寺井直次買取に関する情報を提供するページ
寺井直次買取に関する情報を提供するページ

寺井直次情報の目次

このページでは次のように寺井直次の情報を紹介します

寺井直次作品の買取相場例一覧

人間国宝寺井直次作品の買取相場例一覧

当サイトは【骨董品・古美術買取ガイド】と名乗っている事もありますので、まずは寺井直次作品の買取相場から紹介したいと思います。

「人間国宝である寺井直次の作品」と言っても、茶碗や水指、徳利など幅広い種類の作品があり、状態や作風によっても買取相場は異なります。

ですので、まずは過去の寺井直次作品の取引事例を基に、様々な「寺井直次」の作品がどれくらいの買取価格になるのかをご紹介します。

寺井直次作品の買取相場一覧
作品 状態 買取相場
寺井直次作:蒔絵四角盆(高さ3.1cm・幅25.9cm) 良好/在印銘/共箱 38000円~55000円
寺井直次作:鶴文平棗(高さ5.8cm・幅8.5cm) 良好/在印銘/共箱・仕覆付 10万円~15万円
寺井直次作:蒔絵平棗(高さ6.0cm・幅8.4cm) 良好/在印銘/共箱 10000円~20000円
寺井直次作:蒔絵香合(高さ1.9cm・幅8.2cm) 良好/在印銘/共箱・仕覆付 9万円~15万円
寺井直次作:蒔絵盆(高さ2.8cm・幅26.5cm) 良好/在印銘/共箱 35000円~60000円
寺井直次作:蒔絵平棗(高さ5.8cm・幅8.6cm) 良好/在印銘/共箱 15万円~30万円

寺井直次作品
買取相場補足情報

人間国宝である寺井直次作品の買取相場は、状態がよければ概ね3万円以上の買取相場は十分に期待できるでしょう。

寺井直次作品は品物によって大幅に買取相場が異なることも特徴で、特に棗や香合などの茶道具関連は評価が高く、数十万円単位の買取価格が期待できる品も珍しくありません。

そして、過去の取引事例から考えると、特に高い寺井直次作品は単体で40万円~50万円程の買取価格が期待できる作品もあります。

ですが、素人が一見して寺井直次作品の買取相場を算出することは難しいので、手軽かつ正確に人間国宝寺井直次作品の買取価格を調べる方法も紹介しておきます。

寺井直次作品の正確な買取価格の調べ方

寺井直次作品の正確な買取価格の調べ方

寺井直次作品の買取価格例をいくつか紹介しましたが、個人でも簡単かつ正確に寺井直次作品の買取価格を調べる方法があります。

それは、骨董品買取業者の無料メール査定を活用する事で寺井直次の買取価格を簡単に特定できます。

WEB査定におすすめの骨董品買取業者は次の業者を参考にしてください。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

寺井直次について

寺井直次について

寺井直次は1912年12月1日に石川県金沢市にて生まれた漆芸家であり、蒔絵の分野において重要無形文化財保持者の一人として人間国宝に認定されています。

では、概要はここまでにして寺井直次という陶芸家がどういう人物だったのかをまとめてご紹介いたします。

人間国宝の理由

寺井直次は1985年に漆芸の「蒔絵」で重要無形文化財保持者として人間国宝に認定された漆芸家です。

鶴をモチーフとした作品が多く、表現方法として卵殻の並べ方に革新的な技法を凝らしたことが高く評価されています。

生い立ち

寺井直次は1912年に金沢市で生まれました。家は金物屋を営んでおり、父は鍛冶職人でした。

育った環境は金沢という漆芸の中でも特に蒔絵の中心地であったことも影響し、幼い頃からすでに漆芸に興味を持っていました。そのため高校でも漆工学を学び、そこからさらに東京美術学校工芸部に進みます。

美術学校では六角紫水や松田権六などに師事しました。卒業後、理化学研究所の静岡工場に入所し、そこでアルミニウムを使った金胎漆器技術の開発を行います。

その後の経歴・人物

静岡で空襲にあった寺井直次は故郷の金沢に戻り、本格的な漆芸家として創作活動を開始します。1948年に開かれた第4回の日展に出品した「鷺小屏風」が特選になったのを皮切りに、1955年には第11回日展で「雷鳥の図箱」が北斗賞に輝くなど、その後も数々の賞を受賞しました。

その一方で、石川県立工業高校で教鞭をとるなど教育面での活躍も目立ちます。

また、石川県立輪島漆芸技術研究所の初代所長にも就任しており、石川県の漆芸界に大きな足跡を残しました。

技法

寺井直次の蒔絵技法を特徴づけているのは、卵殻の並べ方を工夫し厚みや遠近を感じさせる表現を造り出したことです。

また、アルミニウムの素材を電解処理することにより素地を作りそこに漆を塗る金胎漆器の技法も開発しました。伝統的な漆芸の技法を維持しながらも近代的な技法を取り入れたことで高く評価されています。

作品

寺井直次の作品の中で、初めて金胎技法を取り入れたのが「金胎蒔絵水指『梅』」です。これは金色の素地に梅の花をあしらった水差しで、第22回日本伝統工芸展に出品されたものです。

作品の中で特に有名なのが「金胎蒔絵漆箱『飛翔』」です。これは文化庁が制作した記録映画「蒔絵 寺井直次の卵殻のわざ」の中で紹介されたものです。

映画はアルミニウムの素材を使って電解処理し、そこに鶴が飛んでいく様子を蒔絵として施していく過程を紹介しています。

作家情報の一覧

作家情報の一覧

当サイトでは幅広く「人間国宝」「日本画家」「洋画家」「中国作家」「陶芸家」について買取相場や詳細情報を紹介しています。

次のページで作家を一覧で紹介しています。

各作家情報の一覧

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは寺井直次を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ