三浦小平二買取に関する情報を提供するページ
三浦小平二買取に関する情報を提供するページ

三浦小平二情報の目次

このページでは次のように三浦小平二の情報を紹介します

三浦小平二作品の買取相場例一覧

人間国宝三浦小平二作品の買取相場例一覧

当サイトは【骨董品・古美術買取ガイド】と名乗っている事もありますので、まずは三浦小平二作品の買取相場から紹介したいと思います。

「人間国宝である三浦小平二の作品」と言っても、鉢や壺、花瓶など幅広い種類の作品があり、状態や作風によっても買取相場は異なります。

ですので、まずは過去の三浦小平二作品の取引事例を基に、様々な「三浦小平二」の作品がどれくらいの買取価格になるのかをご紹介します。

三浦小平二作品の買取相場一覧
作品 状態 買取相場
三浦小平二作:青磁ぐい呑(高さ4.8cm・幅6.5cm) 良好/在印銘/共箱 12万円~20万円
三浦小平二作:均窯花瓶(高さ9.5cm・幅10.9cm) 良好/在印銘/共箱 11000円~27000円
三浦小平二作:青磁蓋物(高さ9.3cm・幅11.6cm) 良好/在印銘/共箱 78000円~15万円
三浦小平二作:青磁花瓶(高さ22.1cm・幅17.5cm) 良好/在印銘/共箱 42000円~68000円
三浦小平二作:青磁湯呑(高さ9.6cm・幅7.5cm) 良好/在印銘/共箱 25000円~65000円
三浦小平二作:青磁鉢(高さ7.4cm・幅31.5cm) 良好/在印銘/共箱 32万円~50万円
三浦小平二作:染付湯呑(高さ8.6cm・幅7.1cm) 良好/在印銘/共箱 25000円~41000円
三浦小平二作:青磁飾壺(高さ27.7cm・幅30.5cm) 良好/在印銘/共箱 120万円~300万円
三浦小平二作:青磁茶入(高さ7cm・幅7.4cm) 良好/在印銘/共箱 13万円~20万円
三浦小平二作:灰釉平皿(高さ5.2cm・幅19.5cm) 良好/在印銘/共箱 8000円~25000円

三浦小平二作品
買取相場補足情報

人間国宝である三浦小平二作品の買取相場は、状態がよければ概ね1万円以上の買取相場は十分に期待できるでしょう。

三浦小平二は灰釉作品や油滴天目など様々な作品を手掛けましたが、特に青磁の分野で功績を挙げており、作品の評価も高いです。特に色絵を組み合わせた独自の作品や文様を描いた品、展覧会出展や大型作品などは買取相場も高くなりやすいです。

そして、過去の取引事例から考えると、特に高い三浦小平二作品は単体で100万円以上の買取価格が期待できる作品もあります。

ですが、素人が一見して三浦小平二作品の買取相場を算出することは難しいので、手軽かつ正確に人間国宝三浦小平二作品の買取価格を調べる方法も紹介しておきます。

三浦小平二作品の正確な買取価格の調べ方

三浦小平二作品の正確な買取価格の調べ方

三浦小平二作品の買取価格例をいくつか紹介しましたが、個人でも簡単かつ正確に三浦小平二作品の買取価格を調べる方法があります。

それは、骨董品買取業者の無料メール査定を活用する事で三浦小平二の買取価格を簡単に特定できます。

WEB査定におすすめの骨董品買取業者は次の業者を参考にしてください。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

三浦小平二について

三浦小平二について

三浦小平二は1933年3月21日に新潟県にて生まれた陶芸家であり、青磁の分野で重要無形文化財保持者の一人として人間国宝に認定されています。国際的な評価も高い作家で、海外で個展を開催した経歴もあります。

では、概要はここまでにして三浦小平二という陶芸家がどういう人物だったのかをまとめてご紹介いたします。

人間国宝の理由

三浦小平二は1997年に「青磁」技能の重要無形文化財の保持者として人間国宝に認定された陶芸家です。

伝統的な青磁の技法から発展し、佐渡の土を原材料に器を形成しその上に青磁釉薬をかけることにより独自の技法を確立しました。また器に人物や風景を描いた点でも独特な作風を造り出しています。

三浦小平二の生い立ち

三浦小平二は1933年、新潟県の佐渡ヶ島で生まれました。家は佐渡の無名異(むみょうい)と呼ばれる赤土を原料にして作る無名異焼の窯元でした。高校卒業後東京芸術大学に進み、彫刻を学びます。卒業すると、加藤土師萌に師事し青磁の技法を学びます。

その後、さらに磁器の研究を進めるために、中近東、東アフリカ、中国、モンゴルなどを訪問します。この時に中国で出会った青磁に強い影響を受けたと言われています。

その後の経歴・人物

三浦小平二が初めて展示会で入選したのは1961年に開かれた「新日展」ででした。翌年には「現代日本陶芸家展」で朝日新聞社賞などを受けるなどその後も多くの賞を受賞しました。

また東京芸術大学工芸科の教授、そして後に名誉教授を務めるなど、教育面での活躍も目立っています。

三浦小平二は2006年に亡くなりました。享年73歳でした。

三浦小平二の技法

三浦小平二の技法は大きく分けると2つあります。一つは青磁技法で、これは中国南宋の青磁技法を基調としながらもそこからさらに発展し、非常になめらかな青磁面を造り出しています。

その滑らかな表面に茶褐色の荒い感じのヒビを入れているのが特徴で、この2つの相反するデザイン要素が独自の雰囲気を醸し出しています。

技法のもう一つは器の一部を白く残しそこに少女、ラクダ、鳥などのモチーフを描いていることです。この技法は豆の色である緑色を基調としていることから「豆彩」と呼ばれています。

三浦小平二の作品

三浦小平二の作品の内、家族が所持していた30点は佐渡市に寄贈されています。作品の多くにはモチーフを取り入れたものが多く、これらはかつて旅をしたアジアやアフリカで見た風物の影響を受け創作した物と考えられています。

代表的な作品には、青磁に褐色のヒビを入れた「青磁茶碗」、ラクダの豆彩を入れた青磁豆彩茶ワン「平和なアフガン」などがあります。

作家情報の一覧

作家情報の一覧

当サイトでは幅広く「人間国宝」「日本画家」「洋画家」「中国作家」「陶芸家」について買取相場や詳細情報を紹介しています。

次のページで作家を一覧で紹介しています。

各作家情報の一覧

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは三浦小平二を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ