絵画の技法の一種「リトグラフ(版画)」について

絵画買取におけるおすすめ買取業者

絵画の技法の一つとして「リトグラフ(版画)」がございます。

このページではリトグラフに関する歴史と特徴を解説し、有名作品も取り上げてご紹介していきます。

「リトグラフ」について調べている方は是非参考にしてください。

絵画の技法「リトグラフ(版画)」の歴史について

絵画の技法「リトグラフ(版画)」の歴史について

リトグラフは石版画ともいい、18世紀末にドイツのアロイス・ヨハン・ネポムク・フランツ・ゼネフェルダー (Aloys Johann Nepomuk Franz Senefelder,1771~1834) が確立したものです。

彼が発明したのは「平版」を用いた技法で、凹凸のない版を使用する、今までにない技法として普及しました。

その後、1800年には特許の申請が受理され、ゼネフェルダーはこの技法をまとめた「石版術全書」を1818年に出版しています。

はじめは楽譜などの印刷の際に使用したことから普及が広がっていき、次第にイギリスやフランスなどヨーロッパを中心に美術に活用されるようになっていきました。

例えば、ピカソやシャガールはリトグラフを使用していた有名な画家のうちのひとりです。

19世紀にはジャーナリズムの台頭により新聞や雑誌を通じてどんどん広がりを見せ、「リトグラフの時代」といわれるほどでした。

先ほどのメディアによりリトグラフの技法も流布されることとなり、幕末から明治初期にかけて日本にも入ってきました。

1868年には下岡蓮杖が徳川家康像を版行するなど、リトグラフが日本へきたばかりの頃は美人画や風俗画など民衆へ向けたものや商業としての印刷物に多く使われていましたが、時代を経て美術作品を作成する際に使用されるようになっていきました。

1874年には川上冬崖、中丸精十郎らが陸軍士官学校において写景法範を刊行したり、1892年には東京石版印刷組合が結成されました。

こうした形で全世界へ広がっていったこのリトグラフという技法は、今でも受け継がれ愛される技法のひとつとなっています。

絵画の技法「リトグラフ(版画)」の特徴について

2:絵画の技法「リトグラフ(版画)」の特徴について

リトグラフとは、「石版画」ともいい、平らな版材に油分を含んだ描画材で直接絵を描き、薬品で処理を行うことによって紙に刷りとる版画技法です。

「石版画」とも表すように、はじめは版材には石が使用されていました。

しかし、現在では軽くて持ち運びのしやすいアルミ版を使用するのがメジャーになっています。

工程としては、初めに「描画」を行います。

油性マジックやクレヨンなど、油分の強い描画材を使用し、、手の油分などにも注意しながら描画を行います。

次に、アラビアゴムという天然樹脂を塗り、安定させるため1日~1週間放置します。

その後、灯油やシンナーなどを用い描画材を溶かし、エゲンラッカーとチンクタールでコーティングします。

また、アラビアゴム・その上のエゲンラッカーとチンクタールを水分で落とします。

この作業によりインクを吸着する描画部分と、インクをはじくその他の部分に分けることができます。

最後に、製版インク、タルク、ラズン、アラビアガムの順に塗り、放置して再度安定させると版が完成となります。

この作業を「製版」といいます。

製版ができたら、「刷り」に入ります。

版をスポンジなどで湿らせながら、描画した部分にインクを刷り込みます。

そして、ゴムローラーを用いてすばやくインクを広げ、細かいところまでしっかりと伸ばします。

インクが伸ばせたら、紙を置き、プレス機で圧をかけ印刷を行います。

印刷が終わったら紙を乾かし、完成です。

このように版を削ったりすることなく版画を行うのがリトグラフの特徴です。

「リトグラフ(版画)」の
有名作品一覧

  • ・エドヴァルド・ムンク:叫び
  • ・オノレ・ドーミエ:ドン・キホーテ
  • ・ピエール・ジャン=ピエール・カシニョール:バルバラ
  • ・フジコ・ヘミング:ピアノ練習・夜に
  • ・ボナール:デサーテッド:通りの2匹の犬
  • ・アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック:ムーラン・ルージュにて
  • ・石井鼎湖:明治期美人
  • ・東山 魁夷:白馬の森
  • ・山本芳翠:天女
  • ・岡田三郎助:矢調べ
  • ・パブロ・ピカソ:牧神の顔
  • ・片岡 球子:めでたき富士
  • ・アルフォンス・ミュシャ:黄道12宮

絵画の関連コラムはこちら

骨董品・古美術品のおすすめ買取業者は?

絵画作品の正確な買取価格の調べ方

当サイトでは実体験を基におすすめの骨董品・古美術の買取業者を紹介していますので、買取を希望している方は参考にしてください。

また、骨董品・古美術品に関する無料相談や無料査定サービスも行っている業者ですので、骨董品の価値を知りたい際にもおすすめの買取業者ですよ

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは絵画を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ