室瀬和美買取に関する情報を提供するページ
室瀬和美買取に関する情報を提供するページ

室瀬和美情報の目次

このページでは次のように室瀬和美の情報を紹介します

室瀬和美作品の買取相場例一覧

人間国宝室瀬和美作品の買取相場例一覧

当サイトは【骨董品・古美術買取ガイド】と名乗っている事もありますので、まずは室瀬和美作品の買取相場から紹介したいと思います。

「人間国宝である室瀬和美の作品」と言っても、茶碗や棗、香合など幅広い種類の作品があり、状態や作風によっても買取相場は異なります。

ですので、まずは過去の室瀬和美作品の取引事例を基に、様々な「室瀬和美」の作品がどれくらいの買取価格になるのかをご紹介します。

室瀬和美作品の買取相場一覧
作品 状態 買取相場
室瀬和美作:蒔絵小筥(高さ6.3cm・幅9.4cm) 良好/在印銘/共箱 88000円~14万円
室瀬和美作:吸物椀5客(高さ11.6cm・幅11.9cm) 良好/在印銘/共箱 23000円~66000円
室瀬和美作:蒔絵菓子盆(高さ4.6cm・幅21.5cm) 良好/在印銘/共箱 10000円~20000円
室瀬和美作:蒔絵杯(高さ4.2cm・幅6.4cm) 良好/在印銘/共箱 31000円~50000円
室瀬和美作:笹文蒔絵棗(高さ7.4cm・幅6.8cm) 良好/在印銘/共箱 75000円~10万円
室瀬和美作:蒔絵香合(高さ1.7cm・幅6.6cm) 良好/在印銘/共箱 9000円~28000円

室瀬和美作品
買取相場補足情報

人間国宝である室瀬和美作品の買取相場は、状態がよければ概ね1万円以上の買取相場は十分に期待できるでしょう。

室瀬和美は高度な蒔絵技法の体得は勿論ですが、今までの古典的な蒔絵作品に色彩や造形を取り入れ、現代的な表現に特徴があります。

「展覧会出展作」や「大型作品」には高額な買取相場が期待できる傾向にありますが、室瀬和美作品自体がまだ骨董品買取市場にあまり出てきておらず、買取相場も定まっていません。

過去の取引事例から考えると、特に高い室瀬和美作品は単体で50万円~70万円程の買取価格が期待できる作品もあります。

ですが、素人が一見して室瀬和美作品の買取相場を算出することは難しいので、手軽かつ正確に人間国宝室瀬和美作品の買取価格を調べる方法も紹介しておきます。

室瀬和美作品の正確な買取価格の調べ方

室瀬和美作品の正確な買取価格の調べ方

室瀬和美作品の買取価格例をいくつか紹介しましたが、個人でも簡単かつ正確に室瀬和美作品の買取価格を調べる方法があります。

それは、骨董品買取業者の無料メール査定を活用する事で室瀬和美の買取価格を簡単に特定できます。

WEB査定におすすめの骨董品買取業者は次の業者を参考にしてください。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

室瀬和美について

室瀬和美について

室瀬和美は1950年12月26日に東京都にて生まれた漆芸家であり、蒔絵の分野にて重要無形文化財保持者の一人として人間国宝に認定されています。

では、概要はここまでにして室瀬和美という漆芸家がどういう人物だったのかをまとめてご紹介いたします。

人間国宝の理由

室瀬和美は2008年に、漆芸の「蒔絵」技法の重要無形文化財保持者として人間国宝に認定された漆芸家です。伝統的な技法を大切にしながらも、陳腐化せず長持ちする作品を創作することを基調としています。

そのため、作品にも独自性の強いモダンでユニークなものが多く、そうした特徴により海外でも注目を浴びるようになっています。

また、高級携帯電話ブランド「ヴァーチュ(ノキア)」の蒔絵装飾を担当したことでも知られ、世界4台のみの限定販売、価格は1台2000万円にも上りました。

室瀬和美の生い立ち

室瀬和美は1950年に東京で生まれました。父は同じく漆芸家として著名な室瀬春二。そのため幼少のころから漆器に囲まれて育ち、14歳になると父の仕事を手伝うようになりました。

高校を卒業すると、東京芸術大学美術学部に入学し、漆芸を専攻しました。漆芸を学ぶことに関しては、周囲の人から、その将来性を心配して否定的なアドバイスをもらったと言われていますが、室瀬和美はあえてそれに挑戦しました。

在学中も活発に活動し、1973年には東京芸術大学が優秀な学生に授与する安宅賞を受賞しています。また大学では学院まで進んでいます。

その後の経歴・人物

学院卒業後、1978年には第18回伝統工芸新作展に出品し奨励賞を受賞し、1981年には第21回伝統工芸新作展で東京都教育委員会賞を受けるなど、その後も数々の賞を受賞しました。

室瀬和美は国内での創作活動と併せて、ロンドンの大英博物館を初めいくつかの展示会で作品が展示されるなど、海外での評価も高くなっています

現在は、社団法人日本工芸会の理事や日本文化財漆協会常任理事を務めるなど、幅広い分野で活躍が目立ちます。

室瀬和美の技法

室瀬和美が用いる技法には人間国宝に認定されるに至った蒔絵の技法がありますが、この技法と並んで螺鈿(らでん)という技法も取り入れています。

蒔絵技法は漆を塗った所に漆が固まらないうちに金銀粉などの色乾漆粉を蒔く方法ですが、室瀬和美の技法は蒔絵の中でも特に「研出蒔絵」と呼ばれており、漆が固まった後に研いで磨き文様を表面に浮かび上がらせます

一方、螺鈿技法は貝殻や真珠などを漆を塗った所にはめ込んでいく技法です。室瀬和美はこの2つの技法を巧みに組み合わせ、繊細さとユニークさを特徴とする作品を創出してきました。

室瀬和美の作品

室瀬和美の作品には、伝統的な漆芸技法を活かしながらもモダンでユニークなデザイン要素を取り入れたものが目立ちます。

例えば、「蒔絵螺鈿丸筥『秋奏』」は全体としては伝統的な雰囲気が漂う丸型の入れ物ですが、取り入れたデザインを良く見ると、落葉とリスの絵をうまく組み合わせた美しいモダンな作品に仕上がっています。

また、代表作「蒔絵螺鈿八稜箱『彩光』」は、金色、赤褐色、黄褐色などの色を取り入れた豪華絢爛な雰囲気を持つ逸品です。

作品は文化庁、東京芸術大学、東京国立近代美術館 工芸館、ベルリン日独会館などに所蔵されています。

作家情報の一覧

作家情報の一覧

当サイトでは幅広く「人間国宝」「日本画家」「洋画家」「中国作家」「陶芸家」について買取相場や詳細情報を紹介しています。

次のページで作家を一覧で紹介しています。

各作家情報の一覧

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは室瀬和美を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ