中野孝一買取に関する情報を提供するページ
中野孝一買取に関する情報を提供するページ

中野孝一情報の目次

このページでは次のように中野孝一の情報を紹介します

中野孝一作品の買取相場例一覧

人間国宝中野孝一作品の買取相場例一覧

当サイトは【骨董品・古美術買取ガイド】と名乗っている事もありますので、まずは中野孝一作品の買取相場から紹介したいと思います。

「人間国宝である中野孝一の作品」と言っても、棗や蒔絵箱、香合など幅広い種類の作品があり、状態や作風によっても買取相場は異なります。

ですので、まずは過去の中野孝一作品の取引事例を基に、様々な「中野孝一」の作品がどれくらいの買取価格になるのかをご紹介します。

中野孝一作品の買取相場一覧
作品 状態 買取相場
中野孝一作:蒔絵大棗(高さ8.4cm・幅7.3cm) 良好/書付有/二重箱 13万円~20万円
中野孝一作:金色平棗(高さ6.0cm・幅8.6cm) 良好/共箱 68000円~95000円
中野孝一作:輪島塗香合(高さ1.5cm・幅7.8cm) 良好/共箱 18000円~27000円
中野孝一作:蒔絵香合(高さ7.5cm・幅2.4cm) 傷有/在印銘/共箱 39000円~55000円
中野孝一作:蒔絵小箱(高さ6cm・幅12.8cm) 良好/在印銘/共箱 58000円~80000円
中野孝一作:蒔絵箱(高さ13.8cm・幅22.5cm) 傷有/在印銘/共箱・栞 11万円~18万円

中野孝一作品
買取相場補足情報

人間国宝である中野孝一作品の買取相場は、状態が良ければ大体2万円以上の買取相場は十分に期待できるでしょう。

中野孝一作品は骨董品市場でも取引がそれほど多くなく、ゆえに買取相場のぶれも大きくなりますが、特に書付が付いた品や花押(署名の代わりに書いた一種の記号)が見られる品は買取相場も高めになる傾向があります。

そして、過去の取引事例から考えると、特に高い中野孝一作品は単体で20万円~30万円程の買取価格が期待できる作品もあります。

ですが、素人が一見して中野孝一作品の買取相場を算出することは難しいので、手軽かつ正確に人間国宝中野孝一作品の買取価格を調べる方法も紹介しておきます。

中野孝一作品の正確な買取価格の調べ方

中野孝一作品の正確な買取価格の調べ方

中野孝一作品の買取価格例をいくつか紹介しましたが、個人でも簡単かつ正確に中野孝一作品の買取価格を調べる方法があります。

それは、骨董品買取業者の無料メール査定を活用する事で中野孝一の買取価格を簡単に特定できます。

WEB査定におすすめの骨董品買取業者は次の業者を参考にしてください。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

中野孝一について

中野孝一について

中野孝一は1947年6月16日に石川県加賀市にて生まれた漆芸家で、蒔絵の分野において重要無形文化財保持者の一人として人間国宝に認定されています。

蒔絵の高い技術と軽妙洒脱な独自の作風で人気を博し、作品には「孝一」銘が記されていることが多いです。

では、概要はここまでにして中野孝一という陶芸家がどういう人物だったのかをまとめてご紹介いたします。

人間国宝の理由

中野孝一は2010年、漆芸の蒔絵技法で重要無形文化財保持者として人間国宝に認定された漆芸家です。

伝統的な漆芸の技法を活かしながらも「高蒔絵」など独自で複雑な技法を造り出したことが高く評価され人間国宝の認定に結び付きました。

中野孝一の生い立ち

中野孝一は1947年に石川県加賀市で生まれました。石川県立小松工業高校卒業後、東京デザイン研究所に入所し、商業デザインの研究をしました。

1969年には同じく人間国宝に認定されている大場松魚に師事し、蒔絵など漆芸の伝統的な技法を習得しました。その後さらに研究を続け独自の蒔絵技法や表現方法を造り出していきました。

その後の経歴・人物

中野孝一は1971年に「第18回日本伝統工芸展」に初出品し、日本工芸会会長賞を受賞しています。その後も伝統工芸展に幾度か出品しまた日本漆芸展やMOA展などにも出品し数々の賞を獲得しました。

そうした創作活動を続ける一方で、1989年には石川県立輪島漆芸技術研修所で講師を務め、また1997年には、石川県挽物轆轤技術研修所の非常勤講師を務めるなど後進の教育にも力を注いできました。

中野孝一の技法

中野孝一の作品は、一口に「蒔絵技法」と言い切ってしまうのが難しいほど複雑な工程を通して作られます。

まず漆をさまざまな材料と混ぜ合わせしっかりとした生地を造り出していきます。次に高蒔絵と言われる立体的な図案制作の工程に入りますが、ここでも研出蒔絵、平文、螺鈿、卵殻等の技法を用いながら美しく巧妙な絵柄を仕上げていきます。

その様子は中野孝一の技法を録画した「蒔絵-中野孝一のわざ-」でご覧いただけます。

中野孝一の作品

中野孝一の作品には、鳥やかわいらしい小動物や植物をモチーフにしたものが多くあります。

その中でも「栗鼠に葡萄文蒔絵箱」は代表的な作品として、上述の録画ビデオの中でも紹介されています。この作品では2匹のリスが葡萄の葉の下で戯れている様子をみごとに表現したものです。

その他、黒字に桜の花をあしらった「桜花文平棗」や落葉を表現した「蒔絵箱「秋日」」などがあります。

作家情報の一覧

作家情報の一覧

当サイトでは幅広く「人間国宝」「日本画家」「洋画家」「中国作家」「陶芸家」について買取相場や詳細情報を紹介しています。

次のページで作家を一覧で紹介しています。

各作家情報の一覧

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは中野孝一を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ