刀買取に関する情報を提供するページ
刀買取に関する情報を提供するページ

刀買取情報の目次

このページでは刀買取に関する様々な情報をご紹介するのですが、情報量がかなり多くなりますので次の目次を参考にしてください

刀とは?高く売れる?

刀の買取価格例の紹介

まず最初に刀の概要や買取価格について紹介します。刀とは「片」方が「刃」となっている刀剣類の総称で「片・刃」→「かた・な」と由来しています

つまり、刀とは一言にいえど「太刀」「脇差」「サーベル」「ククリ刀」「青龍刀」「斬馬刀」なども「刀」に該当することから、日本のみならず世界中には様々な「刀」が存在していることが分かると思います。

しかし、これでは刀の定義があまりにも広すぎますし、「刀剣」「日本刀」「刀」「太刀」「脇差」これらは何が違うのか?とも思われるかもしれません。ですが、一つ一つ整理して見ればで刀の定義は簡単に理解できるので、まずはそこから紹介しましょう。

刀の定義について分かりやすく紹介

刀剣の種類一覧

まず、刀剣とはこちらでも紹介しているように「刃」や「剣身」を備えている武器の総称ですので、「刀」や「槍」や「両刃の剣」、「洋刀」や「中国刀」など全ての総称となります。

そして、「日本刀」とは「日本独自の鍛冶製法をもって作られた刀剣類の総称」です。つまり、日本で作られた「刀剣類」であれば「刀」や「槍」や「薙刀」なども日本刀と呼ばれます。

そして、「刀」についてですが広義には前述の「「片」方が「刃」となっている刀剣類の総称」ですが、狭義には「日本刀の中でも片刃で刀身が2尺以上」かつ「徒戦用に作られているため太刀より反りが直線に近い」刀剣の総称として用いられます。(日本刀の「刀」は別名「打刀(うちがたな)」とも呼ばれます)

「太刀」や「脇差」とは日本刀の中で分類される刀剣類の事であり、刀のように刀身の長さや形状、用途によって分類されます。当サイトで紹介している「刀」の買取情報とは「日本刀の刀」について紹介しています。

当サイトでは日本刀を中心に「刀」以外の刀剣関連商品について買取情報を紹介しています。

当サイトで紹介している刀剣類について

そして、「刀」は高く売れるの?

刀の紹介が長くなりましたが、「刀」は高く売れる可能性は十分に高いと考えられます。

骨董品の中でも刀剣類は全体的に価値も人気も高く、刀剣の中でも刀は様々な名刀が存在し、人気が特に高い事から需要も高いからです。基本的には有名な刀工の「刀」が高いとされていますが、無名であっても1万以上で売れる刀も多くあります!

では、高く売ることができる高価な「刀」の特徴やメール査定での撮影方法も画像付きで紹介していきますので、刀の買取情報をお探しの際にはぜひ参考にしてください。

刀の買取価格例の紹介

刀の買取価格例の紹介

ここからは色々な「刀」の買取価格について紹介します。分かりづらいかもしれませんが、画像付きで刀の買取例を挙げて紹介しますのでぜひ参考にしてください。(※なんでも鑑定団のような評価額や鑑定価値と買取価格は全くの別物で、評価額は買取価格よりもはるかに高い金額が算出されます。)

刀:無銘(古一文字:保存刀剣) 刀剣買取情報

刀:無銘(古一文字:保存刀剣)
買取相場:40~60万円

こちらの画像の「刀」は無銘ではありますが、備前の有名な刀工福岡一文字派により打たれた刀です。古一文字という呼称は「助宗」「貞真」「宗忠」「重久」を始めとした鎌倉初期に活躍していた福岡一文字派の刀工達によって打たれた刀の事を指すとされています。

この、古一文字の刀は打たれた時代から「古刀」に該当する刀であり保存刀剣にも登録されているほどの逸品という事もあり、無銘ですが買取価格は何と40~60万円も期待できるでしょう。

刀:在銘-九州肥後同田貫藤原正国 刀剣買取情報

亀文堂刀
買取価格:30~40万円

こちらの刀は「九州肥後同田貫藤原正国」という銘の打たれた「刀」で、なじみのある名称で呼ぶと「同田貫正国」という刀であり刀剣乱舞でも有名一振りですね。また、別の人には「どうたぬき」という刀の一種というと伝わりやすいかもしれませんね。

この「同田貫正国」の刀は鑑定書はなく画像では細かくまでわかりませんがが状態は比較的良い事から、買取価格は30~40万円が相場となります。ちなみに、「肥後同田貫」に続く銘は「正国」以外にも「上野介」「宗廣」「宗広造之」「寿太郎宗広」など様々あります。

軍刀(刀):無銘(軍刀拵え付)

刀:無銘(軍刀拵え付
買取価格:買取価格:5000円~1万円

こちらは昭和の時代に作刀されたとされる「軍刀」で、刀剣の種類としては「刀」に分類されます。「無銘」の刀であり、特別な「威列」や「ランク」のない「刀」となっています。物置にしまいっぱなしの刀だったらしく、状態に関しても刀身に錆や小傷が目立ち、拵え自体も汚れ等が目立つ刀とのことです。

買取業者から見た場合はこの状態の軍刀(刀)の買取価格は5000円~1万円が買取相場と言えるそうです。ただし、この手の刀は買い手によっては自分好みに「仕上げ」を行っていく人や、試しに刀が欲しいといった層に需要があるらしいので、買取業者でなければ意外と高く売れる事もあるそうですよ。

刀:在銘-豊州小倉住大和守藤原宣貞

刀:在銘-豊州小倉住大和守藤原宣貞
買取価格:20~30万円

こちら、銘が非常に長い刀となっていますが、分かりやすい名称でいうと「大和守宣貞」の「刀」です。大和守宣貞と言えば、武将の細川忠興(ほそかわ ただおき)お抱えの鍛冶として有名で、「豊州小倉住」という銘から豊前国小倉藩にて打たれた「刀」という事が分かります。

この「大和守宣貞」にはは鑑定書がついてはいませんが、状態も良好で観賞用としても十分な綺麗さを持つ刀から買取価格は15~20万円は期待できるでしょう。ただし、鑑定書の有無やランク、その時の市場状況が異なれば更に高価買取は期待できるだろうとのことです。

刀:無銘

無銘 刀
買取価格:買取価格:3000円~8000円

こちらの刀は昭和頃に作刀されたとする無名の刀です。物置にしまい込んでいた事から手入れ等は一切されていない状態の刀で、鞘から刀自体まで全体的に劣化が目立ちます。刀身に関しては波紋が見えず、錆もあり刃こぼれも確認できる状態です。

買取業者が査定するこの刀の買取価格はおよそ3000円~8000円が相場となります。ただし、前述の無名の刀で紹介した通り、こういった安価でも手に入る刀だからこその需要もある為、買取業者で売らず購入希望者との直接取引であれば4~5万円を超える価格でこの刀を売ることも可能かもしれないとのことです。(※ただし、個人取引は手間がかかるのと、刀剣類は取り扱いに注意が必要という事を念頭入れておきましょう。)

刀買取におけるおすすめ買取業者

刀買取におけるおすすめ買取業者

まず初めに、手間をかけずに刀を高く安心に売る為に最も大切なおすすめの刀買取業者をご紹介します。買取業界において「おすすめの刀買取業者=おすすめ骨董品買取業者」ですので、当サイトで紹介しているおすすめ骨董品買取業者を参考にしてください。刀買取においても買取業者の選択さえ間違えなければ、手間いらずで高く安心に刀を売ることができます!

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、次点でおすすめしている骨董品買取業者です。

高価買取が期待できる刀の特徴とは?

メール査定における刀の撮影方法

家の大掃除や倉庫や蔵の整理、相続などによって「刀」が見つかった際に「高く売れそうな刀かどうか」を判別するポイントをご紹介します。

これから紹介するポイントに多く該当すると高く売れる刀の可能性が上がりますので、気になる場合は後述しますが一度骨董品買取業者に査定依頼をすることを強くおすすめします!

有銘か無銘かどうか

単純に古そうな刀かどうか

刀を見つけた際にはまず「銘の有無」を確認しましょう。銘は刀剣の登録証や鑑定書に「無銘」もしくは「刀工名」が記載されています。無銘であれば必ず安いわけではありませんが、銘がある方が買取価格は期待できます。

もし登録証がない場合は柄を外した部分で銘の確認ができます。柄の外し方についてはこちらの刀剣TOPページの動画をご確認ください。

刀装具を確認

刀装具の確認

確認する刀装具とは「鍔(つば)」「柄(つか)」「鞘(さや)」の三種です。刀装具の造りが精巧であったり、装飾が豪華な刀は階級の高い人間が所持していた可能性も高く、そういった人の刀というのは優れた刀剣である可能性も高く高価買取がより期待できるのです。

分かりやすい豪華な装飾例でいうと「金」が使用されている事が挙げられますが、豪華風に見せているだけの刀装具もありますので、一見豪華に見えても実は安いという可能性もありますので注意が必要です。

古い刀剣かどうか

古い刀剣かどうか

こちらの刀剣TOPページでも紹介しているように、「刀」もより古い時代に作られた「上古刀」や「古刀」と呼ばれる「刀」の方が買取価格も高い傾向にあります。

ただし、古い刀かどうかを正確に見分ける方法は難しい事ので、とりあえず「古そうな刀だ」と感じるだけで十分です。それだけでも高価買取が期待できる刀じゃないかと考え、刀剣の買取業者に相談するには十分な理由ですので、聞いてみるとよいでしょう。

鑑定書があれば

鑑定書があれば

こちらも刀剣TOPページで紹介している事ですが、鑑定書が付属していた際にはどういうランクに認定された刀剣か確認しましょう。

「特別重要刀剣」>「重要刀剣」>「特別保存刀剣」>「保存刀剣」の順で買取価格も変異していきます。(詳しくは刀剣TOPのページで紹介しています。)

刀を入手した場所がわかるなら・・・

刀を入手した場所がわかるなら・・・

刀を含めた骨董品全般に言える事ですが、高い価値をもつ骨董品とは「然るべきルート」から見つかる場合が多くなっています。刀における然るべき入手ルートとは、「1.骨董品収集家のコレクション」「2.オークションや骨董市等で高い金額で購入」に加え、「家系の中に身分の高い武将や大名がいた」などです。

ですので、刀を見つけた際には入手ルートを確認しておくことをおすすめします。高価な刀剣がりゅうつうしてそうな然るべき入手ルートからの入手であれば高価買取はかなり期待できますよ!


高価買取が期待できる刀かどうかを判別する簡単なポイントはこんな感じです。ですが、本当に高い価値がある刀かどうかの判断は専門家に判断してもらわなければ分かりません。無銘であってもで「上古刀」であればかなりの買取価格がいたりしますので。

ですので、家から「刀」が見つかれば正しい価値を判断するためにも、無料かつ業者が推奨しているので次の方法で骨董品買取業者の専門家に無料査定を依頼することをおすすめします!

刀の買取価格の調べ方

刀の定義と刀の種類

まず、自力で素人が刀の買取価格を調べる事は不可能と言えます。その理由は「作品知識」と「最新の相場」を知っている必要がある、つまりはオークションや骨董市等に出入りしているような人や学芸員でなければわからないからです。(当ページの前半に刀の買取価格例の一覧と解説がありますので、そこを見て刀の買取価格が算出できそうか試してみてください。)

しかし、写真によるメール査定を活用する事で素人でも刀の買取価格を簡単に特定する事が可能です。

このページでは刀に関する撮影ポイントを紹介していますが、メール査定の方法や基本的な撮影方法、相見積もりの取り方については次のページも参考にしてください。

メール査定における刀の撮影方法

メール査定における刀の撮影方法

「刀」の撮影ポイントは刀剣TOPで紹介している方法と共通していますので、「刀」の買取でメール査定を利用する際にはこちらのページでも紹介している刀剣全般で共通する撮影ポイントを参考にしてください。

登録証のない刀を見つけた場合は?売れるの?

刀剣の種類一覧

刀を見つけた際には必ず画像のような「登録証」の有無を確認しましょう!この登録証は鑑定証とは別物です。

登録証があれば問題ありませんが、もし登録証が無ければ「所持しているだけでも銃刀法違反」となり、買取業者へ刀の買取をしてもらう事もできません。

ですが、登録証を取得するのは特に難しい事ではありません。次の刀剣TOPページで登録証の取得方法を紹介していますので参考にしてください。

他の刀剣の種類一覧

刀剣の種類一覧

刀以外で当サイトで紹介している刀剣の買取情報は次の通りになります。

掛け軸や絵画、象牙、刀剣、珊瑚製品など様々な骨董品に関しても幅広く紹介していますので骨董品買取の際にはそちらも是非参考にしてください。

骨董品買取業者が買取する刀剣の種類一覧

ページのトップへ