短刀買取に関する情報を提供するページ
短刀買取に関する情報を提供するページ

短刀買取情報の目次

このページでは短刀買取に関する様々な情報をご紹介するのですが、情報量がかなり多くなりますので次の目次を参考にしてください

短刀とは?高く売れる?

刀剣の種類一覧

まず最初に短刀の概要や買取価格について紹介します。

短刀とは刀身が1尺未満の日本刀の事です。刀身が短いので刀剣類の中でも短刀は簡単に判別がつきますが、「短刀には鍔が無い」といった特徴もあります。

そして、短刀は様々呼び方があり、「刺刀(さすが)」、「懐刀(ふところがたな)」、「腰刀(こしがたな)」、「鞘巻(さやまき)」、「合口・匕首(共に「あいくち」)」など、聞き覚えのある呼称もあるかと思いますが、これらは全て短刀の事を言っていると思って貰えれば大丈夫です。

※ちなみに1尺未満なら全て短刀ではなく、刃渡りが5センチ以内はそもそも刀剣と呼ばれなくなりますし、鞘がなかったり形状次第では包丁と呼ばれたりもします。

さて、短刀が高く売れるかどうかについてですが、刀剣類自体の人気が高いので作品次第では高く売れます。ただし、刀や太刀と比べて人気の劣る短刀は刀剣類の中で比べると買取価格は低い傾向にあります

ただし、短刀の買取価格は低い傾向にあるとはいえ「特別保存刀剣」に認定されている短刀が100万円以上の金額で買取される事もあるので、「重要刀剣」や「特別重要刀剣」に匹敵する短刀ならば更に300万を超えるような買取価格も期待できるでしょう!

では、実際に日本刀の短刀がどれくらいの価格で買取されるのか、高く売ることができる高価な短刀の特徴についてなど、短刀買取情報を紹介していきます。

短刀の買取価格例の紹介

短刀の買取価格例の紹介

ここからは色々な「短刀」の買取価格について紹介します。画像付きで短刀の買取例を挙げて紹介しますのでぜひ参考にしてください。(※なんでも鑑定団のような評価額や鑑定価値と買取価格は全くの別物で、評価額は買取価格よりもはるかに高い金額が算出されます。)

短刀:在銘(備前国住長船祐定)

短刀:在銘(備前国住長船祐定)
買取価格:15~20万円

こちらは有名な刀工流派である長船派のなかでも末備前に活躍したとされる「祐定」によって打たれた短刀です。「備前長船」と聞くと一度は耳にしたことがあるかと思いますが、備前長船の刀剣は基本的に高く評価されていることから、短刀以外の長船派の刀剣類も高価買取が期待できる逸品扱いです。

こちらの「備前長船祐定」の短刀の買取価格は15~20万円が相場との事です。鑑定書がもしあれば状態としては「保存刀剣」に部類される位のランクですので、ランクによっては「備前長船祐定」の短刀は更に高価買取も期待できます。また、今回は「祐定」の銘でしたが、長船派には「祐定」以外にも様々な銘(刀工)があり、買取価格もピンキリにはなります。

短刀:在銘(越前国下坂) - 保存刀剣

短刀:在銘(雙龍)
買取価格:9~12万円

こちらは「越前国下坂」の銘が入った短刀で、鑑定書から「保存刀剣」のランクという事が判明しています。越前国下坂という銘は「下坂派」という流派の刀工によって作刀された刀剣であり、「下坂派」とは「下坂八郎左衛門」によって近江の西坂本下坂の地にて反映した刀工流派とされています。

画像の「越前国下坂」の短刀の買取価格は9~12万円程が相場との事です。ただし、「下坂」の銘を持つ職人も多く、下坂派の刀剣だとしても作刀した刀工次第では買取価格は大きく変わるとの事です。

短刀:在銘(一貫斎繁壽)

短刀:在銘(一貫斎繁壽)
買取価格:1万~3万円

一見しただけでも分かるくらい錆や傷が確認できる短刀ですが、このような状態でもこちらの短刀ならば買取価格は1万~3万円程の相場が期待できるとの事です。

画像の短刀に買取価格がつくポイントは2点あるようで、1つは「一貫斎繁壽」という在銘の短刀であるという点です。そして、もう一点は下手に錆を落としたりしていないからだそうです。一見錆が見えて汚れがひどく見えますが、研磨で十分に対応できるらしく、逆に素人が下手に無理やり錆を落とすと刀剣の美観が損なわれて価値も下がるとの事です。

※但し、錆は放置しておくと広がっていき刀剣類を劣化させる原因となるので、錆びのある刀剣は見つけ次第放置ではなく専門家に相談した方がよいとの事です。

短刀:無銘

短刀:無銘
買取価格:1万円前後

こちらは無名の短刀で、「実は高名な刀工や流派によって作刀された短刀」というわけでもない短刀です。こういった短刀となると短刀の質や状態次第で買取価格を判断するそうですが、ある程度買取価格には上限があるとの事です。

この画像の無銘の短刀の買取相場は大体1万円前後との事ですが、質・状態共にかなりよい短刀であればが5万くらいまでは買取価格も見込めるそうで、それ以上はこういった条件の短刀ではかなり珍しいとの事です。

短刀:無銘(模造刀)

短刀:無銘(模造刀)
買取価格:買取不可~1000円

こちらは画像では本物にも見えますが「模造刀」です。ただ、模造刀とはいえプラスチックで作られた明らかなおもちゃならともかく「真鍮」亜鉛」「アルミニウム」等の合金製なので素人なら本物にも見えます。

さて、こういった模造刀ですが、基本的には単体では買取不可ですが、他の骨董品などとまとめ売りで1000円くらいまでなら買取価格がつく事もあります。模造刀の判断に関しては、刀身部分に磁石がつけば本物、つかなければ偽物と判断できます。

短刀買取におけるおすすめ買取業者

短刀買取におけるおすすめ買取業者

まず初めに、手間をかけずに短刀を高く安心に売る為に最も大切なおすすめの短刀買取業者をご紹介します。買取業界において「おすすめの短刀買取業者=おすすめ骨董品買取業者」ですので、当サイトで紹介しているおすすめ骨董品買取業者を参考にしてください。短刀買取においても買取業者の選択さえ間違えなければ、手間いらずで高く安心に短刀を売ることができます!

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、次点でおすすめしている骨董品買取業者です。

高価買取が期待できる短刀の特徴とは?

メール査定における短刀の撮影方法

相続や掃除の際に倉庫や物置から短刀が見つかったという場合高く売れるかどうか気になりませんか?そんな時見つけた短刀が「高く売れそうな短刀かどうか」を判別するポイントをご紹介します。

これから紹介するポイントに多く該当すると高く売れる短刀の可能性が上がりますので、気になる場合は後述しますが一度骨董品買取業者に査定依頼をすることを強くおすすめします!

在銘か無銘かどうか

在銘か無銘かどうか

短刀を見つけた際には「在銘」か「無銘」かを確認しましょう。確認方法は「1.登録証か鑑定書を確認する」or「2.茎(なかご)を確認する」方法があります。

まずは、1の登録証か鑑定書を確認する事をおすすめします。特に、鑑定書があれば無銘であっても優秀な刀工が作った短刀だと認定されている場合があり、その場合は無銘であっても在銘のように高価買取が期待できます。

登録証や鑑定書がなければ2の方法を試しましょう。「茎(なかご)」と呼ばれる短刀の柄を外した部分で銘の確認ができます。柄の外し方についてはこちらの刀剣TOPページの動画をご確認ください。

刀装具を確認する

刀装具を確認

刀装具とは「鞘」や「柄」や「鍔」といった刀剣の外装具の事を指しますが、刀装具が豪華絢爛なほど優れた短刀の可能性が高く、高価買取も期待できる傾向にあります。(※短刀には鍔がありません)

また、高価な品物であるほど保管方法も良くなるので、立派な刀台がセットであったりしても高い買取だとより期待できるようになります。

短刀の鑑定書を確認する

刀装具を確認

公益財団法人日本美術刀剣保存協会が発行する鑑定書(指定書)があれば、認定ランクを確認しましょう。ランクに関しては「特別重要刀剣」>「重要刀剣」>「特別保存刀剣」>「保存刀剣」という順になっており、特別保存刀剣以上の認定があればかなりの高価買取が期待できます。

ただし、「認定書」と呼ばれる現在は廃止されている古い時代の鑑定書もあり、そこでは「貴重刀剣」「特別貴重刀剣」「甲種特別貴重刀剣」という3つのランクで分類されるのですが、刀剣研究の進歩などもあり「認定書」よりも「鑑定書」で高く評価される方が高い買取価格が期待できる傾向にあります。

短刀を入手した場所がわかるなら・・・

短刀を入手した場所がわかるなら・・・

短刀を含めた骨董品全般に言える事ですが、高い価値をもつ骨董品とは「然るべきルート」から見つかる場合が多くなっています。短刀における然るべき入手ルートとは、「1.骨董品収集家のコレクション」「2.オークションや骨董市等で高い金額で購入」に加え、「家系の中に身分の高い武将や大名がいた」などです。

ですので、短刀を見つけた際には入手ルートを確認しておくことをおすすめします。高価な刀剣が流通してそうな然るべき入手ルートからの入手であれば高価買取はかなり期待できますよ!


高価買取が期待できる短刀かどうかを判別する簡単なポイントはこんな感じです。ですが、本当に高い価値がある短刀かどうかの判断は専門家に判断してもらわなければ分かりません。鑑定書もなく無銘で錆びのある短刀であってもで「実は高名な刀工の短刀だった」となり、高価買取が実現する可能性が十分にありえるからです。

ですので、家から「短刀」が見つかれば正しい価値を判断するためにも、無料かつ業者が推奨しているので次の方法で骨董品買取業者の専門家に無料査定を依頼することをおすすめします!

短刀の買取価格の調べ方

短刀の定義と短刀の種類

まず、自力で素人が短刀の買取価格を調べる事は不可能と言えます。その理由は「作品知識」と「最新の相場」を知っている必要がある、つまりはオークションや骨董市等に出入りしているような人や学芸員でなければわからないからです。(当ページの前半に短刀の買取価格例の一覧と解説がありますので、そこを見て短刀の買取価格が算出できそうか試してみてください。)

しかし、写真によるメール査定を活用する事で素人でも短刀の買取価格を簡単に特定する事が可能です。

このページでは短刀に関する撮影ポイントを紹介していますが、メール査定の方法や基本的な撮影方法、相見積もりの取り方については次のページも参考にしてください。

メール査定における短刀の撮影方法

メール査定における短刀の撮影方法

「短刀」の撮影ポイントは刀剣TOPで紹介している方法と共通していますので、「短刀」の買取でメール査定を利用する際にはこちらのページでも紹介している刀剣全般で共通する撮影ポイントを参考にしてください。

登録証のない短刀を見つけた場合は?売れるの?

刀剣の種類一覧

短刀を見つけた際には必ず画像のような「登録証」の有無を確認しましょう!この登録証は鑑定証とは別物です。

登録証があれば問題ありませんが、もし登録証が無ければ「所持しているだけでも銃刀法違反」となり、買取業者へ短刀の買取をしてもらう事もできません。

ですが、登録証を取得するのは特に難しい事ではありません。次の刀剣TOPページで登録証の取得方法を紹介していますので参考にしてください。

他の刀剣の種類一覧

刀剣の種類一覧

短刀以外で当サイトで紹介している刀剣の買取情報は次の通りになります。

掛け軸や絵画、象牙、刀剣、珊瑚製品など様々な骨董品に関しても幅広く紹介していますので骨董品買取の際にはそちらも是非参考にしてください。

骨董品買取業者が買取する刀剣の種類一覧

ページのトップへ