鈴木藏買取に関する情報を提供するページ
鈴木藏買取に関する情報を提供するページ

鈴木藏情報の目次

このページでは次のように鈴木藏の情報を紹介します

鈴木藏作品の買取相場例一覧

人間国宝鈴木藏作品の買取相場例一覧

当サイトは【骨董品・古美術買取ガイド】と名乗っている事もありますので、まずは鈴木藏作品の買取相場から紹介したいと思います。

「人間国宝である鈴木藏の作品」と言っても、茶碗や花瓶、ぐい呑みなど幅広い種類の作品があり、状態や作風によっても買取相場は異なります。

ですので、まずは過去の鈴木藏作品の取引事例を基に、様々な「鈴木藏」の作品がどれくらいの買取価格になるのかをご紹介します。

鈴木藏作品の買取相場一覧
作品 状態 買取相場
鈴木藏作:志野焼茶碗(高さ7.5cm・幅14.6cm) 良好/在印銘/共箱 48000円~65000円
鈴木藏作:志野焼白釉茶碗(高さ8.5cm・幅13.5cm) 良好/在印銘/共箱 89000円~12万円
鈴木藏作:志野陶筥(高さ11.8cm・幅18.4cm) 良好/在印銘/二重箱 43000円~62000円
鈴木藏作:志野丸皿5客(高さ2cm・幅14.1cm) 良好/在印銘/共箱 16000円~28000円
鈴木藏作:志野赤土茶碗(高さ10.3cm・幅14.5cm) 良好/在印銘/共箱/展覧会出展作 45万円~61万円
鈴木藏作:織部水指(高さ16.8cm・幅15.5cm) 良好/在印銘/共箱 10万円~15万円
鈴木藏作:志野ぐい呑(高さ5.5cm・幅6.7cm) 良好/在印銘/共箱 13000円~22000円
鈴木藏作:志野茶碗(高さ10.5cm・幅13.5cm) 良好/在印銘/二重箱 21万円~48万円
鈴木藏作:織部茶碗(高さ7.6cm・幅13cm) 傷み有/在印銘/共箱 13000円~20000円
鈴木藏作:志野焼壺(高さ12.8cm・幅22.9cm) 在印銘 9000円~13000円

鈴木藏作品
買取相場補足情報

人間国宝である鈴木藏作品の買取相場は、状態がよければ概ね1万円以上の買取相場は十分に期待できるでしょう。

そして、過去の取引事例から考えると、特に高い鈴木藏作品は単体で40万円~60万円程の買取価格が期待できる作品もあります。特に展覧会出展作や、本人が焼き上がり等の出来栄えを高く評価した作品は、買取相場がかなり高額になる傾向にあります。

ですが、素人が一見して鈴木藏作品の買取相場を算出することは難しいので、手軽かつ正確に人間国宝鈴木藏作品の買取価格を調べる方法も紹介しておきます。

鈴木藏作品の正確な買取価格の調べ方

鈴木藏作品の正確な買取価格の調べ方

鈴木藏作品の買取価格例をいくつか紹介しましたが、個人でも簡単かつ正確に鈴木藏作品の買取価格を調べる方法があります。

それは、骨董品買取業者の無料メール査定を活用する事で鈴木藏の買取価格を簡単に特定できます。

WEB査定におすすめの骨董品買取業者は次の業者を参考にしてください。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

鈴木藏について

鈴木藏について

鈴木藏は1934年12月1日に、美濃焼の産地である岐阜県土岐市にて生まれ、志野焼の分野にて重要無形文化財保持者の一人として人間国宝に認定された陶芸家です。

では、概要はここまでにして鈴木藏という陶芸家がどういう人物だったのかをまとめてご紹介いたします。

人間国宝の理由

鈴木藏(おさむ)は1994年に、「志野」の陶芸技法の保持者として無形文化財に認定された現存の人間国宝です。志野は桃山時代に確立した技法ですが、その技法が生きていたのはわずか20年と言われ、その後久しく絶えていました。

ところが、同じく人間国宝に認定されている荒川豊蔵が1930年に志野の窯跡を見つけ、その技法を復活させました。その志野の技法は鈴木藏によりさらに現代風に発展させられ、この技法が後に人間国宝の認定につながっていきました。

鈴木藏の生い立ち

鈴木藏は1934年、美濃焼の産地である岐阜県土岐市に生まれました。父親が釉の研究者でもあったことから幼いころから陶器に触れる機会がありました

そして多治見工業高校を卒業すると、父の働く研究所で助手を務めるようになりました。この頃から本格的に陶芸の道に進むようになるのですが、それをはっきり決意したのは轆轤を回してみたところ、うまく回すことができ、自信を持ったためだと言われています。

その後の経歴・人物

陶芸の道に進むことを決意した鈴木藏は、その後荒川豊三を初めとする美濃地方の陶芸家に師事し、志野技法の再現に努めます。鈴木藏に取って志野は「日本で生まれた独特の創作であり、日本人の感性、美意識と いった最も基本的なすべてが凝縮されている」陶芸であり、このことから日本人にしか表現できない陶芸技法の開発を追い求めることになります。

鈴木藏の陶芸が最初に世に知られるようになったのは、1959年に開かれた第8回現代日本陶芸展で佳作に入った時です。その後も、プラハ国際陶芸展でグランプリを取るなど、多くの展示会に出展し賞を受賞しています。

鈴木藏の技法

鈴木藏の技法は、伝統的な志野の技法に基づきながらもガス窯を用いた現代的な技法であることが大きな特色です。伝統的な志野技法とは半地下式の「穴窯」によるもので、薪て炊いた窯でなければ志野は作れないと考えられていました。

ところが、鈴木藏はこのコンセプトを覆し、現代のエネルギーであるガスを用いながらもそれまでの志野の良さを失わない方法を開発したのです。薪では焼成の出来具合をその時その時の偶然性に任せなければいけませんでしたが、ガスを使うことにより、さらに一定した焼成状態を造り出すことに成功しました。

鈴木藏の作品

鈴木藏の作品には、茶碗、花器、食器などがありますが、これらは日常的に使われるものでありながら、装飾的要素も十分に備えています。

よく知られている作品では白と鉄色を巧みに活かした「志野茶碗」や笹の絵の入った「志野大皿笹文」などいずれもしぶさとごつさが特徴ですが、同時に何とも言えない気品が漂っています。

その他、会席料理用の和食器一揃いも制作しており、こうした食器を一堂に並べると絵巻のような流れが表現された逸品になっています。

作家情報の一覧

作家情報の一覧

当サイトでは幅広く「人間国宝」「日本画家」「洋画家」「中国作家」「陶芸家」について買取相場や詳細情報を紹介しています。

次のページで作家を一覧で紹介しています。

各作家情報の一覧

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは鈴木藏を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ