吉田美統買取に関する情報を提供するページ
吉田美統買取に関する情報を提供するページ

吉田美統情報の目次

このページでは次のように吉田美統の情報を紹介します

吉田美統作品の買取相場例一覧

人間国宝吉田美統作品の買取相場例一覧

当サイトは【骨董品・古美術買取ガイド】と名乗っている事もありますので、まずは吉田美統作品の買取相場から紹介したいと思います。

「人間国宝である吉田美統の作品」と言っても、香合やぐい吞、花瓶など幅広い種類の作品があり、状態や作風によっても買取相場は異なります。

ですので、まずは過去の吉田美統作品の取引事例を基に、様々な「吉田美統」の作品がどれくらいの買取価格になるのかをご紹介します。

吉田美統作品の買取相場一覧
作品 状態 買取相場
吉田美統作:釉裏金彩花瓶(高さ23.8cm・幅12.9cm) 良好/在印銘/共箱 23000円~50000円
吉田美統作:釉裏金彩壷(高さ29.8cm・幅30.5cm) 良好/在印銘/展覧会出展作 15万円~20万円
吉田美統作:釉裏金彩香爐(高さ13.9cm・幅12.2cm) 良好/在印銘/共箱 68000円~11万円

吉田美統作品
買取相場補足情報

人間国宝である吉田美統作品の買取相場は、状態がよければ概ね1万円以上の買取相場は十分に期待できるでしょう。

吉田美統作品は品物によっても相場が幅広いことが特徴で、1点で1~2万円前後の買取価格に収まる品もあれば、逆に数十万円単位の買取価格が付く品も多くあります。

そして、過去の取引事例から考えると、特に高い吉田美統作品は単体で70万円~100万円程の買取価格が期待できる作品もあります。

ここまで高額になる作品は稀ですが、特に壺や花瓶などの大型作品、あるいは展覧会出展作や陶磁器関連の文献掲載作品だと買取価格も高額になりやすいです。

ですが、素人が一見して吉田美統作品の買取相場を算出することは難しいので、手軽かつ正確に人間国宝吉田美統作品の買取価格を調べる方法も紹介しておきます。

吉田美統作品の正確な買取価格の調べ方

吉田美統作品の正確な買取価格の調べ方

吉田美統作品の買取価格例をいくつか紹介しましたが、個人でも簡単かつ正確に吉田美統作品の買取価格を調べる方法があります。

それは、骨董品買取業者の無料メール査定を活用する事で吉田美統の買取価格を簡単に特定できます。

WEB査定におすすめの骨董品買取業者は次の業者を参考にしてください。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

吉田美統について

吉田美統について

吉田美統は1932年7月7日に石川県にて生まれた陶芸家であり、釉裏金彩の分野にて重要無形文化財保持者の一人として人間国宝に認定されました。

では、概要はここまでにして吉田美統という陶芸家がどういう人物だったのかをまとめてご紹介いたします。

人間国宝の理由

吉田美統(よしたみのり)は本名を吉田稔といい、2001年に「釉裏金彩」の技法により重要無形文化財保持者として人間国宝に認定された陶芸家です。

釉裏金彩は金沢の特産である金箔と九谷焼を結び合わせた工芸で、陶芸技法の中では大変手間のかかる技法の一つと言われています。

吉田美統の生い立ち

吉田美統は1932年に石川県小松市で生まれました。家は九谷焼の赤絵金襴手(あかえきんらんで)を専門とする作陶業を営んでいました。その影響で、高校を卒業すると陶芸の道に入り九谷焼の絵付けの技法を習得します。

その後10年程間を置いて30歳の時に武蔵野美術短期大学に特修正として入学し、工芸デザインを学びます。

釉裏金彩を作品に取り入れるようになったのは、釉裏金彩技法を用いた加藤土師萌の作品に出会い、魅了されたことがきっかけだと言われています。

その後の経歴・人物

吉田美統の作品が初めて世に知られるようになったのは1970年に開かれた日本万国博覧会に「百人一首大花瓶」を出品したときでした。

これを皮切りに、1974年には日本伝統工芸展に入選を果たすなど、数多くの賞を受賞し釉裏金彩の第一人者としての地位を固めて行きました。現在は石川県の美術文化協会の理事を務めています。

吉田美統の技法

一般的な金彩の絵付けは器を焼いてから筆で絵を描きますが、釉裏金彩は金箔を使って模様を形取り、その上に透明の釉薬を施して焼成する技法です。

こうすると器に張った金箔が釉薬を通して柔らかい色彩となり、また焼成するため、貼った金箔模様がはがれることがありません。

吉田美統の技法はこうしたすでに難しい技法に、さらに厚さの異なる金箔を組み合わせて使っている点で高く評価されています。

吉田美統の作品

吉田美統の作品は背景色に黄、緑、グレー、紫、赤の5色を使っていることが特色です。シンプルな色を背景に豪華な金箔を付けるため、そのコントラストがはっきりし、優雅でありながら豪華な雰囲気が漂います。

主な作品には、薄緑の背景に牡丹の花を金箔で表現した「釉裏金彩牡丹文」や、紫の背景にハスの花の金箔を付けた「釉裏金彩芙蓉文」などがあります。

作家情報の一覧

作家情報の一覧

当サイトでは幅広く「人間国宝」「日本画家」「洋画家」「中国作家」「陶芸家」について買取相場や詳細情報を紹介しています。

次のページで作家を一覧で紹介しています。

各作家情報の一覧

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは吉田美統を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ