状態が良いほど買取価格は高くなる

外国切手の状態が良いほど買取価格は高くなる

外国切手の「状態(コンディション)」も買取価格を決める大切な指標のひとつです。

外国切手は主にコレクション品として需要があるものなので、綺麗な状態であればあるほど高価買取になりやすいです。

古切手のコンディションは「極美品」「美品」「並品」などに分けられており、特に価値が高い古切手になると、美品であるほどに買取価格も高額になります。

特に古切手の場合はコンディションに関して結構シビアで、極美品と並品で10倍前後の価格差が出る場合も多いです。

ですが、古切手のコンディションは査定する業者によっても基準が分かれるので、古切手を高く売るためには、複数の買取業者で相見積もりを取って買取価格を比較するのも大切です。

シート切手のほうが高価買取になりやすい

シート切手のほうが高価買取になりやすい

バラ切手とシート切手とを比べた場合、どちらかといえばシート切手のほうが高い買取価格が付きやすい傾向にあります。

(バラ切手とは一枚一枚が切り離された単片の切手、シート切手は複数枚が繋がった状態の切手のことを指します)

シート切手の場合、切り離されていない=人の手が入っていないということですので目打ちの状態も綺麗ですし、何より一度切り離してしまうと二度とシートの状態には戻らないので、不可逆性という点でも価値が出てきます

使用済みの外国切手でも買取価格が付く可能性が

使用済みの外国切手でも買取価格が付く可能性が

これは古切手全般において言えることですが、「消印が押された使用済みの切手」でも買取価格が付く場合があります。

消印の日付や種類によっては希少価値が生まれ、何も押されていない未使用切手の数倍もの価値が付くようなケースもあります。

ですが使用済み切手は金券ショップでは換金できない場合が多いので「切手買取業者」の利用がおすすめです。

コレクションの中にプレミア切手が混じっている可能性も

コレクションの中にプレミア切手が混じっている可能性も

「たくさんの切手が箱に入っている」「アルバムで保管されている」など、切手がたくさんある状態のほうが買取価格は期待しやすくなります。

複数の切手があればトータルでの買取価格も上がりやすくなりますし、中にプレミア切手が混ざっている可能性も高くなるからです。

また、高く売れやすい外国切手のコレクションの特徴として「シリーズでまとまっている」という点も挙げられます。

例えば「ダイアナ妃の切手コレクション」などだとそのままでも需要があるので、バラバラで売るよりもまとめて売却したほうが高い買取価格が付く可能性が高いです。


高価買取が期待できる外国切手かどうかを判別する簡単なポイントはこんな感じです。ですが、古切手の価値は種類や状態によって細分化されるため、買取価格はかなり複雑になります。

中にはエラー切手や不発行切手なども存在していますので、本当に高い価値がある外国切手かどうかの判断は、専門家に任せるのが得策です。

古そうな外国切手が見つかれば正しい価値を判断するためにも、無料かつ業者が推奨しているので次の方法で骨董品買取業者の専門家に無料査定を依頼することをおすすめします!

外国切手の買取価格の調べ方

外国切手の定義と外国切手の種類

他の骨董品と比べると、外国切手の買取相場は比較的調べやすいです。

その大きな理由として当サイトでも参考にさせていただいたこちらの切手買取業者徹底比較ランキングというサイトで、ほぼ全ての種類の外国切手の買取相場を紹介しているからです

ただし、最新の買取相場や切手の状態を考慮した正確な外国切手の買取価格を知りたい場合は、写真によるメール査定を活用する事で素人でも外国切手の買取価格を簡単に特定する事が可能です。

外国切手に関する撮影ポイントはこちらの古切手ページで紹介していますが、メール査定についてや基本的な撮影方法、相見積もりの取り方については次のページも参考にしてください。

メール査定における外国切手の撮影方法

メール査定における外国切手の撮影方法

※外国切手の撮影ポイントに関してはこちらの古切手の買取情報ページで紹介している内容と同じですので、そちらを参考にしてください。

外国切手とは?外国切手の定義や買取価格について

外国切手について

ここまでは骨董品買取における外国切手の買取相場や価値などを紹介してきましたが、ここでは外国切手の概要や、高く売れるかどうかを簡潔にご紹介します。

「外国切手」とは日本以外の国で発行された切手を総合的にまとめた言葉です。

このサイトではイギリスで発行された切手もアメリカ発行の切手も、ひとくくりに「外国切手」として紹介しています。(ただ、中国切手だけは買取相場の揺らぎが特徴的なので、中国切手の詳細ページを作成しています。)

外国切手が高く売れるかどうかですが、その切手ごとの希少価値によっても変わってくるので、ほとんど買取価格が付かない外国切手もあれば、逆に1枚でも数十万円の買取価格が付く外国切手もあります

けれども、ひとくちに外国切手といっても非常に種類が多いため、お手持ちの切手の価値を全て把握するのは非常に時間が掛かります。

そのため、大量の古切手をお持ちの場合、無料の買取業者にまとめて査定依頼を出すのがメジャーな方法になってきています。

買取業者に見てもらうことでスピーディに正確な価値が分かりますし、それほど手間が掛からず利便性も高いので、当サイトでも最もおすすめの方法として紹介しています。

こちらで紹介している買取業者は、利用料無料でキャンセルも可能、出張買取ではクーリングオフも可能ですので、外国切手の価値・買取価格を知りたい場合にもおすすめです!

他の古切手の種類一覧

古切手の種類一覧

外国切手以外で当サイトで紹介している古切手の買取情報は次の通りになります。

古切手以外にも茶道具や掛け軸、絵画、象牙、刀剣など様々な骨董品に関する買取情報を紹介していますので骨董品買取の際にはそちらも是非参考にしてください。

骨董品買取業者が買取する切手の種類一覧

ページのトップへ