中島宏買取に関する情報を提供するページ
中島宏買取に関する情報を提供するページ

中島宏情報の目次

このページでは次のように中島宏の情報を紹介します

中島宏作品の買取相場例一覧

人間国宝中島宏作品の買取相場例一覧

当サイトは【骨董品・古美術買取ガイド】と名乗っている事もありますので、まずは中島宏作品の買取相場から紹介したいと思います。

「人間国宝である中島宏の作品」と言っても、茶碗や水指、徳利など幅広い種類の作品があり、状態や作風によっても買取相場は異なります。

ですので、まずは過去の中島宏作品の取引事例を基に、様々な「中島宏」の作品がどれくらいの買取価格になるのかをご紹介します。

中島宏作品の買取相場一覧
作品 状態 買取相場
中島宏作:青磁香合(高さ5.6cm・幅6.8cm) 良好/在印銘/共箱 8000円~25000円
中島宏作:青磁壺(高さ29.5cm・幅30.6cm) 良好/在印銘/共箱 12万円~20万円
中島宏作:青磁花入(高さ25.9cm・幅13.3cm) 良好/在印銘/共箱 22000円~46000円
中島宏作:粉青丸壺(高さ25.7cm・幅36.9cm) 良好/在印銘/共箱 18万円~35万円
中島宏作:青磁茶碗(高さ6.8cm・幅11.9cm) 良好/在印銘/共箱 28000円~60000円
中島宏作:青瓷壺(高さ21.8cm・幅25.3cm) 良好/在印銘/共箱 31000円~73000円
中島宏作:翠青丸壷(高さ23.2cm・幅31.3cm) 良好/在印銘/共箱 22000円~65000円
中島宏作:青磁茶碗(高さ7.6cm・幅11.1cm) 良好/在印銘/共箱 6000円~29000円
中島宏作:青磁壺(高さ28.7cm・幅32.3cm) 良好/在印銘/共箱 13000円~36000円
中島宏作:青瓷大壺(高さ39.6cm・幅38.4cm) 良好/在印銘/共箱/展覧会出展 18万円~25万円

中島宏作品
買取相場補足情報

人間国宝である中島宏作品の買取相場は、品にもよりますが、状態がよければ概ね1万円以上の買取相場は十分に期待できるものが多いです。

そして、過去の取引事例から考えると、特に高い中島宏作品は単体で20万円~30万円程の買取価格が期待できる作品もあります。特に彫文が精巧な壺や展覧会出展作、大型作品などは高い買取相場が高くなる傾向があります。

ですが、素人が一見して中島宏作品の買取相場を算出することは難しいので、手軽かつ正確に人間国宝中島宏作品の買取価格を調べる方法も紹介しておきます。

中島宏作品の正確な買取価格の調べ方

中島宏作品の正確な買取価格の調べ方

中島宏作品の買取価格例をいくつか紹介しましたが、個人でも簡単かつ正確に中島宏作品の買取価格を調べる方法があります。

それは、骨董品買取業者の無料メール査定を活用する事で中島宏の買取価格を簡単に特定できます。

WEB査定におすすめの骨董品買取業者は次の業者を参考にしてください。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

中島宏について

中島宏について

中島宏は「中島ブルー」で知られる青磁の分野の人間国宝で、初期は白磁の作品も手掛けましたが、晩年には「彫文」などの精巧な技術を青磁に取り入れ、伝統を遵守しながらも独自の作風を確立していきました。

では、概要はここまでにして中島宏という陶芸家がどういう人物だったのかをまとめてご紹介いたします。

人間国宝の理由

中島宏は2007年「青磁」の技法で重要無形文化財保持者として人間国宝に認定された陶芸家です。青磁は中国の宋時代に始まった陶芸技法ですが、そのころすでに「完璧」と言えるレベルにまで昇華された技法でした。

中島宏はこの技法に挑戦し独自のスタイルを確立したことが高く評価され、人間国宝の認定に繋がりました。

中島宏の生い立ち

中島宏は1914年に佐賀県武雄市で生まれました。家は窯元でしたが、幼少の頃は陶芸の仕事のいやな面(3Kの仕事)が見えて好きになれなかったという話が伝えられています。

そんな否定的な思いが積極的な気持ちに変わったのは、父親といっしょに実施した窯跡の調査を通してでした。その時に特に青磁に魅了されたため、後に青磁の発祥地である中国の龍泉窯を訪ねて研究を重ねました。

その後の経歴・人物

中島宏は1981年に「第1回西日本陶芸展」で総理大臣賞を、‘83年には日本陶芸協会賞を受賞し、その独自の青磁スタイルが高く評価されるようになりました。

その後もいくつかの賞を受賞しましたが、同時に青磁の故郷である中国の龍泉にも何度か足を運んでいます。

現在までに国の文化財に指定されている作品17点、そのうち国宝は3点ですが、これらすべてを龍泉で作陶するなど、源流を忘れない姿勢を貫きました

中島宏の技法

中国の宋時代に始まった青磁。中島宏はその技法を踏襲しながらも、さらに彫りやかき落としと言われる技法を使い、青銅の特徴を自身の作品の中に織り込んでいます。

そのため、青磁といえば、表面が滑らかであることが特色でしたが、青銅の特徴を入れることにより、表面に凹凸のある文様が造り出されました。また印象派の絵の良さを取り入れ、釉薬を重ね、色に深みを与える技法も用いています。

中島宏の作品

中島宏は個展も何回か開いており、最も最近開かれた東京銀座での個展には50点を出品しています。

これまでに手掛けた作品の中で代表的なものは、還元炎で焼成して作った深い米色の花瓶「米色瓷花生」や黒の素地に文様を入れ、その上に青磁釉をかけて作った壺「青瓷彫文壺」などがあります。

作家情報の一覧

作家情報の一覧

当サイトでは幅広く「人間国宝」「日本画家」「洋画家」「中国作家」「陶芸家」について買取相場や詳細情報を紹介しています。

次のページで作家を一覧で紹介しています。

各作家情報の一覧

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは中島宏を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ