和太鼓買取に関する情報を提供するページ
和太鼓買取に関する情報を提供するページ

和太鼓買取情報の目次

このページでは和太鼓買取に関する様々な情報をご紹介するのですが、情報量がかなり多くなりますので次の目次を参考にしてください

和太鼓の買取相場を一覧でご紹介

和太鼓の買取価格例の紹介

和太鼓は、よくお祭りなどで演奏される「宮太鼓」や、担いで叩くことも出来る小型の「桶胴太鼓」まで色々な形状がありますが、価値の高い和太鼓は骨董品買取業者でも高価買取が期待できます!

和太鼓の買取価格は作風や状態によってもピンキリですので、まずはできるだけ多くの種類の和太鼓買取相場を一覧で紹介していきます。

和太鼓買取について流れや方法を知りたい方はこちらの「骨董品買取が初めての方へ」を、おすすめの和太鼓買取業者について知りたい方は後述の「和太鼓買取におけるおすすめ買取業者についてを参考にしてください。

様々な和太鼓買取相場一覧リスト
和太鼓の種類 状態 買取相場
蒔絵装飾小鼓 難有/袋付き 58000円~89000円
雅楽太鼓 良好/付属品無し 35000円~57000円
和太鼓 欅くり抜き造 小傷有/付属品無し 45000円~71000円
金蒔絵胴太鼓 難有 64000円~90000円
牛皮締太鼓 小傷有/撥付き 3000円~8000円
金彩巴紋平太鼓 難有/撥付き 4500円~13000円

和太鼓の買取相場はピンからキリまでで、練習用や初級品の安価な品だと価値が付かないものも多いのですが、良い素材が使われている等の高額なものになると10万円近い買取価格が付く品まであります。

和太鼓の買取価値を見るポイントとしては「木材」「作家(メーカー)」「装飾」や「状態」などの査定項目があり、逆に他の骨董品のように「有名作家の品じゃないと買取価格は期待できない」ということはあまりありません。

和太鼓には様々な形状がありますが、どれも比較的大きくて幅を取るため、処分を考える方も多いです。

けれども、もし高級な和太鼓であれば骨董品買取で高く売れる可能性があるので、処分してしまう前にまず買取業者のメール査定などで価値を確認しておくことをおすすめします。

では、次は画像と解説付きで和太鼓の買取価格についてご紹介します。

【和楽器】和太鼓の買取価格例の紹介

和太鼓の買取価格例の紹介

では、和楽器の和太鼓の買取価格について紹介します。画像付きで和太鼓の買取例を挙げて紹介しますのでぜひ参考にしてください。(※なんでも鑑定団のような評価額や鑑定価値と買取価格は全くの別物で、評価額は買取価格よりもはるかに高い金額が算出されます。)

【和楽器】長胴太鼓(宮太鼓)

【和楽器】長胴太鼓(宮太鼓)
買取価格:7~12万円

こちらの和太鼓は「長胴太鼓(宮太鼓)」という種類で、原木を輪切りして中をくり抜き、牛革を張って鋲で留めて作られます。

社寺や祭事などでも見ることが出来るため、日本で最もポピュラーな和太鼓だといえるでしょう。

長胴太鼓(宮太鼓)の場合、トチ、ニレ、カリン、タモ、ナラなど様々な木材で作られますが、最も高級な素材が「欅(けやき)」で、特にくり貫き造で作られるものは高級です。

欅以外の宮太鼓になると「目有り胴」と呼ばれ、買取価格もそれほど高額にならない場合が多いです。

こちらは欅くり貫き造で作られた上級品の和太鼓で、外観の傷みも特になく、買取相場としてはおよそ7~12万円前後も期待できる品です。

【和楽器】平太鼓(平胴太鼓)

【和楽器】平太鼓(平胴太鼓)
買取価格:5~9万円

上述の長胴太鼓をそのまま平たくしたような和太鼓を「平太鼓(平胴太鼓)」といいます。素材は長胴太鼓と全く同じで、木材も欅と目有り(欅以外)で価値が区別されます。

長胴太鼓や平太鼓は大きさによっても買取相場が変わり、基本的に大きければ大きいほど比例して買取相場も高くなる傾向にあります。

こちらは直径約1メートル程の大型の平太鼓で、取相場としてはおよそ5~9万円前後が期待できます。ただ、ここまで大型な平太鼓は珍しく、大体は1尺2寸~1尺6寸前後のものが多いです。

また、和太鼓の査定ポイントとしてはまず木材や作家が重要になってきますので、「小さい和太鼓だから価値がない」というわけではありません。

【和楽器】蒔絵装飾小鼓

【和楽器】蒔絵装飾小鼓
買取価格:10~15万円

「鼓(つづみ)」とは、中央が細くくびれた砂時計のような形の胴の両端に革を張った和楽器で、主に能や歌舞伎などの芸能で使われることが多いです。

鼓(つづみ)の種類としては大鼓・小鼓に分類され、革部分は紐で結ばれていて取り外しも可能です。見た目にあまり差はありませんが、小鼓では締め緒を調節して音程を変えながら演奏できます。

こちらは本体に蒔絵装飾が施された小鼓で、買取相場としてはおよそ10~15万円前後が期待できる品です。

和太鼓の中にはこうして蒔絵などで装飾を施されているものもあり、その装飾の出来栄えや状態、作者によっても買取相場は変わってきます。

【和楽器】神楽太鼓(楽太鼓)

【和楽器】神楽太鼓(楽太鼓)
買取価格:7~10万円

「楽太鼓」は、上述の平太鼓に装飾を施したものを指し、円形の枠に太鼓を吊るして演奏します。

楽太鼓カテゴリの中でも様々な種類があり、その中でもこちらは天理教で使われる「神楽太鼓」で、枠に火焔のような装飾が施されているため火焔太鼓とも呼ばれます。

神楽太鼓の買取価格も状態や装飾などによって変わりますが、こちらは枠に細かいヒビはあるものの経年の割に綺麗な状態で残っており、買取価格としてはおよそ7~10万円前後が期待できる品です。

【和楽器】長胴太鼓(宮太鼓) 宮本卯之助造

【和楽器】長胴太鼓(宮太鼓) 宮本卯之助造
買取価格:3~7万円

基本的に和太鼓の買取価格は「素材」「状態」「大きさ」などで決定しますが、和太鼓の中には「作家」が分かる品があり、そうした品は作家も査定ポイントに含まれます

こちらの和太鼓は「宮本卯之助」という老舗の商店が昔に作った品で、経年による劣化はありますが演奏は出来る状態で、買取相場としてはおよそ3~7万円前後が期待できる和太鼓です。

宮本卯之助は1861年に創業した和太鼓や祭礼具の製造販売メーカーで、宮内庁楽部や全国の神社・仏閣、歌舞伎座、能楽堂などに楽器提供も行っています。

他、和太鼓で有名なメーカーとしては「三島屋楽器店」「廣崎賢太郎商店」などがあり、素材や状態によっても相場は異なりますが、その中でも上級品は高く売れることも多いです。

和太鼓買取におけるおすすめ買取業者

和太鼓買取におけるおすすめ買取業者

まず初めに、手間をかけずに和太鼓を高く安心に売る為に最も大切なおすすめの和太鼓買取業者をご紹介します。買取業界において「おすすめの和太鼓買取業者=おすすめ骨董品買取業者」ですので、当サイトで紹介しているおすすめ骨董品買取業者を参考にしてください。

和太鼓買取においても買取業者の選択さえ間違えなければ、手間いらずで高く安心に和太鼓を売ることができます!

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

高価買取が期待できる和太鼓の特徴とは?

メール査定における和太鼓の撮影方法

家の大掃除や倉庫や蔵の整理、相続などによって「和太鼓」が見つかった際に「高く売れそうな和太鼓かどうか」を判別するポイントをご紹介します。

これから紹介するポイントに多く該当すると高く売れる和太鼓の可能性が上がりますので、気になる場合は後述しますが一度骨董品買取業者に査定依頼をすることを強くおすすめします!

「欅のくり貫き造」の和太鼓は買取価格も期待

「欅のくり貫き造」の和太鼓は買取価格も期待

まず、和太鼓(長胴太鼓・平胴太鼓)で高い買取価格が期待できるものとして「欅(けやき)のくり貫き造」で作られたものが挙げられます。

和太鼓の木材は大きく分けて「欅」と「目有り(その他の木材)」に分けられ、まずは欅であるかどうかが重要視されます。

ただ、木材の種類は見た目だけでは分かりにくく、和太鼓の種類によって素材も変わってきますので、まずは一度メール査定などを利用して買取価値を知ることをおすすめしています。

和太鼓の状態をチェック

和太鼓の状態をチェック

古い和太鼓になると、ヒビや割れなどの劣化が見られるものも多くなります。

骨董品となると、ある程度の経年劣化は必然ともいえますが、やはりこうしたダメージがある和太鼓は買取価格が減額になる可能性が高いです。

また、和太鼓の破損は専門業者に依頼することで修理は出来ますが、修理代金と買取価格が釣り合わない可能性も出てきますので、まずはそのまま査定に出してみるほうが良いです。

元々の価値が高い和太鼓であれば、劣化による多少の減額はあったとしても、価値がゼロになってしまうことはあまりありません。

和太鼓の革部分を確認

和太鼓の革部分を確認

和太鼓の「革部分」の張り具合や種類なども買取価格に影響するポイントです。

高級品な和太鼓になると「黒牛革」が用いられることが多く、その中でも何度かの出産を経た雌牛がベストだと言われます。

そのため「黒牛の雌牛革が使われている和太鼓は良いものである可能性」があり、買取価格も期待できます。

ただ、太鼓の大きさや種類によっては雄牛の皮や馬革が使われることもあるため、こちらも一概には言えなくなっています。

また、革に破れなどがなくそのまま音の確認が出来る状態がベストではありますが、もし破れていてもわざわざ張り替えず、まずはそのまま査定に出してみる方が良いです(修理代金と買取価格が釣り合わない可能性もあるため)。

和太鼓の革が破れていても買取できる?

和太鼓の革が破れていても買取できる?

和太鼓の革は基本的に消耗品として扱われますが、革が破れてしまっていると、まず業者で革を張り替えてからの再販売になるため、綺麗な状態で残っている和太鼓よりも買取価格は低めに留まります。

ただ、良い和太鼓であれば「革が破れているから」という理由で買取不可になってしまう可能性は低いため、まずはメール査定で太鼓自体の買取価値を知ることをおすすめしています。

また、和太鼓は骨董としての経年があるかよりも、現在の需要が重視されますので「置いておけばおくほど価値が上がる」という類のものではありません。

和太鼓は湿気に弱いため、なるべく乾燥した場所に保管しておくことが推奨されています。長期間置いておくことによって経年によるダメージが生じてしまう可能性も高いので、長年しまっておくよりも見つけたときに売りに出すことをおすすめしています。

和太鼓の付属品も一緒に売る

和太鼓の付属品も一緒に売る

和太鼓には「撥(ばち)」「演奏台(台座)」などの付属品が付いている場合がありますが、付属品が揃っていると、ない状態のものよりも高額査定が期待できます。

また、箱やカバーなどからその和太鼓についての情報(作者や製造年など)が確認できるケースもあるため、詳細確認という面でも、和太鼓本体と一緒に付属品も査定に出すことをおすすめしています。

和太鼓を入手した場所がわかるなら・・・

和太鼓を入手した場所がわかるなら・・・

和太鼓を含めた骨董品全般に言える事ですが、高い価値をもつ骨董品とは「然るべきルート」から見つかる場合が多くなっています

然るべきルートを簡単に挙げると、「1.収集家や演奏家のコレクション」「2.オークションや骨董市等で高い金額で購入」「裕福な人からプレゼントされた」などです。

ですので、和太鼓を見つけた際にはどういったルートを辿ってここにあるのかが確認できるのであれば確認しておくことをおすすめします。「昔に政治家の人から貰った」などなど、そういった入手ルートであれば高価買取はかなり期待できますよ!

いつ頃から家にあるか、どこで入手したか等のざっくりとした情報だけでも大丈夫なので、その和太鼓について分かる点があれば買取業者に伝えておくことをおすすめします。


高価買取が期待できる和太鼓かどうかを判別する簡単なポイントはこんな感じです。ですが、本当に高い価値がある和太鼓かどうかの判断は専門家に判断してもらわなければ分かりません。

ただ古そうなだけの和太鼓でも専門家の査定で数万円以上の買取価格がつく事は珍しい事でもありません。

ですので、古そうな和太鼓が見つかれば正しい価値を判断するためにも、無料かつ業者が推奨しているので次の方法で骨董品買取業者の専門家に無料査定を依頼することをおすすめします!

和太鼓の買取価格の調べ方

和太鼓の買取価格の調べ方

まず、自力で素人が和楽器の和太鼓の買取価格を調べる事は不可能と言えます。その理由は「作品知識」と「最新の相場」を知っている必要がある、つまりは演奏家などで和太鼓に高いレベルで精通しているプロの人か、あるいは楽器のオークションなどに出入りしているような人や学芸員でなければわからないからです。

(当ページの前半に和太鼓の買取価格例の一覧と解説がありますので、そこを見て和太鼓の買取価格が算出できそうか試してみてください。)

しかし、写真によるメール査定を活用する事で素人でも和太鼓の買取価格を簡単に特定する事が可能です。

このページでは和太鼓に関する撮影ポイントを紹介していますが、メール査定の方法や基本的な撮影方法、相見積もりの取り方については次のページも参考にしてください。

メール査定における和太鼓の撮影方法

メール査定における和太鼓の撮影方法

和太鼓の撮影ポイントは和楽器TOPで紹介している方法と共通していますので、和太鼓買取でメール査定を利用する際にはこちらのページで紹介している和楽器全般で共通する撮影ポイントも参考にしてください

和楽器の和太鼓とは?高く売れる?

和楽器の和太鼓とは?高く売れる?

ここでは、「そもそも和太鼓とは何か」という概要と、和太鼓が高く売れるかどうかについて紹介します。

和太鼓とは「日本の太鼓の総称」として用いられる言葉で、大きく「長胴太鼓(宮太鼓)・桶胴太鼓・附締太鼓」の3種類に分けられます。

撥で叩くものを「太鼓」、手で叩くものは「鼓」と呼ばれ、分かりやすく言えば太鼓は「お祭りなどの長胴太鼓(宮太鼓)」、鼓は「能などで使われる砂時計のような形の和楽器」です。

和太鼓は骨董品の買取業者でも売れる場合があり、安価な和太鼓だと買取価格が付かないものも多いのですが、良い木材の上級品や有名なメーカーのもの、蒔絵装飾が施されていて美術品としての価値があるものは高い買取価格が付くケースも多いです。

ただ、大きな和太鼓になってくると運搬手段の都合があるため、買取業者ごとに可否が分かれます 。そのため大きな和太鼓の場合はまず写真を撮影して、メール査定にて複数の買取業者で相見積もりを取ることをおすすめしています。

このページの上記では様々な和太鼓の買取相場を紹介していますので、和太鼓の買取を検討している方はぜひ参考にしてください。

他の和楽器の種類一覧

和楽器の種類一覧

和太鼓以外で当サイトで紹介している和楽器の買取情報は次の通りになります。

茶道具や絵画、象牙、刀剣、珊瑚製品など様々な骨董品に関しても幅広く紹介していますので骨董品買取の際にはそちらも是非参考にしてください。

骨董品買取業者が買取する和楽器の種類一覧

ページのトップへ