磯井如真買取に関する情報を提供するページ
磯井如真買取に関する情報を提供するページ

磯井如真情報の目次

このページでは次のように磯井如真の情報を紹介します

磯井如真作品の買取相場例一覧

人間国宝磯井如真作品の買取相場例一覧

当サイトは【骨董品・古美術買取ガイド】と名乗っている事もありますので、まずは磯井如真作品の買取相場から紹介したいと思います。

「人間国宝である磯井如真の作品」と言っても、器や丸盆、香合など幅広い種類の作品があり、状態や作風によっても買取相場は異なります。

ですので、まずは過去の磯井如真作品の取引事例を基に、様々な「磯井如真」の作品がどれくらいの買取価格になるのかをご紹介します。

磯井如真作品の買取相場一覧
作品 状態 買取相場
磯井如真作:塗香合(高さ2.8cm・幅6.8cm) 良好/在印銘/共箱 22000円~38000円
磯井如真作:堆朱平壺(高さ4.0cm・幅6.8cm) 良好/共箱 15万円~18万円
磯井如真作:蒟醤盛器(高さ4.3cm・幅36.9cm) 良好/共箱/文献掲載作 22万円~26万円
磯井如真作:茶托5客(幅14.9cm) 良好/在印銘/共箱 36000円~55000円
磯井如真作:讃岐漆芸香合(高さ2.8cm・幅8.5cm) 良好/在印銘/共箱 35000円~60000円
磯井如真作:蒟醤盆(高さ2.9cm・幅26.7cm) 良好/在印銘/共箱 21000円~45000円

磯井如真作品
買取相場補足情報

人間国宝である磯井如真作品の買取相場は、状態がよければ概ね1万円以上の買取相場は十分に期待できるでしょう。

特に、蒟醤を点で彫った「点彫り蒟醤」は磯井如真が創案したもので、その技法が使われている品は買取相場も高額になる傾向があります。

そして、過去の取引事例から考えると、特に高い磯井如真作品は単体で20万円~30万円程の買取価格が期待できる作品もあります。

ですが、素人が一見して磯井如真作品の買取相場を算出することは難しいので、手軽かつ正確に人間国宝磯井如真作品の買取価格を調べる方法も紹介しておきます。

磯井如真作品の正確な買取価格の調べ方

磯井如真作品の正確な買取価格の調べ方

磯井如真作品の買取価格例をいくつか紹介しましたが、個人でも簡単かつ正確に磯井如真作品の買取価格を調べる方法があります。

それは、骨董品買取業者の無料メール査定を活用する事で磯井如真の買取価格を簡単に特定できます。

WEB査定におすすめの骨董品買取業者は次の業者を参考にしてください。

  • 日晃堂

    日晃堂は骨董品と食器を専門的に買取している買取業者です。骨董品の幅広い種類に応じて専門的に見れる査定士を揃え、世界に広げている販路が強みで、骨董品買取では特におすすめしている買取業者です。

  • 福ちゃん

    福ちゃんは中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務めるてるのが印象的。福ちゃんは総合買取業者ですが、骨董品買取には専門的に力を入れており、総合買取業者としての強みを活かしたイチオシ買取業者です。

磯井如真について

磯井如真について

磯井如真は1883年3月19日に香川県高松市にて生まれた漆芸家であり、製法が絶えて久しかった香川漆器を復興し、蒟醤(きんま)分野にて重要無形文化財保持者の一人として人間国宝に認定されました。

では、概要はここまでにして磯井如真という漆芸家がどういう人物だったのかをまとめてご紹介いたします。

人間国宝の理由

磯井如真は1956年に香川漆器の「「蒟醤(きんま)」技法において重要無形文化財保持者として人間国宝に認定された漆芸家です。

伝統的な香川漆芸を復活されただけでなく、後に同じく人間国宝に認定された三男の磯井正美や太田儔などを輩出するなど、後進の育成にも尽力しました。

磯井如真の生い立ち

磯井如真は1883年に香川県高松市で生まれました。現在の香川県立高松工芸高校を卒業後、大阪の山中商会に勤めそこで中国漆器の修理を担当しました。

この時の経験が、磯井如真の後の漆芸に大きな影響を与えたと言われています。

1909年には再び高松に戻り、後継者がいなくなったために久しく途絶えていた香川漆器の製法を独学で学び、近代的な手法を加えて復活しました。磯井如真は「讃岐漆芸中興の祖」と称されています。

その後の経歴・人物

磯井如真が最初に自身の作品を出品したのが1933年に開かれた文展でした。ここで初めて入選し磯井如真の名前が一般に知られるようになりました。

その後文展には毎年出品し、その度毎に入選を果たしています。戦後は日展に出品し審査員も務めました。

また、磯井如真は工芸学校や工芸研究所で後進の育成にも力を入れ、1953年には岡山大学で教授に就任しています。磯井如真は1964年に81歳で亡くなっています。

磯井如真の技法

磯井如真を特徴づける蒻醤技法は、元々タイやビルマ地方(現ミャンマー)で造り出された漆芸線彫加飾の技法で、日本ではそれまで線彫りによる技法だけが使われていました。

磯井如真は新たに「点彫り蒻醤」技法を創案し発展させました。蒻醤技法では、蒻醤と呼ばれるタイ特有の植物漆を何重にも塗り厚みをつけてから文様を彫っていきます。

彫った所にさらに漆を塗り、そこに黄漆や朱漆を塗り色付けを行います。その後研ぎ出しを行い余分な漆を取り除き仕上げます。

磯井如真はこれに点彫りの技法を加えたため文様をぼかす表現が可能になりました。

磯井如真の作品

磯井如真の作品には、文化財保護委員会委員長賞を獲得した「キンマ香盆竜鳳凰」や香川県立ミュージアムに所蔵で複雑な草花の文様を彫った「彫漆草花文 鼓箱」、そして黒字に朱色のぼかし表現をいれた「蒟醤 竹林之図 棚」などがあります。

また晩年のものでは高松市美術館所蔵の「蒟醤 筆筥 銀葉アカシヤ之図」が有名です。

作家情報の一覧

作家情報の一覧

当サイトでは幅広く「人間国宝」「日本画家」「洋画家」「中国作家」「陶芸家」について買取相場や詳細情報を紹介しています。

次のページで作家を一覧で紹介しています。

各作家情報の一覧

種類別で紹介!骨董品の買取情報

種類別で紹介!骨董品の買取情報

当サイトは磯井如真を始めとした作家に関する買取情報以外にも、幅広い骨董品の買取相場や詳細情報をご紹介しています。

※骨董品買取業者は「古くて価値があれば基本買取してもらえます」ので、上記以外の骨董品も買取してもらう事も可能です。

ページのトップへ