田口善国買取に関する情報を提供するページ
田口善国買取に関する情報を提供するページ

田口善国情報の目次

このページでは次のように田口善国の情報を紹介します

田口善国作品の買取相場例一覧

人間国宝田口善国作品の買取相場例一覧

当サイトは【骨董品・古美術買取ガイド】と名乗っている事もありますので、まずは田口善国作品の買取相場から紹介したいと思います。

「人間国宝である田口善国の作品」と言っても、棗や茶碗、盆など幅広い種類の作品があり、状態や作風によっても買取相場は異なります。

ですので、まずは過去の田口善国作品の取引事例を基に、様々な「田口善国」の作品がどれくらいの買取価格になるのかをご紹介します。

田口善国作品の買取相場一覧
作品 状態 買取相場
田口善国作:朱塗平棗(高さ6.8cm・幅8.5cm) 良好/在印銘/共箱 88000円~15万円
田口善国作:蒔絵茶碗(高さ8.5cm・幅12.3cm) 良好/共箱 18000円~42000円
田口善国作:朱漆平棗(高さ6.9cm・幅8.5cm) 良好/在印銘/共箱 22000円~39000円

田口善国作品
買取相場補足情報

人間国宝である田口善国作品の買取相場は、状態がよければ概ね1万円以上の買取相場は十分に期待できるでしょう。

特に、同じく人間国宝認定を受けている松田権六から教わった蒔絵技法には定評があり、動植物を題材とした優雅な作品を得意としました。

田口善国作品は個人宅あるいは展示品として大切に保管されているものが多く、ゆえに市場での取引もそこまで多くなく、買取相場にもばらつきが見られます。

ですが、過去の取引事例から考えると、特に高い田口善国作品は単体で10万円~20万円程の買取価格が期待できる作品もあります。

けれども、素人が一見して田口善国作品の買取相場を算出することは難しいので、手軽かつ正確に人間国宝田口善国作品の買取価格を調べる方法も紹介しておきます。

田口善国作品の正確な買取価格の調べ方

田口善国作品の正確な買取価格の調べ方

田口善国作品の買取価格例をいくつか紹介しましたが、個人でも簡単かつ正確に田口善国作品の買取価格を調べる方法があります。

それは、骨董品買取業者の無料メール査定を活用する事で田口善国の買取価格を簡単に特定できます。

WEB査定におすすめの骨董品買取業者は次の業者を参考にしてください。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

田口善国について

田口善国について

田口善国は1923年3月1日に東京・麻布にて生まれた漆芸家であり、蒔絵の分野にて重要無形文化財保持者の一人として人間国宝に認定されています。

では、概要はここまでにして田口善国という漆芸家がどういう人物だったのかをまとめてご紹介いたします。

人間国宝の理由

田口善国は1989年に漆芸の蒔絵の技法で重要無形文化財保持者として人間国宝に認定された漆芸家です。身近な動植物をモチーフとして取り入れた作品はユニークで美しく見る人の心を捉えます。

また螺鈿や研切蒔絵技法も高く評価され、それが人間国宝認定へとつながっていきました。

田口善国の生い立ち

田口善国は1923年に東京で生まれました。父は医者でしたが友人に日本画家の奥村土牛がおり、子供の頃から尾形光琳の作品に魅了された田口善国は、この奥村土牛から日本画を学びました。

また同じく父とも交流のあった吉野富雄に古美術を習い、漆芸家松田権六にも師事し漆芸を学びました。1950年には東京芸術大学に研究生として入り、小場恒吉の下で文様や図案の研究にいそしみました。

その後の経歴・人物

田口善国の創作活動は、東京芸術大学に入る前から始まっており、1946年の日展に出品した「風呂先屏風みのりの朝」で入賞したことを皮切りに、日本伝統工芸展や第1回MOA岡田茂吉賞工芸部門で受賞するなど数々の賞を受賞しました。

また創作活動と並行して行ったのが日光東照宮、中尊寺金色堂の保存修復です。この作業は金色堂の保存自体にとっても意味のあることでしたが、田口善国の作家としての力量をさらに高めることになりました。

田口善国は、また1982年に東京藝術大学教授に就任し、後進の育成にも力を注ぎました。

田口善国の技法

田口善国が取り入れた技法は蒔絵、螺鈿などですが、その基礎にあるのが松田権六から漆芸の基礎をしっかり学んだことでした。

また東京芸術大学の研究生として学んだ文様や図案作りの技法も後の創作活動に活かされています。その他「研切蒔絵技法」も田口善国の独自性を裏付けるものになっています。

研切蒔絵技法は、金・銀粉を蒔いた後全体に漆を塗り、乾燥するのを待って木炭で漆を研磨して絵柄を浮き上がらせる技法です。この技法は室町時代に使われていたものですが田口善国により再現されました。

田口善国の作品

田口善国の作品には、一定のパターンというよりは、変化に富んだユニークな内容のものが多くみられます。

例えば「王蜂蒔絵飾箱」は一匹の女王蜂をモチーフにした飾り箱ですが、これは自宅の軒下にあったハチの巣を参考にして作ったものです。モチーフがユニークなだけでなく、蒔絵の光沢を見事に活かした逸品だということができます。

また、「ほおずき朱金蒔絵飾箱」は黒字にほおずきの朱色をグラデーションを使って表現したものでシンプルでありながらインパクトの強い作品になっています。

作家情報の一覧

作家情報の一覧

当サイトでは幅広く「人間国宝」「日本画家」「洋画家」「中国作家」「陶芸家」について買取相場や詳細情報を紹介しています。

次のページで作家を一覧で紹介しています。

各作家情報の一覧

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは田口善国を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ