三味線買取に関する情報を提供するページ
三味線買取に関する情報を提供するページ

三味線買取情報の目次

このページでは三味線買取に関する様々な情報をご紹介するのですが、情報量がかなり多くなりますので次の目次を参考にしてください

三味線の買取相場を一覧でご紹介

三味線の買取価格例の紹介

三味線は骨董品買取業者でも売れる場合があり、処分するより買取に出す方が得をするケースがあります!

三味線の買取価格は作風や状態によってもピンキリですので、まずはできるだけ多くの種類の三味線買取相場を一覧で紹介していきます。

三味線買取について流れや方法を知りたい方はこちらの「骨董品買取が初めての方へ」を、おすすめの三味線買取業者について知りたい方は後述の「三味線買取におけるおすすめ買取業者についてを参考にしてください。

様々な三味線買取相場一覧リスト
三味線の種類 状態 買取相場
津軽三味線 傷み有/紅木/綾杉彫 28000円~55000円
津軽三味線/撥(べっ甲製) 難有/トチ棹/綾杉彫 43000円~80000円
三味線 良好/子持ち綾杉彫り/象牙製糸巻 50000円~98000円
三味線 傷有/象牙べっ甲撥/ケース付 13000円~36000円
紅木細棹三味線 難有 3000円~10000円
象牙製撥3本 小傷有 5000円~18000円

三味線の買取相場はピンからキリまであり、練習用や初級品の安価な品だと価値が付かないものも多いのですが、演奏会用などの高額なものでは10万円近い買取価格が付く三味線まであります。

三味線の価値や買取価格は「三味線の種類」「棹の木材」「内部の彫り方」などの査定ポイントによっても大きく変わり、逆に他の骨董品のように「有名作家の品じゃないと買取価格は期待できない」ということはあまりありません。

三味線は処分を考える方も多い和楽器ですが、もし高級な三味線であれば高く売れる可能性があるので、処分してしまう前にまず買取業者のメール査定などで価値を質問しておくことをおすすめします。

では、次は画像と解説付きで三味線の買取価格についてご紹介します。

【和楽器】三味線の買取価格例の紹介

三味線の買取価格例の紹介

では、和楽器の三味線の買取価格について紹介します。画像付きで三味線の買取例を挙げて紹介しますのでぜひ参考にしてください。(※なんでも鑑定団のような評価額や鑑定価値と買取価格は全くの別物で、評価額は買取価格よりもはるかに高い金額が算出されます。)

【和楽器】津軽三味線

【和楽器】津軽三味線
買取価格:3~5万円

ひとくちに三味線といえども「長唄」「地唄」「津軽」など様々な種類がありますが、現在は津軽三味線の人気が高いです。

そのため津軽三味線だと全体的な買取相場も高額で、こちらも3~5万円前後の買取価格が期待できる品です。こちらの三味線は演奏会用の高級品ですが、津軽三味線だと練習用の初級品であっても買取価格が付く場合があります。

津軽三味線の見分け方としては、棹の直径が29mm以上あり、糸巻も他の三味線と比べて太いです。胴部分には厚い皮が張られていて、サイズも全体的に大きく、音量も大きいため迫力のある演奏が出来ます。

ただ、「津軽三味線でないと買取できない」というわけではなく、他の三味線でも加工や彫り方によって買取相場は変わります。

【和楽器】三味線(金ほぞ加工)

【和楽器】三味線(金ほぞ加工)
買取価格:5~8万円

三味線は棹を外して上棹・中棹・下棹の3つに分割することができますが、その棹の部分に「金ほぞ(金細)」と呼ばれる加工が施されていると上級品である可能性が高くなりますので、買取価格も期待できます。

金ほぞは三味線の棹を分解したときの継ぎ目の断面部分に見える金色の部品のことです(写真参照)。

金ほぞは組み立て後には全く見えなくなりますし、特段音色に影響するわけでもないのですが、数ある三味線の仕込みの中でも最も難しい箇所で、職人の腕の見せ所でもあります。

こちらの三味線は金ほぞが施されていて、その他(棹の素材や内部の彫など)も上級品で、買取相場としてはおよそ5~8万円前後の買取価格も期待できます。

また、ほぞの種類も平溝・一本溝・二段溝・段違い二段溝とあり、それぞれで値段も違ってきます。

【和楽器】紅木太棹三味線

【和楽器】紅木太棹三味線
買取価格:3~5万円

三味線の「棹」に使われている木材によっても価値が変わります。こちらの津軽三味線の棹には紅木が使われていて、買取相場としてはおよそ3~5万円前後までも期待できます。

三味線の棹に使われる主な木材としては「花梨」「紫檀」「紅木」が知られますが、この中では紅木が最も価値が高く、次いで紫檀、花梨と続きます。ただ、現在は紫檀があまり採れなくなっているため、主に花梨が用いられることが多いです。

また、紅木で虎のような模様が入っているものは「トチ」と呼ばれ、三味線の棹の中でも最上級とされていて、買取価格も期待できます。

【和楽器】太棹津軽三味線

【和楽器】太棹津軽三味線
買取価格:5~8万円

三味線の価値を判断するのに分かりやすいポイントとしては「棹の細さ」が挙げられます。

棹の根元部分の太さが26mm以下だと「細棹」、26~29mm前後のものが「中棹」、29mmを超えると「太棹」に分類されます。(このサイズでの分類は三絃師によっても微妙に感覚が変わりますので、あくまで目安です)

細棹は歌舞伎や日本舞踊での長唄などに使用され、中棹は民謡など、太棹は主に津軽三味線に使われることが多い棹です。

この棹が太いほど高価買取が期待でき、こちらの三味線も紅木の「太棹」のもので、買取相場としてはおよそ5~8万円前後も期待できる品です。

【和楽器】三味線(綾杉彫り)

【和楽器】三味線(綾杉彫り)
買取価格:7~12万円

三味線の内部には何も彫られていない「丸胴」と、中にギザギザ模様が彫られている「綾杉彫」があります。

練習用の安価な三味線には、何も加工を施していない丸胴にて作られることが大半ですが、プロ用や演奏会用の良い三味線になると、内側に綾杉彫が用いられているものが多くなります。

そのため、綾杉彫りが施されているものは必然的に良い三味線である可能性が高くなります。

棹の素材が「紅木」、継ぎ目に「金細」そして内部に「綾杉彫」と揃っているとかなり良い三味線で、状態も良好かつ付属品も良いものが揃っていた場合、買取相場としては7~12万円前後までも期待できます。

三味線買取におけるおすすめ買取業者

三味線買取におけるおすすめ買取業者

まず初めに、手間をかけずに三味線を高く安心に売る為に最も大切なおすすめの三味線買取業者をご紹介します。買取業界において「おすすめの三味線買取業者=おすすめ骨董品買取業者」ですので、当サイトで紹介しているおすすめ骨董品買取業者を参考にしてください。

三味線買取においても買取業者の選択さえ間違えなければ、手間いらずで高く安心に三味線を売ることができます!

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

高価買取が期待できる三味線の特徴とは?

メール査定における三味線の撮影方法

家の大掃除や倉庫や蔵の整理、相続などによって「三味線」が見つかった際に「高く売れそうな三味線かどうか」を判別するポイントをご紹介します。

これから紹介するポイントに多く該当すると高く売れる三味線の可能性が上がりますので、気になる場合は後述しますが一度骨董品買取業者に査定依頼をすることを強くおすすめします!

津軽三味線は比較的買取相場も高い

津軽三味線は比較的買取相場も高い

三味線の種類としては、大きくわけて長唄、義太夫、地唄、津軽などがありますが、その中では津軽三味線の買取相場が比較的高額です。

津軽三味線は他の三味線と比べて若干大きく、皮も厚手の丈夫なものが張られています。糸巻きは大きく、棹の根元部分の太さも3cm近くまであります。

津軽三味線の場合、プロ用はもちろん、練習用でも買取価格が付くケースがあります。

三味線の内部の彫り方を確認

三味線の内部の彫り方を確認

もし三味線の皮が破れていたりしたら、その隙間から内部の構造が確認できる場合があります。

内部にギザギザの模様が彫られているものは「綾杉彫」と呼び、綾杉彫の三味線は基本的に良いものであることが多く、高価買取も期待できます。

逆に、胴の内側に何も彫りが施されていないものは「丸胴」と呼び、あまり高価買取はあまり期待できません。ですが、丸胴でも津軽三味線であれば買取できる場合も多いです。

また、内部の構造が確認できない場合は、他の項目をチェックしたうえでメール査定(写真査定)を利用するのがおすすめで、確認のためにわざわざ皮を破る必要はありません。

三味線の棹部分の木材に注目

三味線の棹部分の木材に注目

三味線の軸部分に使われている木材には、主に「紅木」「紫檀」「花梨」が主に使われることが多いです。

価値としては紅木>紫檀>花梨の順に高くなっていて、買取価格も変わってきます。

また、紅木で虎のような模様が入っているものは「トチ」と呼ばれ、上級品として扱われるため、買取価格にも期待が持てます。

継ぎ手部分に金ほぞ加工がある三味線

継ぎ手部分に金ほぞ加工がある三味線

棹の継ぎ手の受けの部分に、金の金具を埋め込んだものを「金細(金ほぞ)」と呼びます。

この金細加工があると良い三味線である可能性が高く、高価買取も期待できます。

逆に、金具が使われていなかったり、溝のない三味線であれば練習用の安価な品である可能性が高く、買取相場もそれほど高くありませんが、こちらも津軽三味線であれば買取価格が付く可能性があります。

三味線の状態をチェック

三味線の状態をチェック

買取においては三味線の作りだけではなく、「状態」も大切なポイントです。

ただ、見た目の劣化がそのまま買取価格に反映されるわけではなく、三味線の場合は場所によって修繕の難易度が変わってきます

例えば、三味線の棹の一番先には「天神」と呼ばれる箇所があり、そこが欠けてしまうと買取価格にも大きく影響します。

ですが、皮が剥がれている場合などは比較的補修が用意で、程度にもよりますが、買取価格にもそれほど影響しない場合が多いです。

そのため、見た目は状態が悪い三味線であっても、あまり買取価格に影響しない箇所のダメージで、かつ元の品が良いものであれば、ある程度の買取価格が付く可能性も高いです。

皮が破れていても買取できる?

三味線は見つけたときが売り時

本来、三味線を長期に渡って保存しておく場合は「皮を破いて保存しておく」のが正解です。

皮が破れているものより、もちろん破られていないものの方が買取価格は期待できます。

ですが、皮を破いて保管しておく方法も正解ですし、そもそも三味線の皮や弦は消耗品です。

もちろん綺麗に残っているほうが買取価格は期待できるのですが、切れたり破れたりしていることで本来の価値がゼロになってしまうことはありません

また、三味線は「置いておくほど価値が高くなる」という類のものではなく、逆に長年放置してしまうとヒビや割れなどの経年によるダメージが生じる可能性も非常に高いため、見つけたときに売りに出すのが一番です。

三味線の付属品だけでも売れる場合がある

三味線の付属品だけでも売れる場合がある

三味線本体だけではなく、三味線の「付属品」だけでも買取価格が付く場合があります。

特に三味線の場合、撥(ばち)や糸巻きなどが高級素材の「べっ甲」や「象牙」で出来ている付属品も多く、単体でも買取価格が付くケースがあります。

また、三味線を保管していた箱や袋が劣化した状態でも、捨てずに一緒に査定に出したほうが買取価格が高くなる可能性があります。

三味線を入手した場所がわかるなら・・・

三味線を入手した場所がわかるなら・・・

三味線を含めた骨董品全般に言える事ですが、高い価値をもつ骨董品とは「然るべきルート」から見つかる場合が多くなっています

然るべきルートを簡単に挙げると、「1.収集家や演奏家のコレクション」「2.オークションや骨董市等で高い金額で購入」「裕福な人からプレゼントされた」などです。

ですので、三味線を見つけた際にはどういったルートを辿ってここにあるのかが確認できるのであれば確認しておくことをおすすめします。

いつ頃から家にあるか、どこで入手したか等のざっくりとした情報だけでも大丈夫なので、その三味線について分かる点があれば買取業者に伝えておくことをおすすめします。

また、三味線で作りが簡素で安価なものは「練習用」、作りが豪華で高級なものは「演奏会用」と呼ばれて分けられることが多いです。

そのため、受け継いだ三味線などが複数あり「これは練習用」「これは演奏会用」などと聞いていた場合は、そうした内容も査定の際に伝えておくと良いでしょう。


高価買取が期待できる三味線かどうかを判別する簡単なポイントはこんな感じです。ですが、本当に高い価値がある三味線かどうかの判断は専門家に判断してもらわなければ分かりません。

ただ古そうなだけの三味線でも専門家の査定で数万円以上の買取価格がつく事は珍しい事でもありません。

ですので、古そうな三味線が見つかれば正しい価値を判断するためにも、無料かつ業者が推奨しているので次の方法で骨董品買取業者の専門家に無料査定を依頼することをおすすめします!

三味線の買取価格の調べ方

三味線の買取価格の調べ方

まず、自力で素人が和楽器の三味線の買取価格を調べる事は不可能と言えます。その理由は「作品知識」と「最新の相場」を知っている必要がある、つまりは演奏家などで三味線に高いレベルで精通しているプロの人か、あるいは楽器のオークションなどに出入りしているような人や学芸員でなければわからないからです。

(当ページの前半に三味線の買取価格例の一覧と解説がありますので、そこを見て三味線の買取価格が算出できそうか試してみてください。)

しかし、写真によるメール査定を活用する事で素人でも三味線の買取価格を簡単に特定する事が可能です。

このページでは三味線に関する撮影ポイントを紹介していますが、メール査定の方法や基本的な撮影方法、相見積もりの取り方については次のページも参考にしてください。

メール査定における三味線の撮影方法

メール査定における三味線の撮影方法

三味線の撮影ポイントは和楽器TOPで紹介している方法と共通していますので、三味線買取でメール査定を利用する際にはこちらのページで紹介している和楽器全般で共通する撮影ポイントも参考にしてください

和楽器の三味線とは?高く売れる?

和楽器の三味線とは?高く売れる?

ここでは、「そもそも三味線とは何か」という概要と、三味線が高く売れるかどうかについて紹介します。

三味線とは弦をはじいて演奏する和楽器で、木製の胴の両面に皮を張り、長い棹に張られた弦を撥で弾いて演奏します。

弦は3本で、太い方から順に一の糸・二の糸・三の糸と呼び、三味線や音楽の種目によって太さを換えたりもします。

また、持ち運びやすいように棹は上棹・中棹・下棹の3つに分けることが出来、継ぎ目に「金ほぞ」という加工が施されているものは高級品として扱われます。(分割できないものもあります)

三味線は骨董品買取業者でも売れるものが多く、特にプロ用や演奏会用の上級品は高額な買取価格が付く場合も多いです。

三味線の買取価格は「棹の木材」や「内部の彫り」などの複合的な要素で決定し、さらに付属品も良いものが揃っていれば、中には10万円近い買取価格が期待できるような高級品もあります。

ただ、安価な木材や近年に作られた三味線だと買取価格が付かないものも多いので、価値が不明な三味線があれば、まずは骨董品買取業者のメール査定(写真査定)を利用して買取価値を判断されることをおすすめします。

このページの上記では様々な三味線の買取相場を紹介していますので、三味線の買取を検討している方はぜひ参考にしてください。

他の和楽器の種類一覧

和楽器の種類一覧

三味線以外で当サイトで紹介している和楽器の買取情報は次の通りになります。

茶道具や絵画、象牙、刀剣、珊瑚製品など様々な骨董品に関しても幅広く紹介していますので骨董品買取の際にはそちらも是非参考にしてください。

骨董品買取業者が買取する和楽器の種類一覧

ページのトップへ