音丸耕堂買取に関する情報を提供するページ
音丸耕堂買取に関する情報を提供するページ

音丸耕堂情報の目次

このページでは次のように音丸耕堂の情報を紹介します

音丸耕堂作品の買取相場例一覧

人間国宝音丸耕堂作品の買取相場例一覧

当サイトは【骨董品・古美術買取ガイド】と名乗っている事もありますので、まずは音丸耕堂作品の買取相場から紹介したいと思います。

「人間国宝である音丸耕堂の作品」と言っても、盆や硯箱、座卓など幅広い種類の作品があり、状態や作風によっても買取相場は異なります。

ですので、まずは過去の音丸耕堂作品の取引事例を基に、様々な「音丸耕堂」の作品がどれくらいの買取価格になるのかをご紹介します。

音丸耕堂作品の買取相場一覧
作品 状態 買取相場
音丸耕堂作:硯箱(高さ6.5cm・幅19.2cm) 良好/在印銘/共箱・硯 13000円~35000円
音丸耕堂作:彫漆菓子器(高さ12.9cm・幅15.3cm) 良好/在印銘/共箱 15万円~32万円
音丸耕堂作:本漆パイプ(高さ7.5cm・幅3.1cm) 難有/箱有 10000円~28000円
音丸耕堂作:書画(高さ32.2cm・幅47.9cm) 軸装/染み有/在銘/共箱 21000円~44000円
音丸耕堂作:高麗丸盆(直径38.5cm) 在印銘/共箱 25000円~50000円
音丸耕堂作:彫漆菓子器(高さ10.2cm・幅26.0cm) 良好/在印銘/共箱/展覧会出展作 82万円~100万円

音丸耕堂作品
買取相場補足情報

人間国宝である音丸耕堂作品の買取相場は、状態がよければ概ね1万円以上の買取相場は十分に期待できるでしょう。

音丸耕堂の作品は非常に幅広く、盆や菓子器他、パイプや丸卓なども手掛けているため買取相場の幅も大きいのですが、特に凝った装飾の品や展覧会出展作、また、音丸耕堂の代表技法ともいえる「色漆」の作品だと買取相場も高くなる傾向にあります。

そして、過去の取引事例から考えると、特に高い音丸耕堂作品は単体で80万円~100万円程の買取価格が期待できる作品もあります。

ですが、素人が一見して音丸耕堂作品の買取相場を算出することは難しいので、手軽かつ正確に人間国宝音丸耕堂作品の買取価格を調べる方法も紹介しておきます。

音丸耕堂作品の正確な買取価格の調べ方

音丸耕堂作品の正確な買取価格の調べ方

音丸耕堂作品の買取価格例をいくつか紹介しましたが、個人でも簡単かつ正確に音丸耕堂作品の買取価格を調べる方法があります。

それは、骨董品買取業者の無料メール査定を活用する事で音丸耕堂の買取価格を簡単に特定できます。

WEB査定におすすめの骨董品買取業者は次の業者を参考にしてください。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

音丸耕堂について

音丸耕堂について

音丸耕堂は1898年6月15日に香川県高松市にて生まれた漆芸家であり、彫漆の分野において重要無形文化財保持者の一人として人間国宝に認定されています。

多彩な色漆を用い現代的な意匠を彫りこんだ作品で、彫漆分野における新境地を開拓し、人間国宝の認定を受けました。

では、概要はここまでにして音丸耕堂という漆芸家がどういう人物だったのかをまとめてご紹介いたします。

人間国宝の理由

漆芸家の音丸耕堂は先人たちが築き上げた優れた技法を継承しましたが、同時に独自の「彫漆」技法を開発することにより色彩豊かで大胆な図柄の漆器を数多く創作しました。

このことが高く評価され、1955年に重要無形文化財保持者として人間国宝に認定されました。

音丸耕堂の生い立ち

音丸耕堂は1989年香川県高松市に生まれました。子供の頃から工芸に関心を持ち、小学校を卒業するとすぐに讃岐彫りの石井磬堂に師事し、4年間讃岐彫りを学びました。

その後独立し独学で彫漆を勉強しましたが、20歳の時に香川漆器の玉楮象谷(たまかじしょうこく)の作品に心を打たれ、このことが音丸耕堂の漆芸家としての方向を決めることになります

1921年には彫金家の大須賀喬らと香風会を結成し漆芸活動に専念しました。

その後の経歴・人物

音丸耕堂の名前が一般に知られるようになったのは1932年の第13階帝展出品した「彫漆双蟹手箱」が入選してからです。その後上京し、さらに文展や日展に積極的に出品し特選などの賞を獲得しました。

また、日本工芸会の創立にも力を注ぎました。1976年には東京の日本書道美術館で展覧会を開き20点以上の作品を披露しています。

音丸耕堂の技法

音丸耕堂が用いた彫漆技法は、漆の塗りを数十回から数百回繰り返すことによって形成した厚い漆の層に彫り込みを入れて文様を造り出す技法です。

最初の頃は伝統的な植物などの絵柄を扱っていましたが、後に幾何学的な文様も多く取り入れるようになり、それまでにない作風を築き上げました

その他、漆の乾くタイミングを巧みに利用して金粉や銀粉が沈殿して層をなすのを待って漆を研ぎだす技法や、彫り口の角度を加減して複雑な文様を表現する技法などを造り出しました。

音丸耕堂の作品

音丸耕堂の作品を見ると、色彩が非常に豊かであることがわかります。伝統的な漆芸では色は朱、黒、黄、緑、褐色の五色しか使っていませんが、音丸耕堂は中間色や、その反対に鮮やかな色など斬新的とも言える色を使いこなしています

代表的な作品には、初めて特選を獲得した「彫漆月之花手箱」や幾何学的な文様を取り入れた「彫漆八仙花香合」などがあります。

作家情報の一覧

作家情報の一覧

当サイトでは幅広く「人間国宝」「日本画家」「洋画家」「中国作家」「陶芸家」について買取相場や詳細情報を紹介しています。

次のページで作家を一覧で紹介しています。

各作家情報の一覧

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは音丸耕堂を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ