中里無庵買取に関する情報を提供するページ
中里無庵買取に関する情報を提供するページ

中里無庵情報の目次

このページでは次のように中里無庵の情報を紹介します

中里無庵作品の買取相場例一覧

人間国宝中里無庵作品の買取相場例一覧

当サイトは【骨董品・古美術買取ガイド】と名乗っている事もありますので、まずは中里無庵作品の買取相場から紹介したいと思います。

「人間国宝である中里無庵の作品」と言っても、花入や茶碗、水指など幅広い種類の作品があり、状態や作風によっても買取相場は異なります。

ですので、まずは過去の中里無庵作品の取引事例を基に、様々な「中里無庵」の作品がどれくらいの買取価格になるのかをご紹介します。

中里無庵作品の買取相場一覧
作品 状態 買取相場
中里無庵作:唐津焼茶碗(高さ8.4cm・幅13.5cm) 良好/在印銘/共箱・書付有 75000円~13万円
中里無庵作:朝鮮唐津水指(高さ19.9cm・幅15.6cm) 難有/展覧会出展作 22万円~30万円
中里無庵作:唐津焼茶碗(高さ7.4cm・幅11.2cm) 良好/在印銘/共箱 68000円~11万円
中里無庵作:唐津焼ぐい吞み(高さ4.6cm・幅6.2cm) 良好/在印銘/共箱 33万円~42万円
中里無庵作:唐津焼平茶碗(高さ6.5cm・幅14.6cm) 小傷/在印銘/共箱 31000円~55000円
中里無庵作:朝鮮唐津花入(高さ20.6cm・幅9.8cm) 良好/在印銘/共箱 42000円~61000円
中里無庵作:唐津焼水指(高さ20.5cm・幅19.4cm) 良好/在印銘/共箱 13万円~20万円
中里無庵作:唐津焼茶碗(高さ7.5cm・幅14.6cm) 良好/在印銘/共箱 30万円~42万円
中里無庵作:唐津焼花入(高さ16.5cm・幅10.9cm) 直し有/在印銘/共箱 8000円~26000円
中里無庵作:唐津焼茶碗(高さ8.4cm・幅14.4cm) 良好/在印銘/共箱 18万円~27万円

中里無庵作品
買取相場補足情報

人間国宝である中里無庵作品の買取相場は、状態がよければ概ね1万円以上の買取相場は十分に期待できるでしょう。小作・大作の差の他、直し等の有無などの状態によっても実際の買取価格は大きく変わってきますので、中には買取価格がそれほど高くならない作品もありますが、展覧会出展作や文献掲載品などの買取相場は比較的高額です。

そして、過去の取引事例から考えると、特に高い中里無庵作品は単体で40万円~50万円程の買取価格が期待できる作品もあります。

ですが、素人が一見して中里無庵作品の買取相場を算出することは難しいので、手軽かつ正確に人間国宝中里無庵作品の買取価格を調べる方法も紹介しておきます。

中里無庵作品の正確な買取価格の調べ方

中里無庵作品の正確な買取価格の調べ方

中里無庵作品の買取価格例をいくつか紹介しましたが、個人でも簡単かつ正確に中里無庵作品の買取価格を調べる方法があります。

それは、骨董品買取業者の無料メール査定を活用する事で中里無庵の買取価格を簡単に特定できます。

WEB査定におすすめの骨董品買取業者は次の業者を参考にしてください。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

中里無庵について

中里無庵について

中里無庵は1895年4月11日に佐賀県の唐津にて生まれた陶芸家であり、唐津焼の分野にて重要無形文化財保持者の一人として人間国宝に認定されました。

では、概要はここまでにして中里無庵という陶芸家がどういう人物だったのかをまとめてご紹介いたします。

人間国宝の理由

中里無庵は、唐津焼の重要無形文化財として人間国宝に認定されている陶芸家です。一時途絶えていた唐津焼を復活し作陶活動を続けることによって、唐津焼が再び盛んになったことが評価され、人間国宝認定に繋がりました。

中里無庵の生い立ち

中里無庵は1895年佐賀県の唐津に生まれました。父親は11代中里太郎右衛門(天祐)で、旧唐津藩の御用窯「御茶碗窯」を持つ陶芸家でした。中里無庵は佐賀県の有田工業高校を卒業すると、父の下で陶芸を学びます。

後年父が亡くなった後、12代中里太郎右衛門として襲名しますが、中里無庵の名前は、息子の13代中里太郎右衛門に家業を継いだ後から名乗るようになった名前だと言われています。そのため作品によってはそのどちらかまたは両方の名前が明記されています。

その後の経歴・人物

中里無庵は、1929年に昔の唐津焼の窯跡の調査を始めます。これは以前は盛んだった唐津焼が廃れてしまっていたためで、その技法を復活するために陶片などを使って研究を進めました。

結果として、唐津焼の伝統的な技法を復活することに成功します。特に唐津焼の特徴である「叩きの技法」を踏襲し、そこからさらに独自の技法を発展させました。

中里無庵はその技法を用いて作陶し、伝統工芸展に連続出品します。これにより唐津焼が再び一般に広まることになりました。

中里無庵の技法

中里無庵が復活した唐津焼の「叩き」は、叩き木と当て木を器の外側と内側に当てて叩くことによって器の形状を作っていく技法です。その際に器に、叩きによる刻みができ、これが焼き上がった時に文様になります。この文様が唐津焼の作品の特徴です。叩きを入れた器は軽くて丈夫で壊れにくい特質を持っています。

中里無庵の作品

中里無庵は茶碗を主に制作していますが、上述の叩きの技法を取り入れた花瓶や壺などの作品も制作しています。

主なものとしては、円筒形で茶褐色の「唐津水差」、黄色の釉薬を付けて焼いた「黄唐津叩き壺」、そして紫がかったグレーで不均等な形に趣が漂う「唐津茶碗」などがあり、これらはすべて東京美術館に所蔵されています。

作家情報の一覧

作家情報の一覧

当サイトでは幅広く「人間国宝」「日本画家」「洋画家」「中国作家」「陶芸家」について買取相場や詳細情報を紹介しています。

次のページで作家を一覧で紹介しています。

各作家情報の一覧

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは中里無庵を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ