絵画の技法の一種「ペン画」について

絵画買取におけるおすすめ買取業者

絵画の技法の一つとして「ペン画」がございます。

このページではペン画に関する歴史と特徴を解説し、有名作品も取り上げてご紹介していきます。

「ペン画」について調べている方は是非参考にしてください。

絵画の技法「ペン画」の歴史について

絵画の技法「ペン画」の歴史について

ペン画とは、ペンやインキを使用して描かれた絵のことであり、その歴史は非常に古いです。

マンガやイラストなどの技法と考える人も多いですが、古代より誕生している絵画技法のひとつであり、西洋美術史では最も重要な描写技法のひとつともなっています。

年代とともに使用されるペンやインクは変わっていますが、その誕生の明確な年代ははっきりしておらず、古代エジプトの頃にはすでに誕生していた技法であり、その当時は植物のアシがペンの主材料でした。

乾燥させたアシの茎を斜めに切り落として先を割いたものを使用していました。

アシのペンは太く力強い線が引けることから、西洋美術においてはゴッホやレンブラントが愛用していたとされています。

7世紀ごろになると、耐久性と弾性のあるペンを求めて、鳥の羽軸が主材料として使われるようになり、ガチョウの羽軸が主に使われていましたが、ハクチョウやカラスなども用いられていたようです。

羽軸の先を熱して砂を詰めたうえで斜めにカットして先を割ったもので、レオナルド・ダ・ヴィンチやピネサロなど多くの芸術家が用いていました。

羽ペンはルネサンス期から19世紀までペン画の主流となっていましたが、18世紀後半ごろから金属のペンが生まれ始めます。

金属ペンは耐久性を考えて早くから開発はされていましたが、18世紀後半ごろまで満足のいくものは誕生しませんでした。

しかし、誕生して後は主流となり、数多くの芸術家やマンガ家、イラストレーターに愛されるものへとなっています。

インクもペンと同様に進化してきた歴史があります。

墨やセピアインキ、もっしょくしインキなどがあり、進化とともに劣化によって褐色化することが防がれるようになりました。

絵画の技法「ペン画」の特徴について

2:絵画の技法「ペン画」の特徴について

ペン画とは、ペンと黒インクを使用して描かれた絵画のことを言います。

外郭と線の掛け合わせた黒の濃淡を表現することによって描かれるので、基本的にはモノクロであることが多いです。

西洋美術史においては多くの大家がペン画を描いていたことで知られており、代表的な技法ですが、現代では西洋絵画のみならずマンガや劇画をはじめとして、イラストレーションやデザイン、設計などでも用いられており、芸術分野のみならず、幅広い分野で活用されていることが特徴といえます。

描かれるものは空想画や風景画が多いですが、ポルノグラフィーが描かれたこともあり、特に決まりはありません。

ペンとインクで描かれた線は非常に鮮明で、たとえ質の悪い用紙に描いたとしても、印刷の際には明瞭に印刷されることもあり、雑誌の挿絵をはじめとした商業用に用いられることが多いという点も特徴です。

このほか、生物学におけるスケッチ図にもペン画は用いられます。

ペン画は、基本的には黒のインクとペンのみで描かれますが、筆や水彩絵具、クレヨンなどの複数の画材を使用して描くことも可能です。

色インクも開発され、モノクロではないペン画も多くなっています。

ペン画に使用するペンには様々な種類があり、ペンの種類によって描くことができるタッチが異なるという点も特徴です。

万年筆型のGペンやスクールペンなどは、線の強弱がつけやすいという特徴があるほか、ペン先が筒状になっているロットペンは、製図に適しています。

ペン先がプラスチックのミリペンは、細い一定の線を引くことができる上に水彩紙や画用紙に描くのに適したペンです。

「ペン画」の
有名作品一覧

  • ・レオナルド・ダ・ヴィンチ:レダと白鳥
  • ・レンブラント・ファン・レイン:審判(The Judgment)
  • ・伊藤彦造:神武天皇御東征の図
  • ・池田学:くさかまきり
  • ・大塚清六:大藪春彦の「血の春」の挿絵
  • ・佳山隆生:佐藤くるみの「くるみるく」の装丁画と挿絵
  • ・師岡正典:静かに過ぎゆく午後
  • ・星野富弘:花の詩画集速さの違う時計
  • ・杉山八郎:木造家屋緻密ペン画
  • ・オーブリー・ヴィンセント・ビアズリー:トマス・マロリーの「アーサー王の死」の挿絵

絵画の関連コラムはこちら

骨董品・古美術品のおすすめ買取業者は?

絵画作品の正確な買取価格の調べ方

当サイトでは実体験を基におすすめの骨董品・古美術の買取業者を紹介していますので、買取を希望している方は参考にしてください。

また、骨董品・古美術品に関する無料相談や無料査定サービスも行っている業者ですので、骨董品の価値を知りたい際にもおすすめの買取業者ですよ

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは絵画を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ