根付買取に関する情報を提供するページ
根付買取に関する情報を提供するページ

根付買取情報の目次

このページでは根付買取に関する様々な情報をご紹介するのですが、情報量がかなり多くなりますので次の目次を参考にしてください

根付(象牙)の買取相場を一覧でご紹介

根付(象牙)の買取価格例の紹介

象牙の根付の買取価格は作風や作家、状態によってピンキリですので、まずはできるだけ多くの種類の根付買取相場を一覧で紹介していきます。

象牙買取について流れや方法を知りたい方はこちらの「骨董品買取が初めての方へ」を、おすすめの象牙買取業者について知りたい方は後述の「象牙買取におけるおすすめ買取業者についてを参考にしてください。

様々な根付(象牙)買取相場一覧リスト
根付の種類 状態 買取相場
象牙製蛙根付 松山作(高さ5cm・幅2.8cm) 刻銘有 3000円~8200円
象牙根付 玉水銘(高さ3.5cm・幅2.5cm) 刻銘有 18000円~31000円
象牙根付 矢部梁生作(高さ5.5cm・幅3cm) 刻銘有/共箱有 33000円~49000円
象牙獅子根付 岸一舟作(高さ4.8cm・幅3.6cm) 刻銘有/共箱有 25000円~41000円
象牙牛根付 友一銘(高さ3.3cm・幅6.5cm) 刻銘有 58000円~85000円
象牙龍根付 岡友銘(高さ2.2cm・幅3.6cm) 刻銘有 55000円~87000円
象牙唐獅子根付 我楽銘(高さ4cm・幅3.5cm) 刻銘有 82000円~132000円
象牙根付 元之銘(高さ3.4cm・幅3.2cm) 刻銘有 13000円~21000円
象牙根付 宝山銘(高さ2.3cm・幅4.5cm) 刻銘有/箱有 20000円~35000円
象牙根付 南柳銘(高さ3.5cm・幅4.2cm) 刻銘有/箱有 10000円~17000円
象牙根付 松山銘(高さ3.2cm・幅2.5cm) 刻銘有 13000円~20000円

象牙の価値の見極めは非常に難しいのですが、価値のある象牙の根付であれば上記のように高額な買取価格も期待できます。

では、次は画像と解説付きで象牙の根付の買取価格についてご紹介します。

【象牙】根付の買取価格例の紹介

根付の買取価格例の紹介

では、象牙の根付の買取価格について紹介します。画像付きで根付の買取例を挙げて紹介しますのでぜひ参考にしてください。(※なんでも鑑定団のような評価額や鑑定価値と買取価格は全くの別物で、評価額は買取価格よりもはるかに高い金額が算出されます。)

【象牙】象牙根付 幸正作

【象牙】象牙根付 幸正作
買取価格:3~5万円

こちらは、根付師「幸正」の象牙根付作品です。3cm前後の小型の作品ですが、骨董品買取だと、大体5万円前後の買取価格が基準になります。作品の種類や状態によっては、更に高額での買取も期待できます。 ただ、根付は江戸時代から既に有名作家の贋作があり、今も偽物やフェイクの作品が多いです。買取の場合だと、査定員が真贋含めて買取価格を算出してくれるので安心ですが、逆に購入される際には注意が必要です。

【象牙】象牙根付 獅子像

【象牙】象牙根付 獅子像
買取価格:8~10万円

こちらは、江戸時代・幕末から明治時代始め頃に作られたと推測される、獅子の象牙根付です。彫りが非常に細かく造形も見事で、骨董品買取に出された場合、買取価格は10万円前後が相場として期待できます。 小傷などの状態も加味すると、実際の買取価格は少し下がるかも知れませんが、小さな作品の割に高い買取価格が期待できます。

【象牙】フェイク根付

【象牙】フェイク根付
買取価格:買取不可

象牙製品には偽物やフェイク品が数多くあり、樹脂やセメント、大理石の粉末などで作られたものが多数あります。象牙の偽物は、近代に作られたものだけではなく、根付が実際に着物と合わせて使われていた時代から存在していました。そのため、「古い象牙の根付」であっても偽物である可能性はあります。

こちらは、樹脂で作られた象牙"風"の根付です。愛らしい造形ですが、縞目がなく彫りも大雑把で、恐らく型押しで作られたであろうことが覗えます。恐らく大半の骨董品買取業者では買取不可となるか、処分を希望であれば無料での引き取りとなる可能性が高いです。 ただ、本物の象牙根付となると高額な買取価格も期待できますので、写真査定を活用して真贋を判断されるのがおすすめです。

象牙の根付買取におけるおすすめ買取業者

象牙の根付買取におけるおすすめ買取業者

まず初めに、手間をかけずに象牙の根付を高く安心に売る為に最も大切なおすすめの象牙の根付買取業者をご紹介します。買取業界において「おすすめの象牙の根付買取業者=おすすめ骨董品買取業者」ですので、当サイトで紹介しているおすすめ骨董品買取業者を参考にしてください。

象牙の根付買取においても買取業者の選択さえ間違えなければ、手間いらずで高く安心に象牙の根付を売ることができます!

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

高価買取が期待できる象牙の根付の特徴とは?

高価買取が期待できる象牙の根付の特徴とは?

では、次に高価買取が期待できる象牙の根付の特徴をご紹介します。これから紹介するポイントに多く該当すると高く売れる象牙の根付の可能性が上がります。

高価な象牙の根付の買取価格は非常に期待できるので、後述にあるように条件に合う象牙の根付があれば骨董品買取業者等に査定依頼をすることを強くおすすめします!

象牙の根付が贋作でないかどうか

「本物の象牙であること」は大前提

当たり前かも知れませんが、”本物の象牙”で作られた根付かどうかが非常に大切なポイントです!

象牙の根付はほかの根付よりも特に高額で取引されていますが、象牙”風”の偽物を作る事は非常に容易です。作り方の一例を挙げると、【「卵の殻」に「牛乳」や「炭酸カルシウム」など有機物をミキサー等で混ぜ、型に入れて焼き固めれば象牙風の作品が完成します】。

現在でも、中国や香港などで売られている象牙根付はほぼ偽物というのも有名な話で、象牙の根付は他の骨董品と比べても贋作が非常に多いからこそ「本物の象牙製の根付であること」も大切な特徴として紹介させていただきました。

象牙の根付に関する真贋鑑定は素人では非常に難しいので、「骨董品買取業者に無料相談」する事をおすすめします。また、然るべきルートから貰った象牙の根付かどうかを確認するのも良いでしょう。「骨董品収集家のコレクション」といった然るべきルートから入手した象牙の根付であれば本物の可能性も上がります

作家物の根付は高く売れやすい

作家物の根付は高く売れやすい

象牙の根付には名の知れた作家が作った作品もあり、それらは高価買取が期待できます。

例を挙げれば「寿玉」「鈴木東谷」「幸正」などが挙げられますが、その他にも沢山の作家が象牙根付を手掛けてきました。本物の象牙の根付であればそれなりの買取価格は期待できますが、作家物だと更に高額になる傾向にあります。

根付の彫りが精巧・緻密かどうか

根付の彫りが精巧・緻密かどうか

象牙の根付を鑑賞するポイントとして「彫りが精巧・緻密であるか」が挙げられます。

根付は現代でいうストラップのような役割を持ち、小さいものは僅か1センチ程度、最大でも手のひらサイズと、それほど大きなものではありません。そのため「いかに細かな美しい彫りで芸術性を高められるか」は、職人の腕の見せ所でした。

象牙の根付で、装飾が細かなものは上品として扱われ、買取価格も期待が持てます。


高価買取が期待できる象牙の根付かどうかを判別する簡単なポイントはこんな感じです。
ただ、象牙の根付に関しては種類や装飾ごとに買取相場の差がある他、状態によっても買取価格が大きく変わってくるため、価値の判断自体が非常に難しくなっています。そのため、象牙の根付を持っておられるなら、一度は専門家に判断してもらう事をおすすめします。

古そうな象牙の根付が見つかれば正しい価値を判断するためにも、無料かつ業者が推奨しているので次の方法で骨董品買取業者の専門家に無料査定を依頼することをおすすめします!

根付の買取価格の調べ方

根付の買取価格の調べ方

まず、自力で素人が象牙の根付の買取価格を調べる事は不可能と言えます。その理由は「作品知識」と「最新の相場」を知っている必要がある、つまりはオークションや骨董市等に出入りしているような人や学芸員でなければわからないからです。(当ページの前半に根付の買取価格例の一覧と解説がありますので、そこを見て根付の買取価格が算出できそうか試してみてください。)

しかし、写真によるメール査定を活用する事で素人でも根付の買取価格を簡単に特定する事が可能です。

このページでは根付に関する撮影ポイントを紹介していますが、メール査定の方法や基本的な撮影方法、相見積もりの取り方については次のページも参考にしてください。

メール査定における根付の撮影方法

メール査定における根付の撮影方法

根付の撮影ポイントは象牙TOPで紹介している方法と共通していますので、根付買取でメール査定を利用する際にはこちらのページで紹介している象牙全般で共通する撮影ポイントを参考にしてください

象牙の根付とは?高く売れる?

象牙の根付とは?高く売れる?

このページでは象牙の根付の買取について解説してきましたが、そもそも根付とは【袋を帯から吊るして持ち歩くための留め具】です。昔の人はカバンの代わりに着物の帯から袋を下げていたのですが、その時の留め具が根付です。

根付かどうかの見分け方は簡単で、根付の用途から「手のひらサイズの彫刻に紐が通せそうな穴が開いている」という品があれば、高い確率で根付です。

根付には、黄楊や黒檀などの堅木、珊瑚などの高級素材が使われたものなど様々な素材がありますが、特に高価買取が期待できるのが「象牙の根付」です。

象牙の根付は当時から高級品として重宝されており、今でも骨董品として高額で取引される作品が多いです。ただし、「象牙の根付」は贋作が非常に多く、中国や香港で売られている象牙の根付はほとんどが贋作と言われているのは有名ですね。

象牙の根付は贋作だとまず買取価格は付きませんが、本物の象牙根付だと10万円以上の買取価格が付くような貴重な作品も多いです。

象牙根付は本物と贋作で天と地ほどに価値の差がでますが、真贋を見抜く事はかなり難しい位に贋作の出来も良いので、真贋の判断おいて素人判断を過信するのは避けたいところです。骨董品買取業者のメール査定を利用すれば、手軽かつ無料で骨董品の買取価値を知ることが出来るので、特に象牙のような真贋が分かりにくいものを売りたいときにはおすすめです。

他の象牙の種類一覧

象牙の種類一覧

根付以外で当サイトで紹介している象牙の買取情報は次の通りになります。

茶道具や絵画、象牙、刀剣、珊瑚製品など様々な骨董品に関しても幅広く紹介していますので骨董品買取の際にはそちらも是非参考にしてください。

骨董品買取業者が買取する象牙の種類一覧

ページのトップへ