絵画の技法の一種「ドリッピング」について

絵画買取におけるおすすめ買取業者

絵画の技法の一つとして「ドリッピング」がございます。

このページではドリッピングに関する歴史と特徴を解説し、有名作品も取り上げてご紹介していきます。

「ドリッピング」について調べている方は是非参考にしてください。

絵画の技法「ドリッピング」の歴史について

絵画の技法「ドリッピング」の歴史について

ドリッピングという技法が絵画の技術として世に広まったのは、アメリカの抽象画家ジャクソン・ポロック(1912~1956)による影響だと言われています。

ドリッピングという技術自体は簡単なので、それ以前にも用いられた可能性はありますが、世に広めたのはやはりジャクソン・ポロックです。

ポロックは最初のころは自然を題材とする具象画を描いていました。

しかし1935から1943年にかけ、公共事業促進局(WPA)の連邦美術計画の仕事に参加し、メキシコの壁画作家であるダビッド・アルファロ・シケイロスの助手を務めたのです。

この際ポロックは、巨大な壁面にエアブラシやスプレーガンで壁画を描く技法に衝撃を受け、現場で床に塗料が飛び散るのを目の当たりにします。

これが、のちにドリッピングのヒントになったと言われています。

ポロックはその後の1943年から、次第にドリッピングの技法を用いるようになり、1947年頃からドリッピング技法を用いた作品を大々的に制作するようになりました。

ポロックのドリッピングによる作品は、一見無秩序に見えて、たいへん高度な技法を用いていると言われています。

物理学者のリチャード・テイラーが「フラクタル構造」という観点からポロックのドリッピング作品を分析した結果、絵の中のどこをとっても均一にフラクタル構造が見られ、非常に洗練されていたからです。

こうしたことから、今日においてもドリッピング作品の代表的な画家といえばポロックの名前が挙げられます。

絵画の技法「ドリッピング」の特徴について

2:絵画の技法「ドリッピング」の特徴について

ドリッピングは、絵の具を紙やキャンバスに垂らして描く技法です。

垂らす際には、筆に絵の具を含ませて上から垂らしたり、筆を振って絵の具を飛ばしたりします。

また絵の具の入った容器を紙やキャンバスの上で傾けたり、穴のあいた缶に絵の具を入れて垂らすといった手法がとられることもあります。

一般に、筆を紙やキャンバスに触れさせることなく描くことが特徴です。

そして垂れた絵の具にストローなどで息を吹きかけたり、紙やキャンバスを傾けたりして絵の具を動かし、変化をつけることもあります。

ドリッピングは、絵の具の垂らし方や息の吹きかけ方によっても、表情は大きく変化します。

また、複数の色の絵の具を用いることも多く、この場合、一つの絵の具が乾いてから他の色を重ねるのと、絵の具が乾かないうちに他の色を重ねるのでは、全く別の表現になります。

ドリッピングは偶然性を取り入れた技法ですが、決して偶然だけの産物ではありません。

計算された技法と偶然との融合が、ドリッピングの大きな特徴と言えます。

また、ドリッピングで優れた作品を制作しようとすれば高度な技術が必要ですが、ドリッピングの技法自体は小さな子供でも容易に扱う事が可能です。

このため、ドリッピングは幼稚園などで子供の芸術教育にも取り入れられています。

そこでは、子供たちはドリッピングを楽しみながら絵の具や筆に親しみ、偶然にできた形を楽しむことによって、感受性を育みます。

このような自由で創造的でありながら誰でも手軽に楽しむ事ができる事も、ドリッピングの一つの特徴と言えるでしょう。

「ドリッピング」の
有名作品一覧

  • ジャクソン・ポロック:No.1,1950, ラベンダー・ミスト
  • ジャクソン・ポロック:No.1A
  • ジャクソン・ポロック:No.5
  • ジャクソン・ポロック:No.7, 1949, アウト・オブ・ザ・ウェブ
  • ジャクソン・ポロック:No.17A
  • ジャクソン・ポロック:錬金術
  • ジャクソン・ポロック:ルシファー
  • ジャクソン・ポロック:海のような変化
  • ジャクソン・ポロック:北斗七星の反映
  • ジャクソン・ポロック:インディアンレッドの地の壁画
  • ジャクソン・ポロック:サマータイム No.9A

絵画の関連コラムはこちら

骨董品・古美術品のおすすめ買取業者は?

絵画作品の正確な買取価格の調べ方

当サイトでは実体験を基におすすめの骨董品・古美術の買取業者を紹介していますので、買取を希望している方は参考にしてください。

また、骨董品・古美術品に関する無料相談や無料査定サービスも行っている業者ですので、骨董品の価値を知りたい際にもおすすめの買取業者ですよ

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは絵画を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ