松井康成買取に関する情報を提供するページ
松井康成買取に関する情報を提供するページ

松井康成情報の目次

このページでは次のように松井康成の情報を紹介します

松井康成作品の買取相場例一覧

人間国宝松井康成作品の買取相場例一覧

当サイトは【骨董品・古美術買取ガイド】と名乗っている事もありますので、まずは松井康成作品の買取相場から紹介したいと思います。

「人間国宝である松井康成の作品」と言っても、茶碗や壺、水指など幅広い種類の作品があり、状態や作風によっても買取相場は異なります。

ですので、まずは過去の松井康成作品の取引事例を基に、様々な「松井康成」の作品がどれくらいの買取価格になるのかをご紹介します。

松井康成作品の買取相場一覧
作品 状態 買取相場
松井康成作:練上平茶碗(高さ4.9cm・幅14.5cm) 良好/在印銘/共箱 8000円~28000円
松井康成作:破調練上壷(高さ25cm・幅28.9cm) 良好/在印銘/共箱 15万円~32万円
松井康成作:練上酒呑(高さ4.8cm・幅7.2cm) 良好/在印銘/共箱 20000円~35000円
松井康成作:練上壺(高さ5.5cm・幅9.1cm) 良好/在印銘/共箱 5000円~30000円
松井康成作:練上白地壺(高さ15.6cm・幅17.7cm) 良好/在印銘/共箱 38000円~81000円
松井康成作:薄墨練上酒呑(高さ4.5cm・幅7.2cm) 良好/在印銘/共箱 15000円~36000円
松井康成作:重層象裂瓷壺(高さ38.7cm・幅38.4cm) 良好/在印銘/共箱 25万円~50万円
松井康成作:練上酒呑(高さ4.5cm・幅7.4cm) 良好/在印銘/共箱 41000円~67000円
松井康成作:練上湯呑(高さ8.6cm・幅8.4cm) 良好/在印銘/共箱 12000円~39000円
松井康成作:練上水指(高さ12.8cm・幅16.1cm) 良好/在印銘/共箱 31000円~55000円

松井康成作品
買取相場補足情報

人間国宝である松井康成作品の買取相場は、状態がよければ概ね1万円以上の買取相場は十分に期待できるでしょう。小作・大作、あるいは状態によって買取相場は大きく変わるため、中には買取価格が1万円を下回る場合もありますが、逆に大作や文献掲載作品、展覧会出展作などは買取相場が高く、数十万円単位の買取価格がつくこともあります。

そして、過去の取引事例から考えると、特に高い松井康成作品は単体で60万円~80万円程の買取価格が期待できる作品もあります。

ですが、素人が一見して松井康成作品の買取相場を算出することは難しいので、手軽かつ正確に人間国宝松井康成作品の買取価格を調べる方法も紹介しておきます。

松井康成作品の正確な買取価格の調べ方

松井康成作品の正確な買取価格の調べ方

松井康成作品の買取価格例をいくつか紹介しましたが、個人でも簡単かつ正確に松井康成作品の買取価格を調べる方法があります。

それは、骨董品買取業者の無料メール査定を活用する事で松井康成の買取価格を簡単に特定できます。

WEB査定におすすめの骨董品買取業者は次の業者を参考にしてください。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

松井康成について

松井康成について

松井康成は1927年5月20日に神奈川県にて生まれた陶芸家であり、練上手の分野にて重要無形文化財保持者の一人として人間国宝に認定されています。

では、概要はここまでにして松井康成という陶芸家がどういう人物だったのかをまとめてご紹介いたします。

人間国宝の理由

「練上手(ねりあげで)」というあまり聞き慣れない陶芸用語があります。いくつかの異なる色の土を練り合わせ、表面に傷をつけたりすることにより土が伸び縮みする特性を活かして模様を造り出す技法ですが、この技法で重要無形文化財として1993年に人間国宝に認定されたのが松井康成です。

松井康成の生い立ち

松井康成は1927年に現在の長野県佐久市で生まれました。戦争が始まると茨城県笠間市に疎開しますが、そこで奥田製陶所に勤め作陶技術を学びます。終戦後は明治大学に進み文学を学び、卒業後、笠間市に戻ります。ここで月崇寺の娘と結婚し住職として寺の跡を継ぎます。

この頃に窯を設け田村耕一に師事し本格的な作陶活動を始めますが、田村耕一から練上手の技法を紹介されたのがきっかけで、この道に入っていきます。

その後の経歴・人物

松井康成が世に知られるようになったのは、1969年に出展した第9回伝統工芸新作展で奨励賞を受賞したことがきっかけでした。それ以降、1973年には、第2回日本陶芸展で最優秀作品賞である「秩父宮賜杯」を受賞するなど数々の賞を受賞しました。

また1998年には明治大学のリバティータワーの陶壁画も手がけました。松井康成は2003年に亡くなるまで精力的に作陶を続けました。

松井康成の技法

松井康成が用いた練上手は、他の陶磁器のように単にろくろを回して形を形成するのではなく、文字通り手を使って練り上げていく作業が基本になります。そのため技法的にもレベルが高く、年月を掛けて体得していかなければなりません。

松井康成の作品が特に優れているのはこうした手による作業にさらに、ろくろの遠心力を結び付けたためで、松井康成独自の技法として人間国宝の認定に結び付いて行きました。

松井康成の作品

練上手には様々な技法があります。松井康成が初期の頃に使っていたのはいくつかの粘土を重ね合わせ、表面に傷を入れ、その割れ目から下の粘土板の層が見えるようにする「象裂(しょうれつ)技法」や焼成後に表面を何度も研磨する「玻璃光(はりこう)」などの技法があり、こうしたいくつかの技法をまとめ上げた「萃瓷」は松井康成の作品の中でも特に有名です。代表的なものには萃瓷練上大壺「烈日」や萃瓷練上壺「華華」などがあります。

作家情報の一覧

作家情報の一覧

当サイトでは幅広く「人間国宝」「日本画家」「洋画家」「中国作家」「陶芸家」について買取相場や詳細情報を紹介しています。

次のページで作家を一覧で紹介しています。

各作家情報の一覧

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは松井康成を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ