松田権六買取に関する情報を提供するページ
松田権六買取に関する情報を提供するページ

松田権六情報の目次

このページでは次のように松田権六の情報を紹介します

松田権六作品の買取相場例一覧

人間国宝松田権六作品の買取相場例一覧

当サイトは【骨董品・古美術買取ガイド】と名乗っている事もありますので、まずは松田権六作品の買取相場から紹介したいと思います。

「人間国宝である松田権六の作品」と言っても、茶碗や水指、徳利など幅広い種類の作品があり、状態や作風によっても買取相場は異なります。

ですので、まずは過去の松田権六作品の取引事例を基に、様々な「松田権六」の作品がどれくらいの買取価格になるのかをご紹介します。

松田権六作品の買取相場一覧
作品 状態 買取相場
松田権六作:蒔絵盛器(高さ4.1cm・幅20.8cm) 良好/共箱 78000円~15万円
松田権六作:銘々盆5点(幅18.1cm) 良好/在印銘/共箱 13万円~25万円
松田権六作:松文棗(高さ7.2cm・幅7.7cm) 良好/在印銘/共箱・仕覆有 130万円~170万円
松田権六作:飾筥(高さ7.6cm・幅33.5cm) 傷有/在印銘/共箱 11万円~20万円
松田権六作:菊文椀 10点(高さ8.9cm・幅14.8cm) 一部割れ有/在印銘/共箱 80万円~150万円
松田権六作:平盆 6点(奥行22.9cm・幅30.8cm) 一部難有 87000円~16万円

松田権六作品
買取相場補足情報

人間国宝である松田権六作品の買取相場は、状態がよければ数十万円単位の買取相場が期待できるような品も非常に多いです。

松田権六作品は既にほとんどが美術館に収まっているため、基本的な買取相場も非常に高いことが特徴です。また、松田権六は一時期棗を多く制作していた時期があり、どれも名品として評価が高く、棗なら単体でも買取価格が100万円を超えるようなケースもあります。

ですが、素人が一見して松田権六作品の買取相場を算出することは難しいので、手軽かつ正確に人間国宝松田権六作品の買取価格を調べる方法も紹介しておきます。

松田権六作品の正確な買取価格の調べ方

松田権六作品の正確な買取価格の調べ方

松田権六作品の買取価格例をいくつか紹介しましたが、個人でも簡単かつ正確に松田権六作品の買取価格を調べる方法があります。

それは、骨董品買取業者の無料メール査定を活用する事で松田権六の買取価格を簡単に特定できます。

WEB査定におすすめの骨董品買取業者は次の業者を参考にしてください。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

松田権六について

松田権六について

松田権六は1896年4月20日に石川県金沢市にて生まれた蒔絵師で、重要無形文化財保持者の一人として人間国宝に認定されています。

では、概要はここまでにして松田権六という作家がどういう人物だったのかをまとめてご紹介いたします。

人間国宝の理由

松田権六(ごんろく)は1955年、漆技法の一つである蒔絵(まきえ)の重要無形文化財保持者として人間国宝に認定された漆芸家です。

伝統的な漆芸の復活並びに中尊寺金色堂の修理など文化財保存への貢献が高く評価されました。

松田権六の生い立ち

松田権六は1896年に石川県金沢市で生まれました。家は農家でしたが、仏壇職人だった兄について幼少のころから蒔絵を習っていました。高校を卒業すると東京美術学校に入学し漆工学を勉強します。

卒業後は2年間陸軍に入隊しますが、除隊後は朝鮮楽浪遺跡から出土した漆品の修理を始めます。

その後の経歴・人物

松田権六の業績の一つは前述の通り伝統漆工芸の復興ですが、その他万年筆の会社としられる「パイロット」(当時の名前は並木製作所)で万年筆に蒔絵を描き世界に広めたことや東京美術学校教授を36年間務めるなど、広い分野での活躍が目立ちます。

また1927年からはヨーロッパ各地へ赴き、とくにイギリスではダンヒルパイプのために漆加工の指導にあたりました。

松田権六の技法

人間国宝に認定される多くの工芸家が伝統を基本にしながらもそこから独自の技法を開発していく中で、松田権六は古典研究を重んじ日本の平安、奈良時代にまで遡り、さらに中国や朝鮮の文化財の研究にも力を入れました。

「人に学び、物に学び、自然に学ぶ」という言葉をモットーにしていたと言われており、有名になってからも毎日のように図案やスケッチを続けていました。

そうした謙虚な心構えが素晴らしい作品の創作につながっていったと評価されています。

松田権六の作品

松田権六の代表作としては、15羽の鶴の絵を描いた石川県立美術館所蔵の『蓬莱之棚(ほうらいのたな)』や黒字に金色の鷺が飛んでいく様を描いた広島県立美術館所蔵の『鷺蒔絵飾箱』などがあります。

また豪華客船の食堂の壁に蒔絵を描いたことでも知られており、この絵が乗客の間で人気を博し、それ以降、蒔絵を飾る豪華客船も増えたと言われています。

作家情報の一覧

作家情報の一覧

当サイトでは幅広く「人間国宝」「日本画家」「洋画家」「中国作家」「陶芸家」について買取相場や詳細情報を紹介しています。

次のページで作家を一覧で紹介しています。

各作家情報の一覧

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは松田権六を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ