清水卯一買取に関する情報を提供するページ
清水卯一買取に関する情報を提供するページ

清水卯一情報の目次

このページでは次のように清水卯一の情報を紹介します

清水卯一作品の買取相場例一覧

人間国宝清水卯一作品の買取相場例一覧

当サイトは【骨董品・古美術買取ガイド】と名乗っている事もありますので、まずは清水卯一作品の買取相場から紹介したいと思います。

「人間国宝である清水卯一の作品」と言っても、茶碗や水指、徳利など幅広い種類の作品があり、状態や作風によっても買取相場は異なります。

ですので、まずは過去の清水卯一作品の取引事例を基に、様々な「清水卯一」の作品がどれくらいの買取価格になるのかをご紹介します。

清水卯一作品の買取相場一覧
作品 状態 買取相場
清水卯一作:鉄絵灰釉茶碗(高さ8.5cm・幅12.5cm) 良好/在印銘/共箱 20000円~30000円
清水卯一作:刷毛目茶碗(高さ6.1cm・幅14.7cm) 良好/在印銘/共箱 25000円~35000円
清水卯一作:青瓷(青磁)水指(高さ13.3cm・幅22cm) 良好/在印銘/共箱 10000円~20000円
清水卯一作:柿釉茶碗(高さ7.9cm・幅13.4cm) 良好/在印銘/共箱 20000円~30000円
清水卯一作:白釉茶碗(高さ8cm・幅12cm) 小傷/在印銘/共箱 5000円~12000円
清水卯一作:鉄燿天目碗(高さ7.2cm・幅12.2cm) 良好/在印銘/共箱 10万円~15万円

清水卯一作品
買取相場補足情報

人間国宝である清水卯一作品の買取相場は、状態がよければ概ね1万円以上の買取相場は十分に期待できるでしょう。

そして、過去の取引事例から考えると、特に高い清水卯一作品は単体で30万円~40万円程の買取価格が期待できる作品もあります。

ですが、素人が一見して清水卯一作品の買取相場を算出することは難しいので、手軽かつ正確に人間国宝清水卯一作品の買取価格を調べる方法も紹介しておきます。

清水卯一作品の正確な買取価格の調べ方

清水卯一作品の正確な買取価格の調べ方

清水卯一作品の買取価格例をいくつか紹介しましたが、個人でも簡単かつ正確に清水卯一作品の買取価格を調べる方法があります。

それは、骨董品買取業者の無料メール査定を活用する事で清水卯一の買取価格を簡単に特定できます。

WEB査定におすすめの骨董品買取業者は次の業者を参考にしてください。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

清水卯一について

清水卯一について

清水卯一は1926年3月5日に京都にて生まれた陶芸家であり、鉄釉陶器にて重要無形文化財保持者の一人として人間国宝に認定された陶芸家です。

では、概要はここまでにして清水卯一という陶芸家がどういう人物だったのかをまとめてご紹介いたします。

鉄釉陶器の人間国宝

清水卯一についてまず欠かせないのは、前述にもありますが鉄釉陶器の人間国宝という事でしょう。

鉄釉陶器は「釉薬の鉄分を調整することにより陶器の色を黒・茶・柿色などに微妙変化させる高度な工芸技法」ですが、この鉄釉陶器技術の重要無形文化財保持者として人間国宝に認定さたのが陶芸家「清水卯一」なのです。

清水卯一の生い立ち

清水卯一は1926年、清水焼の発祥地である京都の五条坂で陶器卸問屋を営んでいた両親の下に生まれました。

幼いころからロクロを回して陶器を作るのを見て育った卯一は、家業を継ぐために商業学校に入学しましたが、ほとんどの時間を近所のロクロ師のところで過ごしていたそうです。

卯一のこの様子に気付いた両親は、卯一が14歳の時に学校を中退させ、石黒宗磨師のもとに弟子入りさせました。

心休まる温かみのある陶器づくり

こうして卯一の陶芸家としての人生が始まりましたが、卯一が自分の仕事場を持ったのは1945年でした。

戦争が終わったばかりで食べ物も十分に手に入らない時代でしたが、卯一はかえって、退廃した人々に温かさを届けたいという思いを強く持ち、「心休まる温かみのある作品」づくりに専念していきました。

土と釉薬にこだわる

卯一は陶芸において土と釉薬にこだわりを持っていた人です。

そのため、より良い材料を求めて1960年に滋賀県の蓬莱山(ほうらいさん)の山麓に工房を移設しました。

ここで作られた作品には、「蓬莱磁」「蓬莱燿」「黄蓬莱」など蓬莱の名前を付けたものがあります。卯一が展覧会に初めて出品したのは1955年でしたが、それ以来2003年まで毎年出品しました。

こうした精力的な仕事ぶりと優れた技術が認められ、1985年に卯一の鉄釉陶器制作技術に対して人間国宝の認定を受けました。

また1986年には紫綬褒章を受章しています。

清水卯一の人柄、信念そして現在

卯一は一見気難しい印象を与える人でしたが、知り合いの寿司屋経営者である福原清之氏によると「話してみると茶目っ気のある人」とのことです。

ただ陶芸師としては信念を持った人だったそうで、仕事場には失敗作が山になって置かれていることもあったのですが、そうした失敗作を人に譲ることは頑固に拒否したという話が伝えられています。

清水卯一は2004年に77歳で亡くなりましたが、卯一が陶芸に込めた思いは長男の保孝さん、そして孫の志郎さんに伝えられ、2009年にギャラリーに改築された店には、親子3代の作品が展示されています。

作家情報の一覧

作家情報の一覧

当サイトでは幅広く「人間国宝」「日本画家」「洋画家」「中国作家」「陶芸家」について買取相場や詳細情報を紹介しています。

次のページで作家を一覧で紹介しています。

各作家情報の一覧

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは清水卯一を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ