旭日章買取に関する情報を提供するページ
旭日章買取に関する情報を提供するページ

旭日章買取情報の目次

このページでは旭日章買取に関する様々な情報をご紹介するのですが、情報量がかなり多くなりますので次の目次を参考にしてください

旭日章の買取相場を一覧でご紹介

旭日章の買取価格例の紹介

勲章買取といえば主に骨董品買取業者が行ってくれますが、勲章の種類や付属品、状態によっても買取価格は大きく変わってきます。

旭日章の買取相場は基本的に「等級」によって決まり、そこから状態や付属品の有無が考慮されて買取価格が決定します。等級が高いほど希少価値も高くなるので、比例して買取相場も高額になります。

旭日章の買取について流れや方法を知りたい方はこちらの「骨董品買取が初めての方へ」を、おすすめの旭日章買取業者について知りたい方は後述の「旭日章買取におけるおすすめ買取業者についてを参考にしてください。

旭日章の種類別買取相場
旭日章の名称(括弧内は旧名称) 等級 買取相場
旭日大綬章(勲一等旭日大綬章) 1等 18万円~32万円
旭日重光章(勲二等旭日重光章) 2等 75000円~15万円
旭日中綬章(勲三等旭日中綬章) 3等 1万円~45000円
旭日小綬章(勲四等旭日小綬章) 4等 3000円~8000円
旭日双光章(勲五等双光旭日章) 5等 2000円~6000円
旭日単光章(勲六等単光旭日章) 6等 1000円~4000円

旭日章は、現在上記の6等級までに分けられています(かつては8等級まで存在しましたが、栄典制度改正によって7等・8等は廃止になりました)。

ただ、上記の買取相場が全てというわけではなく、勲章の状態や付属品によって買取価格は変わってきます

例えば付属品のひとつに「勲記」という、勲章を授かるときに受け取る賞状のようなものがあるのですが、署名などでも希少性は変わってくるので、価値が高い勲記であれば単体で買取価格が付くケースもあります。また、服に勲章が付いていた場合、その服自体も査定項目に含まれる場合があります。

勲章は状態や付属品の有無、そして市場での相場により買取価格は大きく異なってきますので、上記の買取相場はあくまでひとつの参考に過ぎません。旭日章の正確な買取価格を知りたい場合、骨董品買取業者のメール査定を利用するのが最も手っ取り早い方法です。

特に旭日章の場合、等級による見た目の差異がほとんどないので、勲章にあまり詳しくない方だと価値を見誤ってしまうことも多いです。

では、次は画像と解説付きで旭日章の買取価格についてご紹介します。

【勲章】旭日章の買取価格例の紹介

旭日章の買取価格例の紹介

では、勲章の旭日章の買取価格について紹介します。画像付きで旭日章の買取例を挙げて紹介しますのでぜひ参考にしてください。(※なんでも鑑定団のような評価額や鑑定価値と買取価格は全くの別物で、評価額は買取価格よりもはるかに高い金額が算出されます。)

【勲章】勲一等旭日大綬章(1等)

勲一等旭日大綬章(1等)
買取価格:25~30万円

旭日章はかつて8等級までありましたが、今は7等(勲七等青色桐葉章)と8等(勲八等白色桐葉章)が廃止され、6等までに分けられています。

基本的には等級が高いほど買取価格も高額になり、こちらは最も高額な買取相場の「勲一等旭日大綬章(1等)」で、付属品も全て揃っている場合だと25~30万円前後の買取価格も期待できます。

また、旭日章の上には更に「桐花大綬章」という上位勲章が設けられており、そちらだと買取相場は更に高額です。

【勲章】勲二等旭日重光章(二等)

勲二等旭日重光章(二等)
買取価格:5~7万円

こちらは旭日章の等級のうち2等の「勲二等旭日重光章」ですが、付属品がなく本体のみのため、買取価格は5~7万円前後に留まります。

もし付属品が全て揃っていて、状態も良ければ買取価格はおよそ12万円前後
までは期待できます。

勲章買取の場合、付属品の有無で買取価格が倍ほど違ってくる場合も多いので、付属品がもしあれば一緒に査定に出されることをおすすめします。

【勲章】勲三等旭日中綬章(三等)

勲三等旭日中綬章(三等)
買取価格:3~5万円

旭日章は等級が高いほど希少価値が上がります。逆に等級がそれほど高くない旭日章だと、授与者も増えるため希少価値が薄まり、中には買取価格が1万円を下回る場合も増えてきます。

ですが勲章買取の場合は一見価値の判断が難しいので、想像を遥かに上回る高値で売れることも多いです。

こちらは3等の「勲三等旭日中綬章」ですが、付属品も全て綺麗な状態で揃っていて、買取相場はおよそ3~5万円前後が期待できます。思ったより高く売れる場合も多いので、売ろうかどうか迷った場合は、まずは骨董品買取業者のメール査定を利用して買取価値を判断されるのがおすすめです。

旭日章買取におけるおすすめ買取業者

旭日章買取におけるおすすめ買取業者

まず初めに、手間をかけずに旭日章を高く安心に売る為に最も大切なおすすめの旭日章買取業者をご紹介します。買取業界において「おすすめの旭日章買取業者=おすすめ骨董品買取業者」ですので、当サイトで紹介しているおすすめ骨董品買取業者を参考にしてください。

旭日章買取においても買取業者の選択さえ間違えなければ、手間いらずで高く安心に旭日章を売ることができます!

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

高価買取が期待できる旭日章の特徴とは?

メール査定における旭日章の撮影方法

家の大掃除や倉庫や蔵の整理、相続などによって「旭日章」が見つかった際に「高く売れそうな旭日章かどうか」を判別するポイントをご紹介します。

これから紹介するポイントに多く該当すると高く売れる旭日章の可能性が上がりますので、気になる場合は後述しますが一度骨董品買取業者に査定依頼をすることを強くおすすめします!

旭日章の買取は「等級」が大切

旭日章の買取は「等級」が大切

旭日章の買取において最も大切なポイントが「等級」です。等級が高いほど授与人数も少なくなるため、希少価値が上がり買取相場も高額になります。

特に勲一等旭日大綬章(1等)や勲二等旭日重光章(2等)などの高い等級になると元々の価値が高いため、買取業者によって数万円単位の買取価格差が出る場合も少なくありません。

そのため、高い等級の勲章を売る場合は複数の骨董品買取業者で相見積もりを取るのがおすすめです。

旭日章に付属品があるかどうか

旭日章に付属品があるかどうか

旭日章に限らず勲章買取全般にいえることですが、付属品の有無で買取価格が倍ほど違ってくる場合も多いです。そのため、もし勲章と共に箱や略綬(略式の勲章)などの付属品が保管されていれば、一緒に査定に出したほうが良いです。

特に勲章を授与した際に贈られる「勲記」という賞状は、勲章本体の真贋鑑定にも用いられることのある重要な付属品です。勲記は紙で出来ているので劣化が激しい場合もありますが、あれば一緒に査定に出されることをおすすめします。

状態の良い旭日章は高価買取されやすい

状態の良い旭日章は高価買取されやすい

勲章にサビや汚れなどがあると買取価格が減額になってしまうこともあります。特に旭日章は裏面に汚れが出やすいので、査定の前に一度確認しておくと良いでしょう。

旭日章自体は銀製のためそれほどサビや変色が出ることは少ないのですが、表面の着色部分は変色しやすく、古い旭日章になると中心部分の赤色が濃く変わっているものもあります。

ただ、無理に汚れを落とそうとすると逆に傷つけてしまう可能性もあるので、査定・買取前は柔らかい布で埃を拭う程度に留めておくのをおすすめします。

旭日章を入手した場所がわかるなら・・・

旭日章を入手した場所がわかるなら・・・

旭日章を含めた骨董品全般に言える事ですが、高い価値をもつ骨董品とは「然るべきルート」から見つかる場合が多くなっています。然るべきルートを簡単に挙げると、「1.骨董品収集家のコレクション」「2.オークションや骨董市等で高い金額で購入」などもありますが、勲章の場合は「親戚・先祖が授与したもの」を買取に出すケースも多いです。

ですので、旭日章などの勲章を見つけた際には、どういったルートを辿ってここにあるのかが確認できるのであれば、確認しておくことをおすすめします。


高価買取が期待できる旭日章かどうかを判別する簡単なポイントはこんな感じです。ですが、本当に高い価値がある旭日章かどうかの判断は専門家に判断してもらわなければ分かりません。ただ古そうなだけの勲章でも、専門家の査定で数万円~数十万円単位の買取価格がつく事は珍しい事でもありません。

ですので、古そうな旭日章が見つかれば正しい価値を判断するためにも、無料かつ業者が推奨しているので次の方法で骨董品買取業者の専門家に無料査定を依頼することをおすすめします!

旭日章の買取価格の調べ方

旭日章の買取価格の調べ方

まず、自力で素人が勲章の旭日章の買取価格を調べる事は不可能と言えます。その理由は「作品知識」と「最新の相場」を知っている必要がある、つまりはオークションや骨董市等に出入りしているような人や学芸員でなければわからないからです。(当ページの前半に旭日章の買取価格例の一覧と解説がありますので、そこを見て旭日章の買取価格が算出できそうか試してみてください。)

しかし、写真によるメール査定を活用する事で素人でも旭日章の買取価格を簡単に特定する事が可能です。

このページでは旭日章に関する撮影ポイントを紹介していますが、メール査定の方法や基本的な撮影方法、相見積もりの取り方については次のページも参考にしてください。

メール査定における旭日章の撮影方法

メール査定における旭日章の撮影方法

旭日章の撮影ポイントは勲章TOPで紹介している方法と共通していますので、旭日章買取でメール査定を利用する際にはこちらのページで紹介している勲章全般で共通する撮影ポイントも参考にしてください

勲章の旭日章とは?高く売れる?

勲章の旭日章とは?高く売れる?

ここまで旭日章の価値や買取相場をご紹介してきましたが、そもそも旭日章とは「国家・公共に対して功労があり、かつ顕著な功績を挙げた方に贈られる勲章」です。

例えば長年国会議員や防衛大臣として勤めた方や、医師会の会長として活躍した方に旭日章が贈られています。

旭日章のデザインは、中心の赤丸は日章を、黄色の部分は八方向へ伸びる旭光を表現しています。日章は太陽を象った意匠で、日本の国旗(日の丸)にも用いられています。

旭日章は日本の中で最も歴史の長い勲章で、最初の授与は1875年(明治8年)にまで遡ります。当時は8等級まで分かれていましたが、2003年(平成15年)の栄典制度改正によって、現在は6等級までに変更されています。

等級は、上から順に旭日大綬章(勲一等旭日大綬章)・旭日重光章(勲二等旭日重光章)・旭日中綬章(勲三等旭日中綬章)・旭日小綬章(勲四等旭日小綬章)・旭日双光章(勲五等双光旭日章)・旭日単光章(勲六等単光旭日章)と表記され、カッコ内の名称は栄典制度の改正前(2003年以前)の旧名称になります。

旭日章の買取相場は「等級」によって細分化され、そこから「状態」「付属品の有無」も加味されて買取価格が決定します。

基本的に等級が高いほど希少価値が高くなるため、1等の旭日大綬章(勲一等旭日大綬章)や、2等の旭日重光章(勲二等旭日重光章)となると、買取価格もかなり期待できます。勲章は主に骨董品買取業者で売ることが出来るので、メール査定(写真査定)などから簡単に買取価値を判断することが可能です。

このページでは様々な旭日章の買取相場や価値、概要などを紹介していますので、旭日章の買取を検討している方は是非ページ上部からご覧ください。

他の勲章の種類一覧

勲章の種類一覧

旭日章以外で当サイトで紹介している勲章の買取情報は次の通りになります。

このサイトでは勲章各種の他にも、茶道具や絵画、象牙、刀剣、珊瑚製品など様々な骨董品に関しても幅広く紹介していますので、骨董品買取の際にはそちらも是非参考にしてください。

骨董品買取業者が買取する勲章の種類一覧

ページのトップへ