田村耕一買取に関する情報を提供するページ
田村耕一買取に関する情報を提供するページ

田村耕一情報の目次

このページでは次のように田村耕一の情報を紹介します

田村耕一作品の買取相場例一覧

人間国宝田村耕一作品の買取相場例一覧

当サイトは【骨董品・古美術買取ガイド】と名乗っている事もありますので、まずは田村耕一作品の買取相場から紹介したいと思います。

「人間国宝である田村耕一の作品」と言っても、茶碗や水指、徳利など幅広い種類の作品があり、状態や作風によっても買取相場は異なります。

ですので、まずは過去の田村耕一作品の取引事例を基に、様々な「田村耕一」の作品がどれくらいの買取価格になるのかをご紹介します。

田村耕一作品の買取相場一覧
作品 状態 買取相場
田村耕一作:湯呑(高さ9.1cm・幅8.6cm) 良好/在印銘/共箱 5000円~17000円
田村耕一作:花文皿(高さ6.8cm・幅36.6cm) 良好/在印銘/共箱 85000円~14万円
田村耕一作:鉄釉茶碗(高さ9.8cm・幅12.1cm) 良好/在印銘/共箱 2000円~10000円
田村耕一作:花文大壺(高さ29.7cm・幅33.1cm) 良好/在印銘/共箱 15万円~30万円
田村耕一作:花文壺(高さ29.7cm・幅12.8cm) 良好/在印銘/共箱 11000円~24000円
田村耕一作:椿文徳利(高さ13.8cm・幅9.8cm) 良好/在印銘/共箱 12000円~31000円
田村耕一作:陶板(幅40.1cm) 良好/在印銘/共箱/展覧会出展作 85000円~15万円
田村耕一作:鉄釉鉢(高さ6.4cm・幅32.3cm) 良好/在印銘/共箱 10000円~28000円
田村耕一作:鉄絵壺(高さ20.6cm・幅18.9cm) 良好/在印銘/共箱 11000円~34000円
田村耕一作:椿文大壺(高さ30.9cm・幅33.4cm) 良好/在印銘/共箱 40万円~65万円

田村耕一作品
買取相場補足情報

人間国宝である田村耕一作品の買取相場は、状態がよければ概ね1万円以上の買取相場は十分に期待できるでしょう。田村耕一は雑器から陶板まで様々な作品を手掛けており相場も非常に幅が広く、中には買取価格が1万円を下回る場合もありますが、逆に大型作品や展覧会出展作などには高い買取価格が付きやすくなっています。

そして、過去の取引事例から考えると、特に高い田村耕一作品は単体で30万円~40万円程の買取価格が期待できる作品もあります。

ですが、素人が一見して田村耕一作品の買取相場を算出することは難しいので、手軽かつ正確に人間国宝田村耕一作品の買取価格を調べる方法も紹介しておきます。

田村耕一作品の正確な買取価格の調べ方

田村耕一作品の正確な買取価格の調べ方

田村耕一作品の買取価格例をいくつか紹介しましたが、個人でも簡単かつ正確に田村耕一作品の買取価格を調べる方法があります。

それは、骨董品買取業者の無料メール査定を活用する事で田村耕一の買取価格を簡単に特定できます。

WEB査定におすすめの骨董品買取業者は次の業者を参考にしてください。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

田村耕一について

田村耕一について

田村耕一は1918年6月21日に栃木県にて生まれた陶芸家であり、鉄絵の分野にて重要無形文化財保持者の一人として人間国宝に認定されました。

では、概要はここまでにして田村耕一という陶芸家がどういう人物だったのかをまとめてご紹介いたします。

人間国宝の理由

栃木県佐野市にある「佐野未来館」。この建物の1階には数々の陶芸品が展示されていますが、それらの作品が、「鉄絵陶器」の重要無形無形文化財として1986年に人間国宝に認定された田村耕一が残したものです。

田村耕一の生い立ち

田村耕一は1918年栃木県佐野市に生まれました。家は人形屋を営んでいたため、幼少のころから雛飾りや節句飾りの人形に触れる機会が多く、そこから絵付けの才能を開花させていったと言われています。

高校を卒業すると、東京美術学校に進み、卒業後、同じく人間国宝に認定されている富本憲吉に師事しました。1941年には大阪府堺市にある南海商業学校の教員として採用され、デザインの教師として教鞭を取りました。

その後の経歴・人物

戦争中は徴兵されたため、陶芸活動は一時中断されますが、終戦後京都に移り、陶磁器を輸出するためのデザイン研究所の設立に尽力します。

1977年には東京芸術大学の教授に就任していますが、この間もずっと作陶を続け、1956年に第5回現代日本陶芸展で「朝日新聞賞」と「松坂賞」を獲得したことにより、世間一般に知られるようになり、その後も精力的に陶芸活動を続け多くの賞を受賞しています。田村耕一は1987年68歳で亡くなっています。

田村耕一の技法

田村耕一が造り出した技法は鉄絵と呼ばれていますが、これは酸化鉄を含んだ絵の具で下絵を描く方法です。酸化鉄を含む材料には黄土、ベンガラなど数多くあり、材料によって現れる色が異なります。単独で使うこともあれば、いくつかの酸化物を混ぜて使うこともあります。

酸化鉄とは鉄に含まれる錆のことであるため、鉄絵は別名「錆絵」とも呼ばれています。素地に描いた鉄絵の模様に釉薬を塗って焼成すると黒く発色します。

田村耕一の作品

田村耕一の代表的な作品には「青磁草原に鷺蓋付大壺」や「鉄絵銅彩葡萄文陶板」など青磁や白磁に褐色で描いたものが多いですが、青磁に褐色で絵を描くことは新しい発想だったため、当初批判されましたが、やがて新しいコンセプトとして受け入れられるようになり今日に至っています。

絵柄は椿の花などを抽象画的な感覚で描いたものが多く、そこに田村耕一の独自性が現れています。また陶壁も手掛けており、佐野市文化会館にある「翔鶴」では鶴の群が飛ぶ様を美しく表現しています。

作家情報の一覧

作家情報の一覧

当サイトでは幅広く「人間国宝」「日本画家」「洋画家」「中国作家」「陶芸家」について買取相場や詳細情報を紹介しています。

次のページで作家を一覧で紹介しています。

各作家情報の一覧

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは田村耕一を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ