近藤悠三買取に関する情報を提供するページ
近藤悠三買取に関する情報を提供するページ

近藤悠三情報の目次

このページでは次のように近藤悠三の情報を紹介します

近藤悠三作品の買取相場例一覧

人間国宝近藤悠三作品の買取相場例一覧

当サイトは【骨董品・古美術買取ガイド】と名乗っている事もありますので、まずは近藤悠三作品の買取相場から紹介したいと思います。

「人間国宝である近藤悠三の作品」と言っても、茶碗や水指、皿など幅広い種類の作品があり、状態や作風によっても買取相場は異なります。

ですので、まずは過去の近藤悠三作品の取引事例を基に、様々な「近藤悠三」の作品がどれくらいの買取価格になるのかをご紹介します。

近藤悠三作品の買取相場一覧
作品 状態 買取相場
近藤悠三作:呉須赤絵皿(高さ4.1cm・幅24.3cm) 良好/在印銘/共箱 18000円~29000円
近藤悠三作:染付皿(高さ4.5cm・幅27.6cm) 良好/在印銘/共箱 21000円~36000円
近藤悠三作:染付水指(高さ18.4cm・幅16.4cm) 良好/在印銘/共箱・塗蓋付 68000円~11万円
近藤悠三作:呉須赤絵鉢(高さ9.8cm・幅19.6cm) 良好/在印銘/共箱 8000円~21000円
近藤悠三作:花文花瓶(高さ16.9cm・幅18.5cm) 小傷/在印銘/箱有 12000円~28000円
近藤悠三作:染付飾皿(高さ3.7cm・幅23.3cm) 良好/在印銘/共箱 6000円~15000円
近藤悠三作:呉須茶碗(高さ8.6cm・幅11.3cm) 良好/在印銘/共箱 11000円~30000円
近藤悠三作:染付金彩花瓶(高さ26.5cm・幅29.6cm) 良好/在印銘/共箱 45万円~70万円

近藤悠三作品
買取相場補足情報

人間国宝である近藤悠三作品の買取相場は、状態がよければ概ね1万円以上の買取相場は十分に期待できるでしょう。小作か大作か、または状態の良し悪しによっても買取相場は大きく変わってきますので、中には買取価格が1万円を下回るケースもありますが、逆に価値が極めて高く、数十万円の買取価格が期待できるような作品も存在します。

そして、過去の取引事例から考えると、特に高い近藤悠三作品は単体で50万円~70万円程の買取価格が期待できる作品もあります。

ですが、素人が一見して近藤悠三作品の買取相場を算出することは難しいので、手軽かつ正確に人間国宝近藤悠三作品の買取価格を調べる方法も紹介しておきます。

近藤悠三作品の正確な買取価格の調べ方

近藤悠三作品の正確な買取価格の調べ方

近藤悠三作品の買取価格例をいくつか紹介しましたが、個人でも簡単かつ正確に近藤悠三作品の買取価格を調べる方法があります。

それは、骨董品買取業者の無料メール査定を活用する事で近藤悠三の買取価格を簡単に特定できます。

WEB査定におすすめの骨董品買取業者は次の業者を参考にしてください。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

近藤悠三について

近藤悠三について

近藤悠三は1902年2月8日に京都にて生まれた陶芸家であり、染付の分野にて重要無形文化財保持者の一人として人間国宝に認定されています。

では、概要はここまでにして近藤悠三という陶芸家がどういう人物だったのかをまとめてご紹介いたします。

人間国宝の理由

近藤悠三は1977年に独自の染付の技法において重要無形文化財として人間国宝に認定された陶芸家です。またの名を「染付の悠三」と言われるほど染付技法の第一人者としてその名を馳せてきました。

近藤悠三の生い立ち

近藤悠三は1932年に京都市で生まれました。本名は「雄三」。京都市立陶磁器試験場に入所し、轆轤科で助手として勤務します。この試験場には、同じく人間国宝に認定されている陶芸家の濱田庄司がおり陶器の研究をしていました。近藤悠三はこの濱田庄司から窯業科学などを学びました

1921年には試験場を離れ、富本憲吉に師事します。富本からは技法だけでなく陶芸家としての心構えについても学んだと伝えられています。
1924年には富本のところを離れ、関西美術院洋画研究所に入り、デッサンや洋画の研究に従事しました。同時に、清水新道石段下に窯を構え作陶活動を始めます。

その後の経歴・人物

近藤悠三の作品が初めて一般に知られるようになったのは、1928年の第9回帝展で初入選した時でした。その後帝展には13回連続で出展し、毎回入選を果たしています。

また、第3回日本伝統工芸展では、工芸展の最高賞である「日本伝統工芸会賞」を受賞しました。1965年には京都市立美術大学の教授に任命され、美術教育にも力を注ぎました。

近藤悠三は1985年に83歳で亡くなりましたが、「やり残したことがあるので、生まれ変わっても、陶芸家として生まれてくる」という言葉を残しています。

近藤悠三の技法

近藤悠三は富本憲吉から学んだ「陶器以外のことが身につけば身につくほど、君の陶器が立派になる」という言葉に従い、関西美術院で研究活動を続けていた時も、陶芸とは直接関係のないデッサンや西洋絵画の習得に力を入れ、独自の染付技法を開発しました。

特に、筆遣いにより色の濃淡を微妙に表現する技法、また、白磁に青の色を付ける伝統的な染付だけでなく、赤絵や金彩技法などの独特の技法は広く知られています。

近藤悠三の作品

近藤悠三の作品の代表的なものとしては、鮮やかな赤地に、金彩で描いた清風の文字と笹の絵が見事な「清風金彩徳利」や柘榴を描いた「柘榴染付花瓶」などがあります。

また、2017年にリニューアルオープンした京都の清水にある近藤悠三の記念館には、初期の頃から晩年に至るまでに制作した作品が展示されています。この建物のショーウィンドーに飾られた直径120㎝以上もある磁器の大皿は、世界最大と言われており見逃せません。

作家情報の一覧

作家情報の一覧

当サイトでは幅広く「人間国宝」「日本画家」「洋画家」「中国作家」「陶芸家」について買取相場や詳細情報を紹介しています。

次のページで作家を一覧で紹介しています。

各作家情報の一覧

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは近藤悠三を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ