絵画(西洋画)の技法の一種「フレスコ」について

絵画買取におけるおすすめ買取業者

絵画(西洋画)の技法の一つとして「フレスコ」がございます。

このページではフレスコに関する歴史と特徴を解説し、有名作品も取り上げてご紹介していきます。

「フレスコ」について調べている方は是非参考にしてください。

絵画の技法「フレスコ」の歴史について

絵画の技法「フレスコ」の歴史について

紀元前から存在したフレスコ画

フレスコ画の歴史は、フランスで発見された20000年前の「ラスコーの壁画」に遡ります。

ラスコーの壁画は洞窟内の壁に描かれたもので、現在も馬や牛の形状がはっきりと認識できる状態で保存されています。

また、紀元前数千年と言われる中部トルコのアナトリア地方で発見された壁画や、紀元前18世紀のクレタ島のクノッソスの壁画もフレスコ画の1種と言えるでしょう。

紀元前6世紀頃に栄華を極めた古代ローマでは、絵画作品の大半が壁画で、その技法もフレスコ画であったと言われています。

紀元1世紀の「ポンペイの壁画」もフレスコ画です。

ポンペイと言えば、ヴェスヴィオ火山の噴火により全滅したイタリアの古代都市として有名ですが、その後の発掘調査で火山灰に埋もれたフレスコ技法の壁画が多数発見されました。

11世紀以降のヨーロッパで栄えたフレスコ画

その後千年以上経過した11世紀のヨーロッパにて、キリスト教文明が栄えると共に教会の室内装飾画として聖人や天使などのフレスコ画がたくさん描かれるようになりました。

特に、文芸復興と呼ばれたルネサンス期には、イタリアを中心にヨーロッパ各地でフレスコ画が盛んに描かれ、画家が腕を競うようになったのです。

14世紀から16世紀にかけてフレスコ画は最盛期を迎え、庶民の住む民家の外壁にもフレスコ画を描く者が現れました。

しかしながら、フレスコ画が栄えたのもここまでで、15世紀に油絵画法が発明されると著名な画家が一斉に油絵に取り組むようになり、次第にフレスコ画は衰退していきました。

絵画の技法「フレスコ」の特徴について

2:絵画の技法「フレスコ」の特徴について

フレスコとは主に「壁画」に用いられる絵画の技法の一つで、壁に漆喰を塗り、その漆喰が乾かないうちに水溶性の絵具で絵を描くという技法です。

フレスコ画の最大の特徴は、油絵の油や日本画の膠といった絵具の定着に必要な溶剤を使わない点にあると言えるでしょう。

漆喰が乾いてからでは、やり直しが効かないため、描き直したい際には漆喰を剥がして最初からやり直さなければなりません。

漆喰が乾く過程で石灰水と二酸化炭素が起こす化学反応により表面が透明な結晶でコーティングされるので、絵具を定着させるためには、漆喰が乾く前に描くことが不可欠なのです。

だからこそ、石灰が作る結晶に覆われた顔料が、フレスコ画特有の美しい色合いを醸し出します。

また、壁に含まれる炭酸カルシウムという成分は、水に溶けることがなく数千年経っても劣化しにくい特性があります。

したがって、建物の外側で風雨や日光に長期間さらされても、フレスコ画が次第に薄くなって消えてしまうということがほとんどありません。

フレスコ画に似た画法としてテンペラ画がありますが、テンペラ画は卵や膠を顔料に混ぜた絵具を使います。

テンペラ画は漆喰が乾いてからその上に描くので、フレスコ画のような耐久性がないのです。

レオナルドダヴィンチの「最後の晩餐」はテンペラ画なのですが、見た目はフレスコ画と見間違えることが多く、誤った補修方法によりかえって絵を傷めてしまうということもありました。

「フレスコ」の
有名作品一覧

  • ・ミケランジェロ・プオナローティ:最後の審判、創世記、天地創造
  • ・ジョット・ディ・ボンドーネ:スクロヴェーニ礼拝堂装飾絵画、聖人フランチェスコの生涯、玉座の聖母と4人の天使と聖フランチェスコ
  • ・ラファエロ・サンティ:アテナイの学堂
  • ・グスタフ・クリムト:ベートーベン・フリーズ
  • ・マサッチオ(トンマーゾ・ディ・セル・ジョヴァンニ・ディ・モーネ・カッサーイ ):貢の銭
  • ・フラ・アンジェリコ:受胎告知
  • ・ピエロ・デラ・フランチェスカ:聖十字架伝説

絵画の関連コラムはこちら

骨董品・古美術品のおすすめ買取業者は?

絵画作品の正確な買取価格の調べ方

当サイトでは実体験を基におすすめの骨董品・古美術の買取業者を紹介していますので、買取を希望している方は参考にしてください。

また、骨董品・古美術品に関する無料相談や無料査定サービスも行っている業者ですので、骨董品の価値を知りたい際にもおすすめの買取業者ですよ

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは絵画を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ