三輪休和買取に関する情報を提供するページ
三輪休和買取に関する情報を提供するページ

三輪休和情報の目次

このページでは次のように三輪休和の情報を紹介します

三輪休和作品の買取相場例一覧

人間国宝三輪休和作品の買取相場例一覧

当サイトは【骨董品・古美術買取ガイド】と名乗っている事もありますので、まずは三輪休和作品の買取相場から紹介したいと思います。

「人間国宝である三輪休和の作品」と言っても、茶碗や水指、花入など幅広い種類の作品があり、状態や作風によっても買取相場は異なります。

ですので、まずは過去の三輪休和作品の取引事例を基に、様々な「三輪休和」の作品がどれくらいの買取価格になるのかをご紹介します。

三輪休和作品の買取相場一覧
作品 状態 買取相場
三輪休和作:萩焼茶入(高さ9.1cm・幅6.4cm) 良好/在印銘/共箱 24000円~33000円
三輪休和作:萩焼茶椀(高さ9.6cm・幅13.3cm) 良好/共箱 35000円~58000円
三輪休和作:萩茶碗(高さ8.7cm・幅11.8cm) 良好/在印銘/共箱・書付有 35000円~64000円
三輪休和作:銘有り萩焼茶碗(高さ8.9cm・幅12.5cm) 良好/在印銘/共箱・書付有 65000円~75000円
三輪休和作:萩焼香合(高さ3.5cm・幅4.8cm) 共箱 8000円~18000円
三輪休和作:萩焼酒盃(高さ4.1cm・幅6.4cm) 良好/在印銘/共箱 11万円~15万円
三輪休和作:萩焼水指(高さ16.5cm・幅18.2cm) 在印銘/共箱・書付有 48000円~77000円
三輪休和作:萩焼香合(高さ3.5cm・幅5.8cm) 難有/在印銘/共箱 12000円~31000円
三輪休和作:萩焼茶入(高さ9.4cm・幅7.5cm) 良好/在印銘/共箱 55000円~79000円
三輪休和作:萩湯呑(高さ8.5cm・幅8.3cm) 良好/在印銘/共箱 11000円~32000円

三輪休和作品
買取相場補足情報

人間国宝である三輪休和作品の買取相場は、状態がよければ概ね1万円以上の買取相場は十分に期待できるでしょう。作品によって買取価格に幅があり、小型の作品だと買取価格が1万円を割る可能性もありますが、大型作品や銘付きの品、書付がある作品などは買取相場も比較的高めです。

また、三輪休和の作品の中でも隠居後の休和時代の作品は特に評価が高く、長年の技法が凝縮され数も限られているため、希少価値が高い点でも買取価格が高くなりやすい傾向があります。

そして、過去の取引事例から考えると、特に高い三輪休和作品は単体で30万円~40万円程の買取価格が期待できる作品もあります。特に三輪休和が編み出した独自の技法「休雪白」が使われた作品は価値が高く、骨董品買取でも数十万円単位の買取価格が付く例が多いです。

ですが、素人が一見して三輪休和作品の買取相場を算出することは難しいので、手軽かつ正確に人間国宝三輪休和作品の買取価格を調べる方法も紹介しておきます。

三輪休和作品の正確な買取価格の調べ方

三輪休和作品の正確な買取価格の調べ方

三輪休和作品の買取価格例をいくつか紹介しましたが、個人でも簡単かつ正確に三輪休和作品の買取価格を調べる方法があります。

それは、骨董品買取業者の無料メール査定を活用する事で三輪休和の買取価格を簡単に特定できます。

WEB査定におすすめの骨董品買取業者は次の業者を参考にしてください。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

三輪休和について

三輪休和について

三輪休和は1895年4月20日に山口県にて生まれた陶芸家であり、萩焼の分野にて重要無形文化財保持者の一人として人間国宝に認定されました。江戸時代から続く三輪窯の次男として生まれ十代休雪を襲名し、隠居後に「休和」と号しています。

では、概要はここまでにして三輪休和という陶芸家がどういう人物だったのかをまとめてご紹介いたします。

人間国宝「三輪休和」とは

山口県萩市一帯で焼かれる萩焼は、古くから「一楽二萩三唐津」といわれるほど、茶人が好む、独特のわびさびを感じる器を焼いてきたことで知られる焼き物です。

絵付けなどはほぼなく土灰や藁灰によるシンプルな作品で、白土を用いた化粧掛けや化粧土を刷毛で塗る刷毛目の装飾技法により、深みある作品を多く存在します。

その萩焼の中でも三輪窯は、旧萩藩御用窯として江戸時代初期から代々受け継がれる歴史ある窯のひとつです。人間国宝「三輪休和」はそのような歴史ある三輪窯の9代雪堂の次男として、明治28年(1895年)に誕生しました。

幼いころから祖父である雪山や、父である雪堂の萩焼の技法を見て学び育った休和は、1910年に旧制中学校を中退すると本格的に作陶の道へと進み始めます。

そして、昭和2年(1927年)休和32歳の時に、三輪窯を継承し10代「休雪」を襲名。以来数多くの名作を発表し、日本の陶芸の歴史では比較的若いとされる萩焼の名声を高め、その発展に生涯をささげました。

1967年に72歳で隠居して「休和」と号し、1970年、萩焼陶作家としては初めての人間国宝に認定されました。

人々を魅了し続ける純白の「休雪白」

萩焼と言えば高麗茶碗が原型ですが、休和はこの高麗茶碗を研究し、日本らしさと融合させることで伝統ある萩焼においても時代にあった器を発表することを精力的に行いました。

1942年には川喜田半泥子、金重陶陽、荒川豊蔵らと「からひね会」を結成し、自由な思想のもとに互いに交流を深め、「従来の桃山茶陶に固執するのではなく、時代に心を通わせた作陶を」と陶芸界に新風を巻き起こしたことは、日本の陶芸の歴史にも刻まれる出来事です。

伝統ある三輪窯において新たなことに挑戦し続けた三輪休和は、萩焼の特色である白釉に関しても独特の技法を編み出し、その純白の化粧掛けは「休雪白」とも呼ばれるようになります。三輪休和の技法は現在でも三輪窯として受け継がれ、品格と重厚感ある作品は多くの人々の心をとらえて離しません。

三輪休和の作品の中でも隠居後の休和時代の作品は特に評価が高く、長年の技法が凝縮され数も限られているため、希少価値が高い点でも愛好家の注目を集め続けています。

作家情報の一覧

作家情報の一覧

当サイトでは幅広く「人間国宝」「日本画家」「洋画家」「中国作家」「陶芸家」について買取相場や詳細情報を紹介しています。

次のページで作家を一覧で紹介しています。

各作家情報の一覧

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは三輪休和を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ