琴買取に関する情報を提供するページ
琴買取に関する情報を提供するページ

琴買取情報の目次

このページでは琴買取に関する様々な情報をご紹介するのですが、情報量がかなり多くなりますので次の目次を参考にしてください

琴の買取相場を一覧でご紹介

琴の買取価格例の紹介

琴は”筝(そう)”とも呼ばれることがある和楽器です。琴と筝は、詳しく言えば別物の楽器になるのですが、古くからの混用・誤用があり、今は「琴」と一括りに呼ばれるのが一般的です。

琴は骨董品買取業者でも売れる場合があり、処分するより買取に出す方が得をするケースがあります!

琴の買取価格は作風や状態によってもピンキリですので、まずはできるだけ多くの種類の琴買取相場を一覧で紹介していきます。

琴買取について流れや方法を知りたい方はこちらの「骨董品買取が初めての方へ」を、おすすめの琴買取業者について知りたい方は後述の「琴買取におけるおすすめ買取業者についてを参考にしてください。

様々な琴買取相場一覧リスト
琴の種類 状態 買取相場
十三弦和琴 傷み有/上足付き 15000円~33000円
蒔絵装飾琴 7代目畑盛次作 難有/在銘/箱付/琴柱等付属品有り 45万円~60万円
琴 直義作 小傷有/在銘/琴柱付き 12万円~22万円
蒔絵十七弦琴 傷有/琴柱・琴爪有 30万円~45万円
七弦琴(中国骨董) 難有 18万円~30万円
琴 くり甲綾杉彫 難有/箱付 18000円~35000円

琴の買取相場はピンからキリまであり、練習用や初級品の安価な品だと価値が付かないものも多いのですが、演奏会用などの高額なものでは10万円以上の買取価格が付く品まであります。

琴の価値や買取価格は「木材」「彫り方」「装飾」や「弦の数」などの査定ポイントによっても大きく変わり、逆に他の骨董品のように「有名作家の品じゃないと買取価格は期待できない」ということはあまりありません。

琴は大きくて幅を取るため処分を考える方も多いのですが、もし高級な琴であれば高く売れる可能性があるので、処分してしまう前にまず買取業者のメール査定などで価値を質問しておくことをおすすめします。

では、次は画像と解説付きで琴の買取価格についてご紹介します。

【和楽器】琴の買取価格例の紹介

琴の買取価格例の紹介

では、和楽器の琴の買取価格について紹介します。画像付きで琴の買取例を挙げて紹介しますのでぜひ参考にしてください。(※なんでも鑑定団のような評価額や鑑定価値と買取価格は全くの別物で、評価額は買取価格よりもはるかに高い金額が算出されます。)

【和楽器】十七琴

【和楽器】十七琴
買取価格:35000円~7万円

日本で一般的に演奏される琴は、まず「十三弦」か「十七弦」かに分けられます。この見分けは簡単で、単に弦の数が13本か17本かで見分けることが出来ます。

(※十三弦・十七弦以外にも、例えば大和琴は六弦・古琴は七弦など様々です。)

一般的に流通している琴は十三弦のもので、練習用として使われることも多く、初級品や安価な品も多いです。

十七弦のものは低いパートを演奏できる琴で、サイズも若干大きいです。十七弦は音域が広いため主に演奏会用やプロ用として使われ、作りも豪華なものが多いです。

ゆえに買取価格も期待できるものが多く、こちらの十七弦琴も打ち傷などの使用感・経年劣化なども見られますが、買取相場としてはおよそ35000円~7万円前後までも期待できます。

【和楽器】紅木くり甲琴(綾杉彫り)

【和楽器】紅木くり甲琴(綾杉彫)
買取価格:5~10万円

琴の胴部分(長辺の側面部分)の繋ぎ目が目視ですぐ分かるものは「並甲」、裏板の端を斜めに切って貼り合わせ、 繋ぎ目がすぐには分からないように加工されているものは「くり甲」と呼ばれます。

この「くり甲」造りの琴だと、プロ用や演奏会用などの上級品である可能性が高く、高価買取の期待値も上がります。

こちらはくり甲造りの琴で、他にも彫り方や素材なども良い上級品で、買取相場としてはおよそ5~10万円前後までも期待できる品です。

【和楽器】紅木くり甲琴(子持ち綾杉彫り・会津桐使用)

【和楽器】紅木くり甲琴(子持ち綾杉彫・会津桐使用)
買取価格:6~13万円

先端部分に装飾が施されている琴も多いのですが、周辺の装飾の部分や素材によっても琴の価値が変わってきます。(その装飾のグレードによって「ベタ作り・口角・半上角・上角・玉縁包み」などの呼び方があります)

例えば、琴の弦を這わせている隆起した部分の木材は「四分六板」と呼ばれ、素材としては「紅木」「紫檀」「花梨」の3種が有名です。

紅木は水に沈むほどの密度がある木材で、インド産のものが最も質が良いとされており、プロ用や演奏会用琴の四分六板に採用されることが多いです。
反面、花梨は柔らかめの木材で、お稽古用には花梨や紫檀が使われていることが多いです。

こちらは紅木が使われた琴で、買取相場としてはおよそ6~13万円前後が期待できる上級品です。

ただ、元々の素材が良い上級品の琴であっても、へりくだって見せるため、例え紅木を使っていても装飾をあえて質素に抑えた琴もあります。
そのため、装飾の豪華さのみで価値を判断されるのは避けたほうが良いです。

また、琴の側面に蒔絵や象嵌などで装飾されている場合があるのですが、この部分を「龍舌」といい、ここの装飾も買取のポイントに含まれます。

【和楽器】くり甲琴(麻型彫り)

【和楽器】くり甲琴(麻型彫り)
買取価格:8~15万円

琴の弦が張っている裏面には丸い穴が開いており、内部には音の響きをより複雑にするため、職人がノミで彫って細工を施しています(画像参照)。
この彫り装飾によっても琴のグレードをある程度見ることが出来ます

中身の彫り方が真っすぐのシンプルなものであれば「すだれ彫」、ギザギザしていると「綾杉彫」と呼ばれ、この2択であれば綾杉彫の方が高価買取が期待できます。

彫りが複雑なほど買取相場も上がり、綾杉彫の彫りをもう一段設けた「子持ち綾杉彫」や「麻型彫(ダイヤモンド彫)」などがあり、こちらの彫りは上級品の琴に施されている場合が多いです。

こちらは麻型彫が採用されたくり甲琴の裏穴で、全体的な状態も良く、買取相場としてはおよそ8~15万円前後までも期待できる品です。

琴の彫り方の中で最もシンプルなのはすだれ彫で、練習用や初級品に施されている場合が多いのですが、琴の価値は複合的な要素で決まるので、例えすだれ彫でも十七弦琴ならばある程度の買取価格が付くケースも多いです。

琴買取におけるおすすめ買取業者

琴買取におけるおすすめ買取業者

まず初めに、手間をかけずに琴を高く安心に売る為に最も大切なおすすめの琴買取業者をご紹介します。買取業界において「おすすめの琴買取業者=おすすめ骨董品買取業者」ですので、当サイトで紹介しているおすすめ骨董品買取業者を参考にしてください。

琴買取においても買取業者の選択さえ間違えなければ、手間いらずで高く安心に琴を売ることができます!

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

高価買取が期待できる琴の特徴とは?

メール査定における琴の撮影方法

家の大掃除や倉庫や蔵の整理、相続などによって「琴」が見つかった際に「高く売れそうな琴かどうか」を判別するポイントをご紹介します。

これから紹介するポイントに多く該当すると高く売れる琴の可能性が上がりますので、気になる場合は後述しますが一度骨董品買取業者に査定依頼をすることを強くおすすめします!

十三弦の琴か十七弦の琴か

十三弦の琴か十七弦の琴か

現在日本で一般的に演奏されている琴は、主に「十三弦」「十七弦」の2種類に分かれます。

それぞれ弦が13本・17本あり、十七弦は十三弦よりも少しサイズが大きく、弦の数が多いので低音まで奏でることが出来ます。

十七弦の琴はプロ用や演奏会用として使われることが多いため、作りも良く高級品である可能性が高いので、全体的な買取相場としても高額な傾向にあります。

琴の内部の彫り方を確認

琴の内部の彫り方を確認

琴の弦が張られている裏部分には穴が開いていて、そこから中身の彫り方を確認することが出来ます。

その彫り方を確認すると「手間暇かけて作られた丁寧な琴か」がある程度分かるので、価値の目星も付けやすくなります

彫り方としてはシンプルなストライプの「すだれ彫」、ギザギザがついた「綾杉彫り」、綾杉彫りの深さの段階をもう一段設けた「子持ち綾杉彫り」、ひし形を組み合わせた「麻型彫」があります。

傾向としてはすだれ彫<綾杉彫り<子持ち綾杉彫り<麻型彫りの順に手が込んでいて、比例して高級品である可能性も上がり、高価買取が期待できます。

ただ、「高級品だけどすだれ彫が採用されている」というケースもありますので、写真を添付して買取業者に質問するのが最も確実です。
現に”すだれ彫の十七弦琴”は高額な買取価格が付く場合も多いです。

琴の側面が「くり甲」か「並甲」か

琴の側面が「くり甲」か「並甲」か

琴の側面と裏面は違う板で組み立てられているのですが、その繋ぎ目部分が分からないように加工されているものは「くり甲」、繋ぎ目が目視で分かるようになっているのは「並甲」と呼ばれます。

くり甲は手の込んだ作りのため、プロ用や演奏会用などの高価な琴である可能性が高くなりますので、高価買取も期待できます。

琴の装飾をチェック

琴の装飾をチェック

琴の四分六板・角・柏葉などに縁取りや装飾が施されているものだと、元々が高級品である可能性が高く、買取価格も期待できます。

また、琴の側面部分は「龍舌」と呼ばれるのですが、その部分に蒔絵や象嵌、象牙などで装飾されているものもあります。

その装飾の細かさや素材なども査定ポイントに含まれますので、立派なものであれば買取価格も期待できるものが多いです。

ただ、素材や作りが良い高級な琴でも、あえてへりくだるために装飾を質素に抑える場合があります。そのため、装飾の程度だけで琴の価値を量るのは、熟練者でなければ難しいです。

琴の状態をチェック

琴の状態をチェック

古い琴になると、ヒビや割れなどの劣化が見られるものも多くなります。

骨董品となると、ある程度の経年劣化は必然ともいえますが、やはりこうしたダメージがある琴は買取価格が減額になる可能性が高いです。

ただ、琴の破損は専門業者に依頼することで修理は出来ますが、修理代金と買取価格が釣り合わない可能性も出てきますので、まずはそのまま査定に出してみるほうが良いです。

また、琴のダメージはまだ修復が効くものが大半ですので、元々の価値が高い琴であれば、劣化による多少の減額はあったとしても、価値がゼロになってしまうことはあまりありません。

琴は見つけたときが売り時

琴は見つけたときが売り時

琴には骨董品としての価値が付きにくく、主に琴の作りや素材のランクによって買取価値が判断される場合が多いです。

そのため、劣化が多い昔の琴より、新しい時代に作られた琴のほうが買取価格が高くなるケースが多いです。

琴は「置いておくほど価値が高くなる」という類のものではなく、逆に長年放置してしまうと、ヒビや割れなどの経年によるダメージが生じる可能性も非常に高いため、見つけたときに売りに出すのが一番です。

琴の付属品だけでも売れる場合がある

琴の付属品だけでも売れる場合がある

琴本体だけではなく、琴の「付属品」だけでも買取価格が付く場合があります。

琴には「琴柱」「琴爪」「猫足」などの付属品があり、中には象牙などの高級な素材で作られている等、単体でも買取価格が付くような付属品もあります

特に琴柱などは象牙で出来ているものもあり、単体でも買取できる可能性が高いです。

また、琴を保管していた箱や袋が劣化した状態でも、捨てずに一緒に査定に出したほうが買取価格が高くなる可能性があります。

琴を入手した場所がわかるなら・・・

琴を入手した場所がわかるなら・・・

琴を含めた骨董品全般に言える事ですが、高い価値をもつ骨董品とは「然るべきルート」から見つかる場合が多くなっています

然るべきルートを簡単に挙げると、「1.収集家や演奏家のコレクション」「2.オークションや骨董市等で高い金額で購入」「裕福な人からプレゼントされた」などです。

ですので、琴を見つけた際にはどういったルートを辿ってここにあるのかが確認できるのであれば確認しておくことをおすすめします。「昔に政治家の人から貰った」などなど、そういった入手ルートであれば高価買取はかなり期待できますよ!

いつ頃から家にあるか、どこで入手したか等のざっくりとした情報だけでも大丈夫なので、その琴について分かる点があれば買取業者に伝えておくことをおすすめします。


高価買取が期待できる琴かどうかを判別する簡単なポイントはこんな感じです。ですが、本当に高い価値がある琴かどうかの判断は専門家に判断してもらわなければ分かりません。

ただ古そうなだけの琴でも専門家の査定で数万円以上の買取価格がつく事は珍しい事でもありません。

ですので、古そうな琴が見つかれば正しい価値を判断するためにも、無料かつ業者が推奨しているので次の方法で骨董品買取業者の専門家に無料査定を依頼することをおすすめします!

琴の買取価格の調べ方

琴の買取価格の調べ方

まず、自力で素人が和楽器の琴の買取価格を調べる事は不可能と言えます。その理由は「作品知識」と「最新の相場」を知っている必要がある、つまりは演奏家などで琴に高いレベルで精通しているプロの人か、あるいは楽器のオークションなどに出入りしているような人や学芸員でなければわからないからです。

(当ページの前半に琴の買取価格例の一覧と解説がありますので、そこを見て琴の買取価格が算出できそうか試してみてください。)

しかし、写真によるメール査定を活用する事で素人でも琴の買取価格を簡単に特定する事が可能です。

このページでは琴に関する撮影ポイントを紹介していますが、メール査定の方法や基本的な撮影方法、相見積もりの取り方については次のページも参考にしてください。

メール査定における琴の撮影方法

メール査定における琴の撮影方法

琴の撮影ポイントは和楽器TOPで紹介している方法と共通していますので、琴買取でメール査定を利用する際にはこちらのページで紹介している和楽器全般で共通する撮影ポイントも参考にしてください

和楽器の琴とは?高く売れる?

和楽器の琴とは?高く売れる?

ここでは、「そもそも琴とは何か」という概要と、琴が高く売れるかどうかについて紹介します。

琴は日本の伝統的な和楽器で、日本で現在”琴”と呼ばれる楽器の種類は「琴(きん)」「箏(そう)」「和琴」「一絃琴(須磨琴)」「二絃琴(八雲琴)」「大正琴」などがあり、それぞれで形状や弦の数などが異なります。

その中でも奏者が多く、ご家庭でも多く見つかるものは「箏(そう)」で、このページでも筝を中心に紹介してきました。(筝は常用漢字ではないため「琴」と一括りに呼ばれることも多いです。)

琴は骨董品買取業者でも売れるものが多く、特にプロ用や演奏会用の上級品は高額な買取価格が付く場合も多いです。

琴の買取価格は「弦の数」や「彫り」「状態」などの複合的な要素で決定し、中には数十万円単位の買取価格が期待できるような高級品もあります。

ただ、安価な木材や近年に作られた琴だと買取価格が付かないものも多いので、価値が不明な琴があれば、まずは骨董品買取業者のメール査定(写真査定)を利用して買取価値を判断されることをおすすめします。

このページの上記では様々な琴の買取相場を紹介していますので、琴の買取を検討している方はぜひ参考にしてください。

他の和楽器の種類一覧

和楽器の種類一覧

琴以外で当サイトで紹介している和楽器の買取情報は次の通りになります。

茶道具や絵画、象牙、刀剣、珊瑚製品など様々な骨董品に関しても幅広く紹介していますので骨董品買取の際にはそちらも是非参考にしてください。

骨董品買取業者が買取する和楽器の種類一覧

ページのトップへ